掲載:2016年09月20日
20160920-01_s.jpg20160920-02_s.jpg20160920-03_s.jpg

 刈り入れは毎年人手の有るシルバーウイークの連休に予定されるのだが、今年は雨や台風が予想され、先々週の土曜日、09月10日(土)に小野の刈り入れが始まった。単一農家米を生産される方は殆どがこの日に刈り入れ。

 雨が降ればその後数日は田んぼに機械が入らず、刈り入れが出来ない。また、台風が当たり稲が倒れて水に浸かれば、機械が入らず、稲は数日で芽が出てお米は屑米に成る。しかも、お米は玄米状態で青い米が混ざる方が評価が高い。

 したがって、穂が出て積算温度1100℃〜1150℃で刈り入れと言われる「こしひかり」だが、今年は少し早い刈り入れ。

 単一農家米は刈り入れ後に自家乾燥機で風乾2日、その後の火入れ数時間で含水率は農協規定の15%に成る。なので早い方で09月13日(火)には30Kg袋入りの玄米に成っている。

 しかし、本当に新米で美味しいのは含水率がこれ以上の17%程度だが、是では農協にも何処にも売れないので仕方ない。

 そんなお米を先週の土曜日、09月17日(土)に何時も買う農家の方から買って半分を精米して白米にして来た。

 毎年何をおかずにその年の新米を食べようかと考えやって来たが、塩のみや胡麻塩が一番、冷えた状態も同じが一番と言う結論。しかし、それではなーと土曜日の三田からの帰りに考えた物が、「鮭の鎌首」(爆)。夜に何時も是が多く有るスーパーに買いに行ったが、普通の塩鮭の切り身は一杯有ったが「鎌首」は無く、他のスーパーも回ったが、其処にも無かった。

 昔は一杯有って何方も買わない様な物だったが、何かTV報道で此処が美味しいと料理方まで紹介、其れで皆が買い求める様に成った。TV報道もこんな時に困る(爆)。

 最近は鎌首に身を多めに残し、切り身より高い価格のするものも有り、全体的に価格が高くなったが、今回は是が無く諦め。今回、新米を食べるために準備しておいた物は、漬物の古漬け、単に本物の糠付けを購入したものを食べずに冷蔵庫保管してあった物(爆)。

20160920-04_s.jpg20160920-05_s.jpg20160920-06_s.jpg

 新米の味見は炊いて蒸らし、少し冷まして食べてみる。最近は毎年同じ方の同じ田んぼのお米(気温が13℃を超えれば低温貯蔵庫保管)を1年を通じて食べているので、皆さんが新米と騒がれる様な感動は無いが、例年のすがすがしさが際立ったご飯の味が新米。

 今年も新米を食べた感想は昨年に同じく、

 「新米、一点の曇りも無いご飯の味と香りと食感、すがすがしい。」

強いて旧米との違いを書けば、

@ 米を研ぐ(現在の精米技術なら洗米)時、手に当たるお米の感覚が柔らかい。
A 炊いたお米に輝く様な光の反射と透明感が有り、ご飯色がより綺麗に感じる。
B 食べた食感は、もちもち感が旧米より高く感じる。
C 単一農家米、同一田んぼのお米のため、1粒1粒味見しても、多く口に入れても同じ味と食感である(是は、旧米でも同じ)。
D ご飯の美味しさ、噛めば噛むほど出て来るのが本当に良く分かる。そして、噛めば噛むほど甘さを感じ、新米の方が余計甘い。

 その様な事を感じながら、何も付けず、おかずも食べず、ご飯だけで1合程度のご飯を食べてしまった。美味しいのでもう少し食べたいが、体重増加を考え、後は朝食のおにぎりにした。

 朝食のおにぎり、単なる”塩むすび”でも、旧米でも、何故”おにぎり”にするだけで何故こんなに美味しいのだろう。美味しいおにぎりの作り方を解明したTV報道やネットの説明が有るが、何故おにぎりが美味しくかんじるのかの解明は、未だ何処の大学でも行った人はいないのが残念、相当に難しいことなのだろう。

 因みに、先々週辺りから三田米新米こしひかり30Kg6000円と検索から来られる方が多数、何か6000円と言う価格がネットに飛んでいるのだろうか?、ライスセンターに持ち込まれた物でも、平成28年度三田産「こしひかり」が農家直販でも6000円と言う事は絶対にあり得ない。

 未だ農協引き取り価格も決まっていないし、昨年の引き取り価格から考えて、明言してそんな物はあり得ない。レベルの低い米、屑米・新米を混ぜて似非新米なら全く別の話、自分のブログに書く話でも無い。

 安く三田米を食べたければ、もう少しすればパスカル三田で農協直販の新米の売り出しが有る。この時のお米が一年を通し一番安価。2Kg?・5Kg・10Kgとの小口で三田米こしひかりを安価に買えるのがこの時です。

 ただ、ガソリン代を払って疲れて此処まで行かなくても、猪名川道の駅でも少しすれば三田産こしひかりの新米の販売が始まるし、伊丹でも販売の場所が有ります。詳しくは下のURL。

 しかし、農村地帯なら、近くでも必ず自分に合う美味しいお米が有ると思う小生です。しかも、何が何でもこしひかりでも有りません。

【後日追記】

※ 平成28年度産こしひかり新米と旧米(平成27年度産)ご飯を写真で比べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/442087912.html

 ----------

※ 今・兵庫県三田市小野・路地野菜販売所の様相(平成28年度産新米):
 http://m-jun.seesaa.net/article/442040639.html
※ 今・兵庫県三田市小野・路地野菜販売所の様相(2015(平成27)年度産新米入手!):
・ ★ 屑米の状態は以下:屑米の業者引き取り価格は数十円/Kg:
 http://m-jun.seesaa.net/article/427197030.html
※ 兵庫県三田市小野・平成27年度産こしひかり(新米)を早速炊いて食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/427246297.html
※ 2014(平成26)年度産・新米「三田産コシヒカリ」を炊いて食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/405830502.html
※ 2014(平成26)年度産「三田産コシヒカリ」の4立て米で卵掛けご飯をして大失敗!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/405894773.html
※ 新米で「たまごかけご飯」を作ったが未だ美味しく無い!(平成27年):
 http://m-jun.seesaa.net/article/428140204.html
※ もうすぐ新米の季節!市販の本物三田米「コシヒカリ」は何処で買える?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/404233669.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事