掲載:2014年12月09日
20141209-01_s.jpg20141209-02_s.jpg 先日の土曜日、三田でネギを4束(青ネギ2・白ネギ2)買った。自分はネギが本当に好き!。是は子供の時から。

 家に何時も有ったし、田舎から持って来て貰った時に本当に一杯。今でも自分の一日の食事にネギが無いと言う事は考えられない。昔から何時も冷蔵庫には刻んだネギが入っていた。其れも小さな小さな容器では無く、大きなバットに入っていた。やはり多く使うのは納豆・うどん・即席麺、其れにネギに鰹節を掛け、そのままネギを食するのも大変に好き。

 其れは、ネギを一杯貰っても植えて育て無ければ日持ちしないと言う事も有ったと思う。他の家族は普通にしか食べなかったと思うが、自分は本当に野菜好きでネギ好き。多くの掲載する写真にもネギが多量に散見されると思う。自分の納豆なんか納豆より多分ネギの方が多い。

 ネギ、三田で買うと白ネギ(太ネギ)にも青い部分が附いているのが嬉しい。ネギの白い部分と青い部分は栄養価が違うというが、両方食べれば何の問題も無い。今回は細いネギ、曰く青ネギと太いネギ、曰く白ネギの両方を買ったが、自分は青ネギは生で使う物に、白ネギは火を通す物に使っている。しかしネギが不足すれば、白ネギの青い部分を生でも使う。

 ネギは冬に食べれば風邪を引かないというが、食べれば判るが玉ねぎと同様に体が温かく成る。資料に寄れば、ネギは生で食べれば栄養価が一番高く、火を通せば嵩は減るが栄養価も減るが一杯食べられるので問題は無いとの記載。しかし、熱して少量なら効果は無い。

 根を食べることから「ネギ」と呼ぶらしいが、ネギは生で食べれば食べずらく辛い物が火を通せば余計に甘い。そんなネギ、今回買った白ネギは青い部分も一緒に豚と一緒に塩コショウして火を通した。本当に甘くて美味しかったが、ネギ、美味しく食べるには火を通す加減が本当に微妙、火の通し方が甘いと未だ辛いし、通し過ぎるとべたっとして嵩は減るが美味しさも半減。

 ネギの火の通し具合、ネギを美味しく食べようとすれば、是を極めなければ美味しく食べられない(爆)。その様な事、皆さんお知りでしたか?。皆さんも一度実験を・・・。ネギ一杯のネギのみのネギ焼き飯も本当に美味しい。

 そうそう、右の写真の柚子ラーメンは昨日の記事の「花柚子」。ネギは白ネギの青い部分、麺はエースコックのワンタン麺。

※ ネギ - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AE
※ 野菜図鑑 > ネギ:
 http://www.yasainavi.com/zukan/negi.htm
※ ネギシリーズ:
 http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/4985/negisp.html

   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。