掲載:2016年08月09日
 Windows10 Windows Defender の定義の更新ができない!とメールが来た。Windows10とWindows8.1は構成とプログラムの有る場所は同じ、以下のURLページの方法で今の定義ファイルを全て消去するのが一番確実と返答した。

 ----------

※ Windows 8.1 Windows Defender の定義の更新ができない:
 http://ushigome.blog.so-net.ne.jp/2014-03-07

 ----------

【Windows10 Windows Defender 全定義ファイル消去方法】

@ Windowsのシステムツールから「コマンドプロンプト」をマウス右クリック、「管理者として実行」を押す。

20160809-01_s.jpgA ユーザーアカウント制御

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とのタブが出るので、

「はい」を押す。

20160809-02_s.jpgB 「コマンドプロンプト」が表示される。

C この「C:WINDOWS\system32>」表示の後に、以下の3行のコマンドをマウスでコピー、張り付ける。

cd C:\Program Files\Windows Defender
MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All
exit

20160809-03_s.jpgD コマンドは一瞬で処理され、左の様な画面、処理は終わる。

E 「コマンドプロンプト」を閉じる。

20160809-04_s.jpgF コントロールパネルからWindows Defenderを立ち上げ、「更新/定義の更新ボタン」を押せば、たぶん定義が正常更新される。この場合、全ての定義を消去したので少し何時もより定義更新に時間が掛かる。

★ 上手く行ったと連絡が来た。

   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。