掲載:2015年05月17日
20150517-01_s.jpg Windows UpdateやJAVA Updateの失敗原因の結論を先に書けば、自動Updateが原因の場合が多い!。是を回避するには、自動Updateを止め、通知のみにして自分の手隙の時にUpdateすれば失敗する事は殆ど無い。

 ----------
 最近もJAVA Updateが有れば必ずこのブログの「JAVAインストール失敗の解決方法!!」に皆さんの閲覧が有る。

 そんな自分と同様の失敗をしたお友達には手動アップデートを教えた。そして、そのお友達はWindows Updateも通知のみにした。それ以降のUpdateの失敗は皆無と言う。その様な事から、お友達はその方法を友達にも教え、皆困らなく成ったと言う。

 しかし、一般的にはこのUpdate失敗と言われる物は最近多分に多い。何故かと言えば、プログラムが大きく成り、その割にはPCのインストール能力が変化していない為である。

 Windows Updateを自動アップデートにしていた場合、PC電源ONと同時にネットにつながり、アップデートファイルがダウンロードされる。しかも、このダウンロードは今のネット環境から一瞬の内にダウンロードされ直ぐにインストールが始まる。

 しかし、ネットモニターをして使われていない以上、アップデートが何時始まって何時終わったかも判らない。皆さんがWindows Updateを知るのは再起動を促された時であろう。

 そんなインストール時に一般的に皆さんはネットを見たり、メールをしたりと一般的作業を行われているだろう。この作業がアップデート失敗の大きな原因で有ろうと自分は推察する。

 新しいプログラムをインストールされた事の有る方は知られると思うが、インストール時には「何もしないで下さい!」との警告が有る事をお知りと思う。このプログラムのインストールとアップデートは同様な事なのです。

 今までWindows UpdateやJAVA Update失敗した方、Windows Updateの更新履歴を確認すれば失敗が多い方は、是非、更新を通知にしてご自分でプログラム更新を行って下さい。

 この確認が毎回面倒とする方は、PCの電源を入れてから10分以上経過してからPCを使用して見て下さい。多分、アップデートの失敗は極端に少なく成ると思います。

※ Windows Updateの更新と失敗:
 http://m-jun.seesaa.net/article/368971307.html
※ JAVAインストール失敗の解決方法!!(Microsoft・Fixit-portable使用方法)・最新版にUPDATEをしましたか?しないと脆弱性があり危険です:
 http://m-jun.seesaa.net/article/343265136.html

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事