掲載:2014年08月21日
20140821-01_s.jpg 安売り店で「くまもん」が気に成り、生めんと表示の五木食品「カップぶっかけうどん」を買った。この手の生めんで「ぶっかけうどん」の商品化は多分ざんないとは思ったのだが・・・。そう、「ぶっかけうどん」は一般的な汁が無い。

 「ぶっかけうどん」、讃岐うどんの本場でも、うどん玉に化学調味料入りの出汁醤油のみが多い(讃岐の出汁の昔からの本物は、いりこ出汁100%)。好みで生卵を入れる。

20140821-02_s.jpg 説明に有る様に、湯を入れ湯切り、かやくを入れ食べて見る。

 先ずは先日食べた「味のマルタイ「高菜ラーメン(とんこつ味)」」と同じ九州味、自分には「甘い!」。見れば「高菜ラーメン」と同様、ぶどう糖液と砂糖が入っていた。この甘さ、自分にはラーメン同様合わない。

20140821-03_s.jpg また、HPには以下の様に記載が有るが、鰹と昆布だしの味は何かにかき消され、余り感じる事はない。

 ----------
湯戻し簡単なつるみのある生タイプ麺で、鰹と昆布だしが効いた味わい深い旨味の和風つゆとよく合います。サクサクのあげ玉付きです。
 ----------

20140821-04_s.jpg HPには、コンタミ・アレルギー等の詳細表示は無く、アレルギー物質の表示は現物下部に一般表示で「そば・乳製品・えび・かに」と有る。是の表示は”見ずらく”、決して消費者目線の表示では無い。

 因みに、HPの表紙には大きくISO看板が表示されていた。

※ 五木食品:
 http://www.itsukifoods.jp/index.html
※ 味のマルタイ「高菜ラーメン(とんこつ味)」を食べてみた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/403643524.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。