掲載:2019年12月11日
20191211-01_s.jpg20191211-02_s.jpg 自分が自分が美味しいと思う即席麺メーカーに「寿がきや」と「イトメン」が有るが、何れも何故か大阪での販売店が少ない。最近は「寿がきや」製品を販売する店も出て来たが、1袋売りで5袋入りの販売店は少ない。其れも、5袋入り価格は400円を軽く超える。

 愛知県や近郊に行けば、メジャーメーカー品より安価、この「寿がきや・名古屋名物みそ煮込うどん」等は同価格で6袋入りと言うような物が良く販売されていた。

 そんな「寿がきや」の即席めんで一番と思う「寿がきや・名古屋名物みそ煮込うどん」が1袋78円か79円(税別)でスーパー・サンディで売っていた。是は某店の5袋入りより安い!と4袋だけ買った。5袋だと400円を超え、四日市価格を思い出す、曰く小市民(爆)。

20191211-03_s.jpg 買った夜、早速レンジで作った。容器はあのダイソーの丼要らず。水から麺も共に入れ、蓋をせず(蓋を使えば吹きこぼれ)、600W8分、出汁を入れ2分、丼に移しネギと卵を入れ完成(丼で作れる丼も有るが、丼が熱く成るものも)。

 「旨い!」の一言。

 ただ、ネットの「寿がきや」には「即席八丁味噌煮込うどん・ノンフライめん」が載っていた。是は未だ食べた事が無いが、一度食べてみたい。

 この「寿がきや・名古屋名物みそ煮込うどん」を美味しいと思っても、名古屋に行って名古屋名物、「みそ煮込うどん」を食べて美味しく無い!と思われても、自分は保証しません。あれは別物、麺も味も大きく違います。

 大阪の人間には名古屋名物「みそ煮込うどん」の麺は生、半煮えです。味はと言えば、イチビキの何でも味噌、あの味噌トンカツに掛ける味噌を温かくしてうどんを入れた感じとは、食べた友人の言葉。

 名古屋のお友達に聞けば、名古屋の人間全てがあの「味噌煮込みうどん」を好きと思って貰っては困る、とのこと。自分達は麺はやはり充分に茹でて、普通のうどんの茹で麺の様にして食べるのが一般的だそうだ。

 大阪人の私が大阪人にお勧めする「みそ煮込うどん」店は、一宮「かに屋」。某有名店より、味が大阪人向け。ただ、八丁味噌味が好みで無い方には何れも向かない。

 【追記】

 この記事を書いた後、この麺の5袋入りをお友達から貰った。大切に頂きます。

※ 一宮・煮込みうどん「かに屋」(2015年秋)
 https://m-jun.seesaa.net/article/429462836.html
※ 煮込みうどん「かに屋」の味に似てる味噌「イチビキ・無添加低塩赤だし」
 https://m-jun.seesaa.net/article/245939055.html
※ 味噌煮込みうどんを家庭で作るには「イチビキ・無添加低塩赤だし」が一番!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/311156564.html
大阪人の味噌煮込みうどん
https://m-jun.seesaa.net/article/461815069.html

※ 寿がきや(SUGAKIA)・名古屋名物「みそ煮込うどん」
https://m-jun.seesaa.net/article/271394007.html
※ 寿がきやの袋麺は「みそ煮込みうどん」が一番好きです!
https://m-jun.seesaa.net/article/309350530.html
※ 寿がきや「みそ煮込みうどん」(乾麺)を調理してみた!
https://m-jun.seesaa.net/article/322268908.html
※ イトメン社員が美味しいと認める即席麺は「寿がきや・みそ煮込みうどん」!
https://m-jun.seesaa.net/article/355653071.html
※ ドンキで高価な寿がきや袋麺「味噌煮込みうどん」とイトメン「チャンポン麺」!
https://m-jun.seesaa.net/article/462517347.html

※ 名古屋名物みそ煮込うどん(寿がきや):
 https://www.sugakiya.co.jp/products/fukuro/soku_f_0095.html?id=0095
※ 即席八丁味噌煮込うどん(寿がきや):
 https://www.sugakiya.co.jp/products/fukuro/soku_n_1944.html?id=1944
※ 寿がきや食品株式会社:
 https://www.sugakiya.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事