掲載:2014年08月05日
20140805-10_s.jpg 本わさび、そのまま置くと乾燥してダメに成る。一番良い保存方法は、濡らした(濡らすと言うか湿らした)キッチンペーパーに包み、其れを小さなタッパに入れ保管。自分は、是が一番と思う。

 濡らしたキッチンペーパーで包み、其れをサランラップで包まない方が良いみたいに思う。

 因みに、一度使い出せば、数日で使い切るのがいい、日を置けば切り口が黒く変色する。また、この濡らしたキッチンペーパーは毎日変える方が良い。

 使いだせば、日持ちすると思わな方が良い。余れば「わさび丼」にでも。

※ ある日の夕食・「本生わさび丼」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/301568268.html
※ 明宝の旅の翌日・夕飯は必ず「本生わさび丼」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/379894893.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2014年08月05日
20140805-01_s.jpg20140805-02_s.jpg Win7/Win8.1は多分同じと思うのだが、ディスクデフラグツールが自動実行される様に設定されている。その設定は、デフォルトで毎週水曜日の1:00に実行されるよう、スケジュールされている。

 多分、是を知られない方は結構多い。したがって、余りPCを長く使わない方、この時間PCの電源が入っていない方はディスクデフラグが全くされないと言う事に成る。

 其れを分かった方、デフラグが突然始まると、びっくりするほど重くなるのでので其れが嫌でこのデフラグを停止している人間は時々状況を確認、自分でディスクデフラグツールを走らさないといけない。

 自分は後者、何時もはディスクデフラグが自動で実行されない様に止めて有る。

 そして、本日結構遅く成ったなーと思ってディスク断片化率を確認すれば、17%と出た。其れでは遅い筈だ。早速ディスクデフラグツールを走らせた。自分は、Win7の物では無く、サードパーティー(Smart Defrag・Defraggler portable)の物2種を使用し、ブートタイムデフラグ(通常は動作中デフラグ出来ない物をデフラグ)までを行った。

 Xpの時代は毎日の様にデフラグを行って居た様に思うが、最近は本当に少なくなった。でも、Win7も同様で、断片化率5%以下に保てば余り変化を感じないと思う。今回はちとミスしたので、デフラグに数時間を必要としたし、断片化率も余り小さく成らない・・・根本的な失敗をしてしまった・・・。

 HDD断片化、一度大きく崩してしまうと、通常のデフラグ程度では断片化率を小さくするのは難しい。是は後からの書き入れ範囲が大きくなるためである。

 デフラグ、HDDにはすればいい、しないでいい派があり賛否両論だが、HDDなら断片化すれば確実に遅く成る。其れが嫌ならHDDをSSDに変更すればこのデフラグと速度低下は無い。先日見たが、SSD256GBも2万円以下の時代に成った。

 皆さん、HDDが断片化して買った時よりも遅く成ってはいませんか?、Xpから買い換えた方は丁度そんな時期。

★ 右画像はデフラグ後半日使用した断片化率(HDDは直ぐに断片化)。

※ 自動デフラグを停止したい方は検索で「自動デフラグを停止するには?」と入れて検索してください。直ぐに見つかります。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。