掲載:2013年09月21日
20130921-02_s.jpg20130921-03_s.jpg★ 新穂高「サンセットロープウェイ」:

・ 期間 : 2013年10月12日(土)〜11月24日(日)
・ その他 : 10月12日(土)〜11月04日(月・祝)は30分の延長運転

※ 新穂高ロープウェイ:
 http://www.okuhi.jp/Rop/FRTop.html
※ 2013年サンセットロープウェイ詳細:(PDF):
 2013年 秋のイベント開催資料詳細(9月1日〜)
 http://www.okuhi.jp/Rop/news/pdf/2013_autumn_event.pdf

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2013年09月21日
20130921-01_s.jpg いりこは、魚の種類や大きさなどによって、さまざまな分類がなされます。 ここでは、かたくちいわしを原料とするいりこについて、大きさごとの分類と特徴の紹介。

 産地は、長崎県が日本最大の生産地で有名。香川県伊吹島産など瀬戸内海で漁獲したカタクチイワシを加工したものが魚場と加工地が近く、日本一の”にぼし”として有名。

@ ちりめん(体長2.5cm以下) : 6月中旬〜7月中旬・9月中旬
A かえり(体長2.5cm〜4cm) : 7月上旬〜中旬・9月中旬前後
B 小羽(体長4.5cm〜5.5cm程度) : 7月中旬〜8月上旬
C 中羽(体長6cm〜8cm程度) : 7月下旬〜9月上旬
D 大羽(8cm〜11cm程度) : 6月上旬〜下旬

※ 上記は香川県伊吹島の概要

 ちりめん大きさが2.5cm以下のものを「ちりめん」といいます。そのまま食べたり、佃煮や珍味など、さまざまな料理の具材として使われます。

 カエリ2.5cm〜4cm程度のものを「カエリ」といいます。ちりめんの代用としても用いられ、そのまま食べるほか煮物や煮干しの原料として使用されます。

 中羽6cm〜8cm程度のものを「中羽」といい、汁物のだしを取るのに最適で、小羽よりも濃いめのだしが取れます。

 大羽8cm〜11cm程度のものを「大羽」と呼び、魚の濃いだしが取れるので、だしとしては、うどんや煮物などに多く使われます。


※ 煮干し - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%AE%E5%B9%B2%E3%81%97
※ いりこ百科事典 | いりこの贈り物:
 http://www.kujyukushima.com/index.html
※ 煮干しいりこの全て:
 http://www2.saganet.ne.jp/ykjprnnr/syurui.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。