掲載:2011年11月05日
111105-01_s.jpg 先日、煙草屋さんで久しく煙草を買ってライターを貰った。最近のライター、流石の中国製で最後まで使える物は先ず無い。ガスが半分位までで使えなくなるのが殆んど。

 そんなライター、使おうとしたが押す所が非常に硬い。形状が細いので指が痛くなるほど、指の力が強い小生でもやっと着火出来る。見て見るとCR対応ライターと有った。

 「子供の事故を防ぐため着火ボタンを”重く”しております」と有ったが、この重さでは大人でも押せない人間も居るというか、着火出来ない人間も居る。是を考えた人間は多分、煙草を吸わない人間で有ろう事は容易に想定が付く。完全な嫌がらせでエゴである。

 何れの事も何事も過ぎれば病気、このライター規格を作った人間も病人なのだろう。

 ライターを規制して、昔から着火事故のある「マッチ」や「ガスレンジ」を問題にしないのも可笑しいと思うし、問題にすること自体が可笑しい。これ等の事故の原因は親の不注意より放任、昔から問題点は同じで、事故は少なく成ったとは思わないのだが・・・。

 ライターは日本製の東海かビックが最後まで使え一番だが、昨今是も見る事は先ず無い。

   (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。