掲載:2015年12月23日
20151223-10_s.jpg 先日、お友達の事務所に居ると、お客さんの大盤振る舞いが有った。何かと言えば、昼食の弁当のおごり。其れなら丼にしようと友達が「丼一番」に丼7個を買いに行った。

 一番安価な丼が確か持ち帰り880円、他の丼は1000円を超えていたので合計金額は多分6000円を超える。

 そんな丼の袋に入っていたのが、セブンイレブン限定企画「100円割引券」、ビールに制限は有るが、セブンイレブンでビールを購入すれば100円引きに成ると云う割引券。

 使用期限も有るが、他の使用制限は無いので使い易いので貰った。コンビニのビール販売価格はビール安売り店には遠く及ばないが、100円引きなら安価にビールが買える。

 しかし、丼7個で何故2枚?、しかもセブンイレブンに関係の無い「丼一番」での配布、セブンイレブンHPにも一切の記載が無い。配布条件が不明なら、配布の誤魔化しが利くのでは?とネット検索すれば、何故かは判らないが多数枚の一杯のオークション出品が有った。

 何処でどんな条件で配布されているのかが全く不明な、セブンイレブン限定企画「100円割引券」、本当にどうすれば入手出来るのだろう?。

 ----------

【12月27日追記】

20151223-100_s.jpg この100円割引券を使い「サントリー ザ・モルツ500ml」をセブンイレブンで購入しました。このビールのセブンイレブンの販売価格は286円、是を割引券を使い186円で購入。

 このビール、ネットには

「ビール本来の味わいを楽しむ、“UMAMI”のビール登場!ザ・モルツは、上質で深いコク・うまみを持つ「ダイヤモンド麦芽」 を使用し、UMAMI発酵製法で製造しました。」

 と有る。因みに、呑んだ一口目、「これ恵比寿ビール!?」(爆)。

 また、この100円割引券の事を店員の方に聞いてみましたが、時々お客さんにより持ち込まれるが、何時始まって、何時終わるかも全く不明、何処でどの様に配布されているかも全く知らされていないとの事。突如お客さんが持って来るので其処で新しい発行を知るらしく、色々な期間・物が有るのでは?との言葉。

 ----------

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月23日
20151223-01_s.jpg20151223-02_s.jpg20151223-03_s.jpg

 サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) 醤油ラーメン・海鮮ラーメン各5食パックを貰った。多分安売りでも有ったのだろう。何が0なのかと見れば、ノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロール0(ゼロ)と有る。

 今までに有るあの飴色の麺のノンフライは美味しいと思う物だが、何か健康志向の事が書いて有るが、袋をしげしげ見ていると塩分量は普通に5.6g、其れに他の即席麺には表示のない糖質が61.8 g・61.1 gと有る。

 即席麺、健康を言うのならもっと塩分量を減らし、原材料に素人には判らない物をもっと減らした製品にして貰いたいと自分は思うのだが。

 最近即席めんを作る方法は、ダイソー・レンジでラーメン丼要らず。一度条件出しをすれば、何かしている時でも片手間に麺とネギと水を入れレンジでチンで食べられる。自分は是を丼に入れ出汁を入れかき混ぜて完成。

 今回、このサッポロ一番グリーンプレミアム0は、

 ----------

●調理する際の注意

 めんに油脂を使っていませんので、煮ている際は細かい泡が多く出ます。 吹きこぼれないよう、火加減に注意してください。

 ----------

 と有ったが、吹きこぼれの受け皿を何時も置いているので、何時もの即席麺の時間を掛けてみた。レンジがチンと鳴ったのでレンジを開けて麺を一筋食べて見ると、どうも麺が上手く茹っていない。其処からまた1分、其れでも未だの感じなのでまた30秒ほどレンジに入れた。しかし、食べて見ても茹った場所と半生の様な場所が有り上手く出来て居なかった。

20151223-04_s.jpg 麺は同じなので、醤油の次に海鮮をしてみても同じ様相だった。因みに、この写真は普通のフライ麺、是は何時も上手く行く。

 この麺、健康志向の方には原材料名:めん(小麦粉、食塩)と他の物が入らない有り難い表記だが、他の油揚げ麺でも飴色のノンフライ麺でも上手く行くレンジ調理が何故か上手くいかない。

 麺を普通手順(湯を沸かして麺と入れ)で作る、鍋とガスで普通に作る、これはレンジ一発よりは普通に出来る。ただ、乾麺を戻す限度は麺の色変化から全て透明まで炊けば戻し過ぎ、平均して戻らない。つまりこの麺は、時間による戻ししかない。是は、麺への水分浸透が上手くいか無いため、電子レンジでの水分子振動による全体加熱では、麺への水の浸透が余計上手く行かず失敗するのだろう。

 汁も最近の即席麺として良くは出来ている様には思うが、今迄の物よりより複雑調味料味、自分自信が買うかと言われれば、安売りでも買わない。ただ、是が皆さん最近お若い方の嗜好と言う物なのだろう。

 お友達、くれた物はこの2品に普通の「サッポロ一番塩ラーメン5食パック」、曰く、新しい即席麺には何か有ろうかと入れて置いたとの事だった(爆)。やはり自分にはこの日本で一番売れている即席麺、チキンラーメンとこの塩ラーメン、やはり昔からの物がいい。

 ただ、発砲する麺、どこかの物の様に汁が臭く成らないのがいい。

 メーカーHPには以下の様に有る。

 ----------

★ サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) 醤油ラーメン 5個パック

20151223-05_s.jpg20151223-06_s.jpgノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロール0(ゼロ)という商品設計で、それぞれの“こだわりだし”が際立つ美味しさを実現した「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ)」の醤油ラーメンです。 めんは、なめらかな食感でゆでのびの少ないめんに仕上げました。油脂を使用せず、スープの濁りを抑える、生めんにひけをとらないノンフライ麺です。スープは、深みのある味わいとふくよかな香りが特徴の重ね仕込み醤油本懐石(醤油のうち20%使用)に、焼きあご、瀬戸内産煮干、国内産地鶏のだしを加えました。だしにこだわり、風味豊かに仕上げたノンオイル醤油味スープです。1食当たりのカロリーは297kcalです。

 ----------

★ サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) 海鮮ラーメン 5個パック

20151223-07_s.jpg20151223-08_s.jpgノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロール0(ゼロ)という商品設計で、それぞれの“こだわりだし”が際立つ美味しさを実現した「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ)」の海鮮ラーメンです。 なめらかで適度なコシがあるめんは、スープがよく絡み生めんにひけをとらないめんに仕上げました。油脂を使用せず、スープの濁りを抑え、おいしさが長持ちするノンフライ麺です。スープは、チキンとポークをベースに、北海道産ほたてと北海道産昆布のだしで、広がりのあるうまみを出しました。さらに鰹節やアサリのだしを加えることで、奥深いうまみを引き出した、ミネラルを含む藻塩で仕上げた海鮮スープです。1食当たりのカロリーは291kcalです。

 ----------

※ サッポロ一番 | サンヨー食品:
 http://www.sanyofoods.co.jp/

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事