掲載:2018年10月19日
 今、芸能界の話題がホールが満席で無いと言う理由で当日開演前中止、その様な話題が報道を賑わせている。

 昔、大阪の難波に難波一番と言う音楽喫茶が有った。今の大阪高槻のJKcafeと同様で珈琲代で音楽が聞けた。しかしお金の無い学生、難波の心斎橋筋の楽器店前に居ると、殆どのミュージシャンの開演前にエージエントによる無料券配布が有った。

 その無料券を貰い、色々な歌手やグループの演奏を聴視した。結構大きな箱だったが入ると、グループの人数より観客が少ないと言う事も多々有った。しかし、其れを熟されたミュージシャンの方々の多くが後にTVにも出られ、曰くメジャーミュージシャンに成られた。

 殆どのミュージシャンの方はデビュ時代、同様な舞台を経験されている。ストリートミュージシャン出身者もしかりである。目の前を無関心に通り過ぎる通行人、「ちょっと止まって聞いて!」と声を出しそうに成る時も有るらしい。

 今でも伝説のグループの女性歌手がデビュ前、エレクトロニクスショーのバスタブに水着女性が入る横で歌われていたのを見た事が有る。入場者は殆どが男性電気技術者、何れを見ていたかは誰もが想定は普通に付くが、この歌手は堂々と歌われていた。しかも確かに上手かった。後にグループを組んで毎日の様にTVに出演するメジャー歌手に成られたが、当時酒の席で良く友人達と話した物だ「メジャーに成られたのは当然の成り行き!」。

 自分は今はジャズが好きでジャズのライブを良く聞くが、演奏者数より観客数が少ないと言う事も多々あった。また、入れば観客が自分一人だったと言う事も有る。その様な時、ミュージシャンの演奏に?(疑問符)が付いても帰るに帰れない(笑)。

 ま、観客が多くても身内の宴会を聞かされるよりかは、未だましなのだが・・・。満席の身内の宴会、最低である。

 確かに、大きなホールで観客が満席、其れはミュージシャンにとってはギャラに代えがたい物が有る事は判らぬでも無い。観客から見てもミュージシャンの乗りが違うのも充分に判る。

 色々な考え方が有るとは思うが、観客が一人でも、演奏者数より観客が少なくても、普段と変わらず演奏を行うのがプロ、是がプロと言われる所以のミュージシャンと自分は思う。その様なライブを熟されたミュージシャンの顔、観客から見てもまた誇らしい。

 ライブやコンサート、夢を見に来る観客、ミュージシャンにはその程度の余裕が欲しい物だ。

※ 「ナンバ一番」の有った時代:
 http://www.sankei.co.jp/enak/2006/jul/kiji/27nanbaIchiban.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ


掲載:2018年10月19日
 この土日の何れかに若いお友達が丹波篠山に行くと言う。其処で、何処か本当に良いお店教えてとメールが有った。

 自分は既に丹波篠山に行かなく成って10年程度経つが、今でも間違いは無いとするのが、以下のお店、ただ、生栗は既に時期が一か月ほど遅い、今は黒豆の枝豆、ただ今年は三田も篠山も今年の気候と台風で出来は良くない。

 是をどうしても篠山で買いたいのなら、多分朝早く行かないと枝付きは今年は少ないので無い。贈答用は枝付きも良いが、贈答用の指定箱に入っていないと一応の値打ちが無いが、高価。自分で食べるなら鞘の物がいい。何れかと言えば安価。

 自分は近年三田で買うが、枝が付いていてもお友達の所に送るには最近は枝を取る。最近の送料も馬鹿に成らない。下手すれば送料の方が高い。才か重量か、枝豆はどうしても才が勝つ。

 才とは寸法のこと。例えば、同じ3Kgの物を送るにしても、小さい方が安価。しかも黒豆の枝豆の枝は、廃棄するのに街の市の指定ゴミ袋に入れれば、殆どの場合、ゴミ袋が破れる(爆)。結構黒豆の枝は厄介な物なのです。

 既に栗の時期は過ぎた。しかも今年は気候条件から不作、其れなら、西垣の羊羹がお勧め。しかし、流石の純栗羊羹、若い方には向かないかも。

 其れなら、黒豆パン。是がいい。本当は、特産館のきんつばが良いが、今も電話注文しないと多分駄目と思う。自分でも2回ほどしか食べた事が無い。

 蕎麦なら有名な一会庵、待つのを覚悟で早く行かないと食べられない。

 そして、自分が本当に間違いの無いお米を売っているお米やさんは、自分は此処しか知らない。丹波篠山・坂本屋さん、奥さんが小柄で可愛い(笑)。

 後、和菓子のお店が有るが、場所は判るが、名前は失念、でも市街には無い。篠山の豆腐は自分は?である。

 そして、此処はお勧め、篠山ビーフ西村牧場、順番が可笑しく成ったが、細工所の露地野菜販売所と篠山市街の間にある。大きなお店で入りにくいと思われるお店だが、近隣の方のお店で、自分の所の牛の牛肉しか売られていない。自家生産のお肉を売っているお肉屋さんは、篠山で2軒しか無い。後は京都市場の仕入れ。

 以上書いたお店は、多分今でも間違いは無い。

 ただ、最近はお店は知らないが、自分がお友達の行った情報を聞いて、行きたいと思った所は、ピザのお店、市街から外れているが、中々とのこと。名前は失念。

※ 細工所朝市・丹波旬の市南部店:
 丹波地域 - 朝市・青空市・特産品直売所
 https://www.ja-tanbasasayama.or.jp/
※ 栗屋西垣:純栗羊羹:
 http://www.kuriyanishigaki.com/
※ 黒豆パン
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816036.html
※ 篠山ビーフ西村牧場(兵庫県篠山市八上上)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816001.html
 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-AUVtYG7Qho6/
※ 蕎麦 一会庵 (いちえあん)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816631.html
 https://www.hotpepper.jp/strJ000110648/
※ 丹波篠山 阪本屋
 http://www.tanba-sakamotoya.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年10月19日
20181019-01_s.jpg20181019-02_s.jpg 万博「おゆば」の後、友人と深夜やよい軒での夕飯、久しくやよい軒に行った。

 此処での自分の定番は、「サバの塩焼定食・630円(税込)」か「しまほっけ定食・890円(税込)」、そういえば他でも先ずは「サバの塩焼」かも(爆)。

 今回自分は、「しまほっけ定食・890円(税込)」、友人は「から揚げ定食・720円(税込)」、全品定食はごはんのお替り自由なので二人ともお替りした。

※ やよい軒:
 https://www.yayoiken.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。