掲載:2018年09月06日
北海道で6日03時08分ころ震度6強の地震、近畿では台風一過の空が可笑しかった!
被害が大きくない事を祈ります。。。

ま(*ーmー*)
掲載:2018年09月06日
20180906-01_s.jpg 自分は何度も書く様に、JAZZの聴き専である。楽器は一切出来ない。カラオケで歌う事もしない。

 しかも、フルート好き、歌うたいは余り好まない。検索で「日本・ジャズボーカリスト・下手」と入れれば何か自分のこのブログが掛かるらしく、今でも週に何件もの検索からの来訪者が居られる。

 以前、何度も友人から

「このボーカリストはどう?」 と聞かれた事が有ったが、
「貴方が素人でも下手と思えば下手」 と答えた。

 今もその答え方は変わらない。ライブは3回目からが難しいとも書くが、ボーカルを聞いて3回以上聞けるライブは其れなりの物が有る。

 女性ボーカリストのライブを聞けば、ファンと言われる男性諸氏をお連れの方も居られるが、その男性諸氏の聴視状態をみていれば、歌うたいを聞かれていない事も良く分かる。

 これ等の男性諸氏の目的は、お若い女性ジャズボーカリストとライブが終わったあとのお話しの時間を期待してライブに来られている。枯れ木も山の賑わい、自分は是を非難する事は一切無い。ただ、何故聞いて上げないのと思う程度。其れが花と言えば花。

 男性ボーカリストにはこの花も無い。今迄自分が聞いた日本人の男性ボーカリストの方で、是は面白いと思った方は1名のみ。

 そんな男性ボーカリストを昨年もう1名見つけた!。ぼーかる あんど ぴあの”浅龍”さんである。最初の出会いは2017年11月、たまたま時間が有り入った何時もの「JKcafe」で。お会いした。

 その日にご本人にも申し上げたが、

「見れば男性ボーカル、期待せずに入って来ました(笑)。しかも歌われる歌がジャズスタンダード、歌い方も古い。しかし、今回其れが不思議にも他の方と異なり新鮮に聞こえた。何故だか分かりませんが、久しぶりに感動した歌うたいを聞きました。有難うございました。」

 先日、2度目の歌うたいを聞いた。そして、分かりました。浅龍さんの歌うたいに何が有り感動できるのかを・・・。

「有る物は、歌にドラマ・物語」

 決して人まねでは無い歌うたい。是を新鮮に感じたと言う事は、他の方には是が無いと言う事に他ならない。その後、女性ジャスボーカリストの宮坂昌子さんの歌も聞いた。やはり、

「有る物は、歌にドラマ・物語」。

 この事を宮坂さんに言えば、ギターリストの井野アキヲさんにも言われたとか。

 確かにジャズボーカリスト、入口は人真似から入る方も居られるかも知れないが、歌を自分の物にしないとあくまでも人まね、面白くもなんとも無い。

※ 浅龍さんブログ:
 http://mitsuneyaasaryu.blogspot.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事