掲載:2018年07月09日
 問題を起こせば責任者が雲隠れしている日産はこの程度の会社とは、この程度の会社は問題を幾度も起こす。つまり、問題を起こした事への自覚が無い。自覚無ければ改善も無い。問題が出ても、謝りの文章でも出しとけ程度で社内は何も改善されない。

 其れで、再度の問題を起こしても社内的にも同じ対応、社員は大きな問題を起こした自覚も無い。

 「外国人幹部は雲隠れするのが日産の流儀」とは、ネットに記載の多くの言葉、この程度の対応なら同じ事が繰り返されるのは世の習い。

 既に憧れの車がスカイラインGTR(プリンスだから良かった)も無く成ったし・・・。スバルの水平対向インプレッサも良いとは言えないし・・・。今の日産の車やスバルの車の新車を買う人の気が知れない。

 ----------

※ 日産、新車の排ガス検査で不正 複数工場で測定値改ざん:
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000052-asahi-bus_all
 7/9(月) 14:29配信 朝日新聞デジタル


日産、新車の排ガス検査で不正 複数工場で測定値改ざん

 日産自動車の複数の工場で、新車の出荷前に行う排ガス性能の検査結果を、都合よく改ざんする不正が行われていたことがわかった。この検査は昨年、無資格者の従事が発覚した「完成検査」の工程のひとつで、日産の品質管理への姿勢が改めて厳しく問われることになりそうだ。

 関係者によると、今回不正が発覚したのは、出荷前に車の性能をチェックする「完成検査」の中で、数百台から数千台に1台の割合で車を選んで実施する「抜き取り検査」という工程。そこで行われる排ガス性能の測定で、思わしくない結果が出た場合、都合のいい数値に書き換える不正が国内の複数の工場で行われていたという。今春以降に社内で発覚したという。

 この検査は、メーカーが車を量産する際、国に届け出た設計上の性能通りにつくられているか確かめる重要なもの。メーカーは適正な実施を前提に、車の量産を国から認められている。測定値が設計上の性能からずれていれば、出荷ができなくなることもある。

 日産では昨年9月、完成検査を実際は無資格の従業員が担ったのに、有資格者が行ったように偽装する問題が発覚。検査体制を改善するため、全6工場の出荷を1カ月弱停止し、生産や販売に影響が出た。一連の不正に絡み、国土交通省からは2度の業務改善指示を受け、今年3月には西川広人社長が石井啓一国交相に直接、「法令順守をさらに徹底していく」と、再発防止を誓ったばかりだった。

 同様に無資格者による検査が発覚し、その後、排ガスデータの不正も明るみに出たスバルでは、責任を取る形で吉永泰之社長(当時)が6月の株主総会で社長を退いた。新たに不正が明らかになった日産でも、西川社長の経営責任が改めて厳しく問われることになりそうだ。(伊藤嘉孝、木村聡史)

朝日新聞社

【関連記事】
日産専務「補償ほぼ終えた」 無資格検査問題振り返る
日産技能実習不正、少なくとも昨春から 社内点検で発覚
更なる不正は…スバル社長「自信ない」 断ちきれぬ連鎖
日産三菱・ルノー世界販売2位も…異業種との競争激化
死者96人、不明82人 西日本豪雨、特別警報は解除
最終更新:7/9(月) 16:45
朝日新聞デジタル

 ----------

★ 又もリコール無しの考え!・この会社に品質管理の考えは無い。

 ----------

※ 日産、排ガス検査で不正=改ざんと試験条件逸脱
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010003-jijv-bus_all
 7/9(月) 22:43配信

 日産自動車は9日、国内工場で新車の出荷前に行っている排ガスの抜き取り検査で不正行為があったと発表した。社内で検査基準を定めていたが、試験条件を逸脱していたり、測定値を改ざんしたりしていた。生産部門トップの山内康裕チーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)は同日、横浜市の本社で記者会見し、「お客さまをはじめ、関係者の皆さまに深くおわびする」と謝罪した。ただ法令基準を満たしていることを確認したとして、リコール(回収・無償修理)の必要はないとの見解を示した。

 ----------
※ 日産でまた不正発覚、露呈した甘い規範意識:
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00228846-toyo-bus_all&p=2
 7/10(火) 5:00配信 東洋経済オンライン

日産でまた不正発覚、露呈した甘い規範意識

日産は7月9日、工場出荷前の車の排ガスや燃費を確認する検査で測定データを改ざんしていたと発表した。会見の冒頭、山内康裕チーフ・コンペティティブ・オフィサー(左)らが陳謝した

 「完成検査問題の再発防止に向けた取り組みを進めている中で、このような事案が発覚したことに対して深くお詫び申し上げる」

 日産自動車は9日、国内全6工場のうち5工場で、新車出荷前に実施する排気ガスと燃費検査の測定データを改ざんするなどの不正が見つかったと発表した。記者会見した日産の山内康裕チーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)は陳謝した上で、「時間はかかるかもしれないが法令順守意識の徹底が急務。調査を徹底的に進めていく」と述べた。

 日産では昨年9月、無資格の従業員が完成車を検査する問題が発覚し、国土交通省から2度にわたって業務改善指示を受けた。しかし、無資格検査発覚以降も一部工場で別の不正が継続していたたことで、同社内における規範意識と危機感の低さが改めて露呈した格好だ。

■不正が行われたのは19車種1171台

 不正が発覚したのは、栃木、追浜、日産車体湘南、日産車体九州、オートワークス京都の5工場。完成車検査の工程で新車の性能を最終確認する抜き取り検査を行うが、燃費や排気ガスの測定データが自社で設定した基準から外れた場合、都合の良いようにデータをシステム上で書き換えていた。

 また、抜き取り検査の際に車の速度や試験室の温度・湿度などの条件が国の定める試験基準から逸脱していたにもかかわらず、試験を有効としていた事例もあった。抜き取り検査をした2187台のうち、5割を超える1171台でいずれかの不正が見つかった。

 不正があった車種は、「フェアレディZ」や「スカイライン」、「フーガ」など日産を代表する高級車に加えて、小型車の「ノート」や「マーチ」といった売れ筋車種も含めた計19車種にも及び、日産の国内生産全体に不正が蔓延していたといえる結果となった。

 今回の不正に関与していたのは現時点では計10人としており、不正マニュアルなどの存在は確認されていない。日産によると、残されていた信頼性があるデータを用いて再検証した結果、生産台数が少ない「GT-R」を除いた全車種について、保安基準に適合していることを確認したという。山内CCOは「カタログで公表している燃費の数値に誤りはない」と強調した。リコール(回収・無償修理)はしない方針だ。

 不正の動機について、山内CCOは「再検査を避けるために、不正行為をしていたのではないかと推測される」と述べたが、調査中として明言を避けた。日産は外部の法律事務所に調査を委託し、動機など不正に至った原因の究明を進めている。1カ月後をメドに調査結果を公表する方針だ。

■再発防止に取り組む中で不正発覚

 会見では、不正の時期に記者の注目が集まった。データが保存されている範囲で調査した結果、不正は遅くとも2013年4月以降に始まり、山内CCOに不正が報告された今年6月19日まで行われていた。

 日産では昨年9月、完成検査における無資格検査問題が発覚し、114万台のリコールに発展したうえ、約20日間の生産・出荷停止に追い込まれた。その後、法令順守など従業員に対する再教育を徹底することを含めて再発防止策を進めてきた。だが、再教育を無視するかのように、別の不正が続いていたことになる。

 山内CCOは「完成検査問題以降も続いていたことは、この問題の根深さと、我々の(再発防止の)活動が道半ばであると認識している」と述べ、社内にはびこる規範意識の低さを認めざるを得なかった。

 さらに深刻なのは、その間にSUBARUで同様の事例が明るみになったにもかかわらず、日産社内で問題が顕在化するまで半年も時間を要したことだ。スバルで昨年10月に無資格者による完成検査問題が、昨年12月以降には燃費と排気ガスのデータ改ざんが明るみになった。これを機に日産は燃費と排気ガスに関しても調査を開始し、測定に使用された機械のデータを精査することなどにより不正が判明した。

 その間、日産の従業員から不正を告発するなどの動きはなく、自浄能力の低さが浮き彫りになったといえる。スバルの不正がなければ、問題が白日の下にさらされることはなかったのではないか。その点について、山内CCOは「起こりうる問題について優先順位をつけてリスク評価をしていたが、その評価の対象になっていなかった」と述べ、調査が追いついていなかったことを暗に認めた。

■国内販売への影響は不可避か

 相次ぐ不祥事の発覚によって懸念されるのが、イメージダウンによる国内販売への影響だ。無資格検査問題では工場の生産ラインが停止し、車両の登録ができなくなったことなども影響して、昨年10月の日産車の販売台数は前年比で4割超減少した。現在では生産は正常化し販売も前年並みにまでようやく回復してきた。

 そして、売れ筋のノートが「e-POWER」の搭載をテコに2018年上半期の国内新車販売で首位を獲得した。日産車として48年ぶりの快挙だ。ミニバン「セレナ」も登録車販売で上位に食い込み、「国内販売は苦しんできたが、やっと売れる車種が出てきた」(日産ディーラー)。明るい兆しが見えてきた矢先の不正発覚に、国内販売への悪影響は避けられそうにもない。

岸本 桂司 :東洋経済 記者

 ----------

★ 日産体質・又も責任者雲隠れ!・自浄能力は皆無

 ----------
※ <日産不正>ごまかし体質、浮き彫り 社長、会見出席せず
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000118-mai-bus_all
 7/9(月) 23:40配信

 無資格の従業員が完成車の検査を行う不正が昨年秋に発覚した日産自動車で9日、検査の測定値を書き換えるという新たな不正が発覚した。昨秋以降も別の不正が行われていたことになり、法令順守に対する意識の低さや「ごまかし体質」の根深さが浮き彫りになった格好だ。西川広人社長は同日の記者会見に出席しておらず、説明責任のあり方も含めて経営責任を問われることになりそうだ。

 「原因の深掘りをして、問題が起きない仕組みを作るのが第一義的な責任だ」。生産を統括している山内康裕執行役員は横浜市内の本社で行った記者会見でこう強調した。社長が会見に出席していないことを問われると、「私が(再発防止)対策の責任者なので説明している」と述べるにとどめた。

 新たな不正は、出荷前の新車について燃費や排ガスの数値などを室内で試験する「完成検査」で発覚した。車両をローラー型の測定装置に乗せて走行させる検査で▽規定の速度を逸脱した無効な検査データを有効な数値に書き換えた▽試験室の温度や湿度が許容範囲外でも有効なデータとして処理した−−などの内容だ。

 日産は昨年9月、無資格検査を行っていたと発表。国土交通省の検査で判明したものだが、翌月には発覚後も無資格検査を続けていたことまで明らかになった。今回の不正が見つかったのも自社の独自調査ではなく、SUBARU(スバル)が今年4月、検査の測定値を書き換える同様の不正を発表したことがきっかけだ。日産も検査で書き換えがないかを調査したところ、新たな不正が判明し、山内氏は「(今回の事案が)リスクとして明確に上がらなかった」と釈明した。

 今回の不正判明が山内氏に報告されたのは6月19日になってからで、同日まで一部工場で不正が続いていたという。自浄能力が問われる深刻な事態で、山内氏は「(問題を)自ら検出できる管理体制に変えていきたい」と強調した。

 これまで日産はカルロス・ゴーン会長が主導する形で販売台数を拡大。2022年にルノー・日産・三菱自動車の3社連合で1400万台以上(17年は1060万台)の世界販売台数を目指す目標も掲げている。ただ、拡大路線の陰で不正がまん延していた格好だ。ゴーン会長は6月26日の定時株主総会で、無資格検査の責任を問う株主の質問に「日産のCEO(最高経営責任者)はあくまで西川。責任を尊重しなければならない」と強弁し、自ら謝罪することはなかった。

 再発防止に臨む同社の姿勢には厳しい目が注がれる。石井啓一国交相は9日、「昨年9月に判明した完成検査問題の再発防止に取り組む中、ごく最近まで続いていた点で問題の深刻さを示すものであり、極めて遺憾だ」とのコメントを出した。

 不正が重ねて発覚したスバルでは、吉永泰之・前社長兼CEO)=現会長=がCEO職の退任を迫られた。日産も自浄能力をどう示すかが問われる。【竹地広憲、川口雅浩】

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年07月09日
@ 城崎温泉の湯めぐり、実は温泉は全て同じで建屋と場所が違うだけ。(城崎温泉の源泉は共同の水道方式課金)現在、湯めぐりが出来る温泉は、信州・渋温泉の九湯めぐり。ただ、泊まらないと入れない。

A 市販の温泉卵は何も温泉では作られてはいない。(工場製・家庭でも出来る)

B 夏、普通に食べる鮎は養魚場の鮎で、藻等食べていないので香魚では無い。(見分けは腹の色が違うので見分けは可能、スーパー品は養魚場の鮎。)

C 山女と岩魚、同じ場所で取れた天然ものを相方と食べ比べて見たが、外観が違うだけで味の違いは分からない。(共に雑食性・海の魚も白身なら殆ど同じと言う)

D うなぎの美味しさは殆どはうなぎのタレで好みは決まる。魚の美味しさは、多分ナマズの方がたんぱくで美味い。うなぎは天然物でもあの油を落とさないと食えた魚では無い。(当然天然物は油が少なく、皮も身も食感的に固い(しっかりしている))

E 土用丑の日にうなぎを食べると元気に成るのは?、夏にうなぎが売れないうなぎ屋が平賀源内に相談して決めたうなぎやの策略。

F 夏のかぶと虫、牛糞の堆肥を積んだ中に一杯幼虫がいて、牛小屋の近辺には一杯かぶと虫がいる。

G 小学生の夏休みの自由研究、昔から殆ど大人の役目、自分で自由研究をやった人は殆どの人が賢く成っている(爆)。(親は今から準備すれば慌てないで済む)

H 夏山の季節だが、日本百名山の内23は活火山である。御岳・白根山も噴火レベル等には関係が無く、噴火警戒レベル1でも爆発した。(何時噴火しても可笑しくないと火山学者)しかし、何時も注意を怠るべからず。として後悔の残る方は登るべきでは無い。

★ 日本百名山のうち常時観測されている23火山 

 火山名 地域 噴火警戒レベル 最新の噴火年代 

 雌阿寒岳(阿寒岳) 北海道 1 2008 
 十勝岳 北海道 1 2004 
 大雪山 北海道 − 記録なし 
 岩木山 青森 1 1863 
 八甲田山 青森 − 15〜17世紀 
 岩手山 岩手 1 1919 
 蔵王山 宮城・山形 1 1940 
 鳥海山 山形・秋田 − 1974 
 吾妻山 山形・福島 1 1977 
 磐梯山 福島 1 1888 
 安達太良山 福島 1 1900 
 那須岳 福島・栃木 1 1963 
 日光白根山 栃木・群馬 1 1899 
 草津白根山 群馬 3 2018 
 浅間山 長野・群馬 2 2015 
 焼岳 長野・岐阜 1 1963 
 乗鞍岳 長野・岐阜 − 約2000年前 
 御嶽山 長野・岐阜 1 2014 
 白山 石川・岐阜 1 1659 
 富士山 山梨・静岡 1 1707 
 九重山 大分 1 1996 
 阿蘇山 熊本 1 2015 
 霧島山 宮崎・鹿児島 1 (えびの高原周辺・御鉢)3(新燃岳) 2011

I 夏の日本のスイーツ、普通に売っているわらび餅、実はさつま芋澱粉を発酵させて作つてある。本物の日本産わらび澱粉から作ったわらび餅、実は紫色。

 ----------
※ 次はどこが…本当は怖い「日本百名山」の火山23、御嶽山と草津白根山は噴火前「警戒レベル1」:
 http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180126/evt18012608000001-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link
 2018.1.26 08:00
 ----------

夏のがっかりしたらごめんなさい

★ 読売TV/もんくもん19

@ 氷にかける蜜は全て同じ成分(色が違うだけ)
A 花火の打ち上げ時の音(ひゅー?)は笛の音(花火に笛が付いている。無ければ無音)
B 潮干狩りは貝を撒いているので無く成らない(毎日夜に撒いている)
C プールで大人のおしっこは普通(経験の有る人72%!・思うにプールは汚いので多量の塩素剤投入)
D サングラスを外すとがっかりする(人間はサングラスの奥に理想を見ている)

 ----------

★ やっぱりスマホで“バカ”になる 将来の経済格差の要因に!?〈週刊朝日〉
 https://dot.asahi.com/dot/2017112200087.html?page=1
 6/15(金) 7:00配信 AERA dot.

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年07月08日
20180708-01_s.jpg 見事失敗、あの焼いた時の羽根の粉?が溶けて、どろどろに成ります(爆)。

 自分は餃子は焼き餃子と思っていたが、若い時の台湾出張で本場の水餃子と饅頭(豚まん)を知り、「水餃子」ファンに成った。が、今の日本には殆ど「水餃子」は見かけない。

 饅頭も本場の物は本当に美味しい物だったし、ワンタンも台湾で本当に美味しく頂いた。

※ 中国人シェフ直伝の皮から作る水餃子がめちゃ簡単でめちゃウマッ☆
 シェフ「家庭料理なんだから難しいわけがない」:
 https://youpouch.com/2012/06/22/69582/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月07日
20180707-01_s.jpg 自分も中学生?の頃からだったかのネギ好き。生前、お袋がいた時には何時もタッパに入った刻みネギが何時も冷蔵庫に入っていた。

 そのそもの初めは、親類から貰うネギ、何時も一杯貰うので一杯消費しないといけなかった。小学生の時から有ったが、小学生の頃はやはりあのネギ辛い物を好まなかったが、中学生に成れば思考も変わり、ネギを多量に食べる様に成った。

 確か、昔の人はネギを食べれば風邪をひかない、良く眠れると言った様に思う。

 多量にネギを食べる方法は、炊くが一番だが、其れにも増して好きに成った食べ方は、刻みネギに鰹節、其れに醤油を掛けた食べ方、その当時からこの食べ方だと丼一杯のネギでも食べられる。今でも三田でネギを多量に買うのはその名残。

 ただ、「うどん」や「ラーメン」にもネギは入れるが、人様より多少多い程度。写真の友人の様に、「うどん」が隠れるほどのネギを入れて食べた事など一度も無い。

 友人は、ネギ入れ放題と書いた「うどん屋」さんや「ラーメン屋」さんでは写真の通り。幾ら何でも自分は、うどんやラーメンの味が分らなくなる様な入れ方はしない。何れも嗜好の問題だが、この食べ方だけは自分には分からない(爆)。

因みに、このネギ一杯のうどんのベースは「かけうどん並」。

※ やはり讃岐製麺の麺用小麦は変わっていた(昔は美味しかった)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/460307248.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月06日
 以前から書く様に、自分のメインPCは、2010年1・3月発売のFMV-BIBLO NFシリーズ NF/G50を長らく使って来たが、WiFi基盤が潰れ、次にSDカードが読み取れなく成っていた。

 WiFi基盤の故障はUSB WiFiアダプターが有ったので其れを使い、SDカード読み取りは別のUSB接続SDカード読み取り装置を使っていた。

 このWiFiアダプターは、基盤がアマゾンで売っているし、ミニPCI接続が同じなら他の基盤も使える事は知っていたが、USB端子に差し込めば良い小型WiFiアダプターが手持ちに有ったのでそれを使用していた。

 其処に、友人から

「ノートPC用のWiFi基盤が有りますよ!使いますか?」
「うん、型番は何でもいいから欲しい!」
「いや、多分同じ基盤ですよ!」
「でも、付け替えるのは面倒やなー」
「2〜3日預けて貰えれば、何時も世話に成っているのでWiFi基盤の付け替え位はしますよ!」
「なら、持って行く!」

 基盤入手の訳は、友人の友人がWiFi基盤を新しく換装、WiFiのスピードUPと周波数を2.5G帯から5G帯にして混信を避ける事、Bluetoothを使う為。従って、旧基盤は不要になったのを貰った。

 其処に、

「序に、SDカード読み取りも直して置きました!」

 とメールが有った。どうして直したのかと思えば、

★ WiFiはWindows UPdate問題では無く、やはり基盤故障だったので交換。
★ SDカード読み取りの不具合は、Windows10のUPdateでのSDカード読み取りエラー。

 是は、昔のPC(Windows7等)からWin10にUPdateした物に発生する物としてネットに記載が有り、そのSDカード・ドライバーを消去すれば使える様に成るらしく、其れで修理というか再生を完了したらしい。このSDカードの件だけは自分の調査・検索ミスだった。

 実際、WiFiとSDカードがアダプター無しで使える様に成って戻って来た。有難い、感謝!。未だ暫く使える!。しかし、友人の言葉は、

「本当に良く此処まで使っていますね!」
「途中で内部HDDを何度か交換しているので、まだまだ大丈夫!」

 発売から8年、自分の使用は7年、既に手を置く場所のメッキは剥がれ、マウスパットのメッキも剥がれて下の素地が出ている(爆)。この友人、このPCの使用経過を見て、CPUがIntel i3のPCを買った。

※ windows10 Ver1709にアップデート後、O2MicroのSD SCSI Disk DeviceがSDカードを認識しない。:
 https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-hardware/windows10/10e5937f-1b22-472c-9bd8-3a65e41e395f
※ 今PCを買うなら自分ならこの様な機種を買う「腐ってもintel i3以上」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/459748833.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事