掲載:2014年12月31日
20141231-01_s.jpg 今年と言う言葉は何時も有る言葉なのだが、年末と言うものは何時も慌ただしい。ただ、今年年末は何時もの年末に比べ高速も混まず、道路もそんなに混んではいない。

 混んでいるのは、街中の道路やスーパーと飲食店。そんな場所に行くと、何時もついつい買ってしまう物が有る。この年末、そんな写真がPC上に一杯残った。容量にして何GBも有る(爆)。

 そんな残った写真の中から、何時もついつい買ってしまう編。

 先ずは、ビスコ(爆)。自分は菓子で買う物は、ビールの肴のポテトチップス程度なのだが、目に附けば、何時も籠に入る「ビスコ」。子供の時は高級お菓子、家に有ったのは「動物ビスケット」。

 誰かに買って貰った物が「ビスコ」と「ウエハウス」だったのだが、最近スーパーでは「ウエハウス」を見かけない。何処の製品だったのだろう。

20141231-02_s.jpg 次の写真は「紅しょうがの天ぷら」、この赤色は毒々しい赤色・2号・3号・102号。大阪にしか無いと言う代物。大阪以外で食べれば、馬鹿にされる代物(爆)。この毒々しさが何とも堪らない。

 因みに、紫蘇で作った本物の紅生姜では美味しくない(爆)。

20141231-03_s.jpg 次の写真は、最近皆の家庭で流行りの「レンジでチンのから揚げ」、肉の売り出しと言うのはスーパーでは土日、以前は肉と言えば牛肉の売り出しを指したが、最近は鶏肉も肉の売り出し日には、フライヤーに大きく印刷されている。確かに動物の肉には違いない。

 鶏肉は安いとついつい買ってしまい、多く食べる。そんな事で、外食も家も鶏肉に成る可能性。最近の鶏肉、柔らかく無いと売れないとか、60日・90日・100日鶏、100日鶏を親鳥というらしいが、100日ではまだまだ卵も産まん!。

 60日鶏なんか昔の鶉の大きさしか無い。

20141231-04_s.jpg 次の写真は、うどんチェーン店の天麩羅。うどんチエーン店、多くの儲けはうどん以外のトッピング。何でもそうだが、ベース商品の儲けは薄い。うどんチエーン店、客単価の多くはついつい取ってしまうトッピングに有る。

20141231-05_s.jpg そして、最後の写真は時間が来れば半額に成るスーパーの刺身盛り合わせ。ただ、昨今スーパーの営業時間も長くなり、午後7時では半額に成らない。しかも段々にネタが薄く小さく成る。

 是は、回転寿司を良く見ている小市民には何の違和感も無いのだろう。スーパーの刺身、決して半額でも安価な代物では無い。商店街に魚屋が有れば、その内容を比べられれば良く判る。

 小市民、限定商品・半額・産地直送、これ等の文字が有れば客が踊るらしい。是からはもっと小市民も賢く成って、「ついつい」と言うものを無くさなければ・・・。

    (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。