掲載:2012年08月20日
20120820-01_s.jpg20120820-02_s.jpg ★ このお店は、2013年03月31日をもって閉店との情報 ★ 

 毎土曜日の昼食場所の友人の所には、新聞折込や近辺の店から貰って来たメニュの殆んどが揃っている。昼過ぎに成れば、今日は何にしますかね?と徐にそれらのメニュがテーブルに並ぶ。

 昨今、殆んどの場合は豊中「たべたった」の250円弁当の300円コースなのだが、先日来非常に気に成った広告が有った。何が気に成ったかと言えば、先ずは文字。

「 宅配丼ぶりと薬膳カレーのお店 」宅 すえひろ

 うーん、先ず小生は読みずらかった・・・。

 確かに、丼は「ドン」とは読む。なので「丼ぶり」は「ドンブリ」と読むのだろうが、前に宅配が附いてるので読みずらい、「宅配ドンブリぶり」となる。丼は「ドンブリ」とも読む。パソコンで「ドンブリ」と打てば「丼」しか出て来ない。「かつどん」と打てば「カツ丼」と出る。

20120820-03_s.jpg 皆の本来の興味は丼の写真、全ての具材は丼からはみ出て居る。結構豪勢にも見える。しかし、現代の宅配、丼には蓋をして運んで来なければ成らない。と言う事は、広告が誇大広告なのか、蓋が丼より大きな蓋なのか興味は尽きない(爆)。

 今までの普通のお店の丼なら、瀬戸物丼からはみ出た天婦羅が乗った物が届けられたに違いない。

 そうそう、誇大広告では今年の正月、お節が非常に大きな問題と成ったのは皆の記憶に新しい。

 しかも、小生達の昨今の昼食としては非常に高価。でも、これ等の興味から一度皆で注文してみる事に成った。注文後でも興味は尽きない。

 でも、実物は、多分ぎゅっと押さえ附けられた丼が来るとの予想。

20120820-04_s.jpg20120820-05_s.jpg20120820-06_s.jpg

 結果は、写真の如く予想のとうり(爆)。

 小生の上天丼はご飯を大盛りにしたので、余計にぺったんこ。見るも無残。レンコンは小さく、天婦羅は押され、ご飯は、学生時代の弁当箱の中の弁当の様に固まっていた。此処に海苔があれば完全な「天むす」。

20120820-07_s.jpg20120820-08_s.jpg カツ丼はご飯が普通盛のためにほぼ写真に近い。薬膳カレー、何が薬膳なのかはっきりしないが、小生学生時代の学食カレーの味がした。学生時代の学食では、まかないのおばさんが何時も大きな業務用ルーのブロックに包丁を入れ、細かく刻んで居たのを思い出す味だった。

20120820-09_s.jpg20120820-10_s.jpg カツ丼、どんなのか聞くと、普通です。汁が少ないです。との返答、極上天丼ご飯大盛り・950円、カツ丼・780円、薬膳カツカレー・830円の〆て2560円の豪華興味昼食。

 しかも、この話には落ちがある。其の日の夜に高槻一発屋に行った。高槻一発屋にも店は違うが同様な広告が有った。広告の配置・色調は殆んど同じ。一発屋大将も他の店長とこの広告に同様の興味を持ち、注文したと言う。

20120820-11_s.jpg20120820-12_s.jpg どれが食べて良かったですか?の質問に、ま、「カツ丼」かな?、写真とほぼ同じだし、味も予想のとうりとの返答だった。

 広告として、皆が興味を持つ事には成功していると言えるが、リピートするか否かは内容。広告宣伝写真、本当は色々難しい。

 そうそう、カツ丼、広告には「三つ葉」と有るが、実際は「ネギ」だった。是も現代では、電話注文時に言葉なくば、問題と成り得る事もある。そう、ネギの嫌いな人間は意外に多い。

 暑い日の昼の注文、3つの注文に現代団扇が一つ附いて来た(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事