掲載:2018年08月16日
 毎年夏に成ると、「テント持ってる?」と聞かれる。「有るよ!」と言うと「貸して!」と言われる。夏、自分のテントは開きなので貸す事にはするが・・・。しかし、先日ひろげてみたが、ゴアテックスのテントの継ぎ目が相当にくたびれて、縫い目の内当てが剥がれた場所もある。

 むかし、Cafe友にゴアテックスのパーカーは10年は持つと言った事が有るが、是はパーカーやテントにも言える様だ。一応、専用の接着剤で補修すれば未だ使える。

 ただ、自分は夏のキャンプは勧めない。少なくても秋以降、一番は冬キャンプである。

 夏キャンプは、

@ とにかく昼は暑い!
A 虫がいる・蚊がいる
B 其れにも増して人がいる

 冬キャンプはこの真反対であるが、準備さえすれば本当に快適に過ごせ、思い出作りには最適である。一度すれば嵌る。

 夏、アウトドアをしたければ、虫のいない高地や低地なら快適なバンガロウやコテージ・ロッジを勧める。近畿から最高の場所はやはり上高地かも。でも、今の時代上高地でも泥棒も居て気は抜けない。行くなら徳沢が良いかも(上高地から歩き必要)。

 奥飛騨温泉郷にもキャンプ場が有るが、モーターキャンプ場との共用キャンプ場は普通のテントキャンプには絶対に向かない。

※ 上高地公式ウェブサイト:
 http://www.kamikochi.or.jp/
※ アルピコ交通:
 http://www.alpico.co.jp/access/express/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事