掲載:2009年02月06日
090206-01.jpg 最初、美味しい魚が食べたいと考えた旅だったのだが、相談の結果はやはり山に成った(爆)。山と言えば奥飛騨・木曽・信州と一杯の候補地が有るのだが、一泊二日の旅、やはり何時もの場所と成った。そう、御嶽(御岳)山・にごりご(濁河)温泉への旅。そう、冬は空が暗く星が綺麗。此処に行くなら美味しい蕎麦の「平氏ヶ原」にも寄れる(爆)。

 濁河温泉ならやはり宿は昨年6月に行った旅館・御岳。あの30糎の反射望遠鏡が有る。だがしかし、高度1800mの雪道走行、寒い・・・。インターネットで調べれば最低気温は零下7℃とか。しかも週間天気の予報では、雪・雨・・・。予定日だけが晴れ予報、山の天気は変わりやすい。

 そんな岐阜県・御嶽(御岳)山・濁河温泉を目指しガソリンを満タンにして早朝出発。心配は途中道路の凍結のみ。名神・東海北陸自動車道・東海環状自動車道路を乗り継いで富加関インターで高速を降りる。其処から平成こぶし街道の走り成れた道を通り、平成道の駅で飛騨「明宝ハム」を何時ものとうり購入、飛騨金山から国道41号線、飛騨小坂分岐で何時もの写真をパチリ、12時過ぎに手打ち蕎麦処「平氏ヶ原」に到着。此処までは天気も良く道路の凍結・雪も無し順調。

 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」、何時も好んで来ている所なのでどうこう言って食べる物でも無い。何時も「美味しいね」「うん」程度しか言葉無くもくもくと食べる。

 今回の注文は道すがら決めて来た。未だ此処で一度も注文した事の無い「平氏そば」と「ほうは味噌定食」。そう、明日の帰りも寄る(爆)。本当の好みの物は明日に・・・。ただ、当然の事で酒は無し・・・。是が此処の難点で有る。

 12時過ぎから3時過ぎまで、食べて無言で休憩してまた何か食べて・・・(爆)。そんな事をしていると、お客さんが飛騨小坂方面から来店、そばを食べて濁河温泉方向に道を登って行かれた。うむ?、是は・・・、濁河温泉の旅館・御岳で会うのでは・・・(爆)。

 会計を済ませ、一路濁河温泉・旅館御岳を目指す。情報では鈴蘭峠口から雪道の情報、流石に合って居りました。が、この時間、対向する車が無い。登り道なのでノーマルタイヤでも行けるとそのまま進む。天気快晴、前回と違い御岳(御嶽)山も綺麗に見える。

 大平展望台付近では完全な雪道、圧雪状態なので止まらなければこのまま旅館・御岳までノーマルタイヤで行ける・・・。喜んでいた。が、旅館手前3Km地点で道路真ん中を走る対向車、仕方なく停止。走り出そうとしたがタイヤは空転・・・。仕方なくタイヤチェーンを装着して旅館御岳まで走行。

 本当にゆっくり来たので5時過ぎに旅館に到着。やはり有りました。平氏ヶ原のお客さんの車(爆)。今回予約の旅館のプランでは女性にデザイン浴衣と足袋が附いて居りました。早速ビールで乾杯。のーんびり〜。

 5時に到着、7時に夕食にしたが、到着後もビールと肴で乾杯していたために此処での定評の料理も余り進まず(爆)。そう、「平氏ヶ原」の薄味を食べて来た小生達には少し味が濃かった。そう、本日は食べすぎ・・・。

 食事後、休憩して風呂に・・・。野趣溢れる混浴露天風呂は今回はパス。そう、この寒さとあの階段、考えるだけで寒い・・・。気温は当然零下。源泉掛け流しの内風呂、やはり気分がいい。今回も他のお客さんが居なかったので泳ぎました(爆)。

 食事後、午後9時から旅館の天文台に・・・。夜空は雲も無く綺麗・・・。が、今回、一つだけ旅の計画でミスをしました。そう、当日は新月では無い・・・。月が白熱電球の様に夜空に輝き、星が少ない・・・。本当に残念。

 部屋は暖房で暖か、加湿器も有って快適に就寝。

 朝の食事は8時、其れまでに風呂に・・・。休憩して食事、薄味の温泉粥が小生達には一番美味しい(爆)。食事してゆっくりして会計、珈琲を飲んでゆったりまったり・・・。後の心配はエンジンが掛かるかのみ。そう、バッテリーは3年物、しかも此処は零下。バッテリーコードの準備だけはしてきたが・・・。

 外に出て旅館の寒暖計を見る。気温は零下2℃。しかしエンジンは一発で始動。再び飛騨小坂の「平氏ヶ原」に寄りそばを食べて帰宅。今回は、綺麗な景色と夜空、満腹の旅で満足。

● 今回の旅の道程

○ 日時: 2009年02月04日(水)〜02月05日(木)
○ 道程: 名神豊中 ⇒ 東海北陸自動車道路 ⇒ 東海環状自動車道路 ⇒ 富加関インター ⇒ 平成こぶし街道 ⇒ 飛騨金山 ⇒ 国道41号線・飛騨小坂 ⇒ そば・平氏ヶ原 ⇒ 太平展望台 ⇒ 濁河温泉・旅館御岳(2日目はこの逆)
○ 走行距離: 凡そ700Km

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

★ 以前の訪問:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2008年06月・梅雨)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817134.html

★ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」:岐阜県下呂市小坂町落合2563:(0576)62-3948:国道41号線・飛騨小坂から10分(濁河温泉方向)・下呂温泉から凡そ30Km:定休日に附いては要問い合わせ(一応・金曜日)

 (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。