掲載:2014年12月21日
20141221-01_s.jpg20141221-02_s.jpg 2014年12月20日(土)、先週土曜日の午後、タイヤを駆動輪のみ冬用に変えた。先週は11日にブログにも記載した様にこのPCのHDDが飛んだ!。其処で土曜日は、近くのパソコン工房にHDDとHDDケースの買い出しと修理。

 そんな今週は、凍結が有っても少しは安心して三田行き。当然、後ろにはタイヤチエーン、車止め、ジャッキ、軍手の搭載。幸い凍結は見かけなかったが、凍結しても可笑しく無い気温になった。既に20年以上の三田行き、道路上の凍結場所、危険場所も殆ど承知している。

 年末と言う事だからだろうか、道路が何時もより少し混んでおり、殆どの信号で引っ掛かった。15分程家を遅く出たら、三田到着は30分以上遅れ、常連さんは既に買い物を済ませ帰られる所だった。

 是からの季節、毎年同じ場所で車が事故を起こしている。そんな車に有るのがノーマルタイヤ。是からの季節、大阪から北でも南でも、山越えしようとすれば、最低限スタッドレスかチェーン持参で無いと早朝・深夜の道路は走れない。皆さんもご注意下さい。

 昨今の車の修理代の事を考えれば、チエーンやスタッドレスは本当に安価。其れを知るのは事故を起こしてからと言うのはちと悲しい。

 ちと遅れたので葉物野菜は既に無く、蕪大2・白菜2・キャベツ1・日本人参1束・白ネギ2袋・水菜1株・高菜漬け物3・鷹の爪2袋などを買った。黒豆も少し出ていたが、既に購入済なので買わなかった。

 行きは小雨、帰りは小雨かと思えば、少し違った物が窓ガラスに附いた。何時もの様に、帰路の反対車線は車が連なって走っていた。そう、この道は三田・篠山への国道176号線の抜け道。距離は176号線を走る方が絶対に短いが、信号が無い分、早い。ただ、是からの季節、路面凍結に寄る事故も多い。

20141221-03_s.jpg 帰り、川西池田に少し寄り道、昼食用に「農家のおにぎり屋・川西店」の弁当を3つ買って友人事務所に寄った。「農家のおにぎり屋・川西店」は、今も商売繁盛、大盛況。昼からも小雨、止む気配は無かった。

 そんな事務所に居ると、携帯が鳴った。お友達から、

 「パソコンのD:ドライブが自分で何も保管した事が無いのに、満杯に成った!」

※ ある日の昼食・「農家のおにぎり屋・川西店」の弁当とおにぎり!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/407783186.html
※ 富士通(FMV)PC・何も保管した事が無いのにD:ドライブが満杯になる!
 http://m-jun.seesaa.net/article/411059316.html

    (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2014年12月20日
20141220-01.jpg 今年も、最後の最後の日に、夢を買いました!。ジャンボ宝くじ、何時もの様に夏のサマージャンボの封を切っていない物を持って。

 今年は幾ら買うかを考えました。10枚買っても、20枚買っても、30枚買っても、組合せにも寄るが、当たり券は3300円。今回持参のサマージャンボが当たれば、20枚買おうと決め売り場に。

 でも、何時もは年末ジャンボを買ってから、当たり券を見て貰える。この最後の日は、一日中何人か並んで居られる。そんな時に当たりを見て貰うと、何時も嫌な顔をする人間が居る。

 そんな事を気にし、1万円札を出し、先にジャンボ・連番10枚、ミニ・バラ10枚と言ってしまった(爆)。その後に当たり券の確認、

「おめでとうございます!、3000円当たりました!」
「何時も当たるんです!、3000円までは、其れを見越して20枚買いました!」

 そう、予想の通り今回も3000円は当たりました!。此処からが無いんですね。でも、今年、是だけは良いことでした。しかし、10枚でも買わないと当たらないしね〜(爆)。

 この宝くじ、また次のジャンボまで当たりは見ない、当たればもっけ物の小市民の夢。もう少し上、当たらないかな〜?!。

★ 去年の購入時も3300円の当たり券(爆):
※ 懲りずにまた夢買いました!(爆)・「第651(652)回年末ジャンボ(ミニ)宝くじ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/383161514.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月19日
20141219-01_s.jpg 2014年12月11日からのPC一連トラブル、ノートPCの内部HDDを交換、その後に細かい設定を施していたが、動作が何か少し可笑しく其れが上手く修正出来ない。

 Windows7 sp1も最新版にアップデートして有るし、インストールされているドライバーも全て最新版に更新済み、IEは11の最新版。

 其れをネットで調べた所、2014年12月のWindows UpdateでWindows7に問題が有るとの記載が有った。そして、11日では更新ファイルが配布されていたが、現在は既に配布停止中の多くの更新ファイル、更新ファイルが配布中だが、そのまま動かすとやはり動作が可笑しくなる更新ファイルも有った。是は、消去では無く、IE内部の詳細設定で回避した。

 今の所、何とか上手く働いているが、昨今の更新は1ヶ月に10個以上の更新、殆どがセキュリティーに関係するのでアップデートが必要だし、更新すればPC動作が可笑しくなると言う物も有るし、Windows Updateに何時どう対処すれば良いか、段々に判らなく成ってきた。

 ある日突然PCの動作が可笑しく成ると言う事、是からは何時起こるか全く判りません。しかも、アップデートは自己責任、今までもPCは困った機械だったが、其れが益々。

★ 画像はPCトラブルの始まりのHDD健康診断結果。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※ 2014年12月のWindows Updateの不具合と解消方法:
 http://freesoft.tvbok.com/cat97/2013/windows_update_2014-12.html

【内容】 ----------

 ・ 2014.12.12: 2点追記
 ・KB3008923も削除しなければダメなようです。
 ・KB3004394は 32bit/64bit両方のWindows7で発生していた模様。

 2014年12月のWindows Updateで発生した不具合と、その解消方法をまとめたページです。

 KB3002339、KB3004394、KB3011970で大きな不具合が発生する模様です。
 これらのパッチは一般的な対処方法は通用せず、個別に対策を取る必要があります。

 現時点で分かっている不具合(3点+α)
 ・KB3002339
 既に公開停止されている。
 Windows Update後の再起動で更新が完了せず、PCがハングした状態になる。
  復旧の手順
 HDDのアクセスランプが消えているのを確認し、電源ボタン長押し等でPCを強制終了。
 再び電源を入れなおして「システムの復元」を選択し、Update 前の状態に戻す。
 PCが起動しない場合は、インストールDVDや、復旧DiscなどからPCを起動して「システムの復元」を行う。

 手順参考ページ1・ 手順参考ページ2
 ※ページ中段で解説しているコマンド「rstrui.exe」が「システムの復元」です。
 再度Windows Updateを行う
 ・KB3004394
 既に配布停止されている。
 64bit版 Windows7で発生する。(64bit版、32bit版、両方で発生)
 ルート証明書関連の更新。UACの警告メッセージがおかしくなる。
 管理者権限が必要な操作が不能になる場合もある。
 「コンピューターの管理」や「デバイスマネージャー」など起動した場合も、UACのメッセージがおかしくなる。または完全に開かなくなる。
 認証が必要な一部の動画が、Windows Media Playerなどで再生できなくなる。
 AMDのビデオカードドライバが正常に作動しなくなる場合もある。

 復旧の手順
 コントロールパネルから「プログラムと機能」を開き、KB3004394を削除する。
 手順解説画像
 KB3004394を削除
 ▲クリックで拡大
 PC再起動後、Windows Updateをやり直し、更新プログラムの一覧から、KB3004394は非表示設定にする。
 (現在は配布停止されている。)

 ・KB3011970
 既に公開停止されている。Silverlight 関連の更新。

 復旧の手順
 IEのキャッシュを削除する (手順解説ページ)
 コントロールパネルの「プログラムと機能」の画面でKB3011970を削除する。
 管理者権限のあるアカウントでログオンしてSilverlightを一旦アンインストールし、インストールしなおす。
 (手順解説ページ)

 ・その他: KB3008923
 Windows7+IE11の環境で、IEのセキュリティ設定や、閲覧サイトによっては問題が発生します。
 パッチの内容
 IE11の SSL 3.0フォールバック機能を無効化する。
 KB3008923の詳しい解説サイト
 Microsoft、「Internet Explorer 11」の“SSL 3.0”フォールバック機能を無効化 - 窓の杜
 対処方法
 KB3008923を削除するのではなく、IE10/11を利用しているユーザーは、SSL3.0を無効に 設定するのがおすすめ。(サイト内関連・手順解説ページ)
 その他: MS Officeでエラーが出る/ActiveX が動かなくなる
 どの更新プログラムと関係があるのかイマイチ不明。
 MS Office 関連のアップデートパッチで発生する模様。
 Officeのバージョンにより異なるが、KB2596927、KB2553154、KB2726958あたりが原因となっている。
 (参考: Microsoftの資料ページ)
 対処方法
 該当するKBを削除するのは非推奨。問題が発生しているファイルを削除すればエラーは出ない。
 「%LOCALAPPDATA%\temp」内の「*.exd」をすべて削除する。

 追記分
 大きな実害はない模様ですが、
 KB3008923も削除しましょう。
 参考リンク
 Japan IE Support Team Blog - MS14-080 (3008923) の更新プログラムインストール後、 IE11でダイアログから表示したダイアログで引数や戻り値を使用できない
 問題が発生するPC環境
 ・Windows7 + IE11
 ・Windows8.1 (IE11)
 ※IE10以前では、不具合は発生しません。
 症状
 IE11で「ダイアログから表示したダイアログ」で引数や戻り値を使用できない
(※リンク先に作動サンプルあり。凄く特殊な例で、通常利用では不具合は発生しない気がします。)
 対処方法
 KB3008923を削除する。
 それ以外の対策なし。
 手順
 [コントロールパネル]>[プログラムと機能]>[インストールされた更新プログラム]を開く。
 右上の検索BOXに「KB3008923」と入力
 表示された更新プログラムを選択して「アンインストール」をクリックする。
 削除後、PCを再起動する。
 −−−−−−−−−−
※ UACのダイアログが頻繁に表示されたりWindows Defenderが起動できなくなった場合の対処方法(KB3004394パッチ編)
 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1412/11/news127.html

【内容】 ----------

 2014年12月10日にリリースされた一連の更新プログラム(パッチ)をWindows Updateなどで適用すると、Windows Defenderが起動できなくなったり、発行元が「不明」となっているUAC(ユーザーアカウント制御)のダイアログが頻繁に表示される、といった不具合が報告されている。KB3004394のパッチをアンインストールすると、これらの不具合は解消される。

 対象ソフトウェア:Windows 7/Windows Server 2008 R2
【2014/12/12更新】
 Microsoftはサポート技術情報3004394を更新し、KB3004394のパッチに関して以下の事実を公表した:
 KB3004394のパッチ適用により、今後リリースされるパッチが適用できなくなる可能性がある
 KB3004394のパッチが適用済みだと、コントロールパネルからパッチをアンインストールできない場合がある
 Windows 7/Windows Server 2008 R2以外のWindows OSでは、既知の問題は生じていない
 Windows 7/Windows Server 2008 R2からKB3004394のパッチを削除する「KB3024777」のパッチをリリースした。Windows Updateでも適用できる

 そのほかのマイクロソフト提供の情報ページを以下に記す:
Install KB3024777 to fix an issue with KB3004394 on Windows 7 and Windows Server 2008 R2[英語](マイクロソフト サポート技術情報3024777)
 http://support2.microsoft.com/kb/3024777/en

 32bit版Windows 7向けKB3024777パッチの手動ダウンロードページ(ダウンロードセンター)
 http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45307

 64bit版Windows 7/Windows Server 2008 R2向けKB3024777パッチの手動ダウンロードページ(ダウンロードセンター)
 http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45305

 今後、より詳細な情報がまとまった時点で、本ページの記載内容を更新する予定だ。
 −−−−−−−−−−
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換対処のその後!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410779800.html
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換方法!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410761846.html
※ HDDの故障交換とCドライブのリカバリー(FMV-BIBLO-NF/G50):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410662250.html
※ 今日の今・Windows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た!(原因はHDD故障!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410477669.html
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月18日
20141218-01_s.jpg20141218-02_s.jpg20141218-03_s.jpg

 年末と言うのに、色々な物が全て既に値上げに成っている。来年から小市民の食べ物、即席め麺も値上げ、1月出荷分からと有るが、1月から値上げに成るだろう。

 即席麺の好きな方は、今年中に数か月分を一括買い、幸いに冬の季節、桜の咲く頃まで物は腐りにくいし変質もしにくいので大丈夫!。

 そんな寒い冬、寒波到来で、外に出れば耳も千切れそうに思う。

 冬の季節は根野菜の季節、其れも大根・蕪が特に美味い。そして、先日も書いたが、買えば高いが作れば安く簡単に出来る「千枚漬け」、是が美味い。

 買った物は値段からしてパクパクと一杯食べると言うわけには行かないが、作れば其れが可能(爆)。数千円分が三田なら1株百円で美味しい物が出来る。他の道の駅で蕪を買っても高くて1株300円。

 そんな蕪の葉、皆さんは捨てて行かれるが、自分は白株も赤蕪も漬物にする。漬けた物を塩出し、其れにドレッシング(自分は普通に塩・胡椒・油)を混ぜ、ご飯に混ぜたサラダライス、時には其れを卵かけご飯に混ぜたりする。当然、朝食には味噌汁か潮汁が附く。

 最近は、しょっぱい鱈に湯を掛けた潮汁が飲みたいと思うが、是が売ってない。

 昔の庶民と言うか、貧乏人の朝食、今は本当に色々な物が高価に成り中々食べられなく成ったが、千枚漬けは食べられる!。皆さんも蕪の好きな方は是非にどうぞ!。蕪が美味しく食べられるのも、もう少しの期間です。

※ 買えば高価で作れば安価な「千枚漬け」と白蕪(聖護院蕪)・赤蕪:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410390453.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月17日
20141217-01_s.jpg20141217-02_s.jpg 今回、ノートPCのHDDが飛んで、確認して見れば、

・ 電源投入回数: 396回
・ 使用時間: 8456時間(連続使用換算:÷24: 352日)

 だった。今まででHDDが故障した時間としては一番短い。多くの大手サーバーでも連続使用で2年で交換との事と思う。しかも、このPCは固まって強制終了等も少なく、この辺りは時間からして余り気にしなかった。

 それが、突然のデーター飛び、本当に久しくで自分の原因は思いつかない。是は寿命と考えるしか無いのだが、余りにも短い。

 以前からも書いている様に、このPCは友人の家から来たもの。このPC、友人の友人がWindowsの停止をせず、電源ボタンを押して終了しHDDが再起不能に成った物。友人は仕事に直ぐに要ると、新しいPCを買った。

 このPC、保険に入っていたため富士通のメーカー修理、修理代は保険と追加の1万円、その追加分の1万円を自分が負担、我が家にこのPCが来た。

 それ以前のノートPCのWindowsXPも同様な事で我が家に来た物だった。以前のXPはCPUとメモリ、HDDを大容量に自分で交換して長い間使った。このHDD、XPのサポート終了までHDDが飛ぶ事が無かった。それ以前のOSは良く固まったりした物で、HDDも良く飛んだ物だったが、ノートPCでHDDが飛んだと言うものは最近無く、自分は気を抜いていた。

 まさか!である。そして、最近のWindowsの更新の多さ、1ヶ月に10以上の更新が有る。1年経過していれば、120個の更新である。今回の更新は書いた様に2GBほど有って是にい一番手間取った。やはり、変更毎のバックアップが必要と感じた。

 自分の変更とWindowsの緊急更新を除き、Windowsの更新は1ヶ月に一回、最低限この度にOSを含んだバックアップを取るのが最良だろう。是をすれば、HDDが飛んだ時、余り時間を掛けHDD交換が行える。

 以前の状況を全て残す訳では無いが、このような事を考えればHDD容量が足らない。其処で今回HDDを500GBから1TBに変更、その増加分をデーター用の領域D:ドライブに割り当てた。そう、今までのHDD故障でD:ドライブからデーターが取り出せなかった事は皆無。

 以前のXp時代は「マイドキメント」をD:ドライブに変更していたが、是も今回はしていなかった。ただ、他のUSB・HDDに直近のデーターコピーだけは細目に採取。その様な事から、今回HDDを新しく交換してからの対処は、

@ 今回、2.5インチ1TBのHDDを2台、ケース1台を購入。
A HDD1台は故障HDD(内臓HDD)の交換用、もう一台は、クローン用とし購入した。
B クローンは内臓HDDと同様なため、HDD故障には交換のみで対処出来る。ただ、ソフトの大きな変更には、クローンHDD自体の更新が必要である。最低限1ヶ月1回、夜間に実施。実施後に自動停止のプログラムを組む。
C データーはユーザーフォルダに全て保管し、其のユーザーフォルダはD:ドライブ、通常データーはこのユーザーフォルダコピーのみで良い様にフォルダ構成する。
D 今回の修理実費は、HDD1台約7000円、HDDケース1000円、クローンHDD用にHDD1台約7000円(税込)の合計15000円。
E ※【注意】HDD換装後にWindows Updateが出来ない場合:
・ http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/info/2013/12/5312
・ http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_update/8024a000-windows/728b8a0c-d34b-466c-b184-5f2879e43147
・ http://i6i6.biz/2012/03/windowsupdatehdd.html
・ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13130879858

 ★ 転ばぬ先の杖、何処まで必要かは貴方の考え方次第(爆)!。

※ 今日の今・Windows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た!(原因はHDD故障!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410477669.html
※ HDDの故障交換とCドライブのリカバリー(FMV-BIBLO-NF/G50):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410662250.html
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換方法!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410761846.html
※ CrystalDiskInfo:
・ ダウンロードから(ポータブル版)をダウンロードして下さい。
 http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/
※ Easeus Todo Backupの使い方:
 http://www.pc-master.jp/backup/easeus.html
※ EaseUS Todo Backup Free(窓の社):
 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/

     (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月16日
20141217-01_s.jpg 今回、メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のトラブルが起こった。調べた所、HDDのセクターが飛んで代替処理済のセクタ数の生の値30(多分16進数で10進数では48)個の発生と有り、この本来のセクタが消えたため、症状としてPC画面右下にWindows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た。

 このHDDは、HDD検査ソフト(CrystalDiskInfo)で「注意」と出た。この検査ソフト情報は、HDD内部に書き込まれている生の情報を表示しているので間違いは無い。つまり、生の値はHDD内部情報。このまま暫くは使えると思うが、いつまた誤動作や故障するか分からない。その前にデーターを取り出し再生する必要がある。

 今回の場合は、このHDDのままでもOSの入ったCドライブを元の様に書き換えれば暫くは知らなければ普通に動くと思うが、前述する様に危険。

其処で、購入したものは、HDDとUSB接続のHDDケース。HDDは元のHDDと同容量かそれ以上の物、それと問題は接続規格。判らなければ、販売店の方に聞くこと。

 次にHDDケース、此れは上位互換と有るが、自分の経験から言えば、PCのUSB規格と同じ規格のケースを買う方がいい。現状一般的なのがUSB2、最新の規格がUSB3であるが、USB3のコネクタをUSB2に挿すと接触不良を起こす場合が有るのでUSB2にはUSB2ケースを、USB3ではUSB3の対応ケースを買いHDDをセットする方が良い。

20141217-02_s.jpg ケースにHDDをセット、PCにUSBコネクタを挿すとHDDとして認識するかと言えばそうでは無い。HDDは左の画像の様にPCの初期から有るC:Dしか認識していない。ただ、クローンHDDをソフトを利用して作る場合は、その認識しないHDDのまま接続してもクローンHDDが作れソフトがある。其れは、個々のクローン作製ソフトの説明書をお読み下さい。ただ、其れは新品のHDDは初期IBMフォーマットされているためで、中古のHDDを使用する場合はフォーマットの必要が有る物も存在するが、大概は其のままコピー出来る。

 −−−−−−−−−−
★ 以下の方法で新しいHDDをPCに認識させる事が可能です。
 −−−−−−−−−−

20141217-03_s.jpg PCにUSB接続のHDDを認識さすためにはHDDを初期化する必要が有ります。それは、

 コントロールパネル/

20141217-04_s.jpg 管理ツール/

20141217-05_s.jpg コンピューターの管理/記憶域/

20141217-06_s.jpg ディスク2(一般的ノートPCに接続した場合の番号2)/OKを押します。

★ HDDがPC内1台の時、USB接続したHDDの番号は2に成ります。

20141217-07_s.jpg ディスクの初期化/は、ディスク2の黒いバーの未割り当て文字部分の枠内でマウスを右クリックします。

20141217-08_s.jpg 「ディスクの初期化」の表示が出るので、マウスで初期化をクリックする。フォーマットが出れば、クイックフォーマットで良い。

20141217-09_s.jpg 是で、ディスク2がオンラインに成る。次に割り当てを行います。

20141217-10_s.jpg 再度、画面上で右クリックします。新しいシンプルボリュウムを押します。是でPCでHDDが認識される様に成ります。

20141217-11_s.jpg 必要なら、この初期にパーテーション分割などを行います。ボリューム名称等は後で変更が効きますが、初期はそのPCの順番に割り振られ決まります。

20141217-12_s.jpg これ等の操作が終われば、USB接続のHDDはコンピューターに認識出来る様に成ります。この場合は、「ボリューム(F:)」と成っています。

 HDDとUSB接続HDDケースを買って、外付けHDDを作る場合は、この操作をすればHDDは外付けHDDとして使えます。

 −−−−−−−−−−

★ 今回のこのPC場合、PC画面に「このWindowsは正規品ではありません」と出て、アップデート等が出来無い状態ですが、

 −−−−−−−−−−
★ HDD故障PCの状態:
 −−−−−−−−−−

@ 他の操作は全て出来る。
A このPCに今年キヤンぺーンで無料入手した「EaseUS TodoBacup 6.5」と言うクローンも作れるバックアップソフトがインストールされている。同様な事は、同じソフトのフリー版でも機能は少ないが出来る。
B このPCは、富士通FMVでCドライブがOSごと丸ごとバックアップ出来る「マイリカバリ」がインストールされており、是で初期のCドライブをバックアップ(バックアップはD:ドライブに置いてある)してある。是は、Windowsが立ち上がらなくても使えるが、HDDが壊れていないと言うのが条件なのは当然。
C その後の設定変更は、富士通インストールソフトの「FM簡単バックアップ」で一応、同様にD:ドライブに取ってある。
D 今までの経験上、D:ドライブのデーターが取り出せなかったと言う事は無い。
E 当然、初期の設定後にバックアップCDも作成して有ります。最悪はこのCDでリカバリー。
F 代替セクターが稼働している。

 −−−−−−−−−−
★ 今回のPCのHDD交換方法:
 −−−−−−−−−−

T. このPCのHDD(500GB)を新しく購入したHDD(1TB)にクローンコピーする。クローンコピーとは全く同じHDDが出来ること。当然、C:ドライブデーターは飛んだ状態なので、「このWindowsは正規品ではありません」表示も出る。

(Windowsが立ち上がらないHDD故障なら、他のPCを使い内部HDDのクローンを作ります。ただ、この時は他のPCにはクローンソフトをインストールしてある必要が有ります。また、HDDケースは内部HDD分と2台分必要です。故障HDDのCドライブをリカバリーして立ち上げる事も可能ですが、Cドライブのデーターを他に移さないとデーターが消えます。)

U. クローンHDDが出来るので、このHDDを故障した内部HDDと交換する。クローンなのでD:ドライブも当然コピーされている。

V. HDDを交換したPCを立ち上げ、FMVの「マイリカバリ」を使用してC:ドライブをバックアップを取った時点に戻す。是で、OS認証もバックアップ時点なので戻る。

W. 設定し、ネットに接続、バックアップ時点からのOSやソフトの更新を行う。実は是が一番大変なのです。

X. 故障HDDはそのまま残っているので、是をUSB接続HDDケースに入れ、C:ドライブのデーターを取出し、新しいHDDに転送します。

※ 今回、内部HDDを500GBから1TBにした。是で問題が発生したが、一般的には同じ容量でクローンを作れば殆ど問題は起こらない。

 自分がHDDを1TBに容量アップした理由は、このOSを含むバックアップ「マイリカバリ」を定期的に取ろうとしているため。

 因みに、今回自分は1TBの同じHDDをもう1台購入した。理由は、この新しく交換したHDDのクローンを作って置く為である。ソフトインストールや多くの更新の手間を考えれば、時々クローンを作り其れを更新して置く方が手間無くて良い。

 −−−−−−−−−−
★ 「EaseUS TodoBacup 6.5」を使ったHDDのクローンの作り方:
 −−−−−−−−−−
20141217-13_s.jpg 「EaseUS TodoBacup 6.5」を立ち上げます。

20141217-14_s.jpg クローンボタンを押します。

20141217-15_s.jpg ディスククローンを選択します。

20141217-16_s.jpg クローンするディスクの選択画面に成ります。此処で選択を間違うとえらい事に成ります。注意して下さい。今回は、クローンオリジナルが500GB、目標位置(コピー先)が1TBと明らかに違いがあり判りやすいですが、同容量ではこの容量では判別が附かないので注意が必要です。新しいHDDなら、内容が無いのが転送先です。

 他のPCに2台のHDDを接続して転送する場合、3台のHDDが表示されるので、これには細心の注意が必要です。

20141217-17_s.jpg クローン前後のレイアウトが表示されます。容量を変更(増加)した場合、此処でD:ドライブ後ろのスライドを動かし最大容量まで変更を行います。C:ドライブの増減も可能です。

20141217-18_s.jpg 設定に間違いが無ければ、OKを押します。間違っても取り消しは不可能です。

20141217-19_s.jpg HDDのクローン作製が始まります。

20141217-20_s.jpg HDDのクローンの進行状況が表示されます。

20141217-21_s.jpg HDDのクローン作製の進行し、表示されます。

20141217-22_s.jpg クローン作製が終了すれば完了のボタンを押します。PCにもよりますが、規格USB2で500GBのクローンを作製した場合、7時間かかりました。

20141217-23_s.jpg PCにクローンHDDが表示されます。このPCの場合、新しいドライブ(HDD)はA:B:と表示されています。表示は、PCにより異なる場合が有ります。
 −−−−−−−−−−

20141217-24_s.jpg 新しいクローンHDDが完成したので、是を内部の故障HDDと交換します。今回は1TBに変更したのでD:ドライブ容量が690GBに成っている。

20141217-25_s.jpg クローンなので、隠しパーテーションもコピーされています。

20141217-26_s.jpg 当然HDDは交換したので「注意」から「正常」。

20141217-27_s.jpg ただ、C:ドライブ内部ソフトは飛んだままなので、Windowsのライセンス認証は「確認されません」のまま。

20141217-28_s.jpg 是をイメージバックアップ等を用いC:ドライブを以前の物に戻します。FMVは「マイリカバリ」を利用、是はどんなPCでも同じですが、以前(初期)に自分で作ったC:ドライブのイメージバックアップ(OSの入った物、データーでは有りません。)やWindowsOSのCDが有ればバックアップ時点に簡単に戻せる。回復パーテーションに購入時のデーターが有るものは初期値(購入状態)に戻せる。

 FMVには、クローンが完璧なら「マイリカバリ」を利用してC:ドライブを購入時やバックアップ時の状態に簡単に戻すことが可能です。操作方法は機種により異なるため、取扱い説明書かメーカーHPをご覧下さい。

 是を戻せば、ライセンス認証が「Windowsはライセンス認証されています。」と成ります。

20141217-29_s.jpg 初期のバックアップからのPC更新(Windows Update)を行います。是が本当に大変です。なので、何か変われば、イメージバックアップを取って置けば完璧です。初期OSからなら多分、まるまる1日ほど掛かります。

20141217-30_s.jpg 全ての更新が無くなれば終了です。この後、以前の故障HDDのC:ドライブから必要データーを新しいHDDに転送すれば本当の終了です。

★ お疲れさまでした。是を作業すれば、本当に疲れますよ!。ま、日給2万円とでも思って作業してください(爆)。何か変更した時など、こまめにイメージ・バックアップを取るのが理想です。

※ 今日の今・Windows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た!(原因はHDD故障!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410477669.html
※ HDDの故障交換とCドライブのリカバリー(FMV-BIBLO-NF/G50):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410662250.html
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換対処のその後!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410779800.html
※ Easeus Todo Backupの使い方:
 http://www.pc-master.jp/backup/easeus.html
※ EaseUS Todo Backup Free(窓の社):
 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
※ EaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページ:
 http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月15日
20141215-01_s.jpg20141215-02_s.jpg この11日、HDDが飛んだ!。

 症状は、PC画面右下にWindows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た。

 調査の結果はHDDの代替えセクター30(多分16進数で10進数では48)個の発生、最終的にHDD検査ソフトで「注意」のHDDと成った。また、他の表示として、「Windows 再インストール」が必要との表示が出て観念(PCが強制終了や固まると言う操作無に代替えセクターの発生と言う事は、何時読み書きが出来ない場所がもっと増えるかも知れない。なので「注意!」との意味。)、HDDを新品と入れ替え、其れに今までと同様のシステムを構築する事にした。

20141215-03_s.jpg 幸い、相当昔の物だが、このPCが友人の所から来て(貰って)セットアップした時のCドライブのOSを含むドライブコピーが有る。当然、初期にリカバリーCDも作って有る。また、Dドライブはそのままコピーすればデーターが取り出せる状態。其処で、土曜日パソコン工房で新しいHDDとUSB接続のHDDケースを購入、交換に臨んだが、終了はたった今の深夜。

 作業時間が相当に掛かる事は承知の上だったが、此処まで掛かるとは思っても見なかった。因みに、OSをクリーンインストールする程度なら此れの1/4時間以下で出来るかも知れない。何に一番時間が掛かったかと言えば、Windows OS以外のソフトインストールとWindows Update つまり更新。総計、250以上、容量2GB程度、インストール失敗も起こる。

 因みに、初期附いていたHDDは、

★ TOSHIBA MK5076GSX [500GB 9.5mm]

 新しく交換したHDDは、

★ TOSHIBA MQ01ABD100 [1TB 9.5mm]

20141215-04_s.jpg20141215-05_s.jpg 容量を500GBから1TBに変更すれば、何かトラブルが出るかも知れないと思ったが、案の定。自己解決出来ない方は同容量での交換がやはり無難。最初のCドライブコピー(OSリカバリー)から自分は多少のシステム変更もあり、これ等の修正にも結構手間取った。でも、先ほど終了。一応、全てのアップデートも終わった。

20141215-06_s.jpg これ等の顛末と皆さんがすればいいOSコピーの提案は何れ。あ〜あ、疲れた!。途中寝ていた時間も有るが、作業時間大凡20時間。

  因みに、是をPC販売店(パソ工等)に頼めば、OSが有って、

@ OSインストール: 2万円程度
A ソフトインストール: 1件2000円
B HDD交換費用・データー取り出しは別途

 と成り、安いPCなら新品が買える。富士通に出せば、初期購入状態にするのに5万円程度。このPC,初期はWindows7でSP1では無いので、自分と同様の更新時間が掛かる。短くて12時間以上。上手く行けばAUTOで出来る可能性も有が、多分ドライバーが引っ掛かる。

※ 今日の今・Windows7 ビルド7601「このWindowsは正規品ではありません」と出た!(原因はHDD故障!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/410477669.html
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換方法!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410761846.html
※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換対処のその後!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410779800.html

    (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2014年12月14日
20141214-01_s.jpg20141214-02_s.jpg 先日、以前から探していたワイド幅のスライサーを高槻の100円均一で探し当てた。其処で早速大きな蕪(聖護院蕪)に使って見た。

 この聖護院蕪、小さな物でも赤ちゃんの頭より大きい。ただ、千枚漬けを作るには、外の繊維の多い部分を剥かなければ成らず、是を剥けば赤ちゃんの頭大に成る。この大きさでもワイドスライサーには乗らず、半割にしてスライスした。

20141214-03_s.jpg20141214-04_s.jpg 昨日も書いた様に、刃の研ぎ角度以上に刃が立っている間違った設計のため、やはりすっすとはスライス出来ず、台の長さも有って最後まで上手く滑らない。ま、100円ならこの程度で我慢かも。もう少しお金を出してもいいので、少し良い物が欲しい気がする。

20141214-05_s.jpg そして、この手のスライサー類、スライスする物を最後までスライスするのはちと危険、其処で最後の2Cm程度は包丁で切って、2%程度の塩で水出し、七味を掛けてそのまま食べた。是、大根でもするが、簡単漬け物、取りたて新鮮な大根・蕪なら白ご飯の淡泊さにも合い、本当に美味しい。切って、15分程で食べられるのもいい。

※ 千枚漬けに使うワイドスライサーは「100円ショップ“F.LET'S”」に売っています!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/430713872.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月13日
20141213-01_s.jpg 今の季節は蕪の季節、白蕪(聖護院蕪)と赤蕪が路地野菜販売所で売っている。大きな白蕪は場所により価格は違うと思うが、1個100円〜300円、赤蕪は小さく数個で同様価格。

 そんな白蕪で作るのが千枚漬け。京都で売ってるあれである。この蕪、1個で結構出来るが、買えば何故か高い。手間賃と言う事だろうが、正直ふつうの漬物より時間も掛からず直ぐに出来て美味。大きな蕪でも安い・簡単に出来ると成れば直ぐに食べてしまう。

 作れば簡単、白蕪の千枚漬けの作り方は、ネットで検索されれば直ぐに出て来る。

 自分の少し違う所は、酢の代わりに柚子酢を使うこと、昆布は出汁昆布を使い、唐辛子も刻むことくらい。他は皆さん殆ど同等。また、千枚漬けは酢を入れるので置いても乳酸発酵はしない。

 乳酸発酵さすためには塩漬け、普通の蕪の漬物に成る。自分は小蕪しか塩漬けにしたことは無いが、置けば多分すぐきに近い物に成り美味しいかも知れない。

20141213-02_s.jpg 赤蕪は良く飛騨や信州のお茶受けに出て来るあれ、あれは塩漬けなのだが乳酸菌発酵。ただ、家で作ってもこの赤蕪だけは乳酸菌が有ってもあの味に成らないのが不思議。是は、三田の路地野菜販売所で赤蕪を買われる方に聞いても皆さんその様に言われる。多分、プラスチック樽と木樽の違い、住み着く乳酸菌の違いと思うしか無い。

 ただ買った物、最近は乳酸発酵していない物が多々あるが、是は美味しくない。曰く是は漬物では無い。

 赤蕪も白蕪(千枚漬け)に同様、甘酢漬けのレシピにて自分の家は昔から同様に漬ける。色が赤く綺麗、ただ自分は赤蕪の葉の部分は大きさもあるのか赤蕪は白蕪ほど大きく成らないので漬けても柔らかい様に思う。

 そんな白蕪の千枚漬け、今まで何回も蕪を買い作って食べた。赤蕪は先日から買っている。しかし、一番困るのがスライス。普通家庭に有るスライサーは幅が小さく、またスライスした物も非常に薄くなる。そんな物で作ったのが上の写真。薄いので直ぐに浸かり便利だが歯触りが少し違う。

20141213-03_s.jpg 是を三田の路地野菜販売所で言っていると、昔からお会いする常連さんから100円均一でワイドスライサーが売っていると聞いた。其処で色々な場所で探していたが、先日高槻の100円均一でやっと見つけた。

20141213-04_s.jpg 100円均一の物なので、刃は切れずらいし、構造上小さい物は切るのは危険だが、大きな白蕪の半割程度の物なら割合上手くスライス出来る。是を得て、蕪が無く成るまで当分美味しい千枚漬けが食べられそうだ。

 そうそう、売ってる味(市販品)にもっと近附けるにはどうすれば?と友人に聞かれたが、最後に化学調味料を一杯掛ければ同じに成ると答えた(爆)。

20141213-05_s.jpg 先日、TV・土井善晴先生の「おかずのクッキング」で「あちゃら漬け」と言う白蕪の漬物をの作り方を放送していた。是は蕪のさいの目切りの漬物、作り方は千枚漬けに殆ど変らない。また、漬物としては、塩漬けだけでも食べられる。

★ 土井善晴先生のあちゃら漬け:テキストNO.194 P23:

 全量エネルギー 222kcal 塩分 4.3g

◎ 材料(作りやすい分量)
 かぶ・・・10個(約900g)
 切り昆布・・・8g
 赤唐辛子・・・1本
 塩・・・適量
 <合わせ酢>
 |酢・・・1/2カップ
 |水・・・1/2カップ
 |砂糖・・・大さじ2
 柔らかいかぶの身で作ります。
 塩をして水分を出して、
 甘酢に漬け込みます。

◎ 作り方詳細

@ 蕪は、断面を見れば解るが、筋の強い皮を厚く剥き、柔らかい部分のみを使う。
 (大きな蕪だと1Cm程度の厚みは有る。外の皮はきんぴら等に使う。また、赤蕪は皮は剥かない。)
A 大きいくさいの目に切る。
 (千枚漬けの場合は、スライサーで薄く下す)
B 塩を振り、30分ほど置く。
 (塩は蕪重量の3%程度、千枚漬けの場合は一昼夜程重石をして置く。)
C 塩漬けした物を水洗い、水分を切る。

★ POINT:
 水分を抜いた蕪に酢を含ませる。

D 漬け汁は、酢1.5カップ+水1.5カップ+砂糖大さじ2、是に水けを切った蕪を漬ける。
 (千枚漬けで保存良くするには、水に変え、煮切り酒・味醂などを入れる)
E 其処に、切り昆布18g+赤唐辛子1本の輪切りを混ぜる。
 (切り昆布:細く切った出汁昆布、自分は塩昆布を使ったりもするが色が附く。)
F 保存容器に入れ1時間以上漬けこむ。
 (千枚漬けの場合は、一日)

※ おかずのクッキング|テレビ朝日:
 http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/
 (土井善晴先生が作る家庭のおかず!「おかずのクッキング」公式サイト:)
※ 今までの「おかずのクッキング」:
 http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/2009/bk.html
※ バックナンバーリスト:
http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/backnumber/index.html
※ あちゃら漬け:(甘酢漬け):
 http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/backnumber/201411_04/
 ----------
※ 見つけた「千枚漬け用器具」で 「千枚漬け作り」:
・ (檜山南部地区農業改良普及センターのレシピより)
 http://tmyjk.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-dd14.html

★ 千枚漬けの作り方:

 調味液 (カブ  4`に対して)

@ 塩  (下漬け用) 150c
A 酢 600cc
B みりん 200cc
C 砂糖 200c
D だし昆布 100c
E とうがらし 3〜5本   

・カブは、厚さ3_ぐらいの輪切り。
・輪切りしたカブを 少しずつずらして並べ、塩を振って重石(3`ぐらい)をして 2〜3日おく。
・、酢、みりん、砂糖を煮溶かして冷ましておく。
・昆布は10pぐらいに切り、唐辛子は、種をとって小口切り。
・下漬けのカブは、列を崩さないように取り出し、ざるで水切りする。
・容器の底に昆布を敷いてカブを並べ、とうがらし、昆布、カブという順序で漬けこみ、上から調味液を注ぎ入れて、落としブタと重石をし。2週間ぐらいおく。
 ----------
※ 千枚漬けの作り方の一例:
 http://cookpad.com/recipe/2073835
※ 飛騨高山の赤かぶ・歴史と種類、作り方レシピの紹介:
 http://www.h5.dion.ne.jp/~yoshima/tukemono-akakabu.html
※ 免疫力を高める食べ物,かぶの栄養.効能効果:
http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月12日
20141212-01_s.jpg20141212-02_s.jpg 先週の土曜日、やはり昼は弁当屋の弁当に成った。チエーン店で無い小さな一軒の弁当屋ならカット野菜は使っていないかな?と思い其処にしても、やはりカット野菜には嫌な臭気が漂っていた。

 現在、本当の手作りは野菜に置いても無いみたいだ!。何時も露地野菜を食べてる自分には是はたまらない!。

 何故、個人商店までこの様な臭気野菜を使うのだろう。仕入値段と言うより、日持ちと言う事なのだろうが、是では個人商店の良さと言うのは何処にも無い。売れない⇒原価低減⇒カット野菜の使用⇒余計売れないスパイラル。

 弁当屋・食堂、現状殆どがカット野菜の使用、小市民は何か判らん薬漬け。

 ネットには、以下の様な記事が有る。

※ コンビニ弁当は死を早める!添加物があなたにもたらす危険性のしくみ:
 http://macrobiotic-daisuki.jp/tenkabutsu-convenience-1808.html

 そうそう、友人事務所の給湯室に「日清カップヌードル・シーフードKING」と言う物が有った。今まで有ったのはBIG,是より大きく聞けば若者でも食べてる間に飽きるらしい。

 「どうですか?」と言われたが、遠慮した。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。