掲載:2016年09月21日
20160921-01_s.jpg 先週の土曜日、何時も行く三田市小野の露地野菜販売所の常連さんのご婦人から”ゴーヤ(にがうり)の煮付け”を貰った。

 昨日書いた様に、このゴーヤ料理、家で作ればどうも上手くいかない。今まで食べたゴーヤで一番美味しいと思った物は、自分が座禅に通っていたお寺の和尚が作られた物、作り方を聞いたのだがどうも上手く再現出来ない。

 何が上手く行かないかと言えば、食感と苦みの程良さ。作れば殆どが色は綺麗に上がるが、苦すぎ。あの内部の白い部分が辛いので全て取り去る様にと、其れを全て取り去っても苦すぎ。

 今回貰った物は、自分は初めて食べた”煮付け”、形は無くなるぎりぎり、ゴーヤの青さは無く多分砂糖と醤油で煮付けて有る様だ。苦さは、少し苦いと感じる程度で、殆ど苦く無くなっている。

 是で分かった事が有る。ゴーヤ、温度を長くゆっくり掛ければ、どうも苦みが低減される様だ。ただ、ゴーヤ料理は当然の様に切って晒してと言う調理がされているだろうから、その程度は聞いてみないと分らない。

 食べて美味しかった物の状態は、普通にあの青い色も普通に残り、あの野菜の固さ食感も程よく残り、苦みも程よく残ったと言うものだった。

 別に苦いものを嫌いでは無いが、薬では無く食べ物なので程よく美味しく食べられないと意味が無い。この煮付け、殆どの苦みは無くなっているのだが、幾ら熱に強いと言われるゴーヤのビタミンCでも、失われているのでは?と思わないでも無い。

 まだまだゴーヤ料理の栄養を最大限に残した美味しい作り方の解明は続くが、ネット情報でも自分の美味しいとする情報は中々得られない。美味しい作り方に全く反対の方法が書かれている物もあったりする。

 ただ、色々栄養価が高いとされるゴーヤだが、下のURLに有る様に実際食べる量で計算すれば、ビタミンC以外ピーマン等に何ら変わらないらしい。其れが本当なら、この様に苦い物をわざわざ食べ物として食べなくても良い様な・・・(爆)。

※ ゴーヤ - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism:
 http://calorie.slism.jp/106205/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事