掲載:2015年12月17日
20151217-01_s.jpg20151217-02_s.jpg20151217-03_s.jpg

 四国、愛媛県の日本一細長い佐田岬半島に実家の有るお友達から地元産品の「権現みそ 花嫁さん」と「水晶ちりめん」を貰った。

 この「権現みそ 花嫁さん」、親戚の叔母さんが作っていると言う手作り麦味噌、自分が麦味噌を食べるのは是で2度目。初めて食べた物は九州産で余りの甘さにびっくりした事がある。

 多分、大阪人なら食べれば是は何?とびっくりされると思うほど甘い代物。どれほど甘いかと言えば、皆さんが知る甘さの味噌で言えば「金山寺味噌」程の甘さ、しかし原材料に砂糖等の糖類は入っていない。麦の甘さ、言えば麦芽糖の様な甘味。

 お友達は子供の時からこの味噌が家の味噌、是で普通に味噌汁等を作っていたと言う。大阪の味噌、合わせ味噌を食べた時は塩辛さにびっくりしたと言う。ただ、昔製法、塩はきっちり入り、多分塩分量は9〜10%。

 美味しい代物だが、やはり大阪人の自分は是で味噌汁は出来ない。貰って開封して一番最初に食べた方法だが、当然そのまま、酒の肴に成った(爆)。

 次に食べた方法は、柚子味噌。普通の柚子味噌は味噌に酒・味醂・砂糖等の甘味を入れて火を通し柚子味噌とするが、この甘さが有れば、其れらの甘味は大阪人には必要が無い。自分は柚子だけで充分。

 自分は、柚子の皮と、柚子酢だけで柚子味噌を作った。貰った「権現みそ 花嫁さん」は写真の様に粒味噌なのですり鉢で擦っても良いが、自分はそのままにした。

 原材料に普通の麦味噌には無い米が入るが、自分の考えでは、以下のクレーム対処への発酵低減の酒粕の米か、米麹の米の事だと想定した。

 この味噌、発売当初は入れ物がタッパで膨れたとクレーム、袋に入れれば膨張してクレーム、麹カビが生えたとクレームが来たとか。生きた味噌を知らない方はこの様な事で文句を言って来るのだろう。

 以前このブログに記載した郡上市明宝の「清水味噌」にも書いた様に、麹カビが来て文句を言う様な方は、この様な麹菌の生きた手作り味噌は買うべきで無い。街のスーパーの麹菌を殺した袋入り味噌を買うべき、其れならこの様に容器が膨れる事も無いし、カビが生える事も殆ど無く、生えれば腐った時の印の雑菌カビ。

 もうすぐ新年正月、この味噌で一度雑煮を作って見よう。残りは多分、おかず味噌の柚子味噌に成ると思う。少量生産の手作り味噌、大阪人の味噌汁には使えないと思うが、自然の甘味、本当に美味。

 ----------

★ 「権現みそ 花嫁さん」:

・ 品名:麦みそ
・ 原材料:麦・大豆・塩・麹菌・米
・ 内容量:800g
・ 賞味期限:
・ 製造者:愛媛県西宇和郡伊方町三机乙1746-1
・ 瀬戸特産加工組合
・ 代表者 石崎初美
・ пEFax 0894(52)0075
・ 地元販売場所:伊方町九町きらら館・瀬戸町農業公園だんだん市・道の駅(佐田岬半島)など
・ 瀬戸特産加工組合製造品:みそ、漬け物、だんご、マーマレード、かりんとう、オレンジ、おいもさんチップス、いももち

 ----------

20151217-04_s.jpg この瀬戸特産加工組合製造品の「おいもさんチップス」、お友達の事務所に有ったので、自分が1袋を食べてしまった!(爆)。添加物無しの昔味で素朴味。

 ----------

20151217-05_s.jpg20151217-06_s.jpg もう一つ貰った物は、昨今街では貴重な「国産・ちりめん」、「ちりめん」とは小さな(体長2.5cm以下)カタクチイワシのこと。このまま食べるのもいいが、やはりちりめんで美味しい食べ方は「ちりめん山椒!」、が今年は塩漬けとか冷凍保管品は作らなかったし、今年の山椒は先日の山椒ご飯で終了。

 其処で、冷凍品を持っていそうな友達にメール、塩漬け品が有ると言う事なので少し貰う事にした。ちりめん100g、来年の正月には小市民には贅沢な「ちりめん山椒」が一杯食べられそうだ!。

 そうそう、この佐田岬の九州側で取れる鯖が関鯖、佐田岬で取れれば、岬鯖と言って、同じ鯖が取れる場所毎にブランド名が違う。でも、鯖は近辺を回遊していて同じ鯖(爆)。

 ----------

★ 「水晶ちりめん」

・ 水晶ちりめん  価格:500円(税込)
・ 分量 100g
・ 保存方法 冷蔵もしくは冷凍保存
・ 賞味期限 冷蔵保存で3ヶ月、冷凍保存で6ヶ月
・ メモ ≪水晶ちりめん≫は、瀬戸内海と豊後水道の流れがぶつかりあう、宇和海の新鮮な魚を自社船にて漁獲し、即加工した逸品で、遠赤外線乾燥製法により旨味を残し、クリスタルで自然な色合いが保たれているのが特徴です。トッピング、炒め物など料理にも幅広くご利用していただけます。

・ 商号 有限会社木嶋水産
・ 代表者名 木嶋 英幸
・ 設立 昭和61年4月
・ 所在地 〒796-0506  愛媛県西宇和郡伊方町塩成2677番地3
・ TEL 0894-57-2202・FAX 0894-57-2345
・ 業種 海産物採取製造販売
・ 以下のURLに通販有り

 自分には、何処にでも有るお土産より、この様な地元産品、本当に有り難い。

※ 愛媛県庁/伊方町瀬戸産直市:
 http://www.pref.ehime.jp/nan53106/yawatahama/seto.html
※ 味噌の種類:
 http://www.hikarimiso.co.jp/enjoy-miso/encyclopedia/type.html
※ 味噌の種類別カロリー・塩分量 比較:
 http://koumizeimi.com/blog/post-210/
※ 麦味噌の作り方:
 http://ws-plan.com/kokurui/mugimiso.html
※ いりこは出世魚(爆)?「いりこの種類と水揚げ時期(ちりめんの獲れる時期と大きさ)」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/375354169.html
※ 実山椒の季節(保存方法:塩漬け・佃煮・ちりめん山椒):
 http://m-jun.seesaa.net/article/273633111.html
※ 水晶ちりめん:
 http://www.kijima-s.jp/shopping/?pid=1206341194-174145
※ 伊方町ホームページ:
 http://www.town.ikata.ehime.jp/
※ 郡上八幡の地味噌「清水みそ」の麹菌は生きて居りました!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/369637823.html

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事