掲載:2014年12月03日
20141203-01_s.jpg20141203-02_s.jpg 2014年11月29日(土):Jam Session:HOST:葭葉愛子(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 この日、土曜日、未だリュウマチがもう一つだったのだが早朝から何時もの様に三田の路地野菜の買い出しに行った。体の左は重痛いのだが動かいと余計に動かない、其処で少し無理をして三田に出向いた。

 三田に行けば気分も晴れるし、痛いが何か普通の様な気分にも成る(爆)。そんな事で夜、摂津きょんに行った。何時もの様に混んでいるかと思ったが、この日は余りの混みは無く順調に行ったつもりだが到着は既に午後8時を過ぎていた。

 過ぎれば駐車場は満杯かと思って駐車場に車を入れ掛けたがやはり入れず。見れば、先の一台を少し動かして貰えば何とか入りそう。其処で、店に居られたミュージシャンにお願いして少し車を前に、其れで何とか車を駐車場に車を入れ店に。

 今日のホスト・ピアノは葭葉愛子さん、多分此処では初めてお見かけすると思う。この方のピアノ、一番最初に聞いた時にも言わせて貰った覚えが有るが、何とも男っぽい。そんなピアノを1曲聞いた。

 そんな自分は何時も殆どカウンターに座るが、そんな横は最近良くお見かけするボーカリストさんだった。最近良くお話しさせて頂く様に成ったが、最近のボーカリストさん、何方も結構歌う姿勢が悪い。其れが本当に目立つ。

 自分が写真を写していて学んだ事は多く有る。そんな一つのボーカリストの要件の一つは歌う姿勢とマイク使い。其れが本当に下手と感じる。何れも自己流と言う事なのだろうが、ボーカリストは先ず体作りから、其れが自分の持論。下手ならマイクを殆ど使わない方が絶対に上手いと思う方が多々居られるのも確かなこと。

 マイクを使い下手を打っている。何も大声で歌う必要も無い。何の為のマイクかと思う事も多々有る。そんな事を習われた方は、とにかく声の通りが違う。此処で最初からお会いするボーカリストさんに聞いて見た。

20141203-03_s.jpg20141203-04_s.jpg20141203-05_s.jpg20141203-06_s.jpg

「何故、マイクを殆ど使わないのですか?」
「マイクの使い方を知らないからです」

 最近のボーカリストさんに以前聞いた話による、習いに行けば最初からマイクを使い練習をするらしい。是、自分には本当に判らない。マイク使いを知らない方がマイクを使うなら、一番使いやすい易い方法は「東海林太郎」さんの姿勢。

 写真を撮っていて最終的に解ったが、故・東海林太郎さんのあの姿勢、必要からああ成った。直立不動、判れば本当に納得する。そう、昔は皆、マイクは固定だった。

 そんな事で、今回ボーカリストさんに姿勢を正し、出来るだけマイクを使わないで歌って頂いた。見事に声は通るし、明らかに上手い。そう、マイク無しなら姿勢を正さないと声が通らない。

20141203-07_s.jpg20141203-08_s.jpg20141203-09_s.jpg20141203-10_s.jpg

「次は何を歌うかな?、歌う物が無い」と言われるボーカリストさん、
「なら、歌えるか歌えないか判らないが、自分が好きな曲」と言った。

 この曲を歌われた。是で自分には判る事が有る。其れを聞いて見たが、やはり合っていた。ジャス、本当に面白い。

 この日、本来はギターリストさんなのだが何時もベースにドラムに好きに演奏をこなすミュージシャン、ベースは此処だけと言われるが絶対に嘘。この日、ベースの小さな手の内が音として飛んで来てびっくりした。

 プロでもこの事が音として飛んで来ない人が一杯と言うのに・・・。是が明確に見て聞こえるベーシストは田代泰之さん。この田代泰之さんのベースを写真に写していて判った事は、ベースは「押さえ・弾き・タイミング」。

 この日、毎回の様に写真を撮ろうとカメラを持参したが、1枚写して拡大すれば写った文字もボケ、数枚取って諦めた。左手・側が駄目ならカメラが固定されずに傾くしボケるし、そんな事でこの日は記念写真も無し。多分、写せば皆さんの目が皆ボケてる。期待した方、ごめんなさい。またの機会に。

 でも、最近のこのきょん、女子率高いです(爆)。何方かが言われていたらしいが、レベルも高いらしい。レベル、自分思うに何も音楽性だけの事では無い。

※ JAZZ(ジャズ)ボーカリスト(Vo)の必須条件(必要条件)?
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816232.html
※ JAZZ・「表現力」
 http://m-jun.seesaa.net/article/141155558.html?from_sp
※ JAZZ・「100回目の言いたい放題」
 http://m-jun.seesaa.net/article/141218318.html
※ JAZZ・「ジャズボーカリスト・プロとアマの違いとは・・・」
 http://m-jun.seesaa.net/article/157003121.html
※ JAZZ・「ジャズボーカリスト・小柳淳子さんの秘密」
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816852.html
※ JAZZ・「小柳エリコさん巨大化の秘密」
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816307.html
※ JAZZ・「小河畑まむちん千鶴子さんの歌うために出来ること」
 http://m-jun.seesaa.net/article/203853327.html

※ ジャズカフェ きょんHP:(表紙スケジュールは変更されていません):
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html
※ ジャズカフェ きょん・セッションスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2014年12月02日
20141202-01_s.jpg 土曜日恒例の弁当シリーズ、友人が仕事で箕面に行くと言い箕面方面を良く知る友人に電話、弁当の販売店を尋ねた。其処で出て来た弁当屋さんの名前は「若菜」、早速ネットで調べた。

 其処で一番上に出て来たのが、以下のURL、上の写真で有る。

※ 若菜箕面店:
 http://www.minohor.com/shop/foods/wakana/

 その写真の一番上に、何処の弁当でも食べれば絶対に失敗すると言う焼き肉類の「サーロインステーキ重(500円)」と言うのが有った。

 「絶対是ですよ!」
 「なら、其れで」

 そんな事で、友人が仕事に向かい帰路購入して帰る事に成った。しかし、事務所にいると携帯電話が鳴った。若菜箕面店の店員に、「サーロインステーキ重」と告げると、知らなそうでそんなの有りませんと言う事、こんなのが有りますと幾つかの名前を挙げた。其処で自分は「野菜炒め弁当」にした。

20141202-02_s.jpg 友人が帰るまでに再びネットを見ると、この写真は弁当店「若菜」のHPでは無く、何か「箕面」の紹介HPの様だった。本来の「若菜」はチエーン店で以下のURL(爆)。そういえば、「若菜」は写真の店舗の作り、道路筋の何処かで見た事が有る。

※ 「若菜」ホームページ:
 http://www.e-wakana.co.jp/wakana/

 そんなお友達が買って来た弁当は、「野菜炒め弁当」・「のり明太メンチ弁当」と「カレー」だった。一人のお友達は本当にカレー好き、何時もカレーの選択の様に思う。

20141202-03_s.jpg20141202-04_s.jpg20141202-05_s.jpg

 最初に弁当に手を付け、「のり明太メンチ弁当」食べたお友達の第一声、

 「これ人参ですかねー?、細く硬い物体です!」

 見れば、太さ1mmにも満たない物も混ざる人参色の物体が其処に有った(爆)。自分は野菜炒め、自分の物にも人参は入っているが幅は広いが食べて見るに厚みは1mmに満たない同じく乾燥野菜。そう、山に持参する乾燥野菜の様相、相当に低い温度での保存で水分が失われているのだろう。自分の野菜炒めのキャベツは其処までは無かったが、キヤベツの味は無い。相当の低い温度でのカット野菜保管なのだろう。

 野菜炒め弁当、何処も失敗は無い筈なのだか、最近は相当に変わった様だ。

 カレーを食べたお友達、「ただのレトルトカレーです!」。

 そう、最近は自分のレポ以上に友人達のレポと言うか、文句が先に来るようになった。弁当レポと言うより、弁当の文句の有り様。其処で、土曜恒例この弁当シリーズは是で最後にするかも。何も毎回文句ばかり書いていても面白くも何とも無い。何も文句を書きたくて書いているブログでも無い。

 是からは、美味しいというか”普通の弁当屋さん見つけたよ!”、不定期にでも記載報告できればと思う。しかし、普通の味が無く成ったとはほんと困ったものだ。

 大阪北摂地域、小市民の食べる本当の手作り弁当探しています。情報有れば是非皆さんコメント下さいね。しかし、流行る弁当屋さんが普通に昔の弁当程度か以下というのは・・・。

 最近の質の低下は計るに余りある。しかも値上げの酷さに質の低下に偽物味、素直な味は何処に!。

 そうそう、西洋人参、美味しい物は普通に柿の様な味がするのは知らない人が多いかも。ただ、みずみずしいので早く腐る。なので、店では取り扱いを嫌がり市販されない。でも、其れが普通に昔の西洋人参。今の西洋人参、置けばからびて水分が無く成り食べられなく成るのでずるけて腐るというのは殆ど無い。

 品種改良、現在は生産者と販売者の為に行われ、消費者目線の品種改良など何処にも見つけられない。なので、自分は昔野菜を買う為に三田まで出向いている。そう、途中に猪名川道の駅と言う北摂最大の野菜販売所が有るのにである。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2014年12月01日
20141201-01_s.jpg 2014年11月29日(土)、自分は若い時からのリュウマチ持ち、時として突然出て来る。其れが突如として寒い時だったり、肩こりが悪化した時だったり、何時出るか予想が附かない。

 でも、どちらかと言えば寒い日が突如訪れる時に多い様に思う。是だけは自然現象と同じで予想のしようも無く困りもの。でも、其れで動かないと余計に体が動かなくなり余計長引く。

 そんな事で三田行きを決意、朝風呂に入り何時もの時間より少し早く家を出た。外気温は小雨模様なのでこの季節としては相当に温かく18℃、池田駅前では16℃、いながわ道の駅では15℃、三田に到着しても15℃有った。冬にしては予想外の気温。

 この日は昼までが雨で昼から上がるとの予想、小雨だったので農家の方も遅れず皆さん集合。でも、農家の皆さん持ちよりの野菜も数は多いが大小それぞれ、其れが見ていて面白い。

 一番大小の違いが見えるのが大根、子供の足の様な太さの物から、大根足と言える物まで、また新品種で大きな大根が出来ると言われるものまで。でも、最近の品種は太い部分が先までと言う物が多いみたい。

 当日、50〜60Cmの長さは有ろうかと言う根本から先まで太い見事な大根が数本出ていた。聞けばすも入らない品種だそうだ。あるお若い女性が会社に持って行って話題にすると1本買われて会社に向かわれた(爆)。

 でも、何れの野菜も昨今のスーパーの小型野菜と違い昔の野菜の大きさ、何れもでかい。其れが特に目立つのが白菜とキヤベツ、これ等を見れば先日卵を割って黄色い黄身が出てきてほっとした様に、見れば昔と変わらずほっとする。

 寒い冬、霜が降りると野菜は甘く美味しく成る物が多く有る。自分は連続2年、結石が出来て最近は殆ど食べないほうれんそうを久しく買った。未だ家には使いさしの白菜・キヤベツが有るので其れは今週は買わず。

 買った物は、太ネギ2細ネギ2のネギ4束、ほうれん草、小松菜、白蕪と久しくの赤蕪、菊菜、菜の花、椎茸、生姜1パックを買った。考えれば殆どが漬物やサラダで食べられる物ばかり、でも昔からそうなんですね、この季節の野菜は冬に備えるもの。でも、季節の野菜は美味しい。スーパー野菜を見ていると本当に季節感が無い。

 そうそう、頼んで置いた小豆に黒豆の準備が出来たので来週持ってこようか?と農家の方に言われ、お願いした。黒豆と小豆、中頃にもち米も届くと聞いたので、また好きな赤飯を作り厄払いしなければ・・・。

 先日貰った柿を一袋置いた来た友人家族、小さいとはいえ50個以上は有ったと思う柿、そのまま食べ、サラダに入れ、カレーに入れ、毎日食べ、1/3程はジャムにしたらしい。家族から文句は出なかったのと聞いたが、文句は子供からも出なかったらしい。

 帰路、畑の横や家の横には放置され満載の柿の実が成った柿の木が一杯見られた。昔にはこれほど見られ無かった様相、三田でも昔は柿酢を作った家が一杯有ったとか。現代、人の心や行動の様に、色々変わった。変わらずにいて欲しい物はこの世の中一杯有るが、現代では是を贅沢と言うのだろう。白い雲間からは少し青空が覗いていた。

 しかししかし、左手が重痛いので左手の打ち間違いで誤字脱字、文字を打つのに時間が掛かる。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。