掲載:2017年12月30日
 現在、自分のandroidスマホに入り、便利に使うアプリ。ただ、2つのカメラアプリはブログ用、無音カメラはLIVE撮影用。

無音カメラ
Camera FV-5
Light meter for photo
White Balance
Color Grab
Focus Chart
ColorChecker
DoF

※ 但し、測定器は本当の測定器では無いので、あくまでも目安。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年12月30日
 良く、今迄友人に結婚式の披露宴を撮りたいのだけれど、どの様な装備がいるの?と聞かれた事が有る。今も聞かれたりするが、

 一般的に絶対に失敗の出来ない写真にはフィルム時代、以下の装備が要った。

@ モータードライブ付き35mm一眼レフ
A 予備の一眼レフ
B フラッシュ付きコンパクトカメラ
C 大型(GN36以上)のフラッシュ
D フラッシュ用高圧バッテリーセット
E 予備のフラッシュ用高圧バッテリーセット
E フラッシュ予備
F バッテリー予備(フラッシュ・モータードライブ用)
G レンズ2本

 を結婚式会場に持ち込み、撮影する時には予備は不要。ただ、ズームレンズ付きならです。(ズームレンズでないなら、カメラ2台に広角と標準的なレンズを付けます。)

 @BCDを持って撮影する。要は、絶対に失敗や抜けが有っては成らないのである。ビデオ撮影の入った会場も有るだろう。ビデオのライトが入って、撮った写真が真っ白、有っては成らない事なのです。お互いプロ、是に打ち勝つ撮影が必要です。

 結婚式、進行はカメラマンの自由には成りません。また、披露宴に出席された方全ての写真が無ければ成りません。カメラが故障した、フィルム交換に手間どった、電池が切れた等の失敗や言い訳は出来ないのです。ただ、重要部分では進行も止めて撮影しますが、是も初期に打ち合わせの通り、諸問題の回避には式典前の打ち合わせが重要です。

 軽くて総重量3.5Kg、重ければ5Kg有りました。其れを持って2時間、今の腰痛の自分には絶対に無理です。是を持ってあの広い会場を歩き回ります。

 多分、今の時代でも重量は変われど、もし自分なら持ち物は同じです。

 良く、アマチュアカメラマンの方が披露宴の写真を頼まれたと聞く事が有りますが、一般的には断る事が無難です。友達なら会場に席も料理の有るでしょうが、食べている暇など本当に有りません。

 自分は頼まれたのを受けて失敗した人間を何人も知っています。撮影後に良く言われる事(失敗)は、〇〇の写真が無い、〇〇さんの写真が無い。

 今はAFにデジタルカード、しかし何枚も撮れるからとの安易な考えには成りません。今の最高級カメラにはSDカードが2枚入ります。是も後で失敗したを無くす為の一つの策です。不要なSDカードスロットル2箇所では有りません。

 SDカードが壊れていたなんて言え無いですし、電池が切れたとも言えません。素人さんが撮られた写真と同じでも成りません。

 因みに、プロは2時間の宴会で何枚の写真を撮ったかと言えば、コンパクトカメラでの押さえは別として36枚撮りフィルム6本、大凡200枚です。それで皆さんが考えもしない写真も撮っています。

 ただ、是だけ知っても後で感動して貰う事は出来ないでしょう。今も写されている方が居られるので後は書けませんが、ご自分でお考えを!。

 プロも色々居られるので、人生一度の式典を如何に写し感動して貰うのか、しかもこの写真家に頼んで良かった、特をしたと感じて貰わなければ成らないのです。

 昔、こんな事が有りました。結婚式場(宴会場)に業者(カメラマン)が入れない場所、是は友人のカメラマンとして入る事は可能でしょうが、絶対に撮れない場所が有ります。其れが何処かと言えば、集合写真会場です。是は式場専門の業者がいます。

 そんな集合写真、業者が人の配置や着物を直したあと、少し離れた時に自分が其処に一瞬入り、1枚だけ写真を撮った事が有ります。当然、出て来たカメラマンに文句を言われました。

 その後、友人を通じ、その業者からあの1枚撮った写真のフィルムを貸して下さいと申し出でが有った。何故かといえば、集合写真を失敗したのです。

 結婚式の集合写真、撮って貰った方や撮った場面を知る方は居られるでしょう。一般的に撮影は大きなカメラで2枚、その下に付いた小さなカメラが1台有り、其れを同時又は別々にでも作動させ、失敗は絶対に無い筈なのです。

 其れが失敗していた。フィルム時代でもカメラもフィルムも2台有ってもこの様な事が起こる事が有るのです。後で皆で大笑いしましたが、笑いごとでは無いのです。そう、自分にも何時起こるか判らないからです。

 今はデジタル、直ぐに確認できますし、目をつむった方が居れば、2枚あれば1枚は多分開いている。何人も居れば大変ですが、目のすげ替えもPCで直ぐに素人でも出来る時代です。

 しかし、会場でいちいち確認している時間など何処にも有りません。なので、プロの使う一眼レフの視野率は100%なのです。そして、両目を開けて撮影するのです。

 決して綺麗に撮れるからプロでは有りません。この様な場面でも失敗が無いから、抜けが無いからプロなのです。

 この時代、一般的な皆さんの失敗は電池切れ、カメラの電池、フラッシュの電池です。フラッシュの電池が弱り、チャージに時間が掛かって写真が抜けた。多分、今も起こる事は同じでしょう。

 大きなGNのフラッシュも小さく成りました。しかし別にバッテリーパックが今も売っているのは、このチヤージ時間を短く、電池の時間を長く持たせる為です。

 今のデジタルカメラにも色々な物が有ります。性能が良いからプロが使い物にするのでは有りません。失敗を起こさない、少々の事では壊れない事が必要で、電池が切れない様に電池が倍積める用品が販売されているのはこの為です。普通の方には全く必要が無い物もプロには必要です。

 リチューム電池が有るのに単三電池パックが有るのは、単三電池、世界中何処にでも有り購入できる電池だからです。

 多くの用品、必要でも今は発売の無い物が有ります。純正が無い物でも大概の物はサードパティ―製の物が有りますが、生産量が少ない分、非常に高価です。この様な物を素人さんが持たれる必要は何処にも有りません。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年12月30日
 今、何故か一部のカメラマニアにヤフオク等で人気のレンズが有る。其れが何かと言えば、写真引き伸ばしレンズである。

 先日からこのブログにもその話題を書いているが、その引き伸ばしレンズをヤフオクで見れば、一番人気が各社の50mmレンズである。是にはちゃんとした理由が有る。其れは、焦点距離が50mmと引き伸ばしレンズでは比較的短い部類に属し、一番入手しやすく、且明るいF2.8のレンズで有る。

 是をセンサーが小さいデジタルカメラ・APS判等に付ければ、写真が綺麗に写る?と噂が広まった為である。35mmフルサイズ一眼レフに付けても余り意味は有りません。

 元来、50mmの引き伸ばしレンズは35mm判のフィルムを印画紙に焼き付ける為のレンズである為に先日書いた様に焦点調整機構が無いのでカメラに付ける為にはこの機構とカメラのマウントを手配、自分で付けなければ写真を撮る事が出来無い。

 自分なら、この様な手間を掛けずに同じヤフオクで35mm一眼レフ用の50mmレンズを買う。なら既にヘリコイドが付いているし、F値ももっと明るい。後は、多く売られている変換マウントを買うだけでそのメーカーの何れのレンズをも容易に付ける事が出来る。

 確かに、この他社レンズや引き伸ばしレンズをカメラに付けるというのは昔からプロもやっていた。カメラはいずれの物でも、フランジバックさえ合えばその変換マウントを付ければ使う事が出来る。

 この様に、イメージサークルの大きなレンズを自分のカメラに付ける事は昔にも流行り、昔から同様のマウントアダプターの販売や自作記事が有る。

 皆がやった事は、35mmカメラにハッセル6×6判のレンズを付ける事だった。35mmカメラには645判や書いた6×6判のレンズ、645判や6×6判、6×7・6×8・6×9判には大判のレンズを付けて写真を撮る事が流行った。

 今、APS判のデジタルカメラに引き伸ばしレンズを付ける事はこれ等に同じである。

 では、このことはどういう意味かと言えば、レンズは中心部が一番綺麗に写り、周辺部に行けば像が流れたり歪んだりするのが普通である。其れを一回り大きなレンズを使えばレンズの中心部のいい所だけ使う、単に言えば是だけである。

 確かに大判レンズは収差が出ずらいとかの他の項目も有るが、その分使いづらい。

 今皆さんがお持ちのレンズは非常に小型に出来ているだろうが、其処には無理が有ると言う事なのです。大判カメラのレンズと言うのは、単純に言って焦点距離50mmのレンズならレンズからフィルム面までの長さが50mm、300mmのレンズなら300mmの長さが有る。

 レンズ構成も複雑では無い。しかし暗い。その分、無理をしたレンズ設計では無い。なので綺麗に写る”だろう”と言う事に過ぎないのです。

 自分が先日から書いている事の結論は、普通に使うには軽いが一番。其れに次は用途によりレンズを使い分けると言う事である。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年12月30日
 躍動感かカメラの手ブレか(爆)!?写る真(まこと)。

 椅子に座って写す静止写真、何れの場所も誰も・何方も動いていてはいけません。誰も何方もピントの範囲から外れてはいけません。つまり、ベタ(パンフォーカス)写真でも可能です。光と影を上手く使えば立体感も得られます。

 是がフラッシュが焚ける場所や照明が充分な場所なら自由自在にカメラのコントロールが可能です。デジタルカメラならISO値を変える・露出補正をする・シャッタースピードを変える・絞り値を変える等を自在に行えます。

 しかし、撮影場所が与えられた場所等で有る場合には撮影条件を自在にコントロールできません。与えられた照明の会場で動く範囲を制限され撮影をしなければ成りません。

 その様な写真のデーターを見て何時も思う事が有ります。是は、躍動感かカメラの手ブレか(爆)!?。

 躍動感、単純に言えば被写体のブレ、カメラ側の手ぶれでは有りません。ただ、カメラ側のブレは一部の特殊写真を除き写真ではNG写真です。

 暗い場所でのブレを回避する方法は、三脚・一脚はを使えない場合、

@ 明るいレンズを使う。
A 写真の用途を考えレンズ(mm数)を選ぶ。
B ISO感度を上げる。

 結果的に、シャッタースピードを上げカメラのブレを回避する事に成ります。是をしても限度が有ります。後は、撮影者のカメラが如何にブレないかが問題です。其処で、撮影者は自分のブレない撮影はレンズが何mmの何分の1秒までなのかを知って置く必要が有ります。

 一般的には35mm判では、レンズミリ数分の1秒が手持ちの限界(安全域)と言います。

 50mmレンズなら1/50秒、180mmレンズなら1/180秒と言う事です。これ以上のシャッタースピードにすれば、カメラ側がブレた写真には成らないと言う事ですが、是も個人差が大きな物です。プロは幾らまでシャッターが切れるか、切るのか、フィルム時代の目安はこの半分です。

 50mmレンズなら1/25秒ですが、状況により1/8秒でもシャッターを切って置きます。ただ、フィルム時代、一般的には36枚撮り、数を打てば当たるとも言って居られませんでした。

 最近はデジタル、カメラの電池とメモリの容量が有る限り、容易にシャッターを切る事が出来ます。プロでも本当に安易にシャッターを押してしまいます。それで一応何かは写っています。何かしら写っているのでフィルム時代よりぐわいが悪いのです。そう、選択しなければ成りません。

 写した写真の選択、フィルム時代は本当に容易でした。

 ネガでもポジでもあの36枚フィルムは入った6コマをパンと開き、ある意味光った写真(本当に明るいとかの意味ではありません)を探せば良かったのです。選択に数秒、後は其れがピントが有るか否かをルーペで確認すれば良かったのです。

 しかし、今の時代はそうでは有りません。全てデジタルデーターで安易にシャッターを落とすので一杯の写真が有ります。カメラのモニターで完全にNG写真を消去していても、大きなモニターで見れば未だ焦点の完全に無い(狙った所に焦点が無い)写真も多いです。

 其れを見分け排除しなければ成りません。最近の写真、撮るのは簡単、見分けが実力と言われる所以です。

 従って、数を打てば当たるの言葉も、フィルム時代の言葉に成りました。その様な写真、本当は撮って選ぶって大変な事なのです。

 そして、撮った写真が手ぶれかブレ、躍動感なのかを見極めるのも本当は大変なのです。暗い場所での撮影、フラッシュ焚ければ良いのですが・・・。

 ただ、写真は何れも数を打てば当たると言う物では有りません。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年12月29日
 先日もカメラ三脚の事を少し書いたと思うが、もし三脚を買うなら妥協して買う物では有りません。実は、フラッシュも同様なのだが・・・。

 ただ、自分は余程の場合を除き、素人さんに三脚とフラッシュは最近の状態から不要と思います。

 三脚とフラッシュ、実は本当に多用してる方が少ない様に思います。カメラを始めた貴方様は本当に一生の趣味としますか?。先ずは其れを貴方に問いたいです。

 三脚、鳥を撮る、風景写真を撮る方には本当に必要な事は先日書いた通りです。ただ、カメラを買った貴方、今迄に何枚シャッターを切りましたか?。鳥を撮る、風景写真を撮る、何度その様な撮影に行かれましたか?。

 幾らのカーボン三脚でも、正直、耐荷重6Kg程度とも成れば、雲台もそれ相応の物が必要です。その自重はカタログで調べて頂ければ判ると思いますが、自分の想定では三脚と雲台で3Kg以上は有ると思います。

 軽いカメラとレンズで1.5Kgとしても、是でカバンと用品を含め5Kg程度に成ります。是を持って車での移動、持って現場までの移動、体力勝負の何物でも有りません。老後の趣味に是は本当にきついです。

 だからと言って妥協した小さな三脚では、耐荷重も高さも足らない様な状況に陥ります。三脚を買うなら、妥協はいけませんが、本当に良くお考え下さい。持ち歩きには体力が必要です。旅行の記念写真?、観光地なら一杯の人が居られ、昔の様に頼めば済む事です。

 最近のカメラ、ISO感度も高く、状況により三脚無しでも、本当に小さな三脚(高さ30Cmの低い・丈夫さは必要)でも使い方次第で上手く写真は写せます。

 写真を一生の趣味とするのなら、用品は借りて使って見た後でも買えます!。充分に検討時間を取って購入を自分は勧めます。何もお金の問題でも有りません。

 先日、カメラを始めた友人にGITZO三脚を貸して、カメラ止めネジ、GITZOスクリュー D2271.13 小ネジ(GITZOスペアパーツで2030円)を失われた。何でこの様な物を!無くすの?(爆)。自分は今迄何十年とGITZO雲台を使って来ましたが、未だかってこのネジを失った事は有りません。

 カメラ用品、何れの物にも使用には基本操作が有ります。昔には、このカメラ取付けネジでカメラの下部ネジを潰した人間もいます。三脚、全てを知ってからでも遅くは有りません。

 因みに、自分の三脚は、アルミ製GITZO・3型4段三脚(G328)、雲台はスタジオボールで雲台も含めた自重は約5Kg、アルミ製GITZO・2型4段三脚、雲台もGITZO、雲台も含めた自重は約2.5Kg、Linhof3段三脚プロフィポート2(3450)、雲台はGITZO、雲台も含めた自重は約2.5Kg、何れも最近は持ち歩いた事が無く室内使用、今は何時も車のお荷物に成っています(爆)。

 最近、自分には趣味の撮影には1脚の方が便利に利用しています。高さは1.7m程度のビデオ用、是も軽くは有りません。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事