掲載:2009年02月06日
090206-01.jpg 今回の旅の目的は濁河温泉・旅館御岳の温泉と星空、そして手打ち蕎麦「平氏ヶ原」の蕎麦を食べる事。当日、飛騨小坂までの凍結を心配したが凍結無く何時もの国道41号線の飛騨小坂の分岐まで到着、何時もの様に分岐地点の写真をメモ。




090206-02.jpg 飛騨小坂分岐から9Kmの手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」には12時過ぎに到着。今回のお土産は、山の産物では無く大阪・豊中で有名な「銭形うどん」の讃岐うどんの生麺と出汁。そう、これしか時間的に入手出来なかったと言う訳(爆)。

 蕎麦と言えど麺類、その蕎麦屋さんの「平氏ヶ原」に小生が美味しいと考える「銭形うどん」の手打ち讃岐うどんを持参するのもまたおつな嗜好です(爆)。出汁もつけ汁とかけ汁の2種を氷を入れた発泡スチロール箱に入れ是を持参した。ま、結果は明日聞ける。

 今回は行き帰りの「平氏ヶ原」での昼食、其処で一日目の注文は今まで食べて居ない同行者は「平氏そば」と小生は「ほうば味噌定食」の2品。

090206-03.jpg 090206-04.jpg

 「平氏そば」とは、ざるそばに蕎麦がきの鍋が附いたもの。「ほうば味噌定食」とは、飛騨で有名なほうば味噌・てんぷら盛り合わせ・山菜盛り合わせ・そば椀・小鉢・ご飯のついた定食である。ま、何れの品も満腹に成ります。そして素直に美味。本当に小生達に「平氏ヶ原」の味には何も言う事が無い。感想は以前に書いたとうり。

 そんな蕎麦を食べ満足。が、ほうば味噌だけは多く有り残った。酒が有れば残らないだろうが・・・。勿体無いので持ち帰る事に。

090206-05.jpg 明日も有るので、追加をどうしようか?と考えて結局「ざるそば」の大盛りに。その後、試作品ですが一度と「そばパスタ」と「ますの燻製」を頂いた。是は是でまたも美味。でも食べすぎ・・・(爆)。本日は此処で終了。

 以前12月にお土産に持参した「カヤの実」が好評で皆で食べたとの言葉を頂いた。残念な事にこの「カヤの実」正月前にしか入手出来ない。しかも小生宅にももう無い・・・。ま、一度また探してみよう・・・。

 午後3時過ぎに「平氏ヶ原」を出て一路御岳の濁河温泉・旅館御岳に向かう。「平氏ヶ原」での滞在時間は3時間余り(爆)。街では考えられないまったりのんびりの時間の過ごし方です。

※ 銭形うどん: http://www.zenigataudon.com/

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

★ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」:岐阜県下呂市小坂町落合2563:(0576)62-3948:国道41号線・飛騨小坂から10分(濁河温泉方向)・下呂温泉から凡そ30Km:定休日に附いては要問い合わせ(一応・金曜日)★下は「平氏ヶ原」位置地図↓



   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。