掲載:2013年09月27日
 誰もが不思議に思うこの大豆の形状変化、以下に答えが有りました。

★ リンク切れに成った場合、今中鏡子さんのHPから「大豆は乾燥すると丸くなるのはなぜ?」をお探し下さい。

※ 今中鏡子さんのHP:
 http://www1.odn.ne.jp/ki1938/
※ 豆類澱粉の科学(ダイズ,うずら,その他):
 http://www1.odn.ne.jp/ki1938/daizu/daizu.pdf
※ 大豆は乾燥すると丸くなるのはなぜ?:
 http://www1.odn.ne.jp/ki1938/daizu/daizu.pdf

★ 今中鏡子さんのHPにはこんなのも有ります。
※ 炊飯の科学:
 http://www1.odn.ne.jp/ki1938/Kome/suihanNEW2017.pdf

★ 相手先リンク変更のため、修正(2019年11月)

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2013年09月27日
20130927-01_s.jpg20130927-02_s.jpg 小生の現状、ネットPCは友人の所から来た(貰った)LAVIEのXpパソコン、Windows7への対応は、是も友人の所から昨年初めに来たFMV-BIBLO NF/G50が有る。

 しかし現在、小生の知り合いにはXpからWindows7・8へ変更のため安価な量販店PCを購入し失敗したと言う事が起こっている。ならどう考えるの?との質問が有った。この参考はマウスコンピューターに有りました。

 要は、目的に合わせ必要なCPUを搭載した機種を選択しないと、遅い!と感じるとかCPUの駆動率が100%に成り作業が進まない事に成ります。

※ マウスコンピューター:
 http://www.mouse-jp.co.jp/

  マウスコンピューター/カスタマイズ/CPU/ヒント/

 に以下の様に有ります。是が一番判り易く、素人のPCのCPU選択の参考に成ります。ただ、幾らのi3・5・7と言っても、其々の型番に最高周波数の違いが有ります。購入にはこの点を考慮して購入しないと下手する可能性が・・・(爆)。早い!と感じるのは一般的には最高周波数2.5GHz以上との考えも有る。バッテリー駆動時間(寿命)が長い物は最高周波数も低いものが有るが、当然と言えば当然。

 量販店の10万円以下のPCのCPUの多くはCeleronRプロセッサー、用途はネットページ閲覧やメール、事務作業程度。写真やビデオ編集を目的とすれば、インテルi5以上の高メモリ容量・高速PCが必要という事でもある。

 不要ソフトは要らない、自分の用途に合ったPCを自由に選択出来る、安価な点から、友人の多くは今までの大手メーカー製PCから、今回はBTOメーカー製PCを選択している。

★ 【CPU】

 CPUはパソコンの頭脳。クロック数(2.4GHz、2500+などの数値)やコア数、スレッド数の高いCPUを選ぶことによって、パソコンは何倍もの能力を発揮することができます。

 CPUタイプ・特徴・こんな方にオススメ は、

@ インテルR CeleronRプロセッサー;

安価なCPU。処理能力は Core®2 Duoの方が高い。 最低限のスペックで価格を抑えたい方。インターネットのページ閲覧やメールなどを行なう方

A インテルR Core® i3 プロセッサー:

1つのCPUにコアが2つ入ったCPU。HT(Hyper Threading機能)対応CPUで最大4スレッドまで処理が可能。 インターネットや動画視聴、音楽の取り込みなど軽い処理を複数立ち上げて行いたい方。

B インテルR Core® i5 プロセッサー:

1つのCPUにコアが4つ入ったCPU。ターボブースト機能を搭載し負荷の掛かる作業時にはクロック数を上げて高速に処理をします。 高解像度動画の鑑賞や写真編集などを行いたい方。

C インテルR Core® i7-3770〜 プロセッサー:

1つのCPUにコアが4つ入ったCPU。HT(Hyper Threading機能)対応CPUで最大8スレッドまで処理が可能。ターボブースト機能も搭載。 画像編集/DTP処理、映像編集/H.264などへのエンコード作業、音楽編集/ミキシング・エンコード作業などにパフォーマンスを発揮。ゲームユーザーや手軽なワークスレーションを求めるコアユーザーの方へ。

D インテルR Core® i7-3820〜3930K プロセッサー:

1つのCPUにコアが4つまたは6つ入ったCPU。HT(Hyper Threading機能)対応CPUで最大8または12スレッドまで処理が可能。ターボブースト機能も搭載。 画像編集/DTP処理、映像編集/H.264などへのエンコード作業、音楽編集/ミキシング・エンコード作業などにパフォーマンスを発揮。ゲームユーザーや手軽なワークスレーションを求めるコアユーザーの方へ。

E AMD デュアルコア A4-XXXX APU プロセッサ:

1つのCPUにコアが2つ入ったCPU。 より高いコストパフォーマンスでデュアルコアを体験したい方へ。

F AMD クアッドコア A8-XXXX APU プロセッサ:

1つのCPUにコアが4つ入ったCPU。 複数のソフトを同時に使うことが多い方、より控えめなご予算で、クアッドコア搭載PCをお求めの方。

【インテルR Core® i7 Kシリーズについて】

* Core i7 K シリーズは、ターボブースト時の倍率設定が固定されていません。
* そのため一部オーバークロックツールやBIOS設定の変更により、ターボブースト時に標準倍率を超える設定(動作)が可能ですが、それらの設定変更を行った場合 動作保証 の対象外となります。
  ----------
※ パソコン工房(BTO):
 http://www.pc-koubou.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。