掲載:2008年10月04日
 先日、高槻JKcafeに行くと、cafe友のAB君、二人用の小型テントを買ったと言う。次の日が仕事が休みの連休と言う事だったので、ソロキャンプと言っては居たのだが・・・。
やはり雨でした。

 そう、このAB君、雨男で有名(爆)。ソロキャンプ行ったかな?。

 そう、夏のキャンプは暑いのみ。虫も一杯。で、秋・冬キャンプは最高!、虫も居ない。少し寒いのみ・・・(爆)。

 キャンプ、昨今キャンプが出来る場所も少ない。一般的なのはキャンプ場、それも通年キャンプ場と言うのも然程多くない。キャンプ場とモーターキャンプ場は違う。そんな通年キャンプ場の中で秋・冬のキャンプに最適な場所はやはり此処!、「川湯温泉野営場」。ただ、駐車場は有るが、ペット持込は不可。また、夏には日陰が無い。

 ただ、このキャンプ場、年末年始には人気あり満員の場合が・・・。

 ----------------
 川湯温泉(旧HP・2005年11月10日より転記) 今年も川湯温泉の季節が来た。11月~2月まで、そう、「仙人風呂」で有名な川を堰き止め千人入れる風呂、当然、100%掛け流し(笑)。

 川の底から温泉が湧いている。入る場所により温度が違い、好きな温度の場所を探せば良い。

 女性用には簡易の脱衣場が有るが男性用には何も無い。普通の川なのでタオルが使えるが石鹸は使えない。(無料) 。

 石鹸を使いたい人にはこの「仙人風呂」の前に川湯温泉公衆浴場が有る。此方も100%掛け流し。普通の銭湯なので休憩室が無いのが残念。ただ、川の状況により「仙人風呂」はは入れないので注意のこと。

 今年も是非行きたい!!。 ※ 川湯温泉「仙人風呂」状況:「富士屋」HPから「仙人風呂」の状況を確認。宿泊、一人で行く方には懐かしい「ユースホステル」がこの温泉街には有る。(2013年・現在は不明)

 大阪から頑張れば日帰りで熊野詣でを兼ねて温泉めぐりも可能。その場合のもう一つの温泉は「湯の峰温泉」公衆浴場がお勧め。

 此処には有名な「つぼ湯」がある。南紀で加温せず100%掛け流しの温泉は白浜以南しか無いと思うが、大阪からの帰りには現在売り出し中の「十津川温泉」の寄るのも良いかも知れない。

 あ!!そうそう、この川湯温泉には「川湯温泉野営場」と言うキャンプ場が有る。

※ 川湯野営場 木魂の里:
 田辺市本宮町川湯 0735(42)1777 (ペット同伴不可)

※ 道の駅 奥熊野古道ほんぐう 川湯野営場 木魂の里
 http://www.za.ztv.ne.jp/teika/kawayucamp.html
※ 川湯温泉|熊野本宮観光協会:
 http://www.hongu.jp/onsen/kawayu/
※ 熊野本宮観光協会|キャンプ場案内:
 http://www.hongu.jp/stay/s-camp/

 ----------------

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。