掲載:2009年02月06日
090206-11.jpg 濁河温泉の人気旅館・御岳、昨年の6月にも来ているので勝手知る場所だが今回は気温が低い。情報に寄れば最低気温はー7℃。部屋は暖房が効いていて温かい。部屋に入り早速加湿器のスイッチを入れる。設定は55%。

 加湿して早速ビールと肴で乾杯。ちと、雪道運転で疲れた・・・。初めからチェーンを着けていればもっと走り易いのだが、何でも挑戦(爆)。ビール4缶と肴でまったり時間を過ごす。3時まで平氏ヶ原で何かを食べて居て、2時間してまた肴を・・・(爆)。

 温泉に来て、温泉に浸かる時間も無く7時の食事時間。平氏ヶ原の食事に比べて小生達には味が濃い・・・。飲み物はビール1本。

 午後9時から旅館・御岳の天文台での天体観測、食事後にも温泉に入れず。9時から天文台に・・・。でも、今回の旅で一つミス。そう、奈良県上北山の大台ヶ原に行く時には必ず確認する月齢を今回は確認しなかった・・・。そう、当日は雲ひとつ無い夜空だったのだが、白熱電球の様な月が出て居る。そう、月が出て居るので星が少ない・・・あわわ。

 今回小生が一番感動したのは、北斗七星が非常に大きく見えた事。そう、低い位置に見えれば大きく見える。是にはびっくりした!。

 天体観測を終了して、ゆっくり2時間、天然温泉掛け流しの風呂に入る。何時も行く太陽温泉とはちと違う(爆)。体もほぐれ、気持ちよく就寝。

 温泉の朝は早い。気持ち良く6時頃の起床。早速朝風呂に。風呂には流石に先客、次々に他のお客さんも現れる。内風呂・露天風呂にてゆっくり。やはり明るい時間の風呂は気分爽快、ゆったり1時間。

 朝風呂後に再び部屋で休憩、8時からの朝食。此処の温泉粥が小生には好み。白いご飯も有ったが、帰りの昼食は再び「平氏ヶ原」の蕎麦を食べて帰宅するので本当に小食(爆)。

090206-12.jpg 朝食後、再び部屋で休息。そう、小生達の出発は何処でも何時でも最後(爆)。お風呂で出会った大阪からの方の当日の予定は、飛騨高山に寄って白川郷を廻り大阪に帰阪との事で有ったが、小生達の予定は同じ道を帰るのみ。何時もそんな旅。




090206-14.jpg 090206-13.jpg

 チェックアウトの10時、他のお客さんは既に誰も居ない(爆)。小生達は水が美味しい御岳、此処で珈琲で暫く休憩。外に出る。旅館備え付けの寒暖計を見れば、何と氷点下2℃、でも日差しが有り無風なので温かく感じる。

090206-15.jpg 車のエンジンを掛けるが一発始動。お土産に買った物は、旅館でお茶受けに出ていた「にごりごの湯」と「黒胡麻ごぼう」。タイヤチェーンも昨日装着済みなのでそのまま出発。出発は午前11時前。天気は快晴。

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

※ 濁河温泉 「旅館御岳」HP:
 http://www.okuhi.jp/ryokan-ontake/index.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。