掲載:2011年11月21日
111121-01_s.jpg111121-02_s.jpg 2011年11月19日土曜日、三田市小野、着いて車の室外温度計を見れば何と15℃。豊中は20℃。段々に朝の夜明けは遅くなる。

111121-03_s.jpg111121-04_s.jpg しかし、田舎の朝は早く、夜明けと共に路地野菜販売所は開く。流石に雨の日の早朝、完全な常連さん以外の出足は遅い。

111121-05_s.jpg111121-06_s.jpg 大根・かぶら・ほうれん草・葱・小芋・白菜・菊菜・その他と鍋に最適な冬野菜も揃い始め、柿・干し柿・小豆・生新姜もある。

 多くの野菜と漬け物を買い、先日買った新米の残り15Kgを白米に精米した。そう、気温も15℃を割り込み、米の痛む時期でも無くなって来た。帰り、精白白米をペットボトルに入れ冷暗所に保管する。

 小生は、この方法で来年の桜の咲く時期まで過ごす。それ以降は玄米を同様に保管、毎日の精米で時を過ごす。

 帰り、天気は曇り、11月霜月中晩。

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2011年11月20日
111120-01_s.jpg 大阪・高槻の博多長浜ラーメン・一発屋、毎年一回の恒例イベント、限定らーめん1日100食!が今年も開催されます。詳細は以下のとうり。

 今まで食べた方も、食べ無かったかたも、是非食べて見て下さい。価格度外視の限定ラーメン、絶対お得です。

 シンプルいずベスト、何時も後で判ります。「あー美味しかった」と。

―お知らせ―

 ★★★ 今年もお待たせしました!!!;

 ★ 今年もやります!素材厳選の限定らーめん1日100食!

・ 日時: 2011年11月23日(水)・24日(木)
  今年も素材入手難ですが、やります!上の2日間

・ 価格: 1000円
  (申し訳有りませんが、ビップカード等のサービス券は使えません。)
・ チャーシュー: 鹿児島の純粋種 六白黒豚
・ 味ベース: 干しえび・貝柱・牡蠣を岩手県北上市のいわて醤油の減塩本醸造醤油に漬け込み、アルゼンチンのパタゴニアの湖塩(パタゴニア環境保護地区で作られているので環境汚染物質である重金属類がゼロ)にて味付け。
・ スープ: 六白黒豚全ガラ・阿波尾鶏の胴ガラ・旧物のラオス天然耳昆布。

 麺とトッピングは、美味しい魔法を熟慮中。今年も、例年の如くシャッターを半分降ろしての営業になります。常連のふりして、何方でもお入り下さい。但し、売り切れ御免。

     一発屋 店主 敬白

―――――

※ 写真はHPから借用。
※ 博多長浜ラーメン 一発屋:
 http://blog.ippatsuya.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月19日
111119-01_s.jpg111119-02_s.jpg 以前見つけて珍しいと思っていたのだが、何処に有ったか判らなかった。其れが今回の旅で再度見つけた。小生だけが珍しいと思うだけかも知れないが、有る所には一杯有る竹。

 其れがどんな竹かと言えば、名前を蓬莱竹と言う。三重県桑名市の東名阪自動車道上にある大山田P.A(おおやまだパーキングエリア)、の喫煙所横に有る。

111119-03_s.jpg 何が珍しいかと言えば、町には中々無いが、昔は是を釣竿として釣竿屋さんで売っていた釣竿竹。多分、昔の人間は少年時代に是を買って釣りに没頭したに違いない竹、本当に久しく見た。

 この竹、最初の利用は繊維を火縄銃の火縄の材料とするため日本へ渡来したとされるが、歴史とは面白い。下から上に節間隔も狭く、釣竿の様に順次先まで上手く細く成って居る。本当に懐かしかった。

※ ホウライチク - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%AF

★ 今回の旅の関連記事一覧:

@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月18日
111118-01_s.jpg111118-02_s.jpg 当日の愛知県海部郡蟹江町の日帰り旅、散策と温泉と少しグルメと、其れを終えた夕飯はやはり是でしょうと行った場所が今回で3回目の四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」。

 是で此処に最初に来てから、毎月来ている勘定に成る(爆)。何時もこの近辺の温泉とセット。

111118-03_s.jpg111118-04_s.jpg 国道1号線のテルマ55を出て国道23号線沿いに四日市方向、橋を2つ渡り四日市、船員会館が見えて来る。其れが見えての信号1つ目を左折れ、港内に入り100m、其処の左側に大遠会館・まぐろレストランが有る。

111118-05_s.jpg111118-06_s.jpg 駐車スペースには車が10台余り、到着は午後6時13分、丁度夕食時。食事を終えたお客さんが家族で出てくる。早速サンプルを見て本日のメニュを決め食券を買う。本日は北海親子丼(1000円)と中トロ定食(1280円)、ダイエットのためご飯を大盛りにする事も無く、この日は小鉢も取らなかった。

 注文をして、お茶を飲み待つも、10分ほどの間に小さな子供さんを連れた親子連れ、カップル、夫婦など多くの方が食事にこられた。流石の土曜日。

 出来上がったメニュを貰いに行った時に数えるとお客さんの数はざっと40名余り、小さな子供さんも5名ほどいた。此処に小さな子供さんを連れて来ても、刺身で骨が無く、また油物やサラダ類もあり、食べる物に困る事も無い。

111118-07_s.jpg111118-08_s.jpg111118-09_s.jpg

 そんな北海親子丼と以前も食べた中トロ定食、本日も美味しく頂いた。北海親子丼を食べた小生、ネギトロ定食も食べたかったが、ダイエットのため腹八分目で止めた。後で考えても是で丁度いい。

111118-10_s.jpg111118-11_s.jpg111118-12_s.jpg

 是で今まで食べた定食と丼は、大遠定食・中トロ定食×2・盛り合わせ刺身定食・海鮮丼定食と本日の北海親子丼の6品、酢飯は何時も品切れで食べた事が無い。

 次回行けば、やはり定食類と丼、丼は五色いくら丼定食(1000円)・ポキ丼定食(880円)・ネギトロ定食(780円)・鉄火丼定食(780円)が残り。次回は多分、ネギトロ定食か鉄火丼定食(爆)。

※ 大遠会館 まぐろレストラン:
 三重県四日市市富双2-1-4 大遠会館・ 059-365-6064
 http://www11.ocn.ne.jp/~daien/index.html
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/maguro-daien/

★ 以前の訪問記:

※ そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋)
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html
※ 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年夏):
 http://m-jun.seesaa.net/article/224200169.html

★ 2011年の師走・4回目の訪問記事:(追記):
※ 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年師走)
 http://m-jun.seesaa.net/article/242828501.html

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月17日

 ----------

【ネット情報】

2015年1月15日 「富吉天然温泉 いづみの湯」としてリニューアルオープン。価格・電話番号・営業時間等が変更されているとの事です。

※ 富吉天然温泉 いづみの湯:
 http://1126onsen.info/onsen/267
 https://www.facebook.com/%E5%AF%8C%E5%90%89%E5%A4%A9%E7%84%B6%E6%B8%A9%E6%B3%89-%E3%81%84%E3%81%A5%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%B9%AF-1458915191102872/

 ----------

★ 平成24年12月31日を持って、施設老朽化のため閉店との案内がブログ情報に有りました。

 ----------

111117-01_s.jpg111117-02_s.jpg やって来ました、長島温泉シリーズ(爆)。この近辺の温泉シリーズの5回目、何れの温泉が一番小生の足腰に効くかの調査シリーズ。今回は蟹江に有る富吉温泉・テルマ55である。

111117-03_s.jpg111117-04_s.jpg ネットには当該温泉の情報は多く有るが、病状に効く効かないの情報というのは温泉情報として殆んど無い。小生は堆甲板ヘルニアで左足は冬の酷い時にはリュウマチ状態に成り、肩こりも有る。昨今の気温の変化にも非常に敏感である。

111117-05_s.jpg111117-06_s.jpg この温泉、国道1号線に面し高温の天然温泉、泉質はナトリューム塩化物・炭酸水素塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)で、適応症は神経痛・筋肉痛・間接痛・五十肩・運動麻痺・・・と有る。

111117-07_s.jpg111117-08_s.jpg 入浴料金は大人500円と大阪の銭湯料金より少し高い程度、中にサウナも有る。石鹸は無く、ボデーシャンプーとシャンプーは有る。情報により石鹸は無いとの事なので、肌の弱い小生は石鹸等の風呂セット持参。

 ただ、更衣室ロッカーに10円要る。服を脱ぎ浴場に入ると、とにかく熱く、直ぐにのぼせそう。大中小の浴槽の温度が違うとのこと、一番小さい浴槽の温度が一番低いと言う事なので其処から順に高温の風呂に入るが、直ぐにのぼせる。露天風呂は頭が涼しいと思い移動するも、其処でも結構のぼせる。

111117-09_s.jpg111117-10_s.jpg 是が湯の熱さから来る物なのか、塩化物泉から来る物なのか不明だが、とにかく熱い。時々外で休憩、冷水でタオルを冷やし、頭に載せ入浴、体と頭を洗い上がる。凡そ1時間、このお風呂、夏場なら相当にきついが体だけは充分に温まる。

 風呂を上がり明治ミックスジュース、やはり是は大きなメーカーほど美味しくない。

111117-11_s.jpg111117-12_s.jpg 畳の休憩所にて少し相方にマッサージをして貰った。風呂が効いたか、是が効いたか、翌日は快調だった。しかし、小生の症状にはやはり今までの温泉の方が効く感じがする。

 ただ、この温泉、入口に有る入館お断りの注意書きの一部項目は殆んど守られていない(爆)。

※ 富吉温泉・テルマ55:
 〒497-0044 愛知県海部郡蟹江町蟹江新田字与太郎175
 TEL:0567-95-5161・10〜23時・入浴500円

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月16日
111116-01_s.jpg111116-02_s.jpg 少しの時間、蟹江町の散策、車に戻り本日の昼食場所に決めた洋食・西洋軒に移動する。移動時間10分余り、此処も住宅街の真ん中に有った。駐車場には既に車が5台ほど停車していた。

 正直、小生が昼食を選択するのに洋食と言うのは先ず無い。なら何故此処に来て洋食を選択したかと言えば、HPが手作りで有ったため(爆)、単純です。そして、メニュの一番上がハンバーグだったから。そう、此処のメニュは洋食屋さんとして正統派。

111116-03_s.jpg111116-04_s.jpg111116-05_s.jpg111116-06_s.jpg

 カレー・ハンバーグ・オムライス・スパゲティーナポリタン・カツ・サラダ・コロッケ・・・。

 小生の思う洋食とは、美味しい・美味しくないは別として、日本で独自に進化した西洋風の料理が「洋食」。

 しかし、今まで食した多くは、失敗が多い。その失敗とは、洋食に重要なデミグラスソース、是が手作りで無いと洋食屋とは言わない。手作りと言え、缶詰を足して作る様ならファミレスのあの嫌なカラメル味に同じである。

 今回も、デミグラスソースが始から全て手作りですか?とも聞く訳にも行かず、デミグラスソースの使用メニュだけは敬遠した。

111116-07_s.jpg111116-08_s.jpg 注文は、日替わりランチとハンバーグ・ランチ。日替わりランチは、とりと豆腐のおろしハンバーグとイサキの白ゴマ焼き、ミネストローネのスープ、ライスかパンの3品。ハンバーグ・ランチは和風にした。

111116-09_s.jpg111116-10_s.jpg 最初は共にミネストローネのスープ、嫌な味は無く普通に頂ける家庭味。ハンバーグも肉汁どっぱーの嫌なハンバーグでなく普通味。全てに嫌味無く全て薄味、普通に美味しく頂いた。注して言えば特徴は無いが、嫌味も無く誰でも文句無く頂ける。

111116-11_s.jpg111116-12_s.jpg ただ、皿に盛ったご飯はエコ箸では食べにくい。この箸なら、日本風にお茶碗かナイフ・フォークの方が食べ易い。また、イサキの白ゴマ焼き、ゴマが多く白ゴマの味で魚の味が何処かに・・・。

 応対は悪くは無いが、先客のテーブルの片付けの皿音、椅子を片す音が大きい。椅子はずらす物では無く手で持ってテーブル下に片付け、是は客が居れば当然の事である。

※ 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒;
 愛知県海部郡蟹江町大字蟹江本町字丸之内11通57-1・0567-96-5888
 http://www.atmm.net/seiyouken/
※ 蟹江町観光協会|かになび(蟹navi)|蟹江町公式サイト:
 http://www.kaninavi.jp/

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月15日
111115-01_s.jpg111115-02_s.jpg 当日、朝早く家を出た。小生の行動は何時も早い。人様が動く前に動き、人様が動く後に動く、是が渋滞に合わない行楽シーズンの過ごし方、しかも当日は土曜日。

 本当に写真を写すなら、被写体を探すには暗い内がいい。そして、夜明けと共にシャッターチャンスを狙う。そんな旅が写真撮影旅だが、本日は散策旅、明るい時間の散策。でも、少し早い時間に家を出て、名神高速道路、新名神高速道路を進むと霧の情報が出た。

 甲賀から鈴鹿付近が霧、以前も霧の時が有ったが本日の霧は酷い。視界は200m程度。出ていた制限速度は80Km/h、本当にこの速度がぎりぎり。多くの車が先行車のテールランプと白線を目印に走行車線を走る。

 そんな中、後ろからライトをアップにし、追い越し車線を猛スピードで走り抜ける自分勝手な馬鹿ドライバーもいる。昨今、本当に何時事故に巻き込まれるかも判らない。

 そんな夜道を走り御在所SAに到着、少し休憩。車の窓が汚れ見ずらいのでトイレでタオルを濡らし窓を拭くと共に、ボデー全体を拭く。本当に友人のおかげで身に附きました(爆)。

111115-03_s.jpg111115-04_s.jpg 朝、ご飯を食べて来たが、小腹が空いたので此処でうどんかそばを食べようとSA内部軽食レストラン、彦○衛にてきつねそばを食べる。大阪や地方に最近流行のファミリーうどんチェーンの様相なので多少の美味しさを期待したが・・・、是は酷い。大阪弁で言う「もみない」、出汁の香りと味が全くしない。蕎麦も冷蔵庫臭がする。出汁醤油だけでも、もう少し味と香りがするだろうと思うのだが、それ以上のもの。

 其処で案内にある広域道路情報(2011年11月12日08時34分現在)を確認。

・ 事故:11箇所
・ 火災:1
・ 故障:13台
・ 落下物:6箇所

 こんなに酷い情報表示も初めて見た。そこかしこにマーク点燈。しかし、昨今のドラーバーの運転マナーを見て、さもあらん。事故に巻き込まれないように注意しなくてはと再認識。

 御在所SAを出て高速道路を蟹江に向け走行、四日市東IC少し手前で渋滞停止、ハザードランプ点等。広域道路情報で見た車火災が上り車線(名古屋方向)だった。道路情報地図から見れば下り車線と思ったのだが・・・。

 停止位置から100m程進むと、横が四日市東ICだったので其処で降りた。火災・消火・検証と考えれば直ぐに動くはずは無いとの考え、多分正解。

 東名阪自動車道路の蟹江インターまで行くつもりだったので、あと桑名・桑名東・長島・弥富・蟹江の5つのICが有る。高速を降り国道1号線を東に、最近何度も走る1号線の見慣れた風景を見ながら蟹江に向かう。JR蟹江駅まで丁度1時間ほど掛かった。

111115-05_s.jpg111115-06_s.jpg JR蟹江駅、観光案内図でも有るだろうと思ったが無く、駅構内にもパンフレットらしき物も無い、ちと先が見えた気がする(爆)。この辺り、家が建て込んでおり、情報が無いと歩く事も難しい。其処で蟹江町役場なら何か有るだろうと其処を目指すが、本日は土曜日、でもとにかく向かう。

 蟹江町役場、やはり役場前に有りました。蟹江町観光案内図。蟹江町は以前来た尾張温泉の町、海抜0m地帯でもある。道も狭く、歩くにも車を置く場所が無い。街の様にそこかしこにコインパーキングが有る町でも無い。

111115-07_s.jpg111115-08_s.jpg 近所の方に聞けば、歴史民族資料館には駐車場が有るとのこと、其処なら置けるとの事で其処に向かう。其処に入る道も細く、ナビが有っても迷うので聞いて良かった。

 歴史民族資料館の駐車場に車を置き、折角なので資料館を見学、子供の頃に実際に触った農機具が展示されていた。同行者に使い方を説明(爆)。そう、今の方は多分使い方は判らないだろう。実際に展示されるなら実際使っている写真若しくは動画があれば素晴らしく思う。

111115-09_s.jpg111115-10_s.jpg 資料館を出て、聞いた所に寄れば井戸しか残っていないと言う蟹江城跡を見学、本当に住宅街の真ん中に碑と井戸の枠石しか残って居なかった(爆)。其処から信長街道、細く折れ曲がった道を歩くが、確かに道並みは古いが、建物は新しいものばかり、少し残念。ただ、本当に静かな町であった。

111115-11_s.jpg111115-12_s.jpg この信長街道の行き返りに本日昼食場所の候補だった「うどん処・三六」横を通ったが、帰りは流石に昼食時間の12時数分前、有名店の駐車場は流石に満車だった。ただ、この近くの某鰻屋さんの駐車場に車は無かった。

111115-13_s.jpg111115-14_s.jpg ネットで調べた当日の蟹江での昼食候補店は、魚料理:浜舟・うどん:三六・うなぎ:タテマツ・洋食:西洋軒で本日は洋食:西洋軒にした。

※ 蟹江町観光協会|かになび(蟹navi)|蟹江町公式サイト:
 http://www.kaninavi.jp/
※ もみないとは - 大阪弁 Weblio辞書:
 http://www.weblio.jp/content/%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%84

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月14日
111114-01_s.jpg111114-02_s.jpg 旅をすると高速のSA・道の駅でバイク集団のツーリングや単独ツーリングのバイクに出会う事が何時も、そんなバイクでメジャーなのがハーレー・ダビットソン、とにかく日本のハーレー・ダビットソン乗りは本当に走行マナーがいい。

 ピカピカに磨かれた車体、ゆっくりの無理をしない走行、道を譲るまで無理な追い越しはしない、譲れば必ず挨拶がある。是が小生のハーレーやBMWバイクに乗るバイク乗りの皆さんへの評価である。曰く、格好がいい。

 車に乗っていて、無理な追い越し、事故、それらのバイクは今まで見た全てが日本製スポーツバイクで有った。中央高速自動車道路で車にお釜、飛び上がるバイク乗りも見たが、良く後続車に引かれなかった物だ。小生も、今まで無謀バイクにお釜された事が2回もある。

111114-03_s.jpg111114-04_s.jpg111114-05_s.jpg

 そんな今回の旅の御在所SA、煙草を吸うために喫煙所に行くと、其の前に良く磨かれた昔の形のバイクが止まっていた。新車?、そう思うほど綺麗なバイク、煙草を一服吸い再度バイクを見ると何とエンジンは水平対向、こんなバイク初めて見た。何処の車?と思いエンブレムを見るとBMWのバイクで有った。

111114-06_s.jpg111114-07_s.jpg111114-08_s.jpg

 水平対向エンジン、バイク乗りで無くても重心が低くバランスが良く、エンジンとしては理想系だが燃費が悪いとの噂は知るエンジン。エンジンも静かに作動、キックもエンジンシャフトに附いており横には無い。

 このバイクには滋賀のナンバープレートが附いていた。ネットで見たバイク情報は以下。

★ R69S(1960年発売) - R69の高性能版。ボアφ72mm、ストローク73mmの594cc。42馬力/7,000rpm。キャブレターはビング製φ26mm。

 エンジンは空冷水平対向2気筒(フラットツイン)、駆動伝達はシャフトドライブが基本である。このエンジンは、車体の左右にシリンダーが突き出すという、オートバイとしては特異な外観が特徴である。

※ BMW・Rシリーズ - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BBR%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
※ 水平対向エンジン - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E5%AF%BE%E5%90%91%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

★ 今回の旅の関連記事一覧:

○ そうだ!旅に出よう!!!海部郡蟹江町・三重県四日市「西洋軒・テルマ55・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235020826.html
@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月13日
111113-01_s.jpg111113-02_s.jpg 2011年11月13日(土):そうだ!旅に出よう!!!、今回は愛知県海部郡蟹江町。日帰りの行動を旅と言うかどうかは個人の判断に寄るが、そう、9月にも行った長島温泉方向の日帰り温泉入浴が目的の旅、結構嵌っている(爆)。

111113-03_s.jpg111113-04_s.jpg 今回の日帰り温泉は、愛知県海部郡蟹江町蟹江の「テルマ55」。長島温泉方向の温泉は沸かさない高温泉、曰く小生の中の本当の意味での温泉である。そんな温泉に浸かる事が目標で愛知県海部郡蟹江町の散策も兼ねて付近の散策と庶民のグルメを探し行って来た。

111113-05_s.jpg111113-06_s.jpg 当日、朝早く家を出た。小生の行動は何時も早い。人様が動く前に動き、人様が動く後に動く、是が渋滞に合わない行楽シーズンの過ごし方、しかも当日は土曜日。

 本日の散策は愛知県海部郡蟹江町、昨今は本当に便利、日本全国の情報が溢れている。しかし、本当は歩いてみないと判らない。昔の街が残っている所は本当に少なく、期待は大きく無い方がいい(爆)。歩く、曰く散歩。

 そんな中に庶民のグルメ、本日の昼食は洋食かうどんかうなぎ・・・。ネットで得た情報を元に旅して来た。

★ 旅の概要:

○ 日時: 2011年11月12日(土)・天気 快晴

@ 大阪からの距離: 凡そ往復350Km
A 使用ガソリン: 凡そ23L(スズキスイフト・1200CC/CVT)
B 旅行代金: 凡そ15000円/2名(高速・ガソリン代含む)
C 道程: 名神高速道路(吹田) ⇒ 新名神高速道路 ⇒ 四日市東IC ⇒ 海部郡蟹江町散策 ⇒ 蟹江町の洋食屋・西洋軒 ⇒ 富吉温泉・テルマ55 ⇒ 四日市・大遠会館 まぐろレストラン ⇒ 新名神高速道路 ⇒ 名神高速道路(吹田)
D 2人での飲食:

・ 御在所SA彦兵衛: きつねそば×1 
・ 西洋軒: 日替わりランチ(コーヒー付き)×1・ハンバーグランチ(紅茶付き)×1
・ テルマ55: ミックスジュース×1
・ 大遠会館 まぐろレストラン: 北海親子丼×1・中トロ定食×1

★ 今回の旅の関連記事一覧:

@ 御在所SA・思わず目を引く「BMW−R69S」
 http://m-jun.seesaa.net/article/235045365.html
A 愛知県海部郡蟹江町散策(2011年秋);
 http://m-jun.seesaa.net/article/235095437.html
B 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235239705.html
C 富吉温泉 テルマ55(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235295549.html
D 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html
E 懐かしい釣竿の竹・蓬莱竹(大山田P.A上り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235831687.html

★ 今回の旅・情報一覧:

※ 蟹江町観光協会|かになび(蟹navi)|蟹江町公式サイト:
 http://www.kaninavi.jp/
※ 愛知県蟹江町の洋食屋・西洋軒;
 愛知県海部郡蟹江町大字蟹江本町字丸之内11通57-1・0567-96-5888
 http://www.atmm.net/seiyouken/
※ 富吉温泉テルマ55:
 〒497-0044 愛知県海部郡蟹江町蟹江新田字与太郎175
 TEL:0567-95-5161・10〜23時・入浴500円
※ 大遠会館 まぐろレストラン:
 三重県四日市市富双2-1-4 大遠会館・ 059-365-6064
 http://www11.ocn.ne.jp/~daien/index.html
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/maguro-daien/
※ そうだ!旅に出よう!!!桑名・四日市「はまぐりプラザ・長島温泉・まぐろレストラン」日帰り旅(2011年夏):
 http://m-jun.seesaa.net/article/223821683.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年11月12日
111112-01_s.jpg111112-02_s.jpg 先日、以下の記事を書いた。

※ 車の手入れ・ワックス「艶王」と「超ガラコ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/231013373.html

 小生、何故か洗車すれば直ぐに雨が降る(爆)。車庫は一応屋根ありだが、天上だけなので周囲には雨が掛かる。そんなワックス「艶王」、先日塗布してから手洗い洗剤洗いを3回した先日、三田行きで雨が降った。

 そんな停車時の雨粒の状態。未だ熱が掛かるボンネットでも充分に効き目は有る。しかし、ボンネット先端の方が上部に比べ雨粒は大きく濡れていることが判る。また、ボンネット上部より屋根上の雨粒は半分以下で、未だ最初に塗布した状態で、駐車場の屋根の効果が大きいのは当然。

 また、ガラスも雨粒に成っているが、是は「超ガラコ」を塗布してから数ヶ月の状態で効果は充分、少量の雨ではワイパーを動かす事は少ない。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。