掲載:2013年04月06日
20130406-01_s.jpg20130406-02_s.jpg20130406-03_s.jpg

 今年最初の何時もと同じ旅、飛騨小坂「平氏ヶ原」と下島温泉「仙游館」の旅で途中の道の駅「南飛騨小坂はなもも」で、唐辛子と餅米を買った。

 寒冷地の唐辛子、是は本当に旨い。そう、他の野菜、白菜等と同じ様に寒冷地野菜は寒く成ると澱粉を糖に変える。是は唐辛子とて同じで、寒さを知れば甘い!。

 そんな唐辛子が極寒の中、道の駅・「南飛騨小坂はなもも」に2袋売っていたので思わずその2袋を買った。路地野菜売り場、市販の一味より充分に安価で、予想のとうり本当に甘く美味しかった。香りも普通以上に香る。

 唐辛子、普通の市販品に美味しいとか香るとかの言葉は浮かばないと思うが、寒冷地栽培の唐辛子、本当に甘く自然に香り美味しい。唐辛子が美味しいと考えられないかも知れ無いが、これは本当のこと。

 皆さんも見付けられれば是非1度!。ただ、表示を良く見ること。土産物の唐辛子は生きてはいない。

 そんな唐辛子、角切りして塩もみした大根にかけて食べても美味しいし、先日書いた激辛ラーメンを作っても香り旨い。

※ 飛騨小坂・手打ちそば「平氏ヶ原」と下島温泉「仙游館」の旅(2013年01月・大寒+):
 http://m-jun.seesaa.net/article/316740130.html
※ 道の駅・南飛騨小坂はなもも:
 http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/syousai/gifu/g_17.html

   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。