掲載:2018年01月05日
 おせちにも飽きたので、すき焼き、その様な時に役立つかも?!。

 硬い肉を柔らかくする酵素(タンパク質分解酵素)を持つ果物!

@ 生のパイナップルのブロメライン
A 青いパパイアのパパイン
B キウイのアクチニジン
C イチジクのフィシン

 ただ、一般に、酵素は加熱により活性を失うので、生で使わないといけない。また、是にココナッツミルクを加えると和牛に近い味になる。

 また、酢ブタに入るパイナップルは直接是には関係が無いが、生なら入れて豚肉を漬け込めば豚肉が柔らかくは成る両得。

 ただ、タンパク質分解酵素成る物を使いすぎると、肉の表面が溶けた状態、べとべとに成ります。是が食感に出て、見た目も肉表面が溶けた美味しくない物に成ります。何れもやりすぎは駄目と言う事に・・・。

 唐揚げの中の鶏肉表面が溶けた状態の物、買った物で見た事は有りませんか?。何処かで買われた物は100%その様に成っています。是が衣の無い肉ならちと幻滅するかも知れません。物には限度!。

※ 京都・すき焼きの老舗「モリタ屋」が教えるすき焼きと割下!:
・ ココナツミルクに和牛を美味しいと感じさせるラクトンという成分:
 http://m-jun.seesaa.net/article/425499809.html

※ 他にもネットにこの様な記事が有りました。

・ 鶏ムネ肉をやわらかくする方法 タンパク質分解酵素:
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13155563693?__ysp=56Gs44GE6IKJ44KS5p%2BU44KJ44GL44GP44GZ44KL6YW157Sg44KS5oyB44Gk5p6c54mp
※ 安くてかたい肉を柔らかくする方法【1】食材に漬け込む:
 http://shufty.net/1155-1155
※ こんなやり方も…!?「お肉を柔らかくする方法」の決定版はこれだ!:
 https://macaro-ni.jp/10723
※ キウイ以外にお肉を軟らかくするフルーツ!:
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1351260268?__ysp=56Gs44GE6IKJ44KS5p%2BU44KJ44GL44GP44GZ44KL6YW157Sg44KS5oyB44Gk5p6c54mp
※ 豆知識! 酢豚にパイナップルを入れる理由は中国にある!?
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw1831543

 このパイナップル入り酢豚のレシピは日本で工夫されたものではないのです。「酢豚」発祥の地、中国で生まれたものです。『菠蘿古老肉』(ボールオグーラオロウ)という料理がそれです。この「菠蘿」は「パイナップル」という意味です。

 勝見洋一先生の『中国料理の迷宮』によれば、パイナップルは歴史ある食材で清(1644年-1912年)中期にはすでにあったそうです。また、「清のはじめの頃までは、パイナップルの替わりに山芋を使っていた」(講談社現代新書版・同書P.254より引用)とのことです。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事