掲載:2012年03月22日
120322-10_s.jpg 2012年03月22日(木)、東京スカイツリー天望デッキ個人入場券の受付を開始。開業は05月22日(火)。

 この個人入場券の発売が本日から開始される。05月22日から07月22日までは日時指定の完全予約制、10日間単位の抽選で販売される。

 この販売は、インターネット販売と東武トラベルの店頭での受付、一度に8人分まで購入出来る。このネット販売と店頭販売の比率は、ネット5000枚に対し店頭2000枚との事(TVニュース情報)。8000枚/日の発売と言うTV報道もある(爆)。

 必要な方は、家族の名前で両方申し込むのかな?・・・(爆)。先ずは、ネットならクレジットカードが必要で、先ず登録をしないと買えない。

※ 東京スカイツリー:
 http://www.tokyo-skytree.jp/
※ 東武トラベル:
 http://www.tobutravel.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月22日
120322-01_s.jpg120322-02_s.jpg 豚饅(肉饅)の冷えた物が有った。最近は是を電子レンジで再度蒸す容器が100均のダイソーで売っていたりする。皿に載せ電子レンジでチンすればいいのだが、是はちとべとついた状態と成る。

 其処で、小麦粉(メリケン粉)で作った物ならイースト菌が入るか入らないかの違いは有るが、おやきと同じだろうと豚饅をオーブンレンジで焼いて見た。

 結果は、豚饅とは少し違った味には成るが、よりおやきに近くもちもち食感、いいかも知れない。最近に無いヒット!。

※ おやき - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%8D

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月21日
120321-01_s.jpg 春一番には3つの条件が必要

@ 立春から春分まで
A 日本海に低気圧があり、其処に日本列島を越える強い南風が吹く
B 前日より気温が高い

 そして、概ね風速8m/s以上の風が吹く事を春一番と言う。

 既に、春分を過ぎてるので近畿は2年連続で春一番が吹かなかった事に成る。今年近畿の桜も遅い。やはり異常気象なのか・・・。桜の開花も遅れている。

 春一番が吹かない時の春は長雨・雷雨・雹・突風などが起こり易い。天気急変、寒い春。寒気が強いので寒さが戻る可能性が大きい。

・ 4月 長雨 寒気
・ 5月 雷雨 雹(ひょう) の可能性、皆さんご自愛下さい!。

※ 春一番 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月21日
120321-01_s.jpg 有る興味ある項目についてネット検索していると、ある中学校の自由研究の発表文章に行き当たった。其れはPDFファイルで、有る県の教育関係のHPからで有った。この文章がこうと示せば明確だが、生徒の名前もあり、問題が有るので其れは止めた。

 この自由研究自体は、中学生レベルの物としては本当に素晴らしい物と思う。目的と用件を満たし、結果に本来の考察を加えれば、上位の研究として扱ってもいい様な内容である。

 言いたいのは此処では無い。中学生のある自由研究が多くの前で発表されるには、教師の推薦、学年主任の推薦、教頭・校長の承認が有ったと言う事が一般的に考えられるだろう。そして、この自由研究が賞を貰ったと言う事は、是を審査した教育関係審査員も居る訳である。

 是だけの人間が関与して、誰も気が附かなかったか?、この自由研究の不自然さを。この短い自由研究の発表文章を見れば、この学校の大人が手を入れた事は明らかと思われる文章形態である。しかし、これ等関係者に足らなかったのは、実験と研究・考察の意味が全く分かって居られないという事が問題である。そう、意味である。国語辞典を引けば分かる事である。

 教師なので尚更、賢い教員免許なる物をお持ちの方であろう筈なのだが、この校区はレベルの低い人間ばかりが集まり、見よう見まねで体裁を繕ろうとしたのであろうか、

 この文章には、目的と実験と実験結果が書かれており、其れの羅列に過ぎない。

 しかし、此処に出て来る文章には、実験の事を「研究」と呼び、結果の羅列の事を「考察」、結果として得ようとした内容、曰く結論が記載されていない。読み手が文章から考察しないと結果が得られない研究発表の文章であった。

 生徒が初期に書いた本来の文書を見てみたい気がする。多分それの方が、わかり易い(爆)。


★ 教育 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2

★ 実験 - Wikipedia:
実験と仮説-対照実験-実験計画-物理実験

 実験(じっけん、英: experiment)とは、構築された仮説や、既存の理論が実際に 当てはまるかどうかを確認することや、既存の理論からは予測が困難な対象について、 さまざまな条件の下で様々な測定を行うこと。知識を得るための手法の一つ。

★ 研究 - Wikipedia:
研究の目的-基礎研究と応用研究-研究の過程-その実際

 研究(けんきゅう)とは、ある特定の物事について、人間の知識を集めて考察し、実験、 観察、調査などを通して調べて、その物事についての事実を深く追求する一連の過程の ことである。

★ 考察-Yahoo!辞書 :
[名](スル)物事を明らかにするために、よく調べて考えをめぐらすこと。「深い―を加える」「日本人の社会意識について―する」-国語辞典(大辞泉)

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月20日
120320-01_s.jpg120320-02_s.jpg120320-03_s.jpg

 先週の土曜日、三田に行った帰り車屋さんに寄った。先週車を洗ったが、当日朝は雨、車のサイドが汚れていた。

「もう、雨上がるそうですよ!」 の車屋さんの声に
「未だええやろ!」
「いえ、汚れてます(爆)」 の言葉で車を水(洗剤)洗い。
「此処も綺麗にしないと水が垂れて来るのです」

 と、普段は洗わないドア内部のパッキン部分の掃除方法も教えて貰った。雨の後、水を拭き取って置くだけでも結構綺麗に車を保つ事が出来る。

 水洗いの後は拭き取り、外部だけで無く、ドア内部に流れた水も全て拭き取りゴムパッキン部分も全て拭き取る。そして、リアドア・ボンネットを開けその内部の水も拭き取り、序にエンジン上部の拭ける部分、バッテリー上部なども全て綺麗に拭く。

 此処まで綺麗に拭いて有れば、車屋さんの車の扱いも違うらしい。是を車屋さんから教えて貰った。ま、考えれば当然と言えば当然の事かも知れない。此処まで綺麗にして有るとぞんざいに扱えないらしい。

120320-04_s.jpg120320-05_s.jpg120320-06_s.jpg

 そして、オイル交換して貰った。下のドレインを抜きオイルの全てを抜き取る。ドレインを抜き暫く放置しておく。そうそう、この車、タイミングベルトが無い。チェーン。長く乗るには、このタイミングベルト交換が無いので其の分は安い維持費。

 小生は、一応、メーカー指定のオイル交換時期に沿ってオイル交換している。前回は冬の時期だったのでエコオイルを入れていたが、今回は普通のオイルにした。エコオイルは何がエコか知らないが、オイル粘度が低い。冬の時期はエンジンの掛が早く感じる。ただ、冬の時期全ての満タン法で計った燃費は全く変わらない。

 冬の時期を過ぎたので今回は普通のオイル、是の方が粘度が高くエンジン内を良く廻る。スズキスイフトは4.5Lまでは入らないが、それ近くまでは入る。

120320-07_s.jpg120320-08_s.jpg120320-09_s.jpg

 持ち上げた序に、下部の状況も見ておく。一番に見るのはブーツと呼ばれる部品、FFなら前輪のタイヤ内側に附いているジャバラ状のゴム。エンジンからタイヤに動力を伝える部分のカバーで、このゴム内部にグリスが入っている。このブーツが破れるとグリスが洩れ、内部のベアリングが露出、此処に砂などが噛むとシャフト自体を交換する嵌めに成る。

 此処にオイル等の汚れが附いていると破れる前兆か、止めのリングの緩み、是を早期に見つけるための確認。

 次にバッテリー、このスイフトのバッテリーはメンテナンスフリー、したがって緑の確認マークかどうかの確認しか無いが、一応確認しておく。バッテリーは既に4年目、特に冬に向かう時期が一番注意を要するが、何時臨終するかは全く分からず。以前の車では、このバッテリー上がりで2回、JAFのお世話に成った。

120320-10_s.jpg120320-11_s.jpg120320-12_s.jpg

 そして、他のブレーキオイル・クーラントの液面確認。

 因みに、小生はブレーキは信号停止以外殆んど使った事が無い。池田から三田まで猪名川道の駅を通り地道を行くが、全てのカーブやクランクでもブレーキを踏んだ事が無い。

 かつらぎ山を越え、大台ヶ原駐車場まで小生のブレーキを踏む回数を数えた友人が居たが、踏んだ回数は5回。全て、エンジンブレーキ操作で走っている。したがって、車屋さん曰く、潰れるならブレーキでは無くてCVT(爆)。

 そんな車だが、ブレーキオイルは汚れる。何故かと聞けば、ブレーキパッドは常時少し当たっているらしい。写真はブレーキオイルの上を少し抜き、新しいブレーキオイルを入れた状態。横から見れば、入口はほぼ透明で、中は暗い。でも、このオイルの濃さはサラダ油で一回とんかつを揚げた態度。是がゴマ油の様な色の車を見る事が有る。

 このブレーキオイル、殆んどの場合車検の時期に行われるが、これ以前にオイルが使った油状態ではブレーキの使いすぎ運転、もしもの時にブレーキが効かない。

120320-13_s.jpg120320-14_s.jpg120320-15_s.jpg 車はエンジンが壊れてもくるまは停止するが、走っている時はブレーキが無いと止まれない。曰く、一番重要な箇所。何故こんな運転法に変更したかと言えば、昔、信州乗鞍高原ドライブウエイ(現在は自家用車は走れない)でブレーキが湧いたため。この時は何とかサイドブレーキを使い事故なく帰還。

 今のCVTオートマもそうだが、この乗鞍はヘヤピンカーブの連続で、ブレーキを踏まないでLで走れば直ぐに60Km/Hを越える坂が延々続く。このスイフトでも急坂でブレーキを踏まなければLでも直ぐに60Km/Hを越える。

 そう、スイフトに限らず、CVT車のエンジンブレーキは殆んど効かない。そして、急坂で停車すれば発進時後ろに下がる。そんな事故も見た。新型車は何れも少し改善されたらしいが、普通のトルクコンバーター車に比べれば全く効かないと言って良い。

120320-16_s.jpg120320-17_s.jpg120320-18_s.jpg

 小生が何度も書いている様に、余程の運転下手で無い限り、CVTだからと燃費は変わらない。下手すれば悪い。今まで、ハイブリッド車以外の燃費が以前の車より上がった車を見た事・聞いた事は無い。CVT車に乗り換えて燃費が相当に上がったと言われる人は運転下手、運転方法を変えれば相当な燃費向上が見込める(爆)。

 そう、良くガソリンスタンドで

「オイル見ましょうか?、無料点検です」

 と言う言葉が有るが、決めた走行距離で点検・交換していればこの必要は無い。以前、エンジンオイル・フィルター交換後の家への帰り、この言葉が有ったので見せた事が有るが、

「オイル汚れていますよ!」。

※ スズキスイフトのオイル交換の仕方:
 http://m-jun.seesaa.net/article/304440421.html

★ オイル交換参考資料;(他車エンジン):

※ 3年間1度もオイル交換しなかったエンジンヘッドの中(写真):
 http://m-jun.seesaa.net/article/277088249.html
※ 3年間1度もオイル交換しなかったエンジンヘッドの中(写真-U):
 http://m-jun.seesaa.net/article/278381857.html
※ メーカー指定時期毎にオイル交換をしたエンジンとしないエンジン内部写真:
 http://m-jun.seesaa.net/article/298417745.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月19日
120319-01.jpg120319-02.jpg● 通行止め期間:予定:(奈良県道路規制情報で再確認下さい。):

・【大台ヶ原公園川上線】 区間距離19.7km
・ 区間:川上村伯母谷地内(国道169号分岐)〜上北山村西原地内
・ 期間:平成23年12月01日(木)15時00分〜平成24年04月26日(木)15時00分

● 2012年の満月・新月と近い日:

2012年05月: 新月20・21日(満月5・6・7日)
2012年06月: 新月19・20日(満月3・4・5日)
2012年07月: 新月19・20日(満月3・4・5日)
2012年08月: 新月17・18日(満月1・2・3日)
2012年09月: 新月16日(満月1・2・30日)
2012年10月: 新月15・16日(満月1・2・29・30・31日)
2012年11月: 新月13・14日(満月27・28・29日)

● 夏至・2012年(平成24年)06月21日(木)に大台ヶ原から見れば、富士山の後ろから日の出(太陽の中に富士山のシルエット)。ただ、見える確立は少ないかも。

 夏至では太陽は北回帰線上にあるため、北半球では昼が最も長く、夜が最も短い。

● その他:

@ 日の出を見る為には、磁石を持参、日の出の方位を調べてから出発しましょう。
A 駐車場から山頂又は正木峠まで1時間程度、熊野灘展望台(三又辻)まで45分程度です。
B 日の出前30分程度が一番綺麗で、富士山が見える確率が高いです。
C 駐車場以外にトイレは有りません。
D 星を見るなら新月、歩き易いのは満月(道が明るい)。
E 山頂展望台からのみ、ドコモの携帯電話が使えます。
F 1600mの山です。それなりの装備で登りましょう。

※ 月齢カレンダー:
 http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20120509111
※ 西暦2012年の月齢カレンダー:(日本時正午を基準として計算):
 http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/moon_year.htm
※ 奈良県上北山大台ヶ原・東西大台の簡易(ハイキング)地図のありか:
 http://m-jun.seesaa.net/article/208276146.html
※ 奈良県道路規制情報 PCサイトURL:
 http://www2.wagamachi-guide.com/naradouro/
・奈良県道路規制情報 モバイルサイトURL:
 http://wagmap.jp/naradouro/m/
□ 大台ケ原ハイキング情報・リンク・総集編:
 (記事が古い場合、一部リンク切れが有ります。すみません。)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816216.html
※ 大台ケ原の禁止事項は必ず守りましょう!:大台ヶ原でキャンプは禁止です:
 http://m-jun.seesaa.net/article/161944656.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月18日
120318-01_s.jpg120318-02_s.jpg 2011年03月17日(土):

・麻生優佳(Vo)
・境知成子(P)
・渡部春雄(B)さん:

 岡町 music cafe Groove:
 20:00 〜の写真を写して来ました。
120318-03_s.jpg120318-04_s.jpg
 午後7時過ぎに友人の所から店に着いた。
 場所は豊中市役所北隣、国道176号線に面している。
 車は道路を挟んだ西側のコインパーキングに入れた。
120318-05_s.jpg120318-06_s.jpg
 早速店内に入り、皆さんに挨拶。其処に次々と顔を見知った方々が現れた。
 今回のこのトリオ、先日萱島OTO屋で聞いた宮阪昌子さんのトリオのボーカルが麻生優佳さんに代わった物。
 そんな事で、宮阪昌子さんも観客で来られて居た。
120318-07_s.jpg120318-08_s.jpg
 一番奥のテーブルはミュージシャンテーブル、写真を写す関係でその手前のテーブルに陣取った。

 観客のテーブルとしては一番奥。

 演奏が始まったが、三方の音が小生には全く合って聞こえない。2曲目、少し前に出て聞いて見たが、やはり合わない。其処で本日は写真撮影に特化する事にした。そう、ライブ演奏を全く聞いていない。タイミングも無視。。

120318-09_s.jpg120318-10_s.jpg120318-11_s.jpg
120318-12_s.jpg120318-13_s.jpg120318-14_s.jpg

 三方の音が合わない原因、其れは此処の作りはライブハウスでは無く、ライブハウススタジオ風に作ってある。其れがこのお店の趣旨なのだろう。

120318-15_s.jpg120318-16_s.jpg
 ボーカルとエレピ音はPAを通りミュージシャンに向かうモニター、ベースアンプはベーシスト後ろに有る。

 したがって今回の配置は、全ての音が空間・反射を経て小生に届く、方向・反射・位相差問題もありちと複雑。

120318-17_s.jpg120318-18_s.jpg120318-19_s.jpg

120318-20_s.jpg 此処グルーブはマスターやスタッフの皆さんも気さく、ミュージシャンの演奏を一緒に成ってミュージシャン気分を味わうにはいい、セッションに最適かも知れない多目的カフェ。

※ 麻生優佳さんブログ:
 http://y-asoh.at.webry.info/
※ 境知成子さんブログ:「何のむ?」:
 http://popomama.exblog.jp/
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab/
※ 宮阪昌子(Vo)・境知成子(P)・渡部春雄(B) in 萱島OTO屋:
 http://m-jun.seesaa.net/article/253331985.html
※ 阪急・岡町 music cafe Groove:
 http://cafe-groove.net/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月17日
120317-01_s.jpg120317-02_s.jpg 2011年03月17日・土曜日、豊中の気温は11℃、三田市小野の気温は7時の時点で7℃、小雨模様。

 先週の土曜日には洗車をしたので車は綺麗、水も良く弾いているが、やはりサイドは汚れが付着、小生が洗車をして2週間と天気が続いた事が無い。

120317-03_s.jpg120317-04_s.jpg そんな車で季節の端境期でもある三田、雨なので少し温かい。でも、この三寒四温の中の皆さんの出足は遅く、本日は午前の7時丁度頃に販売所が開いた。聞けば当番は未だ。其処から15分ほど送れて皆さんも現れた。

 季節的に現在は冬野菜の終盤、殆んど何も無いと思ったが、意外と有った。今回の収穫は、ネギ2・九条ネギ2・水菜1・サラダ水菜2・キヤベツ2・白菜1・ミニ青梗菜1・小松菜2・ほうれん草2・春菊2の〆て1700円也。野菜はその他に、帰り、復路横に売ってた菜の花2の200円を買った。

120317-05_s.jpg120317-06_s.jpg 花類は水仙・梅・しきび等が売っていた。この水仙、らっぱ水仙だが、気候の変なのが分かる。小生、水仙を生けた立花が好き。

 気温7℃では未だ寒くストーブ番、農家の皆さんで計画されている旅行話を聞きながらお茶して終了。

 気候の可笑しい3月弥生。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月16日
120316-01_s.jpg 昨年12月に行った郡上市明宝の食事処「おかみさん」に「つぎ汁」と言う物が有った。小生は此処での食事は、「つぎ汁」の作り方を見て味噌汁にしたが、結構このブログに検索からこの「つぎ汁」の作り方で来られる。

 このブログの写真にその「つぎ汁」の作り方を書いた写真が有るが、其れを文章にして記載。

1.【材料】:

@ 唐辛子(郡上南蛮)
A 昆布
B 干ししいたけ
C 煮干し
D 豆腐

2.【調味料】:

@ 酒
A 塩
B 薄口醤油
C 砂糖

3.【作り方】:

@ 唐辛子を素焼きにし布袋に入れる。(お茶袋か出汁袋)
A その他の材料も別の布袋に入れる。
B 2つの布袋を同じ鍋で煮出す。
C 調味料を入れ味付け。
D 豆腐を入れる。

 との事、食べた事は無いが、次回は是非食べてみよう!。相当に激辛らしい。

※ 道の駅・明宝(磨墨の里公園)「食事処・おかみさん」(2011年12月師走):
 http://m-jun.seesaa.net/article/240195814.html
※ おかみさん(道の駅内) - 岐阜県郡上市明宝(めいほう):
 http://keichannosato.com/
※ 和食処 おかみさん 明宝レディース:
 http://www.meiho-ladies.co.jp/okamisan.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年03月15日
120315-01_s.jpg120315-02_s.jpg 先日、昨今は土曜日の昼食か、深夜に訪問する高槻・長浜ラーメン「一発屋」に行った。其処で新しい情報、持ち帰りと通販を始めるとのこと、試作品と通販HPのサンプル画像を貰って来た。

 この一発屋の豚骨ラーメンは、小生の様なあの豚臭いラーメンが嫌いで、あっさり好きな人間には丁度、小生はこのラーメンを既に1千杯以上食している(爆)。

 持ち帰りは、豚骨出汁・生麺・チャーシュー・紅生姜、激辛の場合は是に鬼辛子等が付いて提供するとのこと、ネギ・もやし等は別に自分で手配する必要が有る。しかし、これ等の品は昨今コンビニでも入手出来る。

 そんな持ち帰りの試作品を貰って来た。試作品と言っても、店と全く同じ出汁とチャーシューに何ら変わりが無い。通販の場合は冷凍では無く、低温送付との事。出汁は凍っていない。

 そんな物を持ち帰り早速作って見た。出汁はこの昨今の気温、チルドと同様に全てが流石の「にこごり」状態、チャーシューも3枚がくっついて居た。早速生麺を茹でる。そして、別鍋で出汁を温める。

 出汁を丼に移し、其処に茹でた麺を入れ、麺を茹でた後にもやしを温め上に乗せた。チャーシュー3枚をばらそうと思ったが、くっついて居た(爆)。是は、出汁に入れ少し温めてから剥がすのが良さそう。

 早速食べて見る。流石にあっさり、美味い。しかし、麺は1L程の湯でゆがいたが、店で食べる様には美味く茹でられなかった。総じて、店で食べる物とは少し麺の食感・風味が違う物に上がると思う。

 が、しかし、店とは違う出汁の風味が味わえる。そう、店で食べればあの出汁の香りが店内に有るが、家で食せば何も無い香りの中に出汁の風味が漂う。家庭での麺の茹で方を得とくすれば、小生はこの持ち帰りの方が好きかも知れない。

 通販HPは、全ての準備が整い次第との事で、1ヶ月程度掛かるとのこと。持ち帰りは今でも時間が有れば対応して貰えるかも知れない。お店で食べるのもいいが、家で家族の団欒に、一発屋のラーメンもたまにはいいかも知れない。

 そうそう、もう1つ、毎月18日は一発屋の日として、売り切れ御免の数量限定ラーメンの提供もされるらしい。是は、毎月20食程度、何が出るか楽しみだが、数量からして当たる確立が少ないかも(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事