掲載:2018年10月14日
20181014-10_s.jpg20181014-11_s.jpg 自分はこのブログに書いて有る様に四半世紀以前は篠山米、それ以前は母の出里の米、四半世紀以降の多くは三田米を食べてる。何れのお米も作って居られる農家さんの顔も田んぼも判った単一農家米、何れも谷あいのお米である。

 そんな農家の方を今迄幾人もの友人に紹介した。現在自分は三田米だが、古くからの友人は自分は是だと今でも篠山米を食べている。そう、初めて篠山米の美味しいお米を食べ、家族を含め身に付いた美味しさと言う事だろう。

 このブログに三田米の事が書いてあるのは、現在自分が三田米を食べているからで、何も三田米が全てでは無い。お米は日本全国何処でも美味しいお米が取れる。どの様な場所に美味しいお米が取れるのかを知れば、探せば日本全国に美味しいお米を探す事が出来る筈である。

 今の時代、一部ではお米も嗜好品に成った。自分のお友達で何人もの人間が三田米を食べている。その他には、福井米、近江米、兵庫の日本海側の有名産地の人間も長い。

 当時、自分への対抗心からか自分で三田内を走り廻り、他の地域の三田のお米を食べている人間も居る(爆)。ただ、最初に単一農家米か調べること、美味しいお米の取れる場所の考え方と見方は自分が教えた。

 ただ、自分に合ったお米の単一農家米を探すのは本当に大変なんです。何故なら、お米を売って下さいと言っても、袋単位の玄米30Kg、大家族でない限り一回買っても相当期間有る。1つの農家を探すまで期間が掛かるんです。

 ただ、昔はもう少し楽な期間も有りました。自主流通米が政府が認めた時期、其ころには多くの個人の露地野菜販売所も有り、お試し米の3Kgのお米とかの10Kgのお米の販売も多く有りました。(今は道の駅に同様な小口販売がある。名前も電話も書いて有る。後は、地域を見て単一農家米かどうか調べるだけで可能。)

 今、30Kgを買っている人間の多くは、マンションや近隣の方との共同購入、3軒とか5軒で分けている。この方が何時も精米したての美味しいお米を食べられると好評。ただ、各家庭の家族を含めた皆の意見がまとまらないと、農家を変える事が出来ないデメリットがある。

 これ等、単一農家米を食べている人間の考えは以前から書く様に何もスーパーより安価なお米を求めているのでは無い。何時も書く様に、スーパーのお米の方が安価です(爆)。

 単一農家米、先日書いた様に1年を通じ同じ味のお米を食べる事が出来る。是がメリットと言えばメリット、しかも自分達には美味しい。

 自分は持病から今年は新米の購入が少し遅れた。其処で友人からお米を譲って貰った。地域も農家も違うので明らかに味が違うお米だった。四半世紀前、皆でこのお米を探すのを楽しみに、其々車で走り回っていた。其れが、当時の家族を連れた米探しのドライブ、家族も反対しない娯楽だった(この探し回った友人達と、米を味比べしたり分け合っていた)。

 今は皆歳を取りました。でも、一か月に一回程度、田舎に米を取りに行くのを一応の楽しみにしている。各人其々、田舎の風景を楽しみ、露地野菜を買って帰り、季節の香りと息吹を楽しんでいる。

 今回、以前この三田のお米を紹介したお友達、このお友達も未だ同じ農家のお米を食べている。既に紹介してから7年余り、其処で久しく感想を聞いた。

 当時、お友達には三田の農家の2軒のお米を紹介、当人が”すがすがしいお米の味”と言った農家を紹介した。農家の方にも会い、田んぼや周囲環境も見て納得して現在も三田の同じ農家のお米を食べている。

 因みに、このお友達が農家に依頼する場合の精米度合いは8分搗き。

 単一農家のお米を食べている人間達の分搗き度合いは、8分:白米が大凡半々。ただ、8分と言っても昔の精米機より白く、今の市販米の多くは自分が見た感じ、8分搗き。

 そう、今の普通の市販米を街の精米機の「無洗米」か「クリーン白米」に再精米すれば、お米を甘く感じる様になります。ただ、確か5Kg以上で無いと精米機は回りません。精米価格は、10Kg/100円か200円。当然、重量は減る。

 ----------

【2011年12月(初回感想)】

・ 最近はスーパーで無く、お米屋さんで購入していた。最初は各産地の「こしひかり」を数キロづつ買って食べ比べ、購入する産地の米を決めて購入。産地により味の違い、食感の違いがあって面白い。

・ 今回、農家直販米を食べて感じたのは、味の違い。それは、おいしい・おいしくない(匂い・食感のいい・悪い)の差もあるが、それ以上に感じたのは、店で買ったお米は、雑味を感じるという事です。

 雑味、と表現するのが適切か分からないが、おそらく、いろいろなお米が混ざってるゆえに、色々なお米の味がして、それを雑多な味として感じられる様に思います。

 一口、ご飯を食べて噛んでいるときに、何かごちゃごちゃしてる。噛む度に味や食感が違うような、同じお米だからこそ気になる細かな差かも知れません。

 農家直販の米は、味も食感も、食べて均一です。噛んでも、もう一口食べても同じ味がする、このお米の味はこれと認識できる。是は、市販品には無いように思う。

 農家を違えたお米も食べました。このお米は、清廉さが際立ってるように感じました。お米ですけど、すがすがしいお米の味です。

【2018年10月(7年間食べてきた現在の感想)】

 長く食べて来たお米の感想です。

 おいしいというか、毎日食べて飽きない味なんですよね。温かくても冷たくても。それが私にとっては美味しいということだと思います。これだけ長年食べてると、きっと私の身体のかなりの部分は〇〇さんのお米でできてると思います。笑。

1日3食食べてますが、これだけ同じ産地のものを食べてるものって、お米以外ないのです。水は水道水ですが、同じ産地のお米とはちょっと違いますし。

 あと、産地をこの目で見てきたものも、このお米しかないんですよね。最初お米を食べたとき、このお米ができてる場所を見たいなーって思いましたし、三田の田んぼを見たからこそ、このお米を食べたいなーと思った、というのもあります。

 ----------

※ お友達の感じる新米と保管して時間がたったお米(旧米)の違い!:
 http://m-jun.seesaa.net/archives/20181026-1.html

 今年の新米、そうですね。やっぱり美味しいですね。温度管理されてるとは言え、新米はみずみずしさが違うような気がします。水の吸収力が高いというか。食べ過ぎてしまう何かがありますね。

 新米と旧米、水分吸ったときのふっくら具合が違うかなぁ。比較してないので、感覚的なものですが。切り干し大根を水で戻すとき、日にちがたったものは水を吸わせても、うまく水を吸わず硬いとこがある、というのを思い出しました。

 家族も何も言わずに、ぱくぱく食べてる。おにぎりにすると、食べすぎる。と言うことは、新米を美味しいと感じていると思います。

 ----------

★ 写真はお友達の食べる今年の新米、8分搗きのお米とご飯の写真(是が普通の米粒の揃い方です)。

※ 新米と・ご飯の美味しさ(食味)!:【追記】:
 http://m-jun.seesaa.net/article/462278240.html
※ お米の共同購入の一つの方法!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/462414982.html
※ 2018年(平成30年)今年の新米食べ初め!:【追記】
 http://m-jun.seesaa.net/article/462182553.html
※ 市販米・JA米と農家から直接入手した米の話あれこれ・「古米の行方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/238913223.html
※ 新米の季節・単一農家のお米とは?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/290593043.html
※ 三田の農家から直接お米を買っても適正価格でしかお米は買えません!
 http://m-jun.seesaa.net/article/399554566.html
※ 兵庫県三田市小野・平成27年度産こしひかり(新米)を早速炊いて食べて見た!
 http://m-jun.seesaa.net/article/427246297.html
※ 今・兵庫県三田市小野・路地野菜販売所の様相(2015(平成27)年度産新米入手!)
・ 単一農家米の籾すり:
 http://m-jun.seesaa.net/article/427197030.html
※ 新米の季節だが「水加減を幾ら変えれば味が変わるのか!」
 http://m-jun.seesaa.net/article/461615657.html
※ 銀シャリ屋ゲコ亭のご飯の炊き方!と炊飯の科学!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/398002196.html
※ 街に有る精米機の使い方と精米のあれこれ!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/443919405.html
※ 間違ってクボタ精米機で「クリーン精米(白米)」をしてしまった!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/460188805.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2018年10月14日
20181014-01_s.jpg20181014-02_s.jpg そう、皆さんお知りの「さつまあげ」、是でご飯類は不要、幾つか買えばお腹一杯に成ります。

 この写真の物は先日の大阪・阪急百貨店の九州物産展で購入した物ですが、ネットで調べると会社の創業が新しい。自分はもっと前に、鹿児島駅の外で買った物とは違う物でした。

 現在、鹿児島駅も綺麗に成り、ネットには3軒の揚げたて「さつまあげ」の店が存在する様ですが、自分が食べた物が何処の物か、会社案内からは知る事は出来ませんでした。

 でも、何れの物も、多分甘さの違いはあれど大阪の練り物とはまた違い大変に美味しい物と思います。阪急での購入は是で税込み1080円だったと思います。この写真では見事に隠れ見えませんが、未だ下に隠れています。

 鹿児島に行かれれば、現地で是非揚げたてを買ってお食べ下さい。単純に美味しい物です。多く買っても食べ飽きも、胃もたれもしません。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。