掲載:2013年05月11日
20130511-01_s.jpg20130511-02_s.jpg20130511-03_s.jpg

 チキンラーメン、日本で一番最初に出来たインスタント袋麺で今でも一番売れてるラーメンに属する程売れているラーメンである。

 そんな袋麺に対し一番売れてるカップ麺はカップヌードル、是は湯を入れるだけで食べられる(出汁・かやくを入れる必要が無い。)というのがその理由、確かに美味しいインスタント麺でもある。

 そんなチキンラーメンでもカップ麺と言う物が次々に新製品が出されるが、多くは湯を入れるだけで食べられるカップ麺でも、定着の兆しは無く、新製品の発売時期に合わせ販売店での拡販の特売がある。

 そんな今回、カップ麺としては安価なので買った物は「チキンラーメンビッグカップ(鶏つくね+太ネギ)」、100円で手に入れた。麺の量は袋麺と変わらないので超お徳と言う物でも無い。具が美味しく無ければ取り出せばいいと思って買った。

 チキンラーメン、本当に余り手を掛けても美味しいラーメンで無い。そのままが一番美味しいラーメンでもある。今まで誰もが入れている物が、刻みネギと生玉子、是以外の具は入れても余り美味しく頂けない。

 今回の具は、鶏つくね+太ネギと記載があるが、詳細には、味付鶏肉、味付卵、ねぎ、魚肉練り製品、レッドベルペパーとある。ネギと味付卵は判らぬでも無いが、味付鶏肉がいいほうに働くか、悪いほうに働くかの問題で有った。

20130511-04_s.jpg 早速作って食べてみた。小生の感覚では、味付鶏肉がやはり悪い方に作用していた。味付けの生姜の香り味もきつい。其処で2回目、この味付鶏肉を除いて作ってみた。是は美味しい。やはり、チキンラーメンの具には、ネギと卵だけが合う。

 メーカーHPには以下の様に有る。
 ----------
★「チキンラーメンビッグカップ(鶏つくね+太ネギ)」

チキンラーメンと相性ぴったりの具材、鶏つくねと香ばしい下仁田系ネギが入ったチキンラーメン。ネギの香ばしさとうまみが、風味をより一層引き立てます。発売2013年03月。
 ----------

※ 日清食品:
 http://www.nissinfoods.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2013年05月10日
20130510-01_s.jpg20130510-02_s.jpg 奈良県吉野と言えば春の桜・秋の紅葉が有名だが、その真ん中に位置する総本山・金峯山寺、そのお寺で秘仏とされ一般には公開されない「秘仏・金剛蔵王大権現」が現在公開されている。この「仁王門大修理勧進・春の秘仏本尊特別ご開帳」は3/30〜6/9まで、未だ間に合います。

 小さな子供さんには、戒めの仏として、結構効くかも知れない(爆)。思い出作りにも充分。そう、楽しいかった事は直ぐに忘れる子供だが、怖かった経験は中々忘れずに残る。

 人間は、楽しきことばかりでは無く、怖き事も体験しなくてはいけない。体験には、喜び・悲しみ・恐れ・・・色々な体験が人間には必要である。秘仏・蔵王権現、小さなお子さんには丁度いいかも知れない。

 ----------
 蔵王権現(ざおうごんげん)は、日本仏教における信仰対象の1つ。インドに起源を持たない日本独自の仏で、奈良県吉野町の金峯山寺本堂(蔵王堂)の本尊として知られる。権現とは「権(かり)の姿で現れた神仏」の意。

 縁起 [編集]蔵王権現は、役小角(えんのおづぬ、7世紀頃の山岳修験行者)が、吉野の金峯山で修業中に示現したという伝承がある。釈迦如来、千手観音、弥勒菩薩の三尊の合体したものとされ、今でも吉野山の蔵王堂には互いにほとんど同じ姿をした3体の蔵王権現像が並んで本尊として祀られている。

・ 総本山 金峯山寺
・ 〒639-3115   奈良県吉野郡吉野町吉野山
・ TEL: 0746−32−8371
 ----------

※ 金峯山修験本宗 総本山金峯山寺 kinpusen-ji:
 http://www.kinpusen.or.jp/
※ 蔵王権現 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%B5%E7%8E%8B%E6%A8%A9%E7%8F%BE
※ JR東海 | うまし うるわし 奈良 | キャンペーン | 金峯山寺篇:
 http://nara.jr-central.co.jp/campaign/adgallery/kimpsenji/index.html

   (*ーmー*) 合掌
掲載:2013年05月09日
20130509-01_s.jpg20130509-02_s.jpg20130509-03_s.jpg20130509-04_s.jpg

 2013年05月06日(月):「nous pervers vol.2」:澁澤メルモ(Vo)・中川由美子(P)大塚恵(B)・塩入基弘(D) :JKcafe:PM7〜を聞いて来ました。

20130509-05_s.jpg20130509-06_s.jpg20130509-07_s.jpg

 当日は連休最終日、充分間に合うだろうと思ったのだが、到着は7時半を過ぎた頃、JKに入れば未だ開始前だった。驚いたのは塩入さんが叉も白塗りだった事。

20130509-08_s.jpg20130509-09_s.jpg20130509-10_s.jpg20130509-11_s.jpg

 しかし、演奏は極普通のスタンダードに特化、ギャップが異変(爆)。

20130509-12_s.jpg20130509-13_s.jpg20130509-14_s.jpg

 先日、ミニスカートを手に入れたための急遽な変更と言う。ちと、おねーに嵌った様子。他の皆さんの服装も結構変わった物と成っていたが、演奏が普通なのには驚いた。

20130509-15_s.jpg20130509-16_s.jpg20130509-17_s.jpg20130509-18_s.jpg

 演奏は其々に特徴を持たれる方々だが、年齢差を物ともせず、綺麗なまとまりを見せた。

20130509-19_s.jpg20130509-20_s.jpg20130509-21_s.jpg

 多少、衣装に合わせた演奏も期待したが、其れは是からの期待だとか、どの様に変化するか期待。

20130509-22_s.jpg20130509-23_s.jpg20130509-24_s.jpg20130509-25_s.jpg

20130509-26_s.jpg20130509-27_s.jpg20130509-28_s.jpg

20130509-29_s.jpg20130509-30_s.jpg ただ、演奏後の撮影会には、皆さん服装に充分なパフォーマンスを見せた(爆)。今回のバージョン、どうなんだろう?。何れ、皆さんの全体評価も聞かれる事だろうと思う。

20130509-31_s.jpg20130509-32_s.jpg20130509-33_s.jpg

 「おしゃんぴートリオ」が終了して久しく新しい塩入さんのバンド「nous pervers」、本当に是からの変化を期待したい。
20130509-34_s.jpg20130509-35_s.jpg20130509-36_s.jpg

※ 澁澤メルモ(Vo)さんブログ:
 http://ameblo.jp/yamiyonoshironeko/
※ 大塚恵(B)さんブログ:
 http://tukamegoz.blog.fc2.com/
※ 塩入基弘(D)さんブログ:
 http://motorhero.exblog.jp/
※ 高槻JKcafe:
 http://jkcafe.jks-group.info/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年05月08日
20130508-01_s.jpg 先日、傷がようやく治りました。この写真の足の傷、実はカップ焼きそばの蓋で切ったのです。傷が深く直るのに1が月ほど掛かりました。

 カップ焼きそばの蓋、湯を入れるのに蓋を90°ほどに折り曲げ湯を入れる必要が有ります。そして、3分、湯切りする場所は、其処の一部分を取ってしまいます。

 そして、そのアルミ蓋を取ってしまいます。でも、是も強度があり、結構居り曲がった形状そのままに成り、是をゴミ箱に捨てる事に成りますが、昨今は分別の必要から分別の指定ゴミ袋に入れて置いておくことと成ります。

 このゴミ袋、端を踏んで可笑しいなと思ったら、足がぱっくり切れて居りました。そう、あのカップ焼きそばのアルミ蓋、結構分厚く、折り曲げ部分が立っていれば危険なのです。小生、家の中では冬でもはだし、こんな人間にカップ焼きそばの蓋は本当に危険、色々な場面でご注意下さい。

 本当に、「まさか!」と言う事が起こります。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2013年05月07日
20130507-01_s.jpg20130507-02_s.jpg 先日、「天中華が流行りらしいが逆もまた真成りか・・・(爆)」の記事で「絶妙な玉子とじうどん」を探したが、残念な事にそれに近い物は今回も発見出来なかった。

 しかし、もう一度食べたい。そんな事で再度の試作を試みた。今回も失敗、失敗した物は食べなければ成らない。

 以前からのテストで、出汁は殆んど判っている。鰹ぶし・鯖節等の混合品。是で結構似た出汁に成る。此処に、塩・醤油・酒程度、実験の結果の味からして、味醂・砂糖傾向は入っていなかったと思われる。

 玉子が上手く固まらなかっても、結構同様な味はする。後は、玉子の固まり具合と玉子の味のみ。この玉子の味の表現が何とも難しい。そう、出汁にときたまごの味では無いし、茶碗蒸しの味でも無い。かといって、出し巻きの玉子の味でも無い。

 うーん、上手く作って食べてみたい!。後は玉子の固まり具合だけと言うのに是が中々難しい。

※ 天中華が流行りらしいが逆もまた真成りか・・・(爆):
 http://m-jun.seesaa.net/article/358830612.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年05月06日
20130506-01_s.jpg
※ イタリア 空港盗難で係員ら29人逮捕 NHKニュース:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130504/k10014365501000.html

イタリア 空港盗難で係員ら29人逮捕
5月4日 22時38分 K10043655011_1305042300_1305042304.mp4
イタリア各地の空港で、航空会社に預けた荷物から貴重品が盗まれる事件が後を絶たないため、警察が旅客機の貨物室に監視カメラを仕掛けたところ、係員がスーツケースをこじあけて中身を抜き取る瞬間が相次いで捉えられ、これまでに29人が逮捕されました。

イタリアの警察は、3日、旅客機の貨物室に仕掛けた監視カメラの映像を公開しました。
映像には、荷物の出し入れをする係員が、ナイフのようなものなどを使ってスーツケースをこじあけたり、抜き取った現金をポケットに入れたりする瞬間や、荷物を激しくたたきつけて壊そうとしている様子などが映っています。
警察が監視カメラを使ったのは、イタリア各地の空港で、航空会社に預けられた荷物から現金やカメラなどの貴重品が盗まれる事件が後を絶たないためで、1年以上にわたって捜査を進めてきました。ローマやミラノ、ナポリなどの空港で撮影された、2000時間以上に及ぶこうした映像が決め手となって、これまでにアリタリア航空の係員ら29人が窃盗の疑いで逮捕されました。
警察は、さらに50人以上の取り調べを進めているということで、逮捕者は増えることも予想され、こうした行為が横行してきた実態が浮かび上がっています。

 出典朝日新聞デジタル:ローマ空港、消える預け荷 アリタリア社員49人逮捕 - 国際

▼ほかの空港でも逮捕者が!

 国内のほかの7空港でも、ほかの手荷物扱い業者の社員37人が逮捕された。

--------------------
★ 本日昼のTVニュースでの逮捕者は増えてた・・・。

※ ツヨシのイタリア生活日記ブログ:
 動画あり:イタリアの空港で荷物が消える、86名の空港関係者が逮捕:
 http://blog.belgiappone.com/article/358732069.html

★ この方のブログコメントにこう有ります。是がイタリア在住の方の意見と実情です。
 ----------
>
僕も今回のニュースで同様の犯罪が減ることを望んでいます。ただ彼らイタリア人の考え方は「自分の身は自分で守る」というのがベースにあるので、そこまでショッキングなニュースにはなっていないかも知れません。「やっぱりな」とか「僕も今度から気をつけよう」とかそんな反応が多そうに思います。僕達もまずは最善策で守ることが大切なんだと思います。残念ですがそれが現実的でしょうね。。。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2013年05月05日 03:44
 ----------
※ アリタリア航空荷物盗難事件。被害の傾向と対策:
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/masakazuhonda/20130505-00024751/
※ 航空 ストライキ&出発遅延&手荷物紛失 体験記 :
 http://manager-rd.blogspot.jp/2009/04/blog-post_27.html

★ 上のリンク(是非お読み下さい・・・)にも有る様に、保障も多くは有りません。旅行には、別途、必ず保険を掛ける必要が有ります。日本人の感覚は、日本だけで通用するものと理解、イタリア人の感覚は所詮この程度です。
--------------------

 このニュースを見て、小生もイタリアに滞在した友人も誰も驚かない。そう、そんな国との認識しかない。そして、良きも悪しきも、大日本帝国海軍軍人、井上成美の言葉を思い出した。

「イタリアは、外見は立派でも頼むに足りない。」

 今も昔も変わらないとの認識のみで何も変わらない。

※ 井上成美 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E6%88%90%E7%BE%8E

 この人を思い出せば、この人と言葉も思い出す。この電文を知らねば、賢い日本人で無い。昨今の政府は、この事を思った人間は誰も居ない。昨今の国民栄誉賞も、貰われた方は立派で有りその方には悪いが、その時の政府・政党の人気取りとしか見え無く思えない。政府が決める事は、力を尽くす事は他に一杯ある。

※  大田 実 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%AE%9F

 日本人は、本当の意味で多くの先人賢者の言葉と生き方を学ばねば成らない。

 よき事、良き教え、良き言葉は、多く歴史の中にうずもれている。其れが今は容易にこのネットと言うツールで知る事が出来る。多くを読めば、片寄り無く真実が見えて来る。電車の中で、大人も子供もネットゲームをしている場合では無い。

 そう、今まで生きて来た過程で小生の意見にも偏りがある。真実を見極めるためには、あなた自身、多くの情報を得て、また貴方自身の真実を知り・得る必要がある。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2013年05月05日
20130505-01_s.jpg20130505-02_s.jpg20130505-03_s.jpg

 普通にうどんと普通にラーメン、普通の物でもインスタントの物でも何れも皆さん嫌いな方が居られない様に良く食べられている。そして曰く蒸し麺を使った中華そば、先日高槻一発屋に来られていた若い方に聞けば、学食のラーメンは醤油味の蒸し麺だったと言う。

 未だ食堂のラーメンとしては存在するこの中華そばでは有るが、小生は懐かしくて時々食べるし、家でも作る。味は当然醤油味、シンプルで本当に懐かしい味がする。小生の時代も学食はこの中華そばだった。

 そうこの時代、ラーメン店は何処にも無かった。有ったのは、暖簾に「中華そば」と書いた中華屋さん。ただ、この時代、うどん専門店は多くは無く、日本蕎麦の専門店も多くは無かったが、存在した。そう、阪急石橋、「権八」さんも手打ちそばとしては相当に古い。

 当時、阪急・石橋の商店街には「絶妙の玉子とじうどん」と言う物が有った。未だこの「玉子とじうどん」に変わる「玉子とじうどん」を何処でも食べた事が無い。「玉子とじうどん」と称し出て来るのは「玉子固まりうどん」、うどんが卵で綴じられていない、卵の固まりの入ったうどんが出て来る。

 因みに、材料は出汁とうどんと卵、ネギに薄揚げ、葛とか片栗は使われていない。本当に今となっては職人芸。この店が閉店して一度だけ「それなら出来ますよ!作って見ましょうか?」と日本料理人に作って貰い食べた事がある。

 自分でも実験してみたが、失敗した卵とじを1日何個も食べられないのでこの実験の継続はやめた(爆)。でも、本物の日本料理人には、慣れれば簡単なものらしい。

 考えれば、鍋に出汁を入れ、うどん玉を入れ、卵を混ぜ入れるだけの物なのだが・・・。卵が絶妙にうどん玉を綴じている。

 是が出来る店が今は何処にも無い。有れば再度食べたい!。是非こんな店が有ればお教え下さい!。是が出来てこそ本当のうどん屋さんと思う。

 そんな懐かしい話しが一杯浮かぶ麺類なのだが、昨今の「食堂」に出て来る殆んどが即席、麺も冷凍・出汁も濃縮だしの薄めたものか出汁醤油。確かに専門店で無い街の食堂のメニュ数からすれば、この時代無理ないのかも知れない。

20130505-04_s.jpg20130505-05_s.jpg こんな時代だからこそか、昭和復古か知らないが、昨今の流行は「天中華」と言う話題を先日書いた。そう、懐かしい淡白な味だし、本当に美味しい。誰もが素直に食べられる物と思う。

 この話を友人としていると、この反対はどうなんだろうと言う話しに成った。出来る事は何でも実験してみる小生、良くやるインスタント麺とヒガシマルのうどんスープ、天婦羅が無いので揚げ玉を使用して作った「天中華」、残っていた「さっぽろ一番塩ラーメン」の出汁にうどん玉と揚げ玉を入れてみた。

 食べられない物では無いが、うどんに出汁が全然絡まず、全然美味しくない。一回の結果だが、中華蒸し麺にうどん出汁、曰く「昔の食堂の中華そば」は美味しいが、「うどんに中華そば出汁」は美味しくないという結果。中華の醤油出汁なら美味しいのかも知れ無いが、追試の魅力は小生には無い(爆)。

 そう、是と同様に、「カレーうどん」は如何に作っても美味しいが、是に勝る「カレーラーメン」はかなりの試作の結果出来ないと思っている小生、今回の物を食べていて思ったが、1つのアイデアを思いついた。1度実験してみよう!。

 カレーラーメン、普通の物はどう誰が作っても出来る。でも、カレーうどんも小生は未だ成功していないが、味はカレーうどんに勝てない。

 日清のカレーヌードル、本当に美味しいものだが、この麺を揚げたカレー出汁にラーメンの生麺を入れて食べられれば判る。普通のカレーラーメンに成り下がる。この日清のカップヌードル類はあの麺と食感があってこその「○○ヌードル」なのです。

 そうそう、この「さっぽろ一番塩ラーメン」、ピアニスト・あかぎしほさんの一番の好物のインスタント麺らしい。良く話しに出て来ます。ライブ差し入れにいいかも!(爆)。

----------
★ この記事で。絶妙の玉子とじうどんの事を書いたら、無性に食べたくなって、以前も検索した事が有るが、今回も「玉子とじうどんの美味しい店」で検索してみた!。でも、無いですね(爆)。

※ こまどりうどん 那珂川店〜トロトロ玉子とじうどん :
 http://ameblo.jp/hannmekunn/entry-11305289153.html

 惜しいです。近いです。でも、この写真を見る限り、卵と麺は分離しています。

※ 柳川うどん店@香川県観音寺市の『卵とじうどん』は飲んでたべろ!:
 http://tabewan.blog53.fc2.com/blog-entry-51.html

 惜しいです。近いですが玉子自体が分離。でも、此処にも記載有る様に、是は雑炊ですね。

※ 天とじ(卵とじうどん):
 http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26000919/dtlrvwlst/4029843/

 是も普通。

※ さすがのプリプリうどんです :
 http://tabelog.com/tokyo/A1328/A132803/13016218/dtlrvwlst/1598742/
.
  近い!と思い文章を読んで見ると、どうも「あんかけ」の様です。探しているのは出汁と卵のみ。

※ 森ノ宮 「ぺこぺこ」のカレー玉子とじうどん:
 http://blog.goo.ne.jp/mametan802/e/e6a8d2000ea7e3c1cf70b3959863c524

 どうも、あんかけの様で、小生の思う物とは別物です。

※ ♪☆肉玉子とじうどん☆♪ :
 http://blogs.yahoo.co.jp/bobjones02jp/24051497.html

 写真が小さくわかりませんが、麺をあげたところの写真では、麺のみと卵の絡みが無いような・・・。

※ 源兵衛2@伊勢崎 卵とじうどん:
 http://yaplog.jp/sakuramou3sai/archive/2846

 うーん、卵うどんに見えます。

※ 「松屋」の卵とじうどん☆〜埼玉県桶川市〜:
 http://persiandiary.blog106.fc2.com/blog-entry-778.html

 うーん、普通に違う。

※ 武蔵関 「にはち」 (番外)玉子とじうどん:
 http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/blog-entry-2152.html

 一般的な卵が固まってるものです。

※ 讃岐嫋々手打うどん ばっちこい。
 http://www.e-komachi.com/web/gourmet/detail.asp?tnid=31785

 一般的な卵が固まってるものです。

※ 激旨! 玉子とじうどん!! 麺処専門店 戎家@針中野:
 http://d.hatena.ne.jp/green4911mh/20120110/p1

 一般的な卵が固まってるものです。

※ 王さんの卵とじうどん、うまいでぇ〜:
 http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27027662/dtlrvwlst/2679938/

 どうも中華であんかけの様です。

※ 玉子とじのおうどん」
 http://udon.qurlab.com/shop/marunouchi-udon/menu/cate10/det5b1zb.html

 普通の良くある玉子とじうどんです。

※ 玉子とじうどん:
 http://plues.ashita-sanuki.jp/e457571.html

 普通の良くある玉子とじうどんです。

※ ランチタイムのみ営業のうどん店:
 http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260304/26019337/dtlrvwlst/3733145/

 写真が飛んで良く判りませんが、普通の良くある玉子とじうどんの様です。

※ 大正庵の卵とじうどん(大正庵本店) :
 http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28007748/dtlrvwlst/3570157/

 写真的には近いです。あんかけで無くば、卵を増量すればもっと近いのかも知れません。ただ、この写真で卵は白身と黄身の分離の様に見えます。でも、同じページの'13/04/11 ('13/02 訪問) 情報に、名前はかわらず、お店が変わってた(*_*)とあり、どうも元からの店は閉店した様だ。残念。
 http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28007748/dtlrvwlst/5110212/

※ 京都市左京区 うどん「山元麺蔵」でお食事しましたよ。:
 http://kimamanihiguhei.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

 是も良くあるものですー。

※ たまはち日記 うどん:
 http://tabehachi.blog24.fc2.com/blog-category-31.html

 残念なことに玉子とじうどんの写真が有りません。

※ しょうゆうどんもいいけれど、玉子とじうどんも美味しい!:
 http://u.tabelog.com/000681568/r/rvwdtl/3389215/

 極普通の様相です。

※ 気配りのもてなしも、渾身のうどんも、無二の出会い!:
 http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26002504/dtlrvwlst/3306522/

 残念な事に、玉子が普通にうどんの上で固まってます。

※ からだが喜ぶ美味しい出汁ともちもちうどん :
 http://tabelog.com/tokyo/A1328/A132803/13016218/dtlrvwlst/2684006/7505792/

 なーんか見てると殆んどの店に絶妙さ・仕事人さが無いなー!。

※ 玉子とじうどん @ 「タカヤナギ商店」:
 http://blog.goo.ne.jp/mennnohosomichi/e/48fcd22646341ee298f5b768e6d002ac

 検索5ページ目、極普通です。

※ 東洋水産 ふわふわのたまごとじうどん  (⌒-⌒) .:
 http://blogs.yahoo.co.jp/c1310m/7804977.html

 そういえば、スーパーで見かけたなー。当然是は買わないが。普通に玉子を入れた方が美味しいのは当たり前。ま、手軽なだけですが、玉子は何時もストックが有ります。

※ 「稲福」(新居浜)でぬくぬく玉子とじうどん〜 ;
 > http://eiai-works.at.webry.info/201212/article_4.html

 うーん、普通です。

★ 上の小生の一言は、当該うどん店の評価でも何でも有りません。「玉子とじうどん」の見た目のみです。

 其れで一番近かった物は、「大正庵本店」のものでしたが、現在は経営者が変わり無いみたいですね。ちと残念。で、一番様相が似てる「こまどりうどん 那珂川店」、でも是は福岡県、距離的に残念です。

 うーん、中々出会えない物です、だから絶妙なんでしょうか・・・。
----------
※ 天中華が流行り!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/357907345.html
※ レシジで作るカレーうどん:
 http://m-jun.seesaa.net/article/254544911.html
※ 残ったカレー(レトルトカレー)でカレーうどんの作り方:
 http://m-jun.seesaa.net/article/139647733.html
※ カレーうどんの必須条件:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816015.html
※ 初めて食べた・寿がきや「名古屋流カレーうどん」(乾麺):
 http://m-jun.seesaa.net/article/321918668.html
※ 名物カレーうどんの「若鯱家」アピタ桑名店に行って来た!(2013年03月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/351575556.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年05月04日
20130504-01_s.jpg20130504-02_s.jpg20130504-03_s.jpg

 小生が市販米の銘柄米を家で炊いて食べると言うのは何年ぶりだろう。多分20年以上に成るかも知れない。

 20年以上前、家のお米が無くなり、友人の近所の喫茶店で知り合った米穀店の方の米を買った。確か白米10Kg/5000円を越える近江米。近江米も確かに美味しい。しかし、入手した米はひと目見て混合米だった。

 それ以降、市販品のお米を食べたのは、丹波篠山「阪本屋」さんのお米しかない。このお米屋さんのお米、小生今までの経験から間違いは無いとするもの。

 以降は、家の昔(親類農家のお米しか食べた事が無い)からの様に、篠山の農家・三田の農家から直接お米を買い、此処10年以上は、自家でもみすり機を保有する農家から玄米で買って自分で精米している。

 自家でもみすり機を持たない農家のお米は、既に近隣地域の混合米と成っている。そう、個別にもみすりはされない。JA供出米と同じ。また、JA供出米で無いとランク付けもされない。小生の表示は、その農家のJA供出評価と同等(同じお米のため)として時々ブログに記載する事がある。

 そんな小生や友人の殆んどが農家から直接お米を買い食べているが、巷の噂のお米を買い食べる友人も居る。以前は魚沼産こしひかりばかり食べていた友人もいたが、魚沼産こしひかりが作りにくいと品種改良された米になって、美味しく無くなり、其れでも「魚沼産こしひかり(裏面には、魚沼産こしひかりBLと表示?)」と表示される(品種は全く別物)せこさから、友人は気分を害し、今は別の銘柄米を食べている人間も居る。

 昔の美味しさの「魚沼産こしひかり」、今は其れを守る農家からの直販米しか入手の方法は無い。ネットで検索を書ければ結構掛かる。

 そんなお米に関しては色々な情報の入る小生だが、以前この銘柄のお米は美味しいと巷で噂が有ると聞いていたお米を今回入手、巷の噂が本当なのか炊いて食べて見た。写真の様相、ルーペで見ても結構なヌカと胚芽部分にもヌカ、なので結構磨いだ。

 確かに炊き上がりは結構綺麗で普通にもちもち感はあるが、幾ら噛んでも雑味は無いが、味も無い・・・。炊き方は何時と同じで米:水が1:1。

 食味特Aと言われる市販銘柄米でもこんな物とか少し残念。時々、市販銘柄米を食べて見るのも面白い。何れにしても何時も食べてるお米がどんな物か再認識出来る。また、日本一美味しいお米と言われる物が毎年変わる様に、自分にとっての美味しいお米は探せばどの地方にもある。

※ 写真の比較、右が何時もの三田米(ただ単に精米度合いの違いみたいな写真(爆)。)一番右は炊き上がり直ぐ。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2013年05月03日
20130503-01_s.jpg20130503-02_s.jpg20130503-03_s.jpg

 朋(とも)あり遠方より来る、亦楽しからずや。

20130503-04_s.jpg20130503-05_s.jpg 2013年05月02日(木):Jam Session:HOST:あかぎしほ(P)・田代泰之(B)さん:JAZZ Cafe「きょん」を友と二人少しだけ聞いた。

 そう、今日友が来た。余り時間は無いが、お茶でも出来ればとの事でメールが来た。其れならば、2人共が演奏を知る・あかぎしほ(P)・田代泰之(B)さんのホストのセッションが「きょん」で有ると言う事で、此処でお茶する事にした。友は、未だまじかで田代泰之さんのベースを聞いた事が無い。丁度いいと此処にした。以前聞いたのはジャズストでの演奏という。

 時間的には小一時間で有ったが、本当に聞けて満足した様だ。帰り来たメールには、

「田代さんの指の動きに目が釘付け、あかぎさんの手の動きや表情も間近に見れ、思わず見とれてしまった。やはり、生の音楽はいい、いい音楽はいい。」と有った。

 そして、小生のブログに登場するミュージシャンの方々、あの写真の方がこの方、あの写真がこの方・・・、ちと、以前の写真と全く印象が異なる方も居られたらしい(爆)。

20130503-06_s.jpg20130503-07_s.jpg20130503-08_s.jpg20130503-09_s.jpg

 小生は、未だ腰痛と背筋の痛み、肩の凝りでホカロンを2つ貼って出かけたが、先日入手した中国製の靴の変な傾きも有って体はガタガタ不安定!(爆)。一応カメラを覗いたが、目の焦点が合わず本日の撮影は断念。

 幾らのオートフォーカスでも、暗く目のピントが合わないと写真撮影が出来ない物と本日始めて知った(爆)。そう、目標も定まらない。

20130503-10_s.jpg20130503-11_s.jpg20130503-12_s.jpg

今日3日、ミュージシャンの皆さんはジャズスト出演でね、いい演奏を!応援しています!!!。

※ あかぎしほ(赤木志穂)さんブログ:
 http://ameblo.jp/pianistshiho/
※ 田代泰之さんブログ:
 http://yasuyukita.exblog.jp/
※ ジャズカフェきょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年05月02日
20130502-01_s.jpg 天中華が流行り!との朝TVでの報道をしていた。

 天中華とは、昔の中華そばに天婦羅が乗った物のこと。うどんの出汁に中華麺(昔の多くは蒸し麺)、其処に天婦羅が乗ったもの。

 そう、先日のイトメン社員がマルタイ棒ラーメンにヒガシマルのうどんスープを使うラーメンに等しい。

 このあっさりした、しかも中華麺に合う味が今の複雑化したラーメンにより新鮮なのかも知れない。小生は昔から是が好き。

 TVでは、ちくわ天と卵天が乗っていた。昔には、ごぼうの天婦羅とか、エビ天、かき揚げなど、ほぼうどんに乗る天婦羅と変わり無い物が乗っていた。

 今ネットで「天中華」と検索しても色々出て来る。

※ 天中華リスト INDEX:
 http://blog.zaq.ne.jp/papua3/article/20/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。