掲載:2013年10月05日
20131005-01_s.jpg20131005-02_s.jpg20131005-03_s.jpg20131005-04_s.jpg

 今は丁度秋の新米の季節、米には色々裏が有ると思う自分は、こんな記事が出ても余り驚かない。米の流通にはトレーサビリティーが必要だが、原料から製品、曰く加工品にはにはトレーサビリティーが必要無く、偽装がやり易いらしい。

 多くの加工品、法律には触れないが偽装まがいな事、表示が必要無い事、など消費者には判らない事が未だ一杯ある。

 今回の最終加工品の販売店は、「イオン(グループ)」「ダイエー(グループ)」「マックスバリュー」「KOHYO」「ザ・ビック」などの674店舗、本州・四国に及ぶ。

 また、[Wikipedia]によれば今回最終製品加工販売元の日本フーズデリカは、、2006年 - 会津産コシヒカリの「高級おにぎり」に別の国産米混入で行政指導を受けている。

 ただ、下記文章中に”中国産米が混入”と有るが、何百トンも何千トンも、其れも長期にわたる物を”混入”とは日本語の使用法として可笑しいと思うのでは自分だけか?。

 このほか、食糧法に違反して、みそや菓子などに使われる加工用米845トンが主食用として販売されていた。こうした偽装米は、イオンのほかに東海や関西地方の小売店にも”””袋詰めの米”””として流通していたとの記載がニュースにあった。

 家で本当の国産米を食べたい人間は、信頼できる農家から直接玄米若しくは精白米を購入、食べるのがやはり一番だろう。米の偽装、何時まで経っても終わらない。

 自分はご飯好き、なので興味でスーパーや米の販売店では価格と米袋内の米粒を良く見るが、お!是はまともそう、美味しそうと思える精白米は大体は判る。ただ、臭いは洩れないので・・・。見ただけで混合米は米粒の揃いで多分皆さんにも判る。

 市販米の米粒の揃いと色艶を見て、値段を見られれば判るが、揃っている物は大体が程よい価格がする。最近に美味しいお米を食べたいと思われれば、郊外の近辺には工場も処理場も無い道の駅で販売される農家直売の紙袋に入ったお米を買われれば、それなりの価格はするが、市販米に比べられない美味しさがある。

※ 因みに、日本産の加工米とは、農家の作るのは品種の取り決めはない。三田・篠山の場合、何を作ってもいいが、政府買取価格が異なるのみ(当然安価で三田ではひのひかり等を栽培)。一般的には作り易い米。でも、今回は日本産とも書いていない。加工米は、外国産米・日本産古米等があり、どんな米か不明(ただ、袋から業者には判るのだろう)。

 そうそう、パックご飯を作る米も多分種別は加工米、なのでこんな事が起こるのだろう。市販精米の袋に混ぜる、考えれば簡単な事である。以前パックご飯のメーカーが加工米を市販米用に横流ししたとの話も有った様な・・・。

 やはり、安価ばかり追いかければ、裏に何か隠されているのはこれ等の事から明らかな様に思う。そう、安価な弁当も。

 ----------
 ----------
 ----------
【以下は関連報道記事詳細】
 ----------
★ イオンが「週刊文春」撤去 「中国猛毒米偽装」との同社批判記事掲載で
 (2013.10.10 13:16)
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131010/biz13101013180010-n1.htm

★ 週刊文春:お知らせ > イオンの本誌販売中止に対するコメント:
 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3227

 記載内容: 販売中止は読者の知る権利、報道の自由を失わしめ、誠に遺憾です。当該記事は事実です。(週刊文春編集部)
 ----------
 ----------
★ <コメ産地偽装>「断れず」取引先証言…卸業者、立場利用か
毎日新聞 10月5日(土)15時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131005-00000037-mai-soci
【安達一正、駒木智一、永野航太】
 ----------
 ----------
★ 三重県庁:お知らせ情報(平成25年10月4日):

株式会社ミタキライス等による米穀の不適正取引に対する措置

 三重県及び農林水産省は、株式会社ミタキライス等の6事業者(三重県域4事業者、広域2事業者)が共同し、米穀の産地・品種等の偽装、用途限定米穀(加工用米)の主食用途として販売、虚偽の取引記録の作成等を行っていたことを確認しました。

 このたび、三重県が三重県域4業者に対し、農林水産省が広域2業者に対し、JAS法第19条の14項第1項の規定に基づく指示、食糧法第7条の3第1項の規定に基づく勧告及び米トレーサビリティ法違反に係る指導をそれぞれ行いました。

1 対象事業者
 株式会社ミタキライス(三重県四日市市広永町1138番地)
 株式会社ジャパンゼネラル(三重県四日市市新正三丁目17番6号)
 稲垣製茶株式会社(三重県四日市市日永五丁目2番21号)
 有限会社榊原商店(三重県四日市市川島町1777番地)

2 本事案の概要
(1)外国産米の偽装
   三瀧商事は、主食用として仕入れた中国産米及びアメリカ産米をジャパンゼネラルを介して伝票操作で国産米と偽装し、
  グループ会社であるミタキライスとともに一般消費者向け及び業務用として販売していました。
(2)加工用米の主食用への転用
   三瀧商事は、加工用米を取り扱う稲垣製茶及び榊原商店から加工用米を購入し、ジャパンゼネラルを介して伝票操作で
  主食用の国産米と偽装し、グループ会社であるミタキライスとともに一般消費者向け及び業務用として販売していました。
(3)国産米の産地偽装
   三瀧商事は、雑多な国産米をジャパンゼネラルを介して伝票操作で産地、産年、品種を改ざん、偽装し、ミタキライス
  とともに一般消費者向け及び業務用として販売していました。

 *本事案において、安全性に問題がある米穀が食用に転用されていたという事実はありません。

3 行政措置
  本事案は、JAS法、食糧法、米トレーサビリティ法の各法令違反となります。
  10月4日、広域事業者である三瀧商事に対しては農林水産省が、県域事業者であるミタキライス、ジャパンゼネラル、稲垣
  製茶、榊原商店に対しては県が、各法令の規定に基づき指示、勧告、指導を行うとともに事業者名の公表を行いました。

4 問い合わせ先

(1)JAS法違反関連
  三重県健康福祉部食品安全課食品表示班
  電話 059−224−2358
  FAX  059−224−2344

(2)食糧法違反関連
  三重県農林水産部農産園芸課農業振興班
  電話 059−224−2547
  FAX  059−224−2558

(3)米トレーサビリティ法違反関連
  三重県農林水産部農産物安全課食の安全・安心班
  電話 059−224−3154
  FAX  059−223−1120
 ---
関連資料
※ 関係資料(PDF(947KB)):(内容詳細):
 http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/201310008520.pdf

※ 米穀の販売業者等である広域2業者(注1)とは:(農林水産省HPより):
注1:
(ア)三瀧商事株式会社(三重県四日市市広永町1137番地。以下「三瀧商事」という。)、
(イ)全国穀類工業協同組合(東京都台東区松が谷四丁目11番3号。以下「全国穀類本部」という。)
 及び同組合三重県支部(三重県四日市市広永町1137番地。以下「全国穀類三重県支部」という。)

※ 農林水産省/三瀧商事株式会社等による米穀の不適正取引に対する措置について:
 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/131004.html
<農林水産省/プレスリリース・添付資料>
別紙1 三瀧商事の行為及び措置内容(PDF:95KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-01.pdf
別紙2 全国穀類本部の行為及び措置内容(PDF:78KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-02.pdf
参考1 米穀の不適正取引の流れ(PDF:244KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-03.pdf
参考2 参照条文(PDF:188KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-04.pdf
参考3 三瀧商事の概要(PDF:80KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-05.pdf
参考4 全国穀類本部の概要(PDF:97KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/131004-06.pdf

 ----------
★ 産地偽装米で差益1.2億円以上 三重の卸会社 (2013年10月4日)
http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY201310040409.html?ref=yahoo
 ----------
 ----------
★ 加工米を主食用と偽装、発表の「5倍以上」に混入  (MBSニュース)
 ----------
★ 三重の業者、中国米を国産と偽装 イオンなど弁当に使用
  朝日新聞デジタル 9月30日(月)15時50分配信
http://www.asahi.com/national/update/0930/NGY201309300010.html?ref=yahoo
 ----------
平成25年9月25日
(株)日本デリカフレッシュ
(株)日本フーズデリカ

お客様へのお詫び

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社が三瀧商事株式会社(三重県四日市市)から仕入れて使用しておりました国産指定米に平成24年12月1日から平成25年9月3日の間、中国産米が混入した精米を納入していた旨、同社から申し出がありました。

直ちに、当該米の使用状況について、弊社の各工場を調査したところ、下記4工場から主に中部、関西地区に出荷していた弁当、おにぎりに使用していたことが判明しました。

お客様にご迷惑とご心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。

使用された中国産米は、農林水産省によって義務付けられた検査で安全性項目を満たし、主食用として輸入されたものですが、三瀧商事株式会社からの申し出を受け、直ちに、弊社は同社からの全ての米の仕入れを中止しました。

弊社と致しましては、産地に関する不正を発見できず使用していましたことを重く受け止めるとともに、現在、三瀧商事株式会社に対し、関係者と協議の上、法的な手段を講じることも検討しております。

ご愛顧いただいておりますお客様に、ご迷惑とご心配をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。

今後は、管理体制を強化し、再発防止に万全を尽くしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



当該米仕入れ量: 約825t(平成24年12月1日〜平成25年9月3日)
使用品目: おにぎり、お弁当類
出荷先: イオングループ様
: その他
該当工場:(株)日本デリカフレッシュ 名古屋工場
大阪工場

:(株)日本フーズデリカ 名古屋東工場
関西工場

以上

お問い合わせ先デリカ本部お客様相談担当
TEL 052−861−3750
(受付時間: 土曜、日曜、祝日を除く 平日午前9時より午後5時まで。
但し、9月28日、29日は受付致します)
 ----------
 ----------
日本フーズデリカ不祥事[Wikipedia]

株式会社日本フーズデリカ(にほんフーズデリカ、Nihon Foods Delica)は、愛知県名古屋市に本社を置く(フジパングループ本社)のグループ会社である。主にサークルKサンクス向けの商品の製造、販売を行う。

★ 2006年 - 会津産コシヒカリの「高級おにぎり」に別の国産米混入で行政指導

会津産コシヒカリ100%表示した「高級おにぎり」の一部に、別の国産米を混ぜて製造、販売したとして、農林水産省は2006年10月6日、日本フーズデリカ(本社・名古屋市)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、不適正表示の改善や再発防止などを指示した。

中国四国農政局によると、同社は昨年3月以降、東四国工場(香川県三木町)で、会津産か富山産のコシヒカリ以外に、「ひとめぼれ」など商品表示にない銘柄を混ぜたおにぎりを製造し販売。月約2万個を生産しているが、同年6月1日〜8月10日の間で約3割が不適正な商品だった。

※ 日本フーズデリカ - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%AB
 ----------
 ----------
三瀧商事(株)

創業 明治10年
設立 昭和45年8月
資本金 7,000万円
代表者 代表取締役 服部洋子
従業員数 80名
事業内容 米穀の集荷および搗精販売
原材料米穀(もち米)の
搗精販売および委託搗精
雑穀の販売米穀粉の製造販売
製菓製パン用原材料一式の販売
本社・工場 〒512−8061
三重県四日市市広永町1137番地
TEL:059-364-5111
FAX:059-364-5110
取引銀行 百五銀行富田支店
三菱東京UFJ銀行四日市中央支店

●県知事許可米穀卸売業
●中部雑穀商業協同組合組合員
●全国米穀工業協同組合組合員
●三重県米菓子業協同組合指定工場
●全国穀類工業協同組合三重県支部長
●三重県菓子工業協同組合指定工場

(株)ミタキライス
設立 昭和47年
資本金 4,500万円
代表者 代表取締役 服部洋子
従業員数 35名
事業内容 主食用の精米・販売その他もち米、
食料品の販売
本社・工場 〒512−8061
三重県四日市市広永町1138番地
TEL:059-364-5116
FAX:059-364-5110
取引銀行 百五銀行富田支店
三菱東京UFJ銀行四日市中央支店

●県知事許可米穀小売業
 ----------
※ 三瀧商事株式会社:
 http://www.mitaki.co.jp/
※ 全国穀類工業協同組合:
 http://www.komeko.net/
 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。