掲載:2018年07月01日
 最近の昼食と言うのは、外食かスーパー等の安売り店、大凡半々。そう、1食あたりの塩分量が健康には悪い即席麺を多分年間100個(袋)は食べている勘定には成る。

 毎回、目新しい物が有れば吟味は有るがそれにする。ただ、幾らの有名メーカー品でもシリーズ的に自分は絶対に買って食べないシリーズが有る。何故かそのシリーズの何れを自分が食べても、気分が悪く成るのである。曰く、体に合わない。

 一度、友人がこのカップを丼に入れ替え、この新製品どう?と自分に出した事が有ったが、見事にこのシリーズ、食べれば気分が悪く成ってこのシリーズで有る事を言い当てた。それほどこのシリーズには特徴が有ると言う事でもある。

 そんな最近、新製品として売っていたのが「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」、普通の「日清のどん兵衛」に「おあげ、牛肉、天ぷら」の具材3種類が入ったどんべいである。

 うどん屋では、此処に生玉子を入れれば「スタミナうどん」である。

 何故買わなかったかと言えば、何せ高い!。自分が安売り店で見た価格は275円(税別)、毎週何処かのスーパーには「どんべい」や「まるちやん」が今でも特売100円(税別)で売っているのに誰が是を買う?。

この特売100円を種類の違う2個を買い具だけを使うとか、今は何処のスーパーでも売っている4枚100円の甘辛く炊いたうどん・いなり用の「薄揚げ」を買って居れても是より安価。

因みに、友人も是を買わないで其れならとこの薄揚げを買ってた(爆)。薄揚げの残りは友人の事務所の冷蔵庫に入っている。

 この様な考えの小市民、「ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX2142kcal」が関西で発売されてもネタでも買わない。理由は、先ずは完食は無理だろうし、麺をふやかす時間は麺が4倍も有るに3分、つまり麺は今迄の麺と同じと言う事、ならゆっくり食べれば麺は確実に伸びる。

 この様に4倍の超超超大盛を食べるなら、2倍の超大盛を2個食べた方が美味しく頂けると言う事、確かに「超超超大盛・メーカー希望小売価格:385円(税別)」の方が「超大盛・メーカー希望小売価格:220円(税別)」×2より少しは安価だが、市場価格は多分そんなに変わらない。

 やはり、即席めんとは言え美味しく食べられ安価で無いと意味が無い。ただ、健康を気にする方はほどほどにしないと、毎日1食は即席めんと言う某県の様に、寿命は確実に短かく成る。原因の一因は、書いた様に先ずは塩分量の取り過ぎ。

※ 日清のどん兵衛:
 http://www.donbei.jp/
※ まるか食品株式会社:
 http://www.peyoung.co.jp/
※「ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX2142kcal」:
 http://www.peyoung.co.jp/products/1001/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年06月30日
20180630-01_s.jpg -----------

 昨日の深夜のニュースでは、高山本線、下呂付近土砂崩れで埋もれたとのことで高山ー下呂間は終日運転見合わせになる見通し。また、今日、2018年06月30日午前0時過ぎ、大阪北部、先ほどからすごい雷です。何れも大きな事が起こらないといいですね。祈ります。

 此方の雷、地響きがするような雷です。

 -----------
 飛騨小坂「ひめしゃがの湯」日本屈指の成分が濃い天然炭酸泉である。飛騨小坂に泊まる場合はこの温泉横にある下島温泉「仙游館」に泊まる。

 今回の予定は日帰り、もし此処の温泉が効かず体調が戻らなければ宿を探すか、最悪は車中泊を覚悟でこの日蕎麦を食べに来た。昨日書いた様に、この日蕎麦を食べに来るのに毎日の様に大阪の万博温泉「おゆば」にて体調を整え飛騨小坂にやって来た。

 蕎麦を気持ちよく3枚食べ、午後3時過ぎに「ひめしゃがの湯」に、料金を支払い早速浴室に、何時もと違い梅雨の時期の晴天、何時もよりお客さんが多かった。

 大阪には人工炭酸泉は多く有るが、此処の炭酸泉は天然、しかも日本屈指の濃さ、其れが露天ではごぼごぼ音を立てて湯船に注がれている。その注ぎ口には顔を近づけないで下さいとの注意書きがあった。強い炭酸で体調が変に成るらしい。

 この源泉では湯船の何処にいても硫黄臭らしき物がする。気候も天気も空気も良く、温泉気分は最高である。この日の源泉温度は25.5℃、冬には浸かれないが、この日は気分よく浸かれた。

 源泉に10分、温かいお湯に10分、是を交互に浸かり、体の温まり具合と浸透具合を確かめ交互に3回、1時間露天に居た。室内浴槽にも浸かり体を洗い1時間、上がればほんのり体が赤かった。

 其処から畳の休憩所で大の字に成って少し寝た。休憩時間2時間、合計4時間、飛騨小坂巌立峡「ひめしゃがの湯」にいたが、今日は本当に効いたと思った。

 この日、帰りには大阪出発時の元気さ以上に元気が戻っていた様に感じ、元気に日帰りで帰阪出来た。元気な方には関係が無い温泉効能ですが、効きます飛騨小坂巌立峡「ひめしゃがの湯」。

 自分が再度行きたい温泉は、日本一のラジューム温泉「三朝温泉」、多分長島温泉より効きます。体調が悪い時、本当に効く温泉に近い方が本当に羨ましい。

 堆甲板ヘルニアの自分が入って確かめ、この温泉は本当に”効く”と思う有名所は、南紀「湯の峰温泉」、群馬「草津温泉」、三重「長島温泉」、鳥取「三朝温泉」、奥飛騨温泉郷「ひらゆの森」。しかし、効いたのは全て源泉かけ流し。他の此処10年で行った温泉と効き目はこのブログに記載してある。

 温泉では無い風呂で此処は日本一気分が良いと言う風呂は、誰に聞かれても上高地、小梨平キャンプ場の風呂と答える(爆)。

★ ひめしゃがの湯:

・泉 質 : 含二酸化炭素-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
・営業時間:10:00 〜 21:00(入浴受付は20:30まで)
・休館日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)
・レストラン: ひめ亭
・所在地&電話番号:

 〒509-3111 岐阜県下呂市小坂町落合1656
 TEL 0576-62-3434

※ 巌立峡 ひめしゃがの湯 〜天然炭酸泉の日帰り温泉〜:
 http://himesyagaspa.web.fc2.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年06月29日
20180629-01_s.jpg20180629-02_s.jpg20180629-03_s.jpg

 ----------

 昨日、ニュースで飛騨小坂川が氾濫と有った。何も被害が無いといいが・・・。

 今深夜1時半、万博おゆばから帰って来た。途中の国道十字路交差点、自分達の方向は信号は赤で止まっていた。其処に救急車のサイレンが聞こえ、暫くすると右道路から救急車が見えた。自分達の信号は青に変わったが、先頭の何台かは交差点に進入、救急車は信号中で止まった。是が今の運転手の殆どの人間の救急車サイレンに対する対応、今の日本、何もあった物では無い・・・。何か学校で道徳が教科に成るらしいが、そんな話では無い。三つ子の魂、百まで、学校以前の問題と自分は思う。

 ----------

 最近の体調は本当に優れず、何時また飛騨小坂に行けるかも知れず、意を決して1週間の体調を整える時間を取って日帰りで蕎麦を食べに行って来た。

 旅前の1週間は毎日の様に万博温泉「おゆば」に行って体調を整えた。が、行く前々日「おゆば」で元気度を計れば55%、もしもの時には何処か宿で泊まるか、無ければ車中泊を覚悟の寝袋インナーを積んで出発。

 先ずはコンビニでお茶を買い、ガソリンを満タンにして名神吹田インターを入る。時間は少し遅れて7時、急ぐ旅では無いが、とにかく京都を7時以前に通過しないと何時も名神は混む。

 その様な名神を走り、大津を過ぎれば徐々に車が少なく成る、大津を過ぎて定速走行のトラックを探すが、この時間には無い。大型トラック皆100Km/h以上のスピード、リミッターは付いて無いの?と思うトラックばかり。トラックが大型観光バスを追い抜いて行く。

 流石に、この時間ではメジャー運送会社のトラックは一台も見かけない。そう思えば、追い越し車線を70Km/h程度のスピードで何キロも走る車、是にも困る。パトカーが来れば捕まるのを知らないらしい。

 仕方ないので一人で定速走行をするが、希薄燃料のファミリーカー、アップダウン対応には本当に足が疲れる。

 80Km/hの定速以外の全ての車に追い越され、何時も集団の一番後ろに成るが一向に気にしない。困るのは、車間距離無く自分の前にウインカーも無く飛び込む車、この様な車は誰にも迷惑、多くは追い越し車線で後ろの車に追われての飛び込み急ブレーキ、危険極まり無い。この飛び込んだ人間、決して自分が悪いことをしたとは思っていない。多分、文句を言えば車間距離を見たと言うだろう。今の車、効かない緊急停止装置よりドライブレコーダーを標準装備にしないといけない。

 車の追い越し、ウインカーを出してから点滅3回以上、3秒以上って習わなかったの?。多分是も知らないだろう。交通法規、100点を取らないと通らな、今の時代は是でいいと自分は思う。

 この様な車は前の車との車間距離は見ても、飛び込んだ後ろの車との車間距離は見ていない。最近、この手の車は増加傾向に有る。

 これ以上に困るのが直線暴走族、トンネルやカーブに入ると急にブレーキを踏み80Km/h以下に減速する車、名神高速道路で前に車が居るならいざ知らず、ブレーキなど一度も踏まずして走行出来る筈、前が見えてカーブで踏むのはアクセル。R400でスピードダウンせよとは名神高速の何処にも書いていない。カーブでアクセルから足を離すので、車が傾いたり流れたりするのです。アクセルから足を外して良いのは直線。

 この様な運転をする人間がいるので、最近報道でも話題のトラブルに成るのです。高速では、渋滞停止以外でブレーキを踏む方の運転はやはり可笑しい。

 東海北陸に入るまでに煙草休憩3回、本当にゆっくり進むが進むほどに天気快晴に成り太陽が眩しい。

 東海北陸に入れば今度は東海環状の分岐、富加関への分岐、注意して分岐を進む。間違わず良かった。東海環状に入れば自分の車1台のみ、対向車にも出会わず富加関インターを出る。

 流石に地道、関方面からの車は多いが混んでいると言う状態でも無く、10分で毎度の道の駅「平成」でトイレ休憩、店内で何時もの「明宝ハム」を見たが1本食べれば蕎麦を余計に食べられないので購入を中止、でも考えれば帰りの時間は閉まっているので土産に買っとけば良かった。

 「平成こぶし街道」、流石の梅雨の時期、道端の雑草が伸び日中は良いが帰りの夜はカーブの読みが出来ず、対抗車も有り走りずらい事が予想された。帰り案の上だった。

 「平成こぶし街道」から飛騨金山、国道41号線でも一定速度の定速走行、自分の後ろに付いた車は直線では自分の後ろに顔が見える程の距離に居るが、カーブでは相当に後ろに成る。其れが気にくわないのか、直線ではスピードを出して自分の後ろに急接近する。抜ける場所でも抜かない。

 とにかく道路では一定速度で走れば危険も少ない。カーブでアクセルを離すのでその様な運転に成るのです。

 国道41号線で前に観光バス、国道41号線の半分以上ははみ出し禁止の黄線、追い抜ける場所は登りなどの直線が白線、此処でこの観光バスを抜いた。後の車も付いて来るかと思ったが其れは無く、後は後続車の無い一人走り、本当に楽です。

 飛騨小坂の分岐で何時もの写真を撮り、一路濁河温泉方向、途中の道の駅「はなもも」で露地野菜を見た。目に附いた「間引き人参」2袋、「キャベツ」1個、「山椒パック」を硬く無い事を確かめ全て買っても良いかとお店の方に尋ね、有った全て10パックを買った。10パックと言ってもパックが小さく多分全てで1Kg程度、2名の方の出品、1パック100円と80円、素直に喜ぶ。

 此処まで来れば本当に空気が良い事を実感、思わず深呼吸、天気快晴の梅雨の合間。

 10分で「平氏ヶ原」、何時もの様に店の写真を撮りお土産を持って店内、

「あっれー、お久しぶり」
「今日は一人です」

 先ずはお品書きを見て写真に撮るが「魚」が無い、残念、其処で先ずは、

「山掛けざる」
「ざる」
「ざる」

 の3枚をゆっくり外の景色を楽しみながら食べた。車なので呑めないのが残念、前のご婦人が日本酒に蕎麦、羨ましい。蕎麦はやはり、水・空気・蕎麦粉。

 此処のご主人も自分と同様に若い時のダメージで足腰が痛く、畳に座れないらしく、入口のテーブルに移動して少し話した。最近は自転車に乗り筋力維持中とか。

 御岳山の噴火では蕎麦も灰が附きダメージが有ったとのこと。また、営業時間も午後3時までにした事も聞いた。

 午後3時閉店、支払いをして奥さんが、

「何処かにお泊まりですか?」
「いえ、温泉に浸かって疲れを取りゆっくり帰ります」
「其れは大変、お気をつけて」
「はい、また来ます」

 店を出て、店から10分の日帰り温泉「ひめしゃがの湯」、駐車場に結構な車、タオルを持って店内へ、畳の休憩所には結構なお客さんが居られた。

 早速温かい炭酸泉に入り、温まって露天の温かい湯、温まって源泉を見ればお客さんが浸かって居られたので挑戦、何が挑戦かと言えば此処の源泉は温かくない冷泉。今迄に2〜3回しか浸かった事が無い。

 冷泉に浸かっている方に、

「今日のこの温度は幾ら位でしょうかね?」
「さっき計って居られた方に聞けば、25.5℃で今日はこの天気で少し温かいらしいです」

 炭酸泉、自分の感覚では10分以上浸かっていないと効果は無い。其処で冷泉に10分、温かい露天に10分、其れを3回、室内温泉にも浸かり、体を洗い再び温かい温泉、筋肉痛が収まるまで2時間ほど露天と浴室に居た。

 上がり畳の休憩所、座布団を背中に置き、健引きを伸ばし大の字に成って暫く寝た。炭酸泉が効いたのか、出発時の体調に戻った様なので帰れそう。「ひめしゃがの湯」に合計4時間ほど居た。

 午後7時出発、流石に山の中の日の入りは早く直ぐに暗く成った。国道も夜はカーブとアップダウンで走りずらく、途中下呂で何時もの様にガソリンを満タンにした(15.5L)。

 平成こぶし街道は街灯も少なく余計走りずらいが、この街道を走り慣れた方の後に付いた。しかし、車間距離を取っているのでカーブで尾灯が見えないがカーブだけは判るので有難い。

 何とか道の駅「平成」、午後9時、既に車は一台も無いが小休止、其処から10分で富加関インターに入り反対方向に行かない様に注意して東海環状に乗る。其処から東海北陸、名神、殆どのSAに寄り休憩しながらコンボイ用のトラックを見つけ付いて定速走行で帰って来た。

 今回、一番正確な定速走行のトラックはクロネコヤマトのトラックだった。ずっとピタッとメーターの80Km/h、流石に。希薄燃料のファミリーカーのアクセルが軽いのは60Km/hまで、80Km/hではアクセルが重いので足が疲れる。

 一定速のコンボイ走行、高速では是が一番楽です。しかも、今回の燃費は最近には無い約21.3/L、エヤコンを入れての値です。

 ただ、帰り寝ても体も足も痛く中々寝つけ無かった。流石に以前の様にパワーが無い(笑)。

・今回の道程:

名神吹田⇒東海北陸⇒東海環状⇒富加関⇒平成こぶし街道⇒道の駅「平成」⇒飛騨金山⇒国道41号線⇒飛騨小坂分岐⇒道の駅「はなもも」⇒飛騨小坂「平氏ヶ原」⇒日帰り温泉「ひめしゃがの湯」⇒国道41号線⇒飛騨金山⇒平成こぶし街道⇒富加関⇒東海環状⇒東海北陸⇒名神⇒帰阪

・走行距離:往復約650Km
・使用ガソリン:約30.5L(21.3/L:FULL AUTO AC 23℃設定)
・高速走行方法:一定速度(80Km/h定速)・帰路はトラックに附くコンボイ走行
・高速代:3850円×2(7700円)
・日帰り旅・費用:約16,000円(露地野菜・蕎麦・ガソリン・温泉・高速代含む)

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年06月28日
 もう少しすれば富士山も開山する。皆が安易に挑戦される富士登山で有るが、先日も書いた様に昔は初心者コースで有った富士登山も、現在は中級者ツアー・コース、レクチャーの日や練習登山も有る登山らしい。

 この富士登山、自分は今で言う弾丸登山に何度も挑戦した。1年に2度3度と挑戦した年も有る。でも、最後の年は頂上まで200m手前(山頂手前の直線坂)で足が先に出なく成り、向きを変えて降り、その年に再度の体調を整えた挑戦で登頂、自分の富士山登山を終えた。

 この様に、富士登山に何度も挑戦していると、天候により本八合で山頂への登頂中止と成る事態にも出会う。自分の出会った山頂登頂中止は2回。

 先ずは、今で言う弾丸ツアー(バス)とは以下の様な物だった。

 午前8時頃(大阪バスターミナル)⇒京都(京都方面の登山者を拾う・直行も有った)⇒富士山五合目⇒夕食と登山準備⇒登山開始⇒本八合目山小屋(仮眠数時間・登山者の全体の力量により到着時間も、出発時間も違う。深夜、出発時に此処で山頂に登頂するか、下山かの意思確認。)⇒山頂(大凡1時間の朝食と散策)⇒下山(五合目まで)⇒バスにて富士五湖近辺入浴施設(昼食)⇒宝石センターとか土産物店、農園等何れかに立ち寄り(何回も富士登山に参加の方はバスからも降りない・・・爆・・・約半数)⇒帰阪(20~22時)

★ 記:
・ 提供の朝食は、おにぎり2個。
・ 以前一度、ツアー客1名が反対側に降りた人がいたとか(帰阪は自腹)。
・ 本八合目からの下山者の多くは高山病(頭痛)。
・ 本八合以前に高山病リタイヤ者(確か7合目)、ご主人付き添いで下山。
・ 自分の時代の登頂成功者は、大凡65%〜85%。
・ 自分の登山目的は、堆甲板ヘルニアの自分の体力把握。
・ 殆どのツアーは平日でも定員での実行。
・ ツアー実施会社が変わっても内容は殆ど同じ。
・ ツアーガイドは1名、多くは山岳部の大学生だった。
・ 山頂トイレは行列の時間待ち必須。
・ 一般的富士登山ツアーはこの時代でも二泊三日。
・ 複数回の参加者も多い。
・ 自分が持参した水は500ml×4(山小屋でも販売有り)。
・ 各合目の山小屋から下山道には入れる。

 本八合目の仮眠と言えば数時間(先ずは殆どの方は寝られない)、是を今は一泊二日の弾丸ツアーと言う。本当は、泊では無く仮眠のみ、しかも寝られない。

 このツアーで自分は2回の山頂登頂中止に出会った。共に本八合目までは登ったが、登る途中で大雨に降られた時(山頂は暴風雨、普通の雨なら予定通り登頂)と、仮眠後の案内で山頂は暴風雨で登頂中止となった事が有った。

 登頂中止と成れば、ツアー予定は如何に成るかと言えば、本八合の仮眠時間内は本八合の山小屋に留まる事が可能、此処までがツアー料金である。それ以降朝まで(明るく成る時まで)居る為には、山小屋の料金が別に発生するとの案内がこの時点で毎回説明された(其れは、旅行以前で無いと可笑しいと思うが・・・)。

 此処で、登山者は選択を迫られる。別料金を払い朝まで山小屋に留まるか、深夜夜明け前に山を下るかである。自分達の時は、この朝までの山小屋料金は8000円(山小屋一泊料金に同じ)だったと思う。

 自分は即座に深夜山を下る事を選択したが、1名では許可出来ないと言う(ツアーの案内は付かない)。其処で他の登山者にも下山者が居られ無いか調べ、共に自分を含め3名の下山者で下山した。やはり、自分以外の下山者も一応の山男だった。

 ただ、富士山だから深夜に下る選択をしたが、他の山では絶対にしないし、しては成らない事でもある。そう、富士山の下山道は道も広く明確で稜線が無い。しかし、風雨の中で富士山を下った方は知られようが、風は順当では無いし、雨も下から吹き上げ、風に雨に砂利をも巻き上げ共に吹き付けて来る。是は深夜であれ、夜明け後であれ関係が無く、しかも砂利道。

 此処で一式がゴアテックスの自分は本当に楽だったが、普通の登山合羽の方は合羽下が全て汗でびしょ濡れ、帰ったら早速ゴアテックスを買うと言われた。この富士登山で、それまでも自分で使い凄いと思って居たゴアテックスとクロロファイバー下着だったが、この凄さを改めて知った。濡れれば動きにくいし重いし、下手すれば体温を奪われる。

 下山すればどうするのか、其れは、夕飯をした五合目山小屋の部屋で登山ツアー客が下山するまで部屋で待機して下さいとの事だった。部屋は畳の大部屋、明るく成って皆が下山して来る迄、充分に寝た。因みに、此処での待機料は無料である。

 ただ、深夜に2回下った自分がいうのも何だが、上に書いた様に山頂の登頂中止の場合の天気は殆ど下山道も大雨、人様には勧めないし、初心者や高齢者には、幾ら道が広いと言え危険で有る。下山道から風に飛ばされ、滑落し怪我をされた方も居られるのである。

 そうそう、照明用電池の準備は電池の持ち時間を知った上、予備電池が必要で有る。富士登山では途中で電池の切れる方、鞄の奥に電池を入れて直ぐに出せない方が多発。モグラライトのみでも登り下りしにくい。

 また、今のツアー現状は自分も良く知らないので、ツアー実施会社に事前に確認して下さい。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年06月27日
 日本、今何かが可笑しいとお考えの方は多い、なら一度、何も考えず「山下奉文(やました ともゆき)大将の口述遺言」を是非最後までお読み下さい。その後、山下奉文と言う方がどの様な方で有ったかをお知りに成りたい方は、山下奉文 - Wikipediaをお読み下さい。

 何か、参考に成る事が一言でも遺言に述べられているかも知れません。

 ----------

★ 山下奉文(やました ともゆき)大将の口述遺言 ★

山下大将は、1946年2月23日、Los Banos, Laguna米軍刑務所キャンプ(マニラ市の南方)で絞首刑に処せられた。以下の文は教戒師の森田正覚氏が、処刑実行40分前に、将軍の言葉を記録したものである。

 ----------

「私の不注意と天性が閑曼であった為、全軍の指揮統率を誤り何事にも代え難い御子息或は夢にも忘れ得ない御夫君を多数殺しました事は誠に申訳の無い次第であります。激しい苦悩の為心転倒せる私には衷心より御詫び申上げる言葉を見出し得ないのであります。

かって、皆さん方の最愛の将兵諸君の指揮官であった「山下奉文」は峻厳なる法の裁を受けて死刑台上に上がらんとしているものであります。アメリカ初代大統領ジョウジワシントンの誕生祝賀記念日に独房を出て刑の執行を受けるということは偶然の一致ではありますが誠に奇しき因縁と云わねばなりません。

謝罪の言葉を知らない私は今や私の死によって、私の背負された一切の罪を購う時が参ったのであります。もとより私は単なる私一個の死によってすべての罪悪が精算されるであらうというような安易な気持ちを持っているものではありません。

全人類の歴史の上に拭うべからざる数々の汚点を残した私は、私の命が断たれるという機械的な死について抹殺されることとは思わないのであります。絶えず死と直面していた私にとりましては死ということは極めて造作のない事であります。

私は大命によって降伏した時、日本武士道の精神によるなれば当然自刃すべきでありました。事実私はキャンガンで或はバギオでかってのシンガポールの敵将パーシバルの列席の下に降伏調印をした時に自刃しようと決意しました。然し其の度に私の利己主義を思い止まらせましたのは、まだ終戦を知らないかっての部下達でありました。

私が死を否定することによって桜町(キャンガン)を中心として玉砕を決意していた部下達を無益な死から解放し祖国に帰すことが出来たのであります(私が何故自決をしなかったかということは、ついている森田教誡師に質問され詳しく説明致した所であります。)

私 は武士は死すべき時に死所を得ないで恥を忍んで生きなければならないということが如何に苦しいものであるかと云う事をしみじみと体験致しました。此の事よ り■して、生きて日本を再建しなければならない皆様の方が戦犯で処刑されるものよりどれだけ苦しいかということが私にはよく分るのであります。

若し私が戦犯でなかったなら皆さんからたとえ如何なる恥辱を受けませうとも自然の死が訪れて参りますまで生きて贖罪する苦難の道を歩んだでありませう。

兵は国の大事にして死生の地、存亡の道なり、察せざるべからず、と孫子もいったように兵はまさしく凶器であり、大きな罪悪でありました。この戦争を防止するため私はあらゆる努力を払いました。然し悲しいかな私の微力よく之を阻止することが出来なかったことはまことに慙愧に耐えない次第であります。

マレー侵略、シンガポール攻略、国民の血を湧かした丈に恐らく皆さんは私を生粋の侵略主義者、軍国主義者の最たるものであると目して居られるでしょうがそれは当然であります。一身を軍職に捧げた職業軍人であります。今更何をか之に加えましょうか。然し私も軍人であると共に一■日本国人民としての意識も又相当強く動いて居りました。亡国と死者とは永久に再生はないのであります。

兵事は古えより明君賢将の深く慎み警むる所でありました。一部の■者がひとの事を断じて国民大衆を多く殺傷し残れる者を今日の如く塗炭の苦しみに落入れたことは等しく軍部の専断であり国民諸君の怨嗟悉く我等に集中するを思う時私は正に断腸の思がするのであります。

ポツダム宣言によって日本が賢明ならざる目論見によって日本帝国を滅亡に導いた軍閥指導者は一掃され、民意によって選ばれた指導者によって平和国家としての再建が急がれるでしょうが、前途益々多事多難んることが想像されます。建設への道に安易なる道はありません。軍部よりの圧力によったものとは云えあらゆる困苦と欠乏に堪えたあの戦争十箇年の体験は必ず諸君に何物かを与えるに違いないと思います。新日本建設には、私達のような過去の遺物に過ぎない職業軍人或は阿諛追従せる無節操なる政治家、侵略戦争に合理的基礎を与えんとした御用学者等を断じて参加させてはなりません。

恐らく占領軍の政策として何等かの方法が取られるでありましょうが将に死に就かんとする私は日本の前途を思うの余り一言申し添えたいと思うのであります。踏まれても、焼かれても強い繁殖力を持った雑草は春が来れば芽を吹きます。国悉く破れて山河のみとなった日本にも旺盛なる発展の意志を持った日本の皆様は、再び文化の香り高い日本をあの1863年丁独戦争によって豊沃なるヌレスリッヒ、ホルスタイン両州を奪はれたデンマークが再び武を用いる事を断念し不毛の国土を世界に冠たる欧州随一の文化国家に作り上げたように建設されるであろう事を信じて疑いません。私共亡国の徒は衷心からの懺悔と共に異国の地下から日本復興を祈念いたします。新に軍国主義者共を追放し自ら主体的立場に代られた日本国民諸君、荒された戦禍の中から雄々しく立上がって頂き度い。それが又私の念願であります。私は朴訥なる軍人であります。

今や死の関頭に立って萬感交々至り謝罪と共に言語の形式を以って申し述べたいのでありますが、武将の常として従来多くを語らず寡言実行の習癖と加うる語句又豊富でありませんので之を表現することが出来ないことを残念におもいます。

私の刑の執行は刻々に迫って参りました。もう40分しかありません。この40分が如何に貴重なものであるか、死刑因以外には恐らくこの気持の解る人はないでしょう。私は森田教誡師と語ることによって、何時かは伝はるであろう時を思い、皆さんに伝えて頂くことに致します。

聞いて頂きたい・・・・

其の第一は義務の履行ということであります。
この言葉は古代から幾千の賢哲により言い古された言葉であります。そして又此の事程実践に困難を伴うことはないのであります。又此事なくしては民主主義的 共同社会は成り立たないのであります。他から制約され強制される所のものでなく自己立法的内心より湧き出づる所のものでなくてはなりません。束縛の鉄鎖か ら急に解放されるであろう皆さんがこの徳目を行使される時に思ひを致す時聊か危惧の念が起こって来るのであり、私は何回此言葉を部下将兵に語ったことで しょうか。峻厳なる上下服従の関係に在り抵抗干犯を許されなかった軍隊に於いてさえこの事を言はざるを得なかった程道義は著しく頽廃していたのでありま す。甚だ遺憾な事でありますが今度の戦争におきましては私の麾下部隊将兵が悉く自己の果たすべき義務を完全に遂行したとは云い難いのであります。他律的な ■務に於いてさえ此の通りでありますから一切■絆を脱した国民諸君の■に為すべき自律的義務の遂行にあたっては聊か難色があるのではないかと懸念されるの であります。旧軍人と同じ教育を受けた国民諸君の一部にあっては突如開顕された大いなる自由に幻惑された余り他人との関聯ある人間としての義務の履行に怠 慢でありはしないかと云うことを恐れるのであります。

自由なる社会に於きましては、自らの意志により社会人として、否、教養ある世界人と しての高貴なる人間の義務を遂行する道徳的判断力を養成して頂きたいのであります。此の倫理性の欠除という事が信を世界に失ひ■を萬世に残すに至った戦犯 容疑者を多数出だすに至った根本的原因であると思うのであります。

此の人類共通の道義的判断力を養成し、自己の責任に於て義務を履行すると云う国民になって頂き度いのであります。

諸君は、今他の地に依存することなく自らの道を切り開いて行かなければならない運命を背負はされているのであります。何人と雖も此の責任を回避し自ら一人安易な方法を選ぶ事は許されないのであります。こゝに於いてこそ世界永遠の平和が可能になるのであります。

第二に、科学教育の振興に重点をおいて頂きた度いのであります。
現代に於ける日本科学の水準は極く一部のものを除いては世界の水準から相去る事極めて遠いものがあるということは何人も否定することの出来ない厳然たる事実であります。一度海外に出た人なら第一に気のつく事は日本人全体の非科学的生活ということであります。

合理性を持たない排他的な日本精神で真理を探究しようと企てることは、宛も水によって魚を求めんとするが如きものであります。我々は資材と科学の欠除を補ふ為に汲々としたのであります。

我々 は優秀なる米軍を喰い止める為百萬金にても贖い得ない国民の肉体を肉弾としてぶっつける事によって勝利を得ようとしたのであります。必殺肉弾攻撃体当り等 の戦慄すべき凡ゆる方法が生れました。僅かに飛行機の機動性を得んが為には、防衛装置の殆どを無視して飛行士を生命の危険にさらさざるを得なかったのであ ります。
我々は資材と科学の貧困を人間の肉体を以って補わんとする前古未曾有の過失を犯したのであります。この一事を以ってしても我々職業軍人は罪萬死に価するものがあるのであります。 今の心境と、降伏当 時との心境には大なる変化があるのでありますが、ニュービリヒット収容所に向ふ途中、ヤングの記者スパートマクミラン君が「日本敗戦の根本的な理由は何 か」と質問された時、重要かつ根本的な理由を述べんとするに先達って今迄骨身にこたえた憤懣と■■な要求が終戦と共に他の要求に置き換えられ漸く潜在意識の なかに押込められていたものが突如意識の中に浮び上がり、思はず知らず飛び出した言葉は「サイエンス」でありました。敗因はこれのみではありませんが重大 要因の中の一つであったことは紛れもない事実であります。 若し将来不吉な事でありますが戦争が起こったと仮定するならば、恐らく日本の取った愚かしい戦争手段等は廃人の夢の昔語りと化し短時間内に戦争の終結を見 る恐るべき科学兵器が使用されるであろうことが想像されるのであります。戦争の惨禍をしみじみと骨髄に■して味うた日本人は否全世界の人類は、この恐るべ き戦争回避に心■を打込むに違ひありません。又このことが人間に課せられた重大な義務であります。

あの広島、長崎に投下された原子爆弾は恐怖にみちたものであり、それは長い人間虐殺の歴史に於てかって斯くも多数の人間が生命を大規模に然も一瞬の中に奪われたことはなかったのであります。獄中にあって研究の余地はありませんのでしたが、恐らくこの原子爆弾を防御し得る兵器は、この物質界に於て発見されないであろうと思うのであります。

過去に於ては、如何なる攻撃手段に対してもそれに対する防御は可能であるといわれて参りました。実際このことは未だに真実であります。過去の戦争を全く時代遅れの戦争に化し去ったこの恐るべき原子爆弾を防御し得る唯一の方法が若し有るとするならば世界の人類をして原子爆弾を 落としてやろうといふような遺志を起こさせないような国家を創造する以外には、手はないのでであります。敗戦の将の胸をぞくぞくと打つ悲しい思い出は我に 優れた科学的教養と科学兵器が十分にあったならば、たとへ破れたりとはいへ斯くも多数の将兵を殺さずに平和の光輝く祖国へ再建の礎石として送還することが 出来たであらうといふ事であります。私がこの期に臨んで申し上げる科学とは人類を破壊に導く為の科学ではなく未利用資源の開発或は生存を豊富にすることが 平和的な意味に於て人類をあらゆる不幸と困窮から解放するための手段としての科学であります。

第三に申し上げたい事は・・・特に女子の教育であります・・・
伝うる所によれば日本女性は従来の封建的桎梏から開放され参政権の大いなる特典が与えられた様でありますが現代日本婦人は西欧諸国の婦人に比べると聊か遜色があるように思うのですが、これは私の長い間の交際見聞に基く経験的事実であります。

日本婦人の自由は、自ら戦い取ったものではなく占領軍の厚意ある贈与でしかないという所に危惧の念を生ずるのであります。

贈与といふものは往々にして送り主の意を尊重するの余り直ちに実用化されないで観賞化され易いのであります。

従順と貞節、これは日本婦人の最高道徳であり、日本軍人 のそれと何等変る所のものではありませんでした。この虚勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び忠勇なる軍人と讃美してきました。そこには何 等行動の自由或は自律性を持ったものではありませんでした。皆さんは旧殻を速かに脱し、より高い教養を身に付け従来の婦徳の一部を内に含んで、然も自ら行 動し得る新しい日本婦人となって頂き度いと思うのであります。平和の原動力は婦人の心の中にあります。皆さん、皆さんが新に獲得されました自由を有効適切 に発揮して下さい。 自由は誰からも犯され奪はれるものではありません。皆さんがそれを捨てようとする時にのみ消滅するのであります。皆さんは自由なる婦人として、世界の婦人 と手を繋いで婦人独自の能力を発揮して下さい。もしそうでないならば与えられたすべての特権は無意味なものと化するに違いありません。

最後にもう一つ婦人に申し上げ度い事は、
皆さんは既に母であり又は羽となるべき方々であります。母としての責任の中に次代の人間教育という重大な本務の存することを切実に認識して頂き度いのであります。私は常に現代教育が学校から始まっていたという事実に対して大きな不満を覚えていたのであります。

幼 児に於ける教育の最も適当なる場所は家庭であり、最も適当なる教師は母であります。真の意味の教育は皆さんによって適切な素地が培われるのであります。若 し皆さんがつまらない女であるとの謗りを望まれないならば、皆さんの全精力を傾けて子女の教育に当って頂き度いのであります。然も私のいう教育は幼稚園或 は小学校入学時をもって始まるのではありません。可愛い赤ちゃんに新しい生命を与える哺乳開始の時を以て始められなければならないのであります。愛児を しっかりと抱きしめ乳房を哺ませた時何者も味う事の出来ない感情は母親のみの味いうる特権であります。愛児の生命の泉としてこの母親はすべての愛情を惜し みなく与えなければなりません。単なる乳房は他の女でも与えられようし又動物でも与えられようし代用品を以ってしても代えられます。然し、母の愛に代わる ものは無いのであります。

母は子供の生命を保持することを考へるだけでは十分ではないのであります。

■が大人となった時自己の生命を保持しあらゆる環境に耐え忍び、平和を好み、強調を愛し人類に寄与する強い意志を持った人間に育成しなければならないのであります。

皆さんが子供に乳房を哺ませた時の幸福の恍惚感を単なる動物的感情に止めることなく、更に知的な高貴な感情にまで高めなければなりません。母親の体内を駆け巡る愛情は乳房からこんこんと乳児の体内に移入されるでせう。

将来の教育の■分化は、母親の中に未分化の状態として溶解存在しなければなりません。
幼児に対する細心の注意は悉く教育の本源でなければなりません。功まざる母の技巧は教育的技術にまで進展するでせう。

こんな言葉が適当か、どうか、専門家でない私には分りませんが、私はこれを「乳房教育」とでも云い度いのです。

どうかこの解り切った単純にして平凡な言葉を皆さんの心の中に止めて下さいますよう。これ が皆さんの子供を奪った私の最後の言葉であります。」

(終わり)

■部分は、口述筆記原本での文字の判読不能、欠落等を指します

 ----------

※山下奉文大将の口述遺言:
 https://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/46765784.html
※ 山下奉文 - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E5%A5%89%E6%96%87

   (*ーm−*)

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事