掲載:2016年01月01日
20160101-01_s.jpg あけましておめでとうございます。

 旧年中、この手前勝手なブログを毎度閲覧頂きありがとうございました。

 今年も、この調子でブログを出来る限り続けたいと思います。

 今年もこのブログ、本当に宜しくお願い申し上げます。

 ----------

※「元旦」と「元日」、似てるけど違うから! 年賀状は気をつけて!
 http://withnews.jp/article/f0141227000qq000000000000000W00o0401qq000011290A?utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=link_back&utm_content=related
若松 真平 withnews編集部


 年賀状でよく使う「元旦」の文言。じつは、「元日」とは似ているようで意味が違うんです。

 元旦=元日の朝

 「元日」とは、年の初めの国民の祝日で1月1日のことです。

 一方、「元旦」は一般的には「元日の朝」をさします。

 この違いについて、日本漢字能力検定協会の佐竹秀雄・現代語研究室長に聞きました。

 ――なぜ、元旦は元日の朝なのでしょうか?

 「旦」の字は、水平線や地平線から日が昇る様子に由来するといわれています。

 ――下の横棒が水平線や地平線なんですね。

 そうです。だから元旦といえば、元日の朝をさします。「雲から太陽が顔を出している様子」とする学説もありますが、水平線や地平線から日が昇る様子という説が一般的です。

 ――年賀状に使うのであれば、どちらがよいでしょうか?

 元日と元旦を同じ意味で使う方もいますが、「年賀状が朝に届くのであれば元旦」「そうでなければ元日」と書いたほうがよいと思います。

◇ ◇ ◇

 早めに投函しても、必ず元日の朝に届くとは限りません。年賀状には元日と書いた方が無難、という指摘もあります。

 また、元旦と書く場合は「1月1日 元旦」や「正月元旦」などとすると誤りです。日本郵便は、正しい例として「平成27年 元旦」を挙げ、間違わないようにネット上で呼びかけています。

 ----------

    (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。