掲載:2016年09月11日
20160911-01_s.jpg 自分は元来田舎者、この芋茎と言うものが子供の時から好きである。特に、芋茎と親芋と薄揚げを薄味に煮たものが好きである。あの子芋の親芋、その茎である芋茎、自分には子芋以上に好みの食べ物である。

 親芋と子芋、子芋はあのねっりとが美味しさで有るが、親芋は何と云うかぽくぽく、なので食べて喉に詰まる感覚が殆ど無くあの子芋の味が楽しめる。自分はこの親芋の味と食感が子供の時から好み。

 ただ、書いた様に親芋は食べればぽくぽく、なのでこの親芋と芋茎、薄揚げを出汁・醤油・酒・みりんで薄味に煮た物が好きである。この芋茎には殆どカロリーは無く、ビタミン・ミネラルではマンガンとビタミンKの成分が高いとネットにある。

 子芋が出る季節に親芋と共に販売されるが、街では買えない価格、今の時期には親芋は無く、芋茎も乾燥品。乾燥品は何時までも日持ちする。ただ、元来アクの有る芋茎、食べるためにはアク抜きの手間が掛かる(幾らしてもアクの抜けない品種も有る)。

※ 芋茎 - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%8B%E8%8C%8E
※ ずいき (芋茎):
 http://calorie.slism.jp/106109/
※ ズイキ(芋茎/ずいき):旬の時期と特徴や主な産地:
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zuiki.htm
※ ズイキ(芋茎/ずいき):選び方と保存方法、食べ方、主な料理:
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zuiki2.htm
※ ズイキ(芋茎/ずいき):、アク抜きと茹で方
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zuiki3.htm
※ ズイキ(芋茎/ずいき):栄養価と効能:
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zuiki4.htm

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事