掲載:2012年03月21日
120321-01_s.jpg 春一番には3つの条件が必要

@ 立春から春分まで
A 日本海に低気圧があり、其処に日本列島を越える強い南風が吹く
B 前日より気温が高い

 そして、概ね風速8m/s以上の風が吹く事を春一番と言う。

 既に、春分を過ぎてるので近畿は2年連続で春一番が吹かなかった事に成る。今年近畿の桜も遅い。やはり異常気象なのか・・・。桜の開花も遅れている。

 春一番が吹かない時の春は長雨・雷雨・雹・突風などが起こり易い。天気急変、寒い春。寒気が強いので寒さが戻る可能性が大きい。

・ 4月 長雨 寒気
・ 5月 雷雨 雹(ひょう) の可能性、皆さんご自愛下さい!。

※ 春一番 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月21日
120321-01_s.jpg 有る興味ある項目についてネット検索していると、ある中学校の自由研究の発表文章に行き当たった。其れはPDFファイルで、有る県の教育関係のHPからで有った。この文章がこうと示せば明確だが、生徒の名前もあり、問題が有るので其れは止めた。

 この自由研究自体は、中学生レベルの物としては本当に素晴らしい物と思う。目的と用件を満たし、結果に本来の考察を加えれば、上位の研究として扱ってもいい様な内容である。

 言いたいのは此処では無い。中学生のある自由研究が多くの前で発表されるには、教師の推薦、学年主任の推薦、教頭・校長の承認が有ったと言う事が一般的に考えられるだろう。そして、この自由研究が賞を貰ったと言う事は、是を審査した教育関係審査員も居る訳である。

 是だけの人間が関与して、誰も気が附かなかったか?、この自由研究の不自然さを。この短い自由研究の発表文章を見れば、この学校の大人が手を入れた事は明らかと思われる文章形態である。しかし、これ等関係者に足らなかったのは、実験と研究・考察の意味が全く分かって居られないという事が問題である。そう、意味である。国語辞典を引けば分かる事である。

 教師なので尚更、賢い教員免許なる物をお持ちの方であろう筈なのだが、この校区はレベルの低い人間ばかりが集まり、見よう見まねで体裁を繕ろうとしたのであろうか、

 この文章には、目的と実験と実験結果が書かれており、其れの羅列に過ぎない。

 しかし、此処に出て来る文章には、実験の事を「研究」と呼び、結果の羅列の事を「考察」、結果として得ようとした内容、曰く結論が記載されていない。読み手が文章から考察しないと結果が得られない研究発表の文章であった。

 生徒が初期に書いた本来の文書を見てみたい気がする。多分それの方が、わかり易い(爆)。


★ 教育 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2

★ 実験 - Wikipedia:
実験と仮説-対照実験-実験計画-物理実験

 実験(じっけん、英: experiment)とは、構築された仮説や、既存の理論が実際に 当てはまるかどうかを確認することや、既存の理論からは予測が困難な対象について、 さまざまな条件の下で様々な測定を行うこと。知識を得るための手法の一つ。

★ 研究 - Wikipedia:
研究の目的-基礎研究と応用研究-研究の過程-その実際

 研究(けんきゅう)とは、ある特定の物事について、人間の知識を集めて考察し、実験、 観察、調査などを通して調べて、その物事についての事実を深く追求する一連の過程の ことである。

★ 考察-Yahoo!辞書 :
[名](スル)物事を明らかにするために、よく調べて考えをめぐらすこと。「深い―を加える」「日本人の社会意識について―する」-国語辞典(大辞泉)

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事