掲載:2013年10月28日
20131028-01_s.jpg 今のファミリーカー、高速道路は本当に走りずらい。多分、コンピューターの設定もそのように成っており、殆んど多くを走る街乗りをメインに設定してある為だろう。

 自分の車は、スズキスイフト1200CC XG、結構この車も年式を経る車に成って来た。この自分の車より年式の新しいスイフトにも載った事が有るが、その設定が大きく変化しているとは思われない。自分の運転は、この車に乗り出して大きく変わった。

 パワーの有る車の方はお先にどうぞ!。

 この車も現在の多くのファミリーカーも同じで有るが、先ずはCVT、そして希薄燃料、是だけでも普通に考えれば判る。アクセルを踏み込んでも立ち上がりが遅い。そして、今のアクセルという物は、エンジン直結のアクセルペダルでも無い。

 高速で、速度一定、回転数一定で走って見られれば判る。平坦地から坂に差し掛かると速度が一気に下がるし、同一速度を維持しようとすれば回転数は一気に上がる。そう、相当に踏み込まないといけない。

 今の速度計も昔の速度計も同じだが、速度計は必ず+を示す。速度違反を犯さない為である。車の速度計が80Km/hを示しても、実際の速度は80K以下である。是は、遅れる時計を時計と認めない事に同じである。

 是を確かめたければ、高速の直線コースでナビのGPS速度計と比べられれば判る。凡そ、2K〜5Kは車のスピード表示がGPSより上に出る。

 この様な事で、今の多くのファミリーカーは、80Km/hまでの速度で平坦地を走行するには楽だが、この速度を維持して、上り坂・下り坂を走行するのは本当に足が疲れる。是が、この80Km/hを越えれば尚更である。でも、今はこの80Km/hを越える制限速度の表示を高速でも見た事が無い。

 大きなディーラー・ステーションに有るテストローラー?に載って、アクセルを踏み込んで見られればアクセルと回転数や速度も、その車が最大何キロ出るかの予想も附く(何キロまで出しても良いのかは不明、150〜160Km/hまでなら踏み込んだ事が有る。200Km/h出しでも大丈夫との事だが・・・外れそうで怖い(爆))が、80K以上の速度を出すには、今のファミリーカーは相当にアクセルを踏み込まなければ成らない設定である事も判る。その分、回転数も一気に上がる。

 この様な設定のため、ファミリーカーは高速でも80Km/h以下で走行するのが本当に楽な走り方なのです。が、高速に入り、自分勝手な低速運転も迷惑運転もしても仕方ない。最近は走行車線と追い越し車線の分別も無い馬鹿が居られる様だが・・・。右側車線は普通にそのまま走る車線では有りません。

 其処で楽な運転はコンボイ走行となるのだが、この速度一定のトラックを見つけるのも昨今は難しい。今のトラックのリミッター設定か何が原因は判らない。大手のトラックもそうである事から、積載量オーバーのトラックばかりという事も無いだろうが、今のトラックは80Km/hの速度一定で走れないトラックが多すぎるのである。

 今のトラックは、平坦地では80Km/h、登り車線に入れば極端な速度低下、60Km/h等に一気に速度が下がる。今迄の速度低下の比では無い。そして、他のトラックを抜く考えも有るのか、下り坂は90km/hを越える速度で追い抜いて行く。

 そんな事で、今のトラックも低燃費設定の希薄燃料走行なのだろう。其処で現在の車が直噴指向。薄い燃料は熱で点火する前に飛んでしまう?。今の車は乗用車もトラックも運転がしずらい様子は同じ様である。

 今、大型車で飛ばしている車は、リミッターを外したと思われるトラックとバスしか無い。高速深夜バス、結構飛ばしている。

 この様な現状で乗用車がトラックを安全に追い越すには上り坂、下りで追い越そうとすれば、スピードは多分メーター速度120Km/hを越えないと安全には追い越し出来ないだろう。アクセルを踏んでスピードがゆっくり立ち上がるCVTの様なミッションを持つ車は、元来高速で他の車を一瞬に抜くと言う様な走行は出来ないのです。

 追い抜くにはレンジを下げ、一気にアクセルを踏み込むしか方法は無いが、やれば判るが、一気にハンドルが軽くなる(爆)。はい、車が浮いています。ファミリーカーはその様な空力設定にはなっていません。普通に車高を見ても判ります。

 今、皆の一般道の交通マナーの悪さも目に余る物が有るが、其れは高速にも言える。高速でマナーが悪いのは一般車両の方である。時には、リミッターを外したトラックやバスも危険だが、ミラーで走りを見ていれば判る。

 高速でマナーの良い運転手さんの車が多い運送会社と言うのも、高速を良く走れば判ってくる。大手なのに・・・?と言うのも判って来る。何故なんだろう?。

 今回、行き帰り、行きは結構長距離の間コンボイ走行が出来たが、帰りは短距離しかコンボイ走行が出来無かった。昔は、大阪から出発して東京行き、名古屋行きの時間に合わせば、殆んどがコンボイ走行で同じ運送会社のトラックが連なって走っている場面も有ったのだが、今は其れも余り見ない。

 其れも24時間、余り変化無い。人の生活もコンビニ同様、昼夜無しの生活になった為だろう。是を便利と言う人間は多いが、自分は決してそうは思わない。この四半世紀で世の中余りに変わりすぎ。

 コンボイ走行、昔はメインの一般国道でも有った。都市間では高速道路の時代にも成ったが、コンボイ走行が楽に出来ない様な車の時代にも成った。良いのか悪いのか。

 コンボイ走行、上りも下りも平坦な場所も、80Km/h一定速度で走ってるトラックが見付かれば、今の時代はめっけもの!。今は是が難しい。

※ スズキスイフト・高速道路を楽に走る(コンボイ走行)
 http://m-jun.seesaa.net/article/301557321.html
※ スズキスイフト・高速道路のコンボイ走行と燃費:
 http://m-jun.seesaa.net/article/304274041.html

★ 今回の旅の詳細:

@ 秋だ!茸に落ち鮎に新蕎麦だ!そして山の宿は亀虫の季節だ(爆)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/378264540.html
A めいほう「ベルグコテージ」と飛騨小坂「平氏ヶ原」の旅(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378370752.html
B 食材調達・美濃「にわか茶屋」・郡上「美並」郡上市街と「明宝」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378373190.html
C めいほう「ベルグコテージ」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378408920.html
D 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378546671.html
E 一宮「ピアゴ妙興寺店」とコメダ珈琲「一宮花池店」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378625061.html
F 名神高速での早朝/深夜のコンボイ走行・名神吹田⇔一宮JCT(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378705735.html
G 郡上・明宝での「美味しいもの」と「本物味鶏ちゃんの作りかた」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378816689.html
H 味噌メーカーの「溜まり」と醤油メーカーの「溜まり」の違い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378841725.html 
I 寒い冬がやってくる亀虫と雪虫の話(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378842101.html
J 旅での美味しいとの出会い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378992848.html 


   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。