掲載:2012年03月30日
120330-01_s.jpg カレーライスとライスカレー、今はほぼ明確に分かれた記事も載っているのだが、小生らの学生時代はそんな時代でも無い。ただ、そこかしこに有った洋食屋さんではライスカレーと書いてあり、カレーライスを知ったのはもっと後だったと思う。

 先日、昼食はレトルトカレーだった。ご飯は普通に炊き、レトルトカレーはカレー皿に入れラップをして電子レンジでチンした。其処にご飯を載せればカレーの上にご飯が来る。曰く昔小生達が言ったカレーライス(爆)。

 そんな小生らの時代、ご飯が上か下かでカレーライスかライスカレーと言う話があり、カレーの上にご飯が載った物も、形に入れたご飯の周囲にカレーが入った物も、ワンプレートで2つ別々に分かれた物も、上から掛けた物も有った。なのでこの説も満更間違いでは無い様に思う。

 そうそう、洋食屋さんのカレー、百貨店のカレーには必ずウスターソースを掛けて食べた。その点からすれば、何もカレーにソースを掛けても邪道では無い。日本のカレーは独自性の産物、元来カレーを食べて胸がむかつく方が邪道。

 S&B食品のHPに寄れば、

 ライスカレーは「御飯の上にカレーがかけてあり、それこそソースやしょう油をふって食べる大衆的な雰囲気のもの」だという。

※ カレーライスとライスカレーの違い:

・ カレーライス …… 御飯とカレールーが別々になっているカレー
・ ライスカレー …… 御飯とカレールーが同じ皿に盛られているカレー

★ ライスカレーと、カレーライスとどちらの言い方が正しいのですか?

俗には、御飯の上にカレーがかけてあり、それこそソースやしょう油をふって食べる大衆的な雰囲気のものがライスカレー、御飯とは別の容器にカレーが入って出てくるややハイカラなイメージのするものをカレーライスと呼ぶ、と言われています。しかしどちらの呼び方が正しいとは決められません。

歴史的な経緯を振り返ってみますと、日本にカレーが紹介され、国民食として浸透していった頃はライスカレーと呼ばれ、高度経済成長期以後は一般的にカレーライスと呼ばれるようになった、というところでは諸説ほぼ一致しているようです。

ライスカレーと一般的に呼ばれていた頃はまだまだ日本も貧しく、カレーは汁かけ飯の一種と理解されていたようで、家計を預かる主婦とっては、小麦粉でいくらでものばすことできる手っ取り早い経済料理だったようです。ライスカレーと聞いて大衆的なイメージをもつのは、このような食経験があるからなのかもしれません。
そのカレーライスの名付け親については、ホーイズ・ビィ・アンビシャスで有名なクラーク博士だという説があります。つまり札幌農学校時代、日本青年の体格があまりにも貧弱だったことを憂慮し、何とか肉食をすすめようとして「生徒は米飯を食すべからず。ただしらいすかれいはこの限りにあらず。」なる一文を寮規則に書き加えたことからライスカレーと呼ばれるようになったと言うのですが、確証があるわけではありません。

さて時代が下り、高度経済成長期を迎え、食生活も飛躍的に豊かになるに従い、カレー料理も経済料理から本格料理と変貌を遂げていきます。そんな食事情の変化が背景にあってカレーライスと呼ばれるようになっていったと言われています。その転換点はだいたい東京オリンピック開催(1964年)の前当たりと推定されます。

カレーライスについても、命名者ははっきりしません。昭和の初期に東京新宿の中村屋がインド風のカレーを「カリーライス」として売り出した記録は確かに残っているのですが、それが高度経済成長期に広まったカレーライスという呼び方のもとになったかどうかは定かではありません。その他にも帝国ホテル説や風月堂説などがありますが、決め手があるわけではありません。

いずれにせよ、カレーの呼び方一つとっても様々な文化・歴史的背景があり、カレーというものの奥深さを表しており、どちらの呼び方が正しいとは決められないようです。

※ エスビーの公式サイト『スパイス&ハーブ総合研究所:
 http://www.sbfoods.co.jp/sbsoken/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事