掲載:2011年11月11日
111111-01_s.jpg 旅行に行けば普通の方が買ってしまうのが土産、そんな土産で昔流行ったのが「椎茸茶」、良く貰った。土産物屋さんの店頭で勧められ試飲すれば美味いが、持ち帰れば然程では無く、絶対に最後まで使い切らない(爆)。貰っても同様である。

 椎茸茶・蕎麦茶・昆布茶など色々有るが、健康といわれても余ってしまう。そんな先日、蕎麦茶を貰って食べていたが、半分程が残っていた。やはり是は料理に使わないと・・・と考えたのが蕎麦ご飯。そう、何れの物も料理に使う。蕎麦茶は初めてだが・・・。

 白米に蕎麦茶(実だけの物)と少量の塩を入れて炊いた。結構いける。是で貰った蕎麦茶も最後まで使い切る事が出来るだろう。蕎麦茶、余っている方は是非に・・・(爆)。

 そう、ダイソーのレンジで一合炊き、混ぜご飯系のものには使える。ただいま色々実験中。

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2011年11月10日
111110-01_s.jpg111110-02_s.jpg 先日、久しく「すき家」に行った。其処で小生としては珍しく「すき家」HPに”秋の味覚・旬のきのこたっぷり!4種のきのこをイタリアンテイストにソテーした新トッピング牛丼。フライドガーリックとパセリがアクセントの季節限定メニュー”とある「すき家・きのこペペロンチーノ牛丼」を食べた。

★ きのこペペロンチーノ牛丼・サラダセット(並 350円・サラダセット含む・745kcal)

 しかし、是は小生の中では大失敗、イタリアンのペペロンチーノとは似て非なる味で有った。イタリアンの単純味とは異なり、めっちや複雑味。

 様相は、ぶなしめじ?茸のあんかけにフライドニンニクを掛けたもので・・・、是を牛丼に掛けてある。殆んどフライド・ニンニク味、是なら普通の牛丼にフライド・ニンニクを掛けただけの方が美味しいかも知れない。因みに小生には、唐辛子味はしない。

 やはり、何れの牛丼店であれ、普通の牛丼が一番美味い。

 そうそう、すき家HPには価格が380円と有るが、空港線豊中近辺には他社店舗も2店舗あり、牛丼並価格は何時も250円、地域・店舗限定価格とある。

※ イタリア語で、アーリオはニンニクを、オーリオは油(特にオリーブオイル)を、ペペロンチーノは唐辛子を意味する。

※ すき家WEBサイト:
 http://www.sukiya.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月09日
111109-01_s.jpg111109-02_s.jpg・ 題名: 忘れられた記憶・「老木残秋」

・ 撮影日時: 2011年11月05日午前6時台

111109-03_s.jpg111109-04_s.jpg・ 撮影場所: 兵庫県三田市小野

・ 撮影機材: NIKON D5000 Wズームキット

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月08日
111108-01_s.jpg111108-02_s.jpg 2011年11月05日土曜日、三田市小野、着いて車の室外温度計を見れば何と14℃。豊中は23℃。雨は降って無かったが天気悪し。
111108-03_s.jpg111108-04_s.jpg 到着時の空は未だ明けず、明けた午前7時に販売所も開店。小松菜・ほうれん草・大根・かぶら・白菜等の野菜も出て来た。
111108-05_s.jpg111108-06_s.jpg 秋の名残、渋柿の販売、最後の黒豆の枝豆と栗も一袋だけ出ていた。しかし、此処に来る常連客は食べ飽きたと何方も買わない。
111108-07_s.jpg111108-08_s.jpg 葱は無いのでわけぎ。干し柿も売られ、大根・人参と干し柿の甘みで作るなますは本当に美味い。干し柿は硬い方がいいが。

 当日は三田農業祭、しかし、帰り際には小雨が降り出した。11月霜月初旬。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月07日
111107-01_s.jpg111107-02_s.jpg 先日、何時もジャズのセッションを聞かせて貰っている摂津の「きょん」、其処で「あたり前田のクラッカー」を貰った。

 そう、「あたり前田のクラッカー」と書いてある。大変に懐かしく、美味しく頂いた。この単純な味が好き。今、HPを調べて判った事だが、あの四角いクラッカーは「前田のランチクラッカー・クラックス」と言うらしい。

 しかし、近所のスーパーではこのクラッカーが見られないのは残念。ネットで商品を買う様な事をしない小生には不便。本社が堺市なので近辺には売ってるだろうが、行くことも少ないし・・・。

 そんな事で小生が懐かしく買って食べてるのは、「乾パン」、是は三立製菓、結構買ったりするが、是が太る原因の一因かも知れない(爆)。

※ 前田製菓:
 http://www.atarimaeda.com/
※ 三立製菓:
 http://www.sanritsuseika.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月06日
111106-01_s.jpg111106-02_s.jpg 先日、コンビニで「カップヌードルリフィル」がカップヌードルより安価に売られていたので購入した。

 形状は普通のカップヌードルの様にカップは無く、上蓋に下は熱収縮の黒色ビニールに包まれた製品。食べるには別にカップが居る。ちと買ってはみたが、この製品をメーカーが作った目的がはっきりしない。

 メーカーとしては、あの発砲カップが不要と言う事で安価なのかも知れないが、販売価格が低ければ儲けも少なくメーカーメリットが少ない様にも思う。

 なら、エコかといえば発布カップが黒の充填ビニールで覆われているので原材料的に使用材料が少しは少ないとは思われるが、激減したとは思われない。発砲プラスチックの材料は多分100倍位には膨張するだろう。

 確かにプラスチック材料の黒は再生が一番し易く、多少は安価かも知れないが、メーカーの目的がはっきりしない。

 ま、販売価格が安いと言うのは消費者には嬉しい事なのではあるが・・・。この製品、何れ消えるのかも知れない。

 因みに、日清のカップヌードルリフィルのHPは以下だが、小生のPC設定では見えない。アドビ・フラッシュプレイヤーは多分最新版(現Ver10.318310)が入っているが、個別に閲覧設定をしないと見えない。小生は、余程の事が無いとフラッシュプレイヤーを動かす事はまず無い。

 小生と友人達は、飲食店・宿など、フラッシュプレイヤーを使うHPを持つ店舗に足を運ぶ気はまず無い。HPデザイナー曰く、自分も使うが、あれはお金を取る手段。自信があれば静止画でじっくり見せるが本当。

※ 日清CUPNOODLE | カップヌードルリフィル:
 http://www.cupnoodle.jp/refill/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月05日
111105-01_s.jpg 先日、煙草屋さんで久しく煙草を買ってライターを貰った。最近のライター、流石の中国製で最後まで使える物は先ず無い。ガスが半分位までで使えなくなるのが殆んど。

 そんなライター、使おうとしたが押す所が非常に硬い。形状が細いので指が痛くなるほど、指の力が強い小生でもやっと着火出来る。見て見るとCR対応ライターと有った。

 「子供の事故を防ぐため着火ボタンを”重く”しております」と有ったが、この重さでは大人でも押せない人間も居るというか、着火出来ない人間も居る。是を考えた人間は多分、煙草を吸わない人間で有ろう事は容易に想定が付く。完全な嫌がらせでエゴである。

 何れの事も何事も過ぎれば病気、このライター規格を作った人間も病人なのだろう。

 ライターを規制して、昔から着火事故のある「マッチ」や「ガスレンジ」を問題にしないのも可笑しいと思うし、問題にすること自体が可笑しい。これ等の事故の原因は親の不注意より放任、昔から問題点は同じで、事故は少なく成ったとは思わないのだが・・・。

 ライターは日本製の東海かビックが最後まで使え一番だが、昨今是も見る事は先ず無い。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月04日
111104-01_s.jpg111104-02_s.jpg 先日、旅行途中のイオンタウン弥富の「ダイソー」で、電子レンジ調理器「ご飯一合炊き」を買ってみた。

 電子レンジでご飯を炊くことは以前から紹介しているが、1.5合までは美味しく炊けるが、何故か1合炊くと1.5合以上と比べご飯が硬く炊ける。この少量炊飯と言う物は電気炊飯器で炊いても、浸け時間を長くしても同様である。

 其処で、ダイソーに寄った序に電子レンジ調理器「ご飯一合炊き」を買って見た。

 普段の電子レンジ炊飯は、ジップロックの蓋に小穴を開けた物で炊いていて、是は底が平面だが、買った物は半球状、美味く炊けるかと買って見たが、結果は同じだった。おまけにこの容器、時間設定が少しずれれば形状から必ず吹き零れする。しかし、炊き上がりは、炊飯器と同様には炊ける。

 ジップロックは蓋に穴を開ければ、其処から吹き零れは元に戻るが、この炊飯容器は完全に外に吹き零れ、皿はおもゆの乾燥した物でべとべと、是は難点。中の穴をもう少し大きくするか、吹き零れ時間を完全に把握すれば是は無いのかも知れない。

 ★ その後の追試テストでは、同じダイソーのラーメン容器の方が大きく吹きこぼれせず、1合〜1.5合〜2合程度まで上手く炊ける。こちらの方がいいのかも知れない。炊いたご飯もそんなに変わらない。

 お米を炊くには、「始めちょろちょろ中ぱっぱ赤子泣くとも蓋取るな」と言うが、沸騰するまでは、釜に蓋は無くても問題は無い。問題は、沸騰から後の問題。

111104-03_s.jpg111104-04_s.jpg 因みに、一番最初に炊いた米は、今年の新米に是も今年の赤米を混ぜた。この赤米、何も健康のために混ぜたのでは無い。曰く、このぷちぷち食感が好き。この赤米、先日の旅に立ち寄った道の駅「平成」で安価に手に入れた。

 赤米・黒米、食感は赤米、色と味は黒米。健康を気にするなら、100%の赤米か黒米を炊いて食べないと、少量を混ぜて炊いて食べても、現代の偏食人でも無い限り健康に何ら影響しない。それなら玄米ご飯の方が栄養価がある。混ぜて食べるのは、曰く、健康志向の流行でしかない。

※ レンジでご飯を炊く容器はダイソー「ご飯一合炊き」より「レンジでラーメン丼要らず」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/394026220.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月03日
111103-01_s.jpg 先日の飛騨と明宝・秋満喫の旅、めいほうベルグコテージでの朝食・味噌汁用の味噌を道の駅「ななもり清見」で調達した。

 買った味噌はこうじ屋の昔ながらの「いなか味噌」、500g370円。この味噌で味噌汁を作り、生葱に付けて食べた。小生の思う大豆100%の田舎味噌では無かったが、素直に美味しく頂いた。

 この味噌、昔食べた何かの味噌に似ていると思ったら、「醤油もろみ」にそっくり。原材料が大豆・大麦・小麦・塩等であるから普通の大豆100%味噌と比べれば醤油製法に近いためなのだろう。

 醤油屋で売っている「醤油もろみ」は、何故か無駄な野菜等を漬け込み無理に不味くしてある。金を取らんが為だろうが、美味しく無い。やはり美味しいのは「醤油もろみ」そのもの。

 この味噌、余った物は家に持ち帰ったが、きゅうりに付けて、そのままご飯に付けてと大変美味しく頂いている。

 こうじ屋(糀屋)は、飛騨高山で1924年より味噌の製造・販売をしている老舗店。大豆糀と麦糀を使い、昔と変わらぬ製法で熟成させた味噌は、若干辛めで、香り、コクがとても強い。とネットに有る。

 味噌、今も昔も変わらぬ味がいい。

★ 糀屋 柴田春次商店

・ 住所: 〒506-0841・岐阜県高山市下三之町113
・ アクセス: JR高山本線高山駅より東へ徒歩15分
・ 営業時間: 8時〜17時(日曜〜16時)
・ その他 :  道の駅等でも販売・年中無休・駐車場あり(無料)

※ 飛騨高山 こうじや柴田春次商店:
 http://koujiyamiso.co.jp/
※ 道の駅「ななもり清見」:
 http://www.nanamori.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月02日
111102-01_s.jpg111102-02_s.jpg111102-03_s.jpg

 お友達の事務所で昼食、此処では殆ど弁当を買って皆で食べる。弁当情報は新聞の折込チラシや見つけた店舗から貰って来たチラシ。殆どの店舗チラシが揃っている。

111102-04_s.jpg111102-05_s.jpg111102-06_s.jpg

 そんな弁当、今までは近くの喫茶店の日替わり弁当500円が主だったが、最新の流行は250円から700円まである持ち帰り弁当、全ての料金に同じ内容の弁当があり、おかずの品数が変わる弁当で阪急豊中駅の近くにある。相当売れないと絶対に儲からない様にも思える安さ、古米は確実だが、何処かの食堂の様にご飯が臭いと言う事も無い。

 300円以上から、ご飯の大盛り無料。250円弁当はご飯の大盛りは有料の50円で300円と成るが、それなら最初から300円弁当にすればおかずが少しだが多い。

 鶏のから揚げ弁当などは250円は流石にから揚げだけだが結構から揚げが入る。これ以上の価格だとコロッケや他の物も入っている。

 因みに当日、小生の注文は「焼き魚弁当300円のご飯大盛り」、魚は鰆だった。秋刀魚・鯖で無かったのが残念。

※ 写真は一番上左から、「焼き魚弁当(300円)大盛り」・「だしまき弁当(300円)大盛り」・「白身フライ弁当(300円)大盛り」・「とんかつ弁当(400円)大盛り」・「お弁当プラザ・たべたった」のフライヤー・なか卯のこだわり卵プリン(宇治抹茶)。

※ お弁当プラザ「たべたった」:
 住所:〒560-0021 大阪府豊中市本町3-9-7
 TEL:06-6849-3145

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。