掲載:2018年05月21日
「指跡が余にも付きすぎて剥がしたい。やった事ある?」と聞いて来た。
「流石に其れは無いが、検索で写真入りとかUチューブで有るのと違う?」と答えると、
「其れは既に見た」とURLを送って来た。

 是が価格の差か何か分からないが、硝子シートの強度関係では無く、強度と思って買ったら、指跡が付きすぎて見ずらい。剥がしたいが、自分の物の指跡の付き具合はどうかと聞いて来た。

 自分は現在3台のスマホを持つが、一番指跡の目立たない物は価格の高いY!mobileのIphone5sのガラスフィルム、流石に指跡は何故か余り目立たず。

 しかし、この価格も余り関係の無い様にも思う。何故なら、以前このブログに紹介したローソン100に売っているガラスフィルムも実際に使っている2人の人間の意見は、

 ----------

@ フィルム、100円のものでも全然問題ないですよ。貼るときもきれいに貼れましたし、使っていても、全然問題なしです。ハンドクリームを使ってる方だと、その油分で指紋が残るもかもですが、私は画面が見ずらいってことはないですね。

A 指跡や視認のこと、他の人の使っている物と比較しても同等、強度は落として無いので分からないが今のところ使用傷も無い。

 ----------

 との事である。保護フィルム使用の目的は、画面保護だが、画面見えないと意味が無い。何れのフィルムでも傷が附いたと言う事も聞かない。落として割れた人間も居るが、落とした場所の凹凸で是は仕方ないとの意見。今回初めて指跡で見えずらく張り替えたいとの事を聞いた。

 どうも、ガラス保護フィルム、是が落としてみないと分からない強度の件より視認が一番重要な選択基準と思えて来た。スマホ、画面が見えないと意味が無い。しかし、是も買って使って見ないと分からない。

 因みに、彼が剥がしたいと言う製品は、価格1098円、日本製ガラス、貼りミスと割れは交換との宣伝の製品、指跡が附きすぎて交換したい。

 ガラス保護フィルムの選択の口コミは、強度や傷への強さより、映り込みと指紋や指脂による画面汚れの確認なのかもしれない。

 ガラス保護フィルムの剥がし方は何れも、NTカッターとテレフォンカード、入れてゆっくりずらせて隙間を開けて行くと言う方法。

 因みに、この100円均一ガラスフィルム、現在はIphone8用迄有る。

※ 100円均一で買えるiPhone5s(SE)用保護ガラスフィルム・ケース!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/450988152.html
※ ガラス保護フィルムの剥がし方(薄いカードを使って浮かせる):
 https://mandarinnote.com/archives/14818
※ 裸族必見!スマホに貼った強化ガラスの上手な剥がし方(カード使用):
 https://useacc.com/2017/01/22/how-to-remove-tempered-glass/
※ スマホのガラスフィルムの剥がし方:
 https://41kurashi.com/smartphone-glass-film/

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2018年05月20日
 WiFiデザリングは使わないと切れてしまうし、電池の消費量も大きいが、メリットは高速通信が出来る。Bluetoothデザリングはスピードは遅いが、設定すれば切れずに電池の消費量も少なく1日接続しても問題は無い。

 しかし、先日からこのブログに何度も記載の様に、Bluetoothの「BlueBorne」問題への対処が出来るスマホ、IphoneならiOS10以降、androidならセキュリティーパッチ2017年9月12日以降(android Verの問題では無い)が適応のスマホ(SONY XperiaならXZ以降、Z5迄はパッチ対応無し)で無いと使えない。

 また、貴方の名前が知られたく無ければ、SSIDの名前・「AirDrop」問題にも対処しておく必要が有る。

 この対処を終われば、

@ スマホ同士をBluetoothペアリング
A メイン(親機)スマホの「インターネット共有」をON

 にすれば子機もネットに常時つながる。共にWiFiは切断しても接続に問題は無い。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年05月19日
20180519-01_s.jpg「父ちゃんウイルス掛かってしもうた!」
「どれ、見せて見!?」
「ほらこれ、ウイルスが見つかりましたと書いて有るやろ!」
「お前、何のアプリ入れたんや」
「友達の写真もらうのにSend Anywhereというのが友達が便利と言うから!」
「これの釦、何処か押したんか?」
「いやまだ!、何処押して良いか分からんから聞きに来た。押していいのん?」
「いやあかん、変な広告出して、これ自体がウイルスや!」
「ならどうすればいいのん?」
「アプリを停止して、Send Anywhereをアンインストールし、アンインストールのアプリは前入れたやろ?!。他のアプリにし!。この様な広告自体今は珍しいが、この様な広告を出すアプリなんてロクなアプリで無いんや、この広告自体が本当のウイルス、現にお前どうして良いか分からんかったやろ?!」
「うん、ならそうする。他に使ってるアプリ無いか聞いて見る。出来んかったら今までみたいに横からメールで送って貰うわ!」
「家のWiFi使ってのメールなら容量大きくてもギガは減らないので、そうし。初めから入っているアプリに転送アプリ無かったか?その方がいいと思うよ!」
「其れも聞いて見るは!」

 素人には、この表示の意味が分からず、本当にウイルスにかかったと思うし、これ自体がウイルスかも知れないし、インストールしてしまうと素人には容易にアンインストール出来ないアプリかも知れない!。この手の広告は既に問題に成り無く成ったと思ったのだが未だ有る様だ。

 是は、最近の友人と友人の中学生の子供との会話、しかもこの話を聞いて自分がテストにSend Anywhereアプリを入れれば、殆ど時間を経過せずに「ウイルスが見つかりましたと」の画像表示が出た!。

 皆さんは、この様な表示が出た時の対処、本当に判っていますか?。分からなければ、この様な広告の出るアプリは使わない事です。未だ有るんです。この手のアプリ!!!。

★ 是は、料金を支払い広告なしにする以前の問題であり、調べれば、Send Anywhereの開発業者は韓国。

 ----------

【追記】記事記入後、検索に以下の記事が有りました。

※ 実例で学ぶネットの危険:スマホで突然の「ウイルスに感染」表示、開くとどうなる?
 http://blog.trendmicro.co.jp/archives/16382
・ 対処法は「ブラウザのタブを終了せること」としている。!!
※ 詐欺的商法「あなたの携帯にウイルス」 不安あおる アプリへ誘導、広告です:
 https://mainichi.jp/articles/20171117/dde/041/040/058000c?inb=ys
 毎日新聞2017年11月17日 東京夕刊

【記事引用】

 「あなたの携帯電話は危険なウイルスに感染」−−。他人のスマートフォンに突然こんなうその警告画面を表示させ、特定のアプリをインストールするよう誘導する新手の商法が横行している。実はこの画面は警告を装った広告で、アプリのインストール数などに応じて得られる報酬を狙ったもの。アプリの多くは無料で金銭的な被害などは確認されていないが、専門家は「モラルのない詐欺的行為」と批判する。【鈴木理之】

 この警告画面は、スマホを使用中に本体のバイブレーション(振動)とともに突然、画面全体に表示される。広告表示機能を利用したもので、ウイルス削除をうたって特定のアプリのインストール画面に誘導するが、実際にはスマホはウイルスに感染していない。

 独立行政法人「情報処理推進機構」によると、昨年6月ごろから相談が目立ち始め、現在は月に数十件の報告があるという。誘導先のアプリは無料のものがほとんどで、ウイルス対策など数種類が確認されている。

 広告作成者は、自らの広告を通じアプリがインストールされれば、その数に応じて仲介業者を通じ報酬が得られる。警告画面を装いスマホ利用者の不安をあおり、報酬を増やす狙いがあるとみられる。一方、多くの場合、アプリにも広告が掲載されており、インストール数が増えるほどアプリ開発者にも広告収入が入る。

 誘導先の一つとなったファイル圧縮アプリは、11月上旬までに1000万件超のインストールを記録。一時はインストール数のランキングで1位となった。アプリの評価欄には「不安をあおる広告にだまされた」などと非難する声が殺到した。このアプリはすでに削除されている。

 スマホ利用者側に金銭的な被害やデータ流出などは確認されていない。サイバー犯罪を手がける捜査関係者は「広告が出る画面は刻々と変わり、広告を出す人の特定は困難。実害もなく立件は難しい」と明かす。

 情報セキュリティー大手「トレンドマイクロ」の高橋昌也シニアスペシャリストは「脅迫めいた文言で報酬に結びつける行為で悪質。遭遇しても無視してほしい」と注意を呼びかける。

 ----------

※ Send Anywhere:
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estmob.android.sendanywhere&hl=ja
 https://itunes.apple.com/app/apple-store/id596642855?mt=8
 https://www.microsoft.com/library/errorpages/smarterror.aspx?correlationId=nzN+vShufEWYh0fe.0.0.3

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年05月18日
 今回、自分の使用するブラウザのGoogle chromeに先日Microsoftから無料提供されたchromeの拡張機能、「Windows Defender Browser Protection」をインストールしました。

「Windows Defender Browser Protection」は、「Microsoft Edge」で採用されているフィッシング・マルウェア対策機能を「Google Chrome」でも利用できるようにするMicrosoft公式の拡張機能。

 ウェブページの監視、疑わしいサイトや悪意のあるサイトからの保護をchromeに追加し、ブラウザを保護しフィッシングや悪意のあるWebサイトなどのオンライン脅威から身を守ります。

 chromeをお使いの方は入れない手は有りません。

※ Windows Defender Browser Protection:
 https://chrome.google.com/webstore/detail/windows-defender-browser/bkbeeeffjjeopflfhgeknacdieedcoml
※ 「Edge」のフィッシング・マルウェア対策を「Google Chrome」にもたらすMS公式拡張:
・ Googleの“セーフ ブラウジング”に加え、“SmartScreen”の保護を得ることができる:
 https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1117940.html
※ MS、「Windows Defender」の「Chrome」拡張機能をリリース:
 https://japan.cnet.com/article/35117994/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年05月17日
 自分達のブログ・HPの閲覧はPCならGoogle chrome、edgeでの閲覧の人間など殆どいない。何故なら、不要な広告が一杯だから。

 Google chromeそのままだと多くの広告が出るが、chromeに拡張機能のAdBlockやAdblock Plusを入れれば不要な広告の殆どを消去してブログ・HPの閲覧が可能である。自分はこの両方を入れ、切り替えて使用している。常時ONは何れでも良いが、広告が消えないHP等ではこの2つを切り替えれば殆どの場合消える。

 自分の場合、拡張機能にAdBlockやAdblock Plus以外にセキュリティー関係の拡張機能が幾つも入っている。最近追加したのは、Windows Defender Browser Protection、それ以外にセキュリティー関係の物には、マカフィーR ウェブアドバイザー、WOT: Web of Trust、jsoff、Ghostery、Click&Clea、Avast Online Security等を入れてchromeを使っている。

 是で、危険と出て閲覧が停止されるサイトには、自分のブログにリンクを貼ってある、リンクURLを調べる「gred」、URLを調べる「aguse」等でサイトの安全性を調べてからしかそのブログやHPを開かない。

 ま、一度ウイルス感染して怖さを知っていればこうする。

 その他に閲覧には、自分には懐かしい言葉のRSS Readerを使われている人間も居る。殆どこの2つである。

 先日、有る人に自分のこのブログのアドレスを教えると早速スマホでアクセス、広告の出るスマホページを閲覧していた。其処で教えたのが、スマホ用の「Adblock Browser」、是で自分のPC版へのアクセスを教えた。

「お!、こんなの有るのを初めて知りました!」
「え!?、今迄他のページも広告有りで見ていたの?」
「はい、見ずらいなーと思いながら見ていました!」
「最新型のスマホ持ってもそれかいな(爆)」
「はい、うとい物で・・・」
「何時も何処かを見ているなら、更新のみを表示してくれるRSS Readerだよ!、是もPC版とスマホ版が有る。自分の使い易い物を使えばいいが、英語版だがFeedlyと言うのが一番軽いらしい」

★【smartphone app】
※ Adblock Browser Android版
 https://play.google.com/store/apps/details?id=org.adblockplus.browser
※ Adblock Browser iOS版
 https://itunes.apple.com/jp/app/adblock-browser/id1015653330?mt=8
★【RSS Reader】
※ Feedly - Get Smarter
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devhd.feedly
※ Feedly - Smart News Reader
 https://itunes.apple.com/jp/app/feedly-get-smarter/id396069556?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
※ PCでもスマホでも使える RSSリーダーの比較&まとめ:
 https://freesoft.tvbok.com/freesoft/matome/comparison-rss-reader.html
 Inoreader、feedly、Feed Watcher、Feedponなど、人気どころのRSSリーダー比較。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年05月16日
 先日、久しくこのブログのアクセス解析を見て驚いた。其れは、このブログにアクセス下さる皆さんのOS、つまり使用機器である。

 インターネットが始まった当時から、上位一位はWindowsの曰くPC、ブラウザはMicrosoft Internet Explorer だったのだが、先日見た一位は、iOS(Iphone)、ブラウザはsafari、その割合は35%。次にandroid端末、ブラウザはchrome、この2つで有に50%を超えて居るのである。

 自分がこのブログを何時改装したのか既に忘れたが、改装理由がタブレット・スマホ対応だった。パソコンでもタブレットでもスマホでも、この同じページで対応出来る軽いページを作ると言うのが理由、是が正しかったと言う事が今回実証される結果となった。

 でも、自分でもこの結果にはびっくり。自分のこのブログへの閲覧者数は毎日殆ど変わらず、人気記事も季節物を除いて殆ど変わらない。

 日本人の持つスマホ、50%以上はIphone、是は世界にも現地アメリカにも無い割合と言うか、ブログアクセスまでこの様な状態に成るとは、思いも寄らなかった。

 今のこの形態にした時には、知り合いから何故メニュが何時も下に有るの?とか何故縦長なの?と聞かれた物だが、どうせ落ちるなら最初から落としておけとの考えからだったが今と成っては自分には懐かしく思ってくる。

★★★ お友達から、「何故最初から1カラム?、レスポンシブデザインにすれば」との意見が有りました。このブログ改造も最初はそうだったんですが、1つだけ自分の技術ではレスポンシブデザインでは回避出来ない事が有りました。そこで、最初からメニュが下に落ちた1カラムにしました。

 改装は、SeeSaaに他の実験用ブログを開設、其方で実験を行い、このブログに移設しました。また、現在SeeSaaブログの新システムでは最初からレスポンシブデザインに成っていると思います。

 ----------

 このブログのPC/スマホ対応の表示をご存じない方は、

 現在、このブログをPCでご覧頂いている閲覧者の皆さんは、このブログの一番上のメニュを表示した状態で、ご覧のブラウザの幅を狭めて見て下さい。其れでこのブログの表示の動きが分かります。

 表示の文字・URLを含め全てが折り返しに対応します。

 スマホでご覧の皆さまは、ブログ一番下に「PC版で見る」と言う表示が有ると思います。其れを押して下さい。表示が変わると思いますが、是が自分のPC版の表示、広告無くこのブログがご覧頂けると思います。

 是が、PC/スマホ対応のページで、広告無くこのブログをご覧頂くための改装です。このブログ閲覧は、PC用は元から広告は出ず、スマホは広告の出ないブラウザや広告消去アプリ等を使う必要が有りません。

 ----------

 最近、是はどうしてやるの?と聞かれたが、自分も素人のつぎはぎブログなので忘れて分からず、内部のファイルを全て落としてその方に上げた。この結果から商店ホームページ等もPC用に綺麗に作るだけでは見ずらく、スマホ対応の1カラムで無いと用を成さない時代が遂に来た事をこの結果は示している。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年05月15日
 今回、Gメールを送信し、お友達がそのメールにHOTメールから返信をくれた。今までならそのメールは受信フォルダに入り普通に返信として読めたのだが、今回は返信メールを探せば、「送信済み」フォルダの送信したメールに返信として附いていた。

 この様な現象は初めて、早速検索を掛けて見たが、同様現象と思われる物は以下URLにしか同様な物が無く、しかも「回答は不明のまま」だった。

 自分の場合、PCでGメール作成、受信はPCとスマホの両方(殆どのメール返信はスマホで確認)、今回は何れも「送信済み」フォルダにしかこの返信メールは見つけられなかった。この現象、本当に困る。

 このメール受信の解決方法をお持ちの方、是非お教え下さい。1時間以上、検索で色々な所を読みましたが、未だ解決方法を見出せません。

 皆さん、本当に宜しくお願いします!。

※ 送信したメールに対する返信が受信トレイに表示されない :
 https://productforums.google.com/forum/#!topic/gmail-ja/NaK1L9k9F8A

   (*ーmー*)
掲載:2018年05月15日
 貴方は是を知っていましたか?、友人から「是知ってる?」とのメール。

「父さん!〇〇さんから電話やで!」
「???ロックかけてた筈なのに・・・何処で見たん?」
「父ちゃん古いわ!siriに話したら教えてくれるねん!」

 友人も知らなかったが、自分も片手落ちの設定だった!。自分の情報を隠したい方はどうぞ!。何も、彼女や嫁への対処だけでは有りません。今の時代、誰が何処で何の情報を狙っているのかも知れません。

 タッチID(指紋認証)でのロック解除では、酒呑みは必ず嫁にロックを破られるそうです!。何故?とお思いの方も一度以下を一読を・・・(爆)。秘密は無いのでロックは掛けない?、ロックは他人への対処に必要です。

※ ロックしても彼女や嫁にバレる!?見られる前にやっておくべき4つのIphone予防策:
 https://iphone-week.com/article/?id=122

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年05月15日
 先日からのIphoneSEの記事、何故続くのかと言えば、IphoneSEがIphoneの中で一番安価だから。前回のIphone5sの中古購入が流行った時の購入理由は大きさも小さく中古価格も手頃、学生でもお小遣いを貯めれば買えるとの事からだった。

 自分の考えだけではこんなに同じ話が続かない。続く理由は話のベースが有るからなのだが、殆どはお友達からの問い合わせへのメール返信がベースで有る。何も今自分の周りのスマホ購入者の全てがIphoneSEでは無い。だが、androidからIphoneへの乗り換えの人間も多く、またIphone5sからIphoneSEの乗り換えの人間もいる。

 androidからIphoneへの乗り換える人間の乗り換え理由の多くは、先日書いたセキュリティー問題、特に先日大きく報道されたBluetoothのセキュリティー問題の脆弱性「BlueBorne」問題である。

 この「BlueBorne」問題、何もスマホに限らない。Bluetoothを使う全ての機器、PCも同じである。対処の方法は、セキュリティーパッチを当てるか、Bluetoothを使わない(切断する)しか方法は無い。Windowsの更新は上手く出来ていますか?、確認はしていますか?。自分のお友達には、中を見れば更新失敗が幾つも有りました。

 このパッチの当たるスマホは、IphoneならiOS10以降なら問題は無く、androidならセキュリティーパッチが2017年9月12日以降?(正確にはご自分で・・・)のパッチが当たっていれば問題は無い。間違ってはいけない、androidのバージョンには関係が無い。

 自分の持つsony xperia Z4は既にパッチ切れ、メーカーからのパッチ提供は無い。多分、Z5も同様と思う。日本で一番の売れ筋メーカーのSONYでさえ是である。一時はandroid oneへの乗り換えも考えられたが、確約されているセキュリティーパッチ提供は確か2年〜半との記載なので皆さん取りやめIphoneへの乗り換えを考え始めた。

 流石に乗り換えと言ってもIphoneも高価、其処で新古で安価なIphoneSEへの乗り換えである。自分の近辺でIphoneSE以外の購入は、Iphone7、キヤリア乗り換えの人間はsony xperiaからIphone8の人間が多少居る。流石に画面の綺麗さが2年は持たないとされるIphoneXはお金持ちでも買った人間はいない。

 そう、2年縛りで2年で乗り換えの人間も今はIphone志向である。何故ならパッチ提供の速さがやはりIphoneだからと言う理由である。

 Bluetoothが狙われたら、次は日本特有通信の「FeliCaチップ(ICチップ)」かも知れない。その様な物が狙われ出せば、日本が外国とは通信方式が違うと言っても今のandroidのパッチ対応などでは収まらない。

 おサイフ携帯を使われるなら、何を置いてもセキュリティーが重要な事は言うまでも無い。もしもは何時起こるかも知れない。自分のクレジットカードをスマホに登録している皆さん、電車の定期や現金をスイカに登録の皆さん、クレジットカードの保証規定を良くお読み下さい。

 スイカ登録の皆さん、抜かれても補償は有りません。店舗のポイントをBluetoothで受け取っている皆さん、貴方のセキュリティーは大丈夫?、そのお店は大丈夫?、何もお店の問題では無く、そこで働く個人が貴方のデーターを狙っているのかも知れない・・・。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年05月14日
 自分は、伊勢のお土産なら昔懐かしい「生姜板(生姜糖)」がいい。この「生姜板」は島根により老舗が有る。ただ、お土産、年代的にも好みは大きく分かれると思われるが、昭和人には是がいい。

 お土産、誰もが同じで現代はネット通販で地域性も殆ど無い。なら、お菓子なら昔から続く店の銘菓と言われる物がいい。何故なら、年齢だけの好みで地方の銘菓や産品は長くお土産として続かない。

 自分が何処の土産でもほとんど同じ、重いだけと思うのが饅頭、なら何処にでも無い物、昔からの本当の銘菓、軽い物がいい。饅頭で自分がお土産に欲しいと思う物は、九州の「ひよこ」しか無く、先日もお友達の所で5個も食べた(爆)。

 自分がお土産に欲しいと思う物は、

北海道なら「昆布」に「ほっけの干物」
新潟・長岡なら「柿の種」
仙台なら「生牡蠣」
千葉なら「川海苔」に「背黒鰯の一夜干し」に「落花生」
東京なら「浅草煎餅」と「草加煎餅」と「佃煮」に「電気ブラン」(爆)
群馬なら「こんにゃく」
信州なら「栗きんとん」に「信州ワイン」に「無添加漬物」
飛騨なら「柿羊羹」に現地「赤カブ漬物」、土産物のパック「漬物」は要らない。
郡上八幡なら「郡上味噌」
明宝なら「明宝ハム」
下呂温泉なら「かやの実せんべい」
静岡なら山葵芋100%の「山葵漬け」
名古屋なら「ういろう」
浜松なら「夜のお菓子・うなぎパイ」
駿河湾なら「桜えび煎餅」
岡崎なら「八丁味噌」
四日市・桑名なら「昔おかき」
京都からなら「五色豆」に「干菓子」
岡山なら「きび団子」
広島なら「もみじ饅頭」は要らず、季節物の「生牡蠣」かな。

高知なら「鰹のたたき」に「鰹節」
日本海なら一括りで「練り物」に「干し物」
瀬戸内海の一括りなら「生牡蠣」に「干し蛸」
明石なら「くぎ煮」
富山なら「白エビ煎餅」「ホタル烏賊の干物」
金沢なら「長生殿」と「俵屋のあめ」
福井なら「鯖寿司」と「へしこ」
宍道湖なら「現地しじみ」
九州一括りなら「めんたいこ」に「ひよこ」
鹿児島なら「さつま揚げ 」に「サボン漬け」
長崎なら「かすていら」
熊本なら「からし蓮根」
和歌山なら「高菜漬物」に「那智黒」
高野山なら土産物で無い「ゴマ豆腐」
湯浅なら「醤油」に「醤油もろみ」
南紀なら「秋刀魚寿司」に「めはり寿司」と「本漬け梅干し」に現地「干物」
奈良なら「いざさ寿司」に「柿の葉寿司」
四国なら「いりこ」に「ちりめん」
琵琶湖なら「現地民家の漬けた鮒寿司」
神戸なら「瓦煎餅」
国産なら何処でも良いのが「どんこ干し椎茸」

 大阪から自分が持って行くなら「あわおこし」に「塩昆布」。

 其れならいらない、持ち帰りに重いだけと思うのが、現代お菓子、その典型が北海道土産、自分の好みの北海道土産は現地の「昆布」「ほっけの干物」だが、海が有り新鮮魚の天日干しなら何処の物も美味しい。

 ただ、何処にも美味しい物が殆ど無いのが「烏賊の塩辛」、是は中華の「冷麺」に同じ当たりはすれが最も大きいので土産には要らない。其れなら「桃屋の烏賊の塩辛」の方が有難い。

 買えば殆どが防腐剤入り、元来烏賊の塩辛は漬物と同じ保存食の筈なのに・・・。其れなら、新鮮なするめ烏賊の手作り一杯の「烏賊の塩辛」がお土産の方が有難い。

 昔は、信州に行けば信州蕎麦だったが、今は何処にもでもあるし、信州そばだから信州産蕎麦粉と言う物は殆ど無いので何所で買っても同じ、土産の生蕎麦だって同じ。

 その様な物より、道の駅に有る現地のおばーちゃんの作ったお漬物が欲しいと思うし、現地山菜の干しものが欲しいし、現地の手作り味噌が欲しいし、大粒の納豆が欲しい。

 小豆も欲しいし、寒天も欲しい、中々無いが手作り高野豆腐は本当にいい。山の中の手作り蒟蒻も美味しいが、偽物も多い。

 海に行けば、現地で売っている地元の「天日干しの干し物」が美味しいので有難い。
 山に行けば、現地で売っている地元の「漬物や味噌や山菜佃煮」が美味しいので有難い。

 そう考えれば、街には何処産か分からない材料から作った日持ちする加工物しかない。

 そういえば、男性は幼少期に刷り込まれた味を好み味に保守的、女性は味に浮気性で皆と同じ流行りを好むと言う言葉を思い出した。そうそう、地酒も美味い。

 そう、地元土産、地元空気感が味わえるものがいいと言う事かも知れない。

 ただ、最近の若者の意見は合理的、地方色も要らないし饅頭も不要、単に美味しければ何処の製品でも良いとの事らしい。好まれるのは現代お菓子、自分では買えない話題のお菓子、有名お菓子らしい。

【生姜板:生姜糖の老舗】

※ 來間屋生姜糖本舗:島根県出雲市:
 http://syougatou-honpo.jp/
※ 生姜糖:岩戸屋:三重県伊勢市:
 http://iwatoya.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1959498&csid=0

※ 加賀藩御用御菓子司 森八:
 https://www.morihachi.co.jp/
※ あめの俵屋:
 http://www.ame-tawaraya.co.jp/
※ 日本三名菓:写真:
 http://www.geocities.jp/wagashiraisan/gallery/sonota/gat3meika.htm
※ 日本全国の銘菓_wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%8A%98%E8%8F%93

※ 食べ物の女性の好み・男性の好みと地域性・・・(kitchen N・中村 新さん):
 http://m-jun.seesaa.net/article/385418481.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。