掲載:2012年06月06日
20120606-01_s.jpg20120606-02_s.jpg 先日の土曜日、三田で農家の方から実山椒を貰って来た。実山椒の軸取りが面倒なので買わなかったのに、貰った物は仕方ない。処理する事にしたが、30センチのボールに山盛り有った。

20120606-03_s.jpg20120606-04_s.jpg 小生、この季節の気候の変化か何かで現在首が痛い。1日3時間ほど軸掃除をして2日でようやく半分。この半分、早速洗って塩漬けにした。この方法が一番綺麗に色を保てる。

 この実山椒の時期は2週間程度、家庭では実が若ければ若いほど美味しい(但し、実が若いものは保存すれば実がしぼむ。)。青い実の状態で、噛んで全てが無くなる状態が良く、何かが残る様なら其れは既に硬い長けた状態。

20120606-05_s.jpg20120606-06_s.jpg 因みに、三田や篠山の路地野菜販売所での価格は、多分、実山椒・軸附き:1パック:150g〜200g:300円程度が相場?。

 この塩漬けの保存方法等は、小生が旧のHPに記載して有るが、此処に転記すれば・・・。

----------
★★★ - 忘れられた記憶 - 実山椒の塩漬けの作り方・方法

2006年6月12日
実山椒の塩漬けの作り方・方法

 閲覧者、ゆきっこさんの質問にお答えします。
山椒の塩漬けと言うのは、保存と言う意味と灰汁抜きと言う意味があります。美しく緑に保ちたいなら、生の実山椒を塩漬けすればいいのですが、灰汁が抜けるまで、小生の感覚では数ヶ月掛かります。其れまで食べられません。従って、小生は何時も2種類作ります。
山椒の塩漬けは、生の実山椒、若しくは茹でて灰汁抜きした実山椒を塩漬けします。小生の方法は以下。

★ 要は水分を塩分に置換すればいいのですが、塩分濃度が18%以上無ければ腐敗します。是は梅干と同じ塩分濃度です。

@ 山椒を軸から外す。
A 水で洗う。
B 沸騰した湯に入れ10分程度茹で水洗いする。(生の実山椒を漬ける場合には不要。)
B 水から上げ乾燥さす。
C ボールに山椒と塩を入れ、十分に混ぜる。塩は重量比30%程度。
D 容器に入れ落し蓋をして重石をする。(少量なら小型の漬物容器で出来る。ただ、何れでも重し外れの無い様に。重し外れが起こる様なら、ビニール袋に入れ空気を抜き、、是を容器に入れ、重石をした方が良いかもしれません。)
E 水が上がらなく成ったら、この水を上と同様に半分捨て、多少の塩を追加、空気を入れずにビニール袋に小分け密閉して、冷蔵庫保管します。(袋の中でも空気に触れていれば多少茶色になります。空気を入れない様に注意。)

◎ 何年も同じ状態ですが、限度は1年程度かとも。(色が段々悪くなり、山椒の辛さも無くなります。)

※ 塩漬けを夏に梅干しの様に土曜干ししてからからまで乾燥させれば、美味しく頂けます。ただ、我が家でテストした結果、完全乾燥状態が難しいので乾燥の状態で保管は難しいと思います。(色が茶色に変わっていく。)

※ 写真は生の実山椒の塩漬け品。1年経ってビニール袋から使用のために小瓶に移した状態。(昨年の塩漬け品)
※ 茹でて塩漬けした品は、明日からでも食べられますが、色は生の実山椒の塩漬けに多少劣ります。違いは色のみ。

● この方法は色は綺麗に保管出来ますが、山椒のびりびりの辛さが段々に薄くなります。正直小生は余り好みません。山椒の辛さの変化を好まないなら、茹でて冷凍保存が一番です。
----------
★★★ - 忘れられた記憶 - 実山椒-U【山椒の実の佃煮】

2005年6月7日
実山椒-U【山椒の実の佃煮】

 m(_"_)m ペコペコ、実山椒の佃煮の作り方(料理・レシピ)のアップを忘れていましたね。いや、(゜人゜)(-人-)ゴメンネ。実は、山椒の佃煮の作り方は他の佃煮の作り方と同じなんでいいかなーと思っていたのですが、ちと異なるところもあるのでやっぱUP.
 実山椒の佃煮の作り方は、5月30日の処理をした後、以下の様に処理します。全てを記載すればこの様に成ります。

@ 実山椒を軸から外し良く水洗いする。
A この実山椒を熱湯に入れ、10分程度茹でる。
B 是を冷水にとり、水替えしあく抜きをする。
  (通常、1〜2時間)
 ※ びりびり感を余り好まない人はこの冷水につけるのを一昼夜ほど漬ける。
  しかし、一昼夜漬けると、正直腑抜けな実山椒に成るので注意。
C 是を水から上げ、充分に水気を取ったのち、鍋に入れ、ひたひたに浸かる
  程度の醤油を入れ是を加熱、沸騰して10分程度すればこの醤油を別の容器に移す。
D この上から再び、新しい醤油(2)・酒(1)・味醂(1)程度の割合でひたひたに
  浸かる程度の調味液を入れ、煮詰める。この時、完全に煮詰めれば実山椒が硬く成る
  ので1/3〜1/4程度の調味液に成る程度で火を止め、あら熱を取れば完成。
  (焦げ付きに注意して下さい。)
E 小分けで空気が入らない様に袋に詰め、冷蔵庫保管すれば1年以上保管できる。

F CとDで出来た調味醤油は半分程度に成るまで煮詰め、ひややっこ・おつけもの
  等にかけて使用します。(山椒の香りの醤油です。我が家では是を煮詰めずにその
  まま昆布を炊いたりします。)

  ● 大きな保管瓶に入れ空気を入れる様な保管方法ではもっと塩分濃度が要る。
    使用には直箸をつけないのが一番です。
  ● この醤油に白醤油を使えば美しく仕上がります。
  ● その他、実山椒の使用(料理・レシピ)方法は、塩漬け・醤油漬け。冷凍
    が有ります。醤油漬けは一度塩漬けし、あくや水分を除いた物を醤油に漬けます。
  ● 塩漬け品、冷凍品で「ちりめん山椒」を作ります。このレシピは何れ。

  (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 jun : 01:54 | グルメ&レシピ | | | BBS | Top


コメント
自己流で煮た後で、ネットで調べることを思いつきました(++)私は水を代えて2度ゆがき いきなり煮てしまいました。これだとちょっと、えごみがつよかったです(==)食べられないほどではないですが。来年はちゃんと水にさらしてアク抜きして、もっと美味しくつくります。ありがとうございました(^^)

投稿者 きよきよ : 2006年5月21日 17:37

 きよきよさん、コメント有難うございます。料理は実験と同じ、2度の失敗はありません。色々失敗しながら覚える物と思います。
 一度だきで多量に作られたので有れば其れを再度水にさらして再度炊けばOKと思います。上記説明の1度目の醤油の茹でこぼしをしたと思えばOKです。
 でも、来年は失敗しません。大丈夫です。頑張って下さい。学校のテストと違い何の制約も無いのですから。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年5月22日 04:13

詳しいレシピ有り難う御座いました

投稿者 勲 : 2006年5月29日 18:01

 勲さん有難うございます。温故知新、昔からの方法をHPに記載したのみ。埋もれた情報は一杯。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年5月29日 18:43

庭木を整理していて青い実山椒がたくさんなっているのを発見。 佃煮することを思いついて検索しました。
助かりました。 ついでに一部収穫した青梅は味噌、砂糖と漬け込んで青梅ドレッシングにします。(これは昨日 長野県の方に教えていただきました)

投稿者 ひさえ : 2006年6月5日 15:55

 お役に立てて幸いです。家で取れる??いいですねー。梅は色々に使えます。梅シロップ・梅ジャムなども。色々旬のもの作って下さい。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年6月5日 18:21

リベンジ!して新たに実家に摘みに行き作りました.今度は美味しくできました(^^)前の失敗作はすり鉢ですって山椒味噌にしてみたらなかなか評判よかったです。焼きおにぎりにつけると最高です.ぜひ、ためしてくださいませ.


投稿者 きよきよ : 2006年6月18日 21:52

 はい、きよきよさん、そのまま食べるのには山椒の辛さが勝るものは、おにぎりですか?、新しい使い方情報有難うございます。是からは茄子の山椒和えなんかにも使えると思います。
 ま、一度失敗すれば二度は失敗しませんから、色々な物にご利用下さい。密閉して冷蔵庫保管すれば、一年経った物の方がまろやかで美味しいです。また新しいメニュを見つけたら是非此処に報告下さい。今後とも宜しくね。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年6月19日 07:13

きよきよさんと同じく,作った後で作り方を知りました.一度,水でゆでるんですね.どうりで味見したら口がぴりぴりしびれるなあと思いました.これから,水でゆでて作り直してみます!失敗したときの対処法ありがとうございます!

投稿者 おばあちゃんの知恵袋 : 2006年6月25日 21:53

 おばあちゃんの知恵袋さん、こんばんは。作品展準備のために失礼しました。上手く行っていたらまた此処で報告下さい。今後ともこのHP宜しくお願いします。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年7月4日 00:45

このレシピで作ろうと張り切っていたら、軸をはずす に参りました。まあ〜細かい手作業!肩こったあたりに完了。次の工程にはいっています。長野の嫁入り先は この地域では山椒の実は食べる習慣はなく、新芽を摘み取り生のまま醤油で食べたり、川魚と共に煮て食べたりしています。なのであちらこちらの家の山椒の実は毎年そのまま土に零れ落ちています。今回 嫁がこれを美味しく作る事が出来れば 実を食べるきっかけになるのかな〜なあんて思ってみたりしています(笑)

投稿者 かおるママ : 2006年7月4日 10:42

 かおるママ さんこんばんは。え!!実は食べないの??。そして落ちるの??。其れは他の都市では考えられない処置です。
 落ちる前に下にシートをひいて、其の実を乾燥、粉山椒に!!。是非、おばーちやんの小遣い稼ぎを教えてあげて下さい。その落ちた実をそのまま販売しても売れると思います。加工品を売るには色々衛生設備の問題が有りますが、生の実・乾燥した実を売るには問題がないと思います。
 是非来年は、山椒の実で小遣い稼ぎを行って下さい。ところで、佃煮は上手く出来ましたか??。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年7月5日 00:32

山椒は上記どうりに作り出来ましたが、果たしてこの味でよいのかどうか・・嫁に来るまで実家の食卓にも山椒がらみの料理が殆ど出てこなかったので 自信がありません(笑)  キムチなどの唐辛子系はどんと来い!なのですが、山椒はまだしもワサビは 「鼻が馬鹿になる!」と量を間違えると大騒ぎしていますから。

投稿者 かおるママ : 2006年7月5日 11:14

 かおるママさん、こんばんは。出来ましたか。いや、小生、日本の味はわさび・山椒・柚子・梅干等と考えています。山椒の佃煮は買えば本当に高価です。佃煮でも山椒昆布・ちりめん山椒・煮魚等に利用できます。小生はご飯にそのまま掛けて食べるのが好き。色々挑戦してみて下さい。この夏に、この辛さは食欲増進に有用です。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年7月5日 17:29

済みませんが、われわれは今マサバ山椒佃煮のサンプルをやっていますが、この関係のレシピがありますかどうかを確認の上、私のメールまで送ってくださいませんか。
以上です、宜しくお願い致します。

投稿者 小波 : 2006年7月24日 15:01

 小波さん、こんばんは。小生、メールでの返答は行って居りません。すみません。
 マサバ山椒佃煮とは?、真鯖の佃煮と言う事でしょうか?。小生は作った事が有りません。
 魚の佃煮は殆ど同じ様に作ると思いますが、鯖、青魚は臭みが有る為に少々工夫が必要かと思います。一度焼くとか、お茶ガラ等で臭み抜きをするとか・・・。そのための山椒とは思いますが・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年7月24日 21:13

昨年「山椒の実の佃煮」の作り方を参考に作りました。
簡単なのに美味しくすっかりハマッテしまいました。
歯応えが気に入って2度作りましたが、収穫の時期が遅れると硬いようです。(これは煮魚の時に使いました)
今年は、今朝、収穫してきました。今から作ります。
あの味が楽しみです。どうもありがとう

投稿者 平塚 : 2007年5月9日 09:51

平塚さん>>
 嵌りましたか。そう、日本の味。田舎の味かな?。でも、食もすすむし、これからの季節には最高です。
 はい、収穫が早いほど美味しいですね。小生は毎年1年分作っています。空気を入れずに個袋に分けて、冷蔵庫保管しています。今年も楽しんで下さい。

     (*^‥^*)」 イヨッ  

投稿者 じゅん : 2007年5月9日 16:16

今、庭から収穫してパソコンを開きました。収穫時期が判らず迷いながらとりました。早い方が良いと記されてましたがどうなったらどのような状態になったら収穫して良いのでしょうか?大きさで判断ですか?

投稿者 michiko : 2007年5月14日 14:31

michikoさん>>

>>収穫時期が判らず迷いながらとりました。

 はい、山椒の実は、早いほど高級です。でも、炊けば身がしぼんで小さくなります。で、ほどほどと言う事なのですが、指先で身を潰すと、外の青い皮と中の白い実が共に柔らかく押しつぶせるまでが食べごろ。

 中の白い実が硬い様なら長けすぎ。口に残ります。
(これらは、煮魚等に使って下さい。)
中の身が黒いものは、そのまま木に放置して、はじけたものから、粉砕して山椒のふりかけ(外の皮のみ)程度にしかなりません。

     (*^‥^*)」 イヨッ  

投稿者 じゅん : 2007年5月14日 14:49

ありがとうございました。先ほど採った実100g程度ですが早速レシピ通りやったのですが第一弾のお醤油だけで10分にたのが火が強すぎたのかかなり煮つまってしまい小さくしぼんでしまいました。残念!収穫時期の件つぶしてみたら中の白い部分はすこし固めですがつぶれます。後300g位は収穫できそうなので頑張ってみます。ありがとうございました。

投稿者 michiko : 2007年5月14日 16:59

michiko さん>>
 強すぎたのかかなり煮つまってしまい小さくしぼんでしまいました。残念!>>
 
 残念ではありありません。そのしぼむものが高級品です。店に並ぶものはその時点で収穫すれば小さくて目方も無いので、わざわざ収穫時期を遅らせているのです。
 家庭にあるのであれば、そのしぼむ物が、食べた時、口にかすが残らずに美味しく頂けるものです。そのまま炊いて下さい。少しに成りますが、美味しく頂けます。時期をずらせば、段々に中が硬くなります。注意!!。

   (*^‥^*)」 イヨッ  

投稿者 じゅん : 2007年5月15日 05:20

山椒の実に囲まれて過ごす事20年、一度も摘んだ事ありません。今から収穫に行き佃煮に挑戦してみます。

投稿者 みっち : 2007年5月20日 12:10

みっちさん>>

>>山椒の実に囲まれて過ごす事20年、一度も摘んだ事ありません。

 一杯有るなら、本当に勿体無い。非常に高価なものです。農協に出せば、非常な高値なのですが・・・。農協に取り扱いが無いなら、農家直販か、路地野菜で販売下さい。取るのに面倒ですが、其れだけ高価。

是非、来年からでも・・・。

投稿者 じゅん : 2007年5月21日 03:18

庭に毎年出来る山椒の実を使いたいと思い検索しました。早速、佃煮から作ってみたいと思います。結果は又報告します。有難うございました。

投稿者 おすみさん : 2007年5月28日 00:10

おすみさん>>

 上手く出来ればいいですね。また報告宜しくね。

      (*^‥^*)」 イヨッ  

投稿者 じゅん : 2007年5月30日 04:52
----------
★★★ - 忘れられた記憶 - 【ちりめん山椒の作り方(レシピ)】

2005年6月17日
【ちりめん山椒の作り方(レシピ)】

 先日来、我が家では、「花山椒の佃煮」「実山椒の佃煮」「実山椒の塩漬け」等を作って来た。で、仕上げは買えば高価な「ちりめん山椒」の作り方(レシピ・料理方法)。この「ちりめん山椒」には先日作った「実山椒の塩漬け」を使って作ります。未だ生の実山椒をお持ちの方は一度茹でてから使用して下さい。

●【ちりめん山椒の作り方】

(1)【材料】

@ ちりめん
A 山椒の実(塩漬け品):適量(ちりめんの1/10程度。小生は1/5程度。)
B醤油
C酒
D味醂

 ※ 醤油・酒・味醂の割合は我が家の場合、1〜2:1:1

(2)【作り方】

@ ちりめんの数倍のお湯(沸騰)を沸かし、其の中にちりめんを入れ直ぐに冷水で冷まし水切りをする。是でしょっぱいちりめんの塩分と魚くささを抜きます。
A 山椒の実も水に漬け多少の塩抜きをします。
B 充分に水分を切ったちりめんをフライパンに入れ、乾煎りします。
C 此処に山椒の実を入れ、醤油・酒をちりめんの分量の半分程度入れ焦げ付かない様に煎ります。
D 充分に醤油・酒が半分程度になった時点で味醂を入れ焦げ付かない様に煎ります。
E 殆ど醤油・酒・味醂が無くなれば是をバットに取り充分に拡げ乾燥させます。
F 完成です。

  ※ 少量ずつ小さな袋に分け、冷蔵庫保管して直箸を附けないで召し上がって下さい。
  ※ 充分に乾燥させて下さい。

▲【即席・ちりめん山椒の作り方】

(1)【材料】

 上の【ちりめん山椒の作り方】に同じです。

(2)【作り方】

@ 塩漬け山椒にお湯をかけて塩を落とします。
A ちりめんをフライパンで乾煎りします。多少表面に色が附きからからになった状態に成れば、山椒を入れ酒・味醂をちりめん分量の1/3程度入れて乾煎りします。
B 酒と味醂が殆ど無くなった状態で少量の醤油で表面に醤油の薄い色をつけます。
C バットに拡げて熱を取れば完成です。

 ※ ちりめんの塩分が有るので醤油は少なく。ま、即席なのでこれで我慢。
 ※ 是で、ご飯を食べれば太ること間違いは有りません。

  (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 jun : 22:33 | グルメ&レシピ | | | BBS | Top

コメント
佃煮類に欠かせぬお砂糖は入っていないんですね。
購入したものも確かにお砂糖で煮詰めたような感じじゃなく
サラサラしてますからね
何となく納得しました。
ありがとう
作るかどうか分かりませんが
頭の中にイメージされただけでも良かったです。

投稿者 ねむ : 2005年6月18日 12:26

 販売されて居るものは多分、同様に作って充分に乾燥させているだけと思います。そして醤油は白醤油。山椒があれば割りと簡単に出来ます。ただ、最後の乾燥がめんどいので梅雨が終わって作るのが正解です。

(*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2005年6月18日 15:58

今日、作ってみたのですが、何故か山椒の実がはじけて、黒い部分が出てきてしまったのですが、何が原因なのでしょうか?
「醤油と酒の半量ずつで煎る」という部分をメモし忘れて、全量を(味醂も)鍋に入れて、煮てしまった事がいけなかったのかと、反省してます。
また、実家に、山椒の実を採りに行って、再チャレンジしなきゃなあ・・・と思ってます。

投稿者 クロダイ : 2006年5月31日 22:47

すいません
さらに、間違いに気づきました。
「ちりめんの分量の半分程度」ですね。
どうりで、残りの(!)調味料(醤油と酒)を何時入れるのかが書いてない訳ですね。
私は、なみなみと調味料を投入していました。
実がはじけてしまったのは、汁気が多過ぎたからかなあ・・・。

投稿者 クロダイ : 2006年5月31日 22:57

 小生の記入方法が悪いのでしょうか、作る分量の半分程度の調味液を入れると言う意味で、後の半分と言うのはありません。
 実がはじけたと記入され、黒い部分が出てきてしまったと記入されていますが、塩漬けの山椒がはじけて黒い部分が有ると言うのは「たけた」状態の山椒です。中が黒い山椒は、乾燥させ、はじけた状態で山椒のふりかけ程度にしか成りません。(中の黒い部分は種で除く。)
 もっと若い山椒で無いと乾煎りすれば膨張して弾けると思います。また食べれば口の中にかすが残ると思います。
 山椒の佃煮・ちりめん山椒を作る山椒は中が白く指で潰せば全てが柔らかい物で無いと食べられない(口の中にかすが残る。)と思います。若い山椒を使えば弾けるという事は無いと思います。
 未だ山椒が木にあれば、光の当たらな場所の山椒を探して下さい。中は未だ白いと思います。頑張って下さい。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年5月31日 23:46

 全ての調味液を最初から入れれば、味醂に糖分が多く、焦げ付いて作りにくい為に小生はこの方法を取っています。インターネット上には全ての調味液を最初から入れて作る物も存在すると思います。
 焦げ付きにさえ注意すれば調味液全量を入れても出来ると思います。(銅の鍋なら作り易い。)

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年5月31日 23:56

1:実を採る適期は重要 種が黒いのは不可!
2:砂糖、みりんをつかうと茶漬けの時に味がだれるさかい不可!で、My wayです...。浅い厚手鍋
(必須)で、酒ふつふつしたらジャコめら投入。塩蔵実山椒投入。醤油ちょろりかけまわし。いずれも菜箸にてかき回し。もちろん、弱火やわ。水分とばし、最後に塩!しょうもない塩つこたらあきまへんえ。キリッとしたもんできまっせ。茶漬け、ふりかけ、握り飯の具。食欲のないときありがたし。うまーっ!

投稿者 michiru : 2006年6月10日 16:06

種の黒くなりたる物、ホワジャオにて使用すべし。華人料理人の曰く、吾が四川産、最上なりて、もってかえがたし。しこうして、まーぼーとーふ最上とせむ。嘘こくなっつーの。エーと、黒いのはおてんと様の下でカラカラに干して外皮のみ保存。さりながら、ドーチーは唐国に及ばざるなし。んで、この勝負引き分け。

投稿者 michiru : 2006年6月10日 16:40

 michiru さん、michiru さんのレシピ有難うございます。ちと、文章が難解ですが。中身の黒い山椒はからからに干し、黒い種を取って、外側を粉末にし、料理に使う。と言う意味ですね。四川マーボ豆腐等にどうぞ。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年6月11日 00:00

ちりめん山椒が作りたくてネットで探していた。青山椒を使うというのでまずは山椒を手に入れなくてはとやって手に入りいざ作ろうとしたら山椒は塩漬けと書いてある。塩漬け山椒の作り方付いていない。やっと見つけた「わすれられた記憶」にちりめん山椒の作り方が・・感謝です。ゆでたちりめん買ってきたのでオーブンで乾燥させる時間がかかりおまけに小さくなってしまった。山椒は1キロ買ってしまったのでまずは塩ゆで10分してさらして水切って冷凍した。他の使い道教えて下さい。ちりめん山椒もはっきり判ってない。調味料の分量がちりめんのgに対してどれ位か知りたく、メールしました。返事下さい。

投稿者 ゆっこ : 2006年6月11日 22:24

 ゆっこさん、こんばんは。そうですか、塩漬け。通常塩漬けと言う瓶入りの山椒が売って居るのでその様な表現をされて居ると思います。
 小生宅の料理、その様に聞かれると一番困ります(爆)。昔、母親やおば−ちやんが材料を計って作って居なかったので。その伝統?を受け継いでいます。我が家で計るのはお米と「筍ごはん」の調味料程度です。
 では、この様に考えて下さい。ちりめん1カップに1/2カップの調味料。酒・醤油・味醂と考えて下さい。我が家の場合は上記の様に1:1:1の配合ですが、普通はもっと醤油が少ないと思います。(この配合だと殆ど佃煮に近い、だから写真の物は黒い。)店の物は多分白醤油で香りつけ程度と思います。(ただ、この程度にしないと日持ちしません。市販のちりめん山椒は十分な乾燥と脱酸素材等の保管材を入れているためにOKなのです。)
 冷蔵庫に入れ、数日で食べられる程度なら塩分濃度(醤油)を1/10程度にしてもOKと思います。このあたりは加減して下さい。これからは梅雨、十分な乾燥が難しい時期です。天気の日に作ってうまく乾燥させて下さい。(電子レンジ乾燥は焦げて上手くいきません。)すみません、是でOKですか??。

 他の山椒の使い道は、
@ 青魚の煮付けに山椒の実を小さじ1/2程度入れて炊きます。結構な隠し味に成ります。(山椒はそのまま盛り付けます。)
A 夏野菜、「なすの山椒和え」。すり鉢に山椒を入れ、すり下ろす。是に醤油を入れ、混ぜて、此処に茹でて4等分程度にして絞った茄子を入れて混ぜる。是からの季節、大変に美味しい。
B 定番の佃煮
C 山椒昆布
D きゃらふき「山蕗」の佃煮(山椒入り)
E マーボ豆腐、(是は本来山椒のびりびりの辛さ)是はすり鉢ですって入れる。
F ラーメン(醤油ラーメンの隠し味。この全体レシピは何れ。)
 全体的に日本では佃煮に入れるものが多い。中国では四川料理の辛さは本来山椒の辛さと聞きます。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年6月12日 02:23

じゅんさんのちりめん山椒のレシピ、活用させていただき
ました。
鞍馬で買ったら高級品のちりめん山椒ですが、こんなに簡単にできてしまうなんて!感激です。
さて、当家もまだまだ塩漬の山椒が沢山ありますので、「なすの山椒和え」も作ってみたいと思っております。
では〜

投稿者 さんしょ好き♪ : 2006年6月22日 00:58

 さんしょ好き♪さんこんばんは。そうですね、思ったよりも簡単ですね。山椒好きなら小生の様に山椒を一杯入れて作って下さい。これまた美味しい。あのぴりぴり感がたまりません。
 色々なもの、簡単な物ほど素材の味が重要なのが判ります。いろいろ挑戦してみて下さい。

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年6月22日 01:55

あなたのレシピではないのですが 山椒がぴりぴりして分量どうりでは食べられません どうしてでしょう分かりませんか? 沸騰したお湯に40びょう茹でました

投稿者 寺内修子 : 2006年8月3日 09:26

 寺内さんこんばんは。ちりめん山椒の作り方は、実山椒を灰汁抜きして使用します。灰汁抜き方法は以下で、自分の口でびりびり感を確かめて使用します。摘んだ実山椒を沸騰したお湯に40秒程の状態では、本当にびりびりする状態と思います。めげずに再挑戦下さい。

2005年6月7日:実山椒-U【山椒の実の佃煮】:

@ 実山椒を軸から外し良く水洗いする。
A この実山椒を熱湯に入れ、10分程度茹でる。
B 是を冷水にとり、水替えしあく抜きをする。(通常、1〜2時間)

 ※ びりびり感を余り好まない人はこの冷水につけるのを一昼夜ほど漬ける。
  しかし、一昼夜漬けると、正直腑抜けな実山椒に成るので注意。
※ 実山椒-U【山椒の実の佃煮】:

この冷水に漬ける時間で調整します。実山椒を緑で綺麗に仕上げるには塩漬け品を使用しますが、是も十分に灰汁抜き出来た物を使用します。

※ 実山椒の塩漬けの作り方・方法:

   (*^‥^*)」 イヨッ

投稿者 じゅん : 2006年8月4日 01:49

お返事有難うございました
大変うれしかったです
早速めげずに頑張ります
また何かあったら教えてくださいね

投稿者 寺内修子 : 2006年8月9日 18:27
----------
 2012-06-07追記: 実山椒の季節(今年はこうして保存しました!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/273704287.html

★ 店で売られる乾燥タイプのちりめん山椒の作り方:

※ ちりめん山椒: 料理レシピ|みんなのきょうの料理:
 http://www.kyounoryouri.jp/recipe/1537_%E3%81%A1%E3%82%8A%E3%82%81%E3%82%93%E5%B1%B1%E6%A4%92.html?cmp=n221
※ プロの教える家庭で簡単に出来る佃煮の作り方:
 └ ちりめん山椒の作り方:
 http://www.tsukudaniyasan.com/site/recipe/tirimen.html
 └ 山椒佃煮の作り方:
 http://www.tsukudaniyasan.com/site/recipe/sansho.html
 └ 昆布佃煮の作り方:
 http://www.tsukudaniyasan.com/site/recipe/konbu.html
 └ 海苔佃煮の作り方:
 http://www.tsukudaniyasan.com/site/recipe/nori.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事