掲載:2011年11月16日
111116-01_s.jpg111116-02_s.jpg 少しの時間、蟹江町の散策、車に戻り本日の昼食場所に決めた洋食・西洋軒に移動する。移動時間10分余り、此処も住宅街の真ん中に有った。駐車場には既に車が5台ほど停車していた。

 正直、小生が昼食を選択するのに洋食と言うのは先ず無い。なら何故此処に来て洋食を選択したかと言えば、HPが手作りで有ったため(爆)、単純です。そして、メニュの一番上がハンバーグだったから。そう、此処のメニュは洋食屋さんとして正統派。

111116-03_s.jpg111116-04_s.jpg111116-05_s.jpg111116-06_s.jpg

 カレー・ハンバーグ・オムライス・スパゲティーナポリタン・カツ・サラダ・コロッケ・・・。

 小生の思う洋食とは、美味しい・美味しくないは別として、日本で独自に進化した西洋風の料理が「洋食」。

 しかし、今まで食した多くは、失敗が多い。その失敗とは、洋食に重要なデミグラスソース、是が手作りで無いと洋食屋とは言わない。手作りと言え、缶詰を足して作る様ならファミレスのあの嫌なカラメル味に同じである。

 今回も、デミグラスソースが始から全て手作りですか?とも聞く訳にも行かず、デミグラスソースの使用メニュだけは敬遠した。

111116-07_s.jpg111116-08_s.jpg 注文は、日替わりランチとハンバーグ・ランチ。日替わりランチは、とりと豆腐のおろしハンバーグとイサキの白ゴマ焼き、ミネストローネのスープ、ライスかパンの3品。ハンバーグ・ランチは和風にした。

111116-09_s.jpg111116-10_s.jpg 最初は共にミネストローネのスープ、嫌な味は無く普通に頂ける家庭味。ハンバーグも肉汁どっぱーの嫌なハンバーグでなく普通味。全てに嫌味無く全て薄味、普通に美味しく頂いた。注して言えば特徴は無いが、嫌味も無く誰でも文句無く頂ける。

111116-11_s.jpg111116-12_s.jpg ただ、皿に盛ったご飯はエコ箸では食べにくい。この箸なら、日本風にお茶碗かナイフ・フォークの方が食べ易い。また、イサキの白ゴマ焼き、ゴマが多く白ゴマの味で魚の味が何処かに・・・。

 応対は悪くは無いが、先客のテーブルの片付けの皿音、椅子を片す音が大きい。椅子はずらす物では無く手で持ってテーブル下に片付け、是は客が居れば当然の事である。

※ 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒;
 愛知県海部郡蟹江町大字蟹江本町字丸之内11通57-1・0567-96-5888
 http://www.atmm.net/seiyouken/
※ 蟹江町観光協会|かになび(蟹navi)|蟹江町公式サイト:
 http://www.kaninavi.jp/

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。