掲載:2017年06月22日
 先日、女性のスマホに勝手にアプリをインストールし、盗撮・盗聴を行っていた男が逮捕された。貴方のスマホにご自分の知らないアプリ、インストールされていませんか?。

 是は、盗聴器の比では無く、画像・音声がリアルタイムでコントロール、送信されていた様だ。

 ただ、元来これ等のアプリの使用法は全く異なるが、単に悪用と言う事。

 ----------

※ 自分のスマホで“盗撮”される!? 遠隔監視アプリから身を守るには:
 http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170616-OYT8T50004.html?from=yartcl_os1&seq=04
 2017年06月16日 16時30分

【記事引用】

 スマートフォンの「遠隔監視アプリ」を悪用して、女性の行動を盗み見たとして飲食店員の男が逮捕された。女性のスマホに勝手にアプリをインストールし、盗撮・盗聴を行っていたようだ。(ITジャーナリスト・三上洋)

 報道によると、飲食店員の男(42)は、勤務先でアルバイトをしていた大学生の女性(20)のスマートフォンに、遠隔操作で動画を撮影したり送信したりできるアプリを入れて行動を監視したなどの容疑で6月8日、愛知県警に逮捕された。不正指令電磁的記録供用(いわゆるウイルス供用)とストーカー規制法違反の疑いだ。

 勤務先の更衣室で女性宅の鍵を盗み、3月上旬、女性宅に侵入。その際に女性が使っていなかった古いスマホを盗んだようだ。そのスマホに遠隔監視アプリを入れて、5月に再び女性宅に忍び込み、スマホを設置。5日間にわたり、動画で女性を監視したという。

 本件については、男はスマホを女性宅のリビングの机の下に隠していたが、使わなくなったスマホが充電されているのに女性が気づき、県警に相談したところ、試し撮りをする男が映っていたことから逮捕につながった――という報道もある。

 このような遠隔監視アプリの事件は度々起きている。昨年11月には全国で一斉摘発が行われ、スマホの位置情報やLINEのやり取りを閲覧できるAndroidアプリ「Androidアナライザー」を他人のスマホに入れたとして、全国の15道府県警が初めてソフト利用者を一斉摘発した。

 また2014年には、元交際相手の女性のスマホを遠隔操作して盗聴・盗撮などを行ったとして、広島県の男性が有罪判決を受けている。

リアルタイムで映像・音声を遠隔チェック、音や振動で自動録音も

Windowsでのアプリ画面。スマホのGPS位置情報から現在地の地図を表示することもできる

 報道によると、今回の事件では「TrackView」というアプリが悪用されたようだ。本来は自宅のセキュリティー用に販売されているもので、主に以下のような機能がある。

・位置情報を遠隔チェック:スマホを紛失した時などのため
・映像モニター:スマホカメラのリアルタイム映像・音声を外から見られる
・自動録画、録音機能:音や振動を検知した場合に自動で録画できる
・会話機能:子どもが留守番をしている時など、自宅のスマホと会話ができる

 単純に言うと「ホームセキュリティーをスマホで実現するもの」と考えればいいだろう。外出先からペットの様子を確認することもできる便利なものだ。しかし悪用されると、知らず知らずの間に盗撮されてしまう怖いアプリだ。

 筆者がこのアプリを試してみたところ、iPhoneでも不正改造(いわゆる「脱獄」)なしで利用できた。従来、iPhone用アプリは、アップル社の審査が厳しいため監視アプリはあったとしても不正改造が必要といわれることが多かったので驚きだ。

 今回の事件でiPhoneが使われたかどうかは分からないが、iPhoneにアプリを入れた状態で、パソコンから同じアプリ・同じアカウントで接続すると、カメラ映像と音声をリアルタイムで見聞きすることができた。インカメラ・アウトカメラを遠隔で切り替えることができ、かつ音声も聞こえた。

 ただし筆者の「実験」では、操作ロックのかかったスタンバイ状態では動作せず、またアプリを閉じると無効になった。そのため、誰かのことを盗聴・盗撮しようとした場合、その人が普段使っているスマホにアプリを忍び込ませても、スタンバイ状態にされるとアウトだ。またスマホの電池も消費するため、常にスマホを充電しておく必要がありそうだ。

 犯人がスマホを盗んだ後、改めて侵入して設置しているのは、この準備があったからだと思われる。

使い終わった古いスマホに注意。セキュリティー対策を怠らない

 今回の事件のように、スマホを盗まれると遠隔監視される危険性が高まる。Androidでは、本人に気づかれにくい形で動く遠隔監視のアプリもある。改めてスマホの安全対策をまとめておこう。

●ストーカーや盗撮・盗聴を防ぐためのスマホ安全対策

・使い終わったスマホも操作ロックをかける

 機種変更後の古いスマホに注意。今回のような監視アプリを勝手に入れられることを防ぐために操作ロックをかけておく。暗証番号は誕生日や電話番号を避けて複雑なものに。

・機種変更後はバックアップを取って初期化を

 機種変更後の古いスマホは、盗み読みされないよう、バックアップを取った上で初期化を。

・親しい友人や家族であってもスマホを渡さない

 交際している異性がアプリを入れて監視していた事件も起きている。

 現在使っているスマホのセキュリティーには注意する人が多いが、使わなくなった古いスマホは見逃されがちだ。機種変更後の古いスマホ・携帯電話の管理は厳重にしたい。

★参考記事

・他人のスマホ、のぞき見した女性は3割…利用調査:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170206-OYT8T50050.html
・スマホ写真の位置情報やSNSへの位置投稿は危険:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/goshinjyutsu/20150501-OYT8T50103.html
・スマホ向けランサムウェア確認…日本語では初:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20160318-OYT8T50083.html
2017年06月16日 16時30分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

プロフィル

三上洋 (みかみ・よう)
 セキュリティ、ネット活用、スマートフォンが専門のITジャーナリスト。最先端のIT事情をわかりやすく解き明かす。テレビ、週刊誌などで、ネット事件やケータイ関連の事件についての解説やコメントを求められることも多い。
http://www.sv15.com/
Ads by Google

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年06月22日
 らしい・・・

 ----------

【Seesaaブログ】トラックバック機能提供終了のお知らせ

平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

トラックバック機能について、送受信ともに2017年7月中をめどに終了とさせていただきます。
ご利用いただいておりました皆様におかれましてはご不便おかけし申し訳ございません。
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

なお送受信については上記の通り機能終了いたしますが、これにより既存のトラックバックが消去されるものではありません。ブログおよびマイブログ内にて引き続き表示されます。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年06月21日
20160621-01_s.jpg 自分のiPhone5sはワイモバイル、以前のウイルコム・PORTUSから是に成った経緯は以前書いた通り。PORTUS継続不可の機種変更でついにスマホに成ってしまった。正直自分はメイン携帯がスマホ、利便性は判るが余り好まない。

 機種変更時にワイモバイルで表面保護ガラスフィルムだけ貼った。価格は3500円、ケースも同様に3500円程度、ケースには手を出さなかった。。

 其処で買ったのが、100円ショップ「ワッツ」で見つけたiPhone Soft Mirror Case(爆)、軽くてストラップ穴も有り、結構気に入っている(先日書いたiPhoneを落とした時にはこのケースで助かった)。他に何か無いかと探すと、100円なので当然apple認定品では無いが、充電専用ケーブル・巻き取り式充電専用ケーブルも有った。

 友人が純正ケーブルでiPhoneを毎回充電をしているとコネクターの首部分が断線、急ぐため近所の店で認定品を購入すれば1800円だった事を聞いていたので、充電なら是で充分と買った。3点で324円。ただ、この巻き取り式の充電ケーブル、自分が買った以降見かけ無く成った。

 このケース、1人の友人は家に近い「ワッツ」に有ったらしく、iPhone6用を自分で調達していたので何処の「ワッツ」にも有る物なのかも知れない。

 其れなら自分も買って来てとお友達、ケースとケーブルは次々と幾つも買った。その様な物が100円均一の他にも無いのかと立ち寄り時に色々な店舗を見ていると、保護ガラスフィルムがローソン100に有った。

 自分は既に貼って有るので不要だが、其の事を友人に話すと、自分の保護フィルムはPETシート、ガラスが有るなら買って来てと言われ、是も次から次に何枚も買った。此処にはiPhone5s(SE)用・iPhone6用、他のローソン100にはiPhone7用の販売が有った。

 ただ、この保護ガラスフィルムは何処のローソン100にも有る物では無く、自分の家から一番近いローソン100には無く、お友達と行くスーパー銭湯帰りのローソン100で見つけた。

 因みに、ダイソーにも色々なiPhoneグッズが有るとネット情報が有るが、実際何軒か立ち寄って見たが、未だネット情報に有る300円の充電バッテリーなどは一度も見かけた事は無い。

 これ等100円均一で見かけた他のiPhoneグッズは、簡易防水袋・カメラシャッター・手帳型ケース・イヤホーン・イヤホーンマイク・広角レンズ・接写レンズ・タッチペンなどだが、自分には不要と思われる物ばかり、カメラ3脚ホルダーとタッチペンだけはとりあえず買った。。

 100円ショップ、とりあえずと他の物も買えば、結構使わない物を買ってしまい100円の値打ち無く、100円ショップは其処が狙い(爆)。

※ 株式会社ワッツ 100円ショップ:
 http://www.watts-jp.com/
※ E Core 【電子部品】携帯電話アクセサリー:
 http://e-core2006.co.jp/
※ ローソンストア100:
 http://store100.lawson.co.jp/
※ 100円ショップ「ザ・ダイソー」:
 https://www.daiso-sangyo.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月20日
29170620-01_s.jpg 豆腐製造者などで構成する委員会が「豆腐の表示」の「定義」を策定中とある。

 なら、正直にお豆腐を作って居られるお豆腐屋さんが馬鹿を見ない様な法整備までを望みたい。政府の決める議員汚職などには一向に効き目無い骨抜き法案に同じ様な物にならないよう、一部大手業者の手前勝手に成らない様に願いたいものだ。

 でも、やっと自分のいう「凝固剤」の表示も検討され始めた。良い事だが、不明確にせず、是非明確にお願いしたい。今も国産大豆を使い昔の製法でお豆腐を作る正直お豆腐屋さん等が馬鹿を見ない様な表示を望みたい。

 骨抜き表示ならない方がまし、表示が無い方が消費者は賢くなる。

 醤油や味噌・納豆と同様に丸大豆か脱脂大豆、大豆が国産か外国産の表示は是非除外せず表示願いたい。出来れば大豆産地も。現在、「遺伝子組み換えでないと表示」の大豆の多くは中国産、何故表示しないかは推して知るべし!。

 ただ、豆腐製造者などで構成する委員会が作る定義、消費者が介在しないので手前勝手に成る事は良くあること。消費者も賢く成らなければ成らない。

 現代の表示、読み方を誤れば、本当にいい製品に見えてしまう。でも、知れば恐ろしい表示でも有る。

 ----------

※ “豆腐の表示”変わる?消費者にメリットも
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170609-00000094-nnn-bus_all
 日本テレビ系(NNN) 6/9(金) 20:16配信

【記事引用】

 現在、売られている豆腐は、大豆の濃度に関係なく、ひとくくりで「豆腐」と表示されているが、それを、分類して新たな呼び名を作ると報じられ、話題になっている。身近な豆腐が、どのように分類されるのか、また消費者にはどんなメリットがあるのだろうか。

■「今まで基準がなかったの?」

 食卓でもお馴染みの豆腐。その豆腐が、初めて「定義」を決めて、大豆の量などで種類分けし、成分の表示を明確にすることが検討されている。これがネットでも話題になり、ツイッターでは「今まで基準なかったの?」「大豆が何%なんて考えたことなかった」「成分表示ちゃんと見よう」といった声が聞かれた。

■大豆の割合で分類

 では、具体的にどのように変わるのか。これまでは、成分にかかわらず、すべて「とうふ」と、表示できたが“大豆の割合”で以下のように分類し、表示を明確にするという。

・6%以上  加工とうふ
・8%以上  調製とうふ
・10%以上 とうふ

 例えば、1丁300グラムで比べると、「加工とうふ」に使う、水に浸した大豆の量は約90グラム、「調製とうふ」は約120グラム、「とうふ」は、約150グラムになる。創業昭和2年の豆腐製造店「いづみや」では、この分類表示が、豆腐の新たな魅力を知ってもらうきっかけになると期待している。

 いづみや担当者「店頭に何十種類ものお豆腐があって、(消費者は)選ぶ基準がわからない。そういう点では、基準ができるということは非常に良いこと。豆腐の品質も向上してくる」

■消費者からも歓迎ムード

 現在、一般的に、大豆の割合が多い豆腐と、少ない豆腐は、分類されることなく、売られているため、大豆を多く含む豆腐でも、安く売らざるをえないという。そこで、豆腐製造者などが、消費者に、商品の違いを理解し、選択して欲しいと、「定義」を作り、表示を明確にする動きが進められた。分類について、街の人は―

 「大豆で作られているとかわかるのは、買う側はうれしいですね(30代主婦)」「表示で比較できるのであれば、大豆の割合が高い方を買う(20代学生)」

 豆腐製造者などで構成する委員会は、豆腐の分類について、大豆の割合で、「豆乳」「調製豆乳」などと分類している豆乳や、乳脂肪分の割合などで、「低脂肪牛乳」などに種類分けしている牛乳を参考にしたという。豆腐を分類し、表示化するには、消費者庁からの認定が必要で、2019年3月末の申請を目指している。

■「最高級」「本格」などの表示は禁止に

 今回は、大豆の割合によって、「とうふ」を3つに分類、表示することが進められているが、その他、食品添加物についても、表示の変更が検討されている。例えば、今は、成分表に「凝固剤」とのみ表示されているが、実際には、6種類の凝固剤があり、何が使われているかわからない。今後は、塩化マグネシウムなど“種類”についても、表示することが検討されている。

 また、「濃厚」などと、パッケージに書かれているものがあるが、定義が曖昧だったため、大豆の割合を11.5%以上の豆腐のみ表示できるようにする。一方で、「最高級」や「本格豆腐」など、根拠が曖昧な表示は禁止する方針だ。

 今後、消費者が、選択する上での情報が、より明確に、表示されることになりそうだ。

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年06月19日
20170619-01_s.jpg20170619-02_s.jpg 登山、先ず出発の山小屋で縦走してきた人間から明日登る山の状況を聞く、どこどこが落石が多く危険とか滑るとか、そして夕飯が済めば就寝。

 登山口の登山届、昔から登山者が言う利用方は、今年は山で何人亡くなったか、行方不明なのかを把握、後世にこの山の危険を伝達するため。自分達はそう思って山の入口のポストのノートに記入か、置いて有る紙に書いて横のポストに投函した。鉛筆やボールペンがノートにあの事務用の黒い紐でつながれていた。

 そして、歩き出すと、暫くその登山届の利用のされ方(地図記載の死者数)話、初心者には山の天気変化の怖さや雷話、そして今回も天気良く、事故無く無事に下山しようと話し、山を縦走、下山(反対側からの登山口)で無事を祝い宿で乾杯、今回の天気・縦走の話と山の状態を山小屋で是から登る人に問われ話した。

 山岳事故、遺族の心情は分らぬでも無いが、山に入った以上何が有っても自己責任で有る。其れを自覚出来ない人間は以前から何度も書くが、山に入るな!、後で遺族が遺恨を残し何かを発言するなら、山に入るな!、そして息子・娘を山に入れるな!、入れた人間(親)の責任も大きいのである。

 「亡くなったのは無念だが、自分で好きで山に入ったのだから仕方ない、自分達の為に保険金は残してはくれたが・・・(やはり無念)。」

 是が今迄自分が聞いた遭難者家族の言葉である。自分達は山の思い出をおしゃべりする以外何も無い。でも、是が山に入った自分達の考えである。

 自分は、最近の山岳事故に対し、報道や遺族発言や裁判に耐えがたい物が有る。本当に其れを聞くだけで、読むだけで気分が悪い。捜索隊の苦労が本当に判っているのか、其れを労う言葉は殆ど無く、事あれば非難の集中である。

 しかし、山人から言えば捜索隊と言えど同じ山男仲間で有る。同じ危険が有る。仕事で山に入って居られるが、山が好きで山に入って居られるが、好き好んで遭難者救助などを仕事とする人間は山男には誰もいない。

 何時まで何を言っても自然相手の山岳事故は無く成らないし、人間が山に入る限り事故は減りもしないだろう。

 山岳事故を減らす方法は、山に入る人間は鉄則を守り己を過信せず気を抜かない事だけ。なら、運が良ければ生きて帰れる。

 装備が良く成った(軽く成った・昔の半分以下)事、交通手段も含めアタックの利便性が良く成った事で体力も気力も殆ど不要な現代の登山に成ったが、自分達の時以上に余りにも安易な現在の入山者。

 自然相手の事故の死を受け入れられない人間は山に入るな!、入れるな!、山もその様な人間の入山を望んではいない。

 山は、昔から何処で何人死んだ、危険場所の此処で何人亡くなったとは何処にも書いていない。有るのは、該当山の年度別死者数のみ。

 山の自然の変化、書いても仕方ないほど大きく、誰も予測できない。

 ただ、決まり事は守れ!、山では決まり事を守らないほど危険な事は無い。山では決まりを守れない人間ほど危険な物は無い。守れない人間は山に入るな、以前にも書いたが、守れない人間は他人をも危険にさらす。

 立ち入り禁止区域に入りスノーボードで遭難、いい例である。しかも、これ等の人間は他人(救助隊・山男)をも危険にさらす。其れが仕事だから仕方ないの言葉、山男・山女には論外である。

 ----------

※ <登山届>義務化でも3割が未提出 長野県
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000029-mai-soci
 6/11(日) 18:20配信 毎日新聞

【記事引用】

<登山届>義務化でも3割が未提出 長野県

 長野県は昨年7月、登山安全条例で登山計画書(登山届)の提出を義務化し、山岳遭難防止に力を入れている。しかし、義務化されてから今年3月までの221件の山岳遭難で亡くなった35人のうち、20人で登山届提出が確認できなかった。山岳救助関係者からは「義務化はしたが届け出の管理や指導の体制が整っていない」という声もある。

 山岳遭難では早急に登山届を確認することが捜索活動に必要となることがある。2016年5月4日、行方の分からなくなった北九州市の武居弘樹さん(22)。「今日はいい天気」と携帯電話からのメッセージが友人に届いた後、連絡が途絶えた。「長野の山に登ってくる」と残したのみで詳しい行き先はわからず、16日に大町市のタクシー会社からの通報で「高瀬ダム入り口」に向かったと判明。同入り口のポストから登山届が見つかり、烏帽子岳などを登る「裏銀座コース」を県警や山岳遭難対策協議会(遭対協)が捜索したが見つからなかった。武居さんの母は「登山届の管理や行方不明者の捜索方法に疑問を抱く」と話す。

 県山岳高原観光課によると、昨年7月から今年3月までに提出された登山届は約13万4000件で、前年同期間から約67%増加した。昨年夏に実施したアンケートによると、約70%が登山届を提出したと推測される。提出方法は県ホームページなどからのインターネット申請が約15%、登山口にあるポストへの紙での投函(とうかん)が約85%だった。山岳救助に20年以上携わる県警山岳安全対策課の宮崎茂男次長は「登山者が無理のない計画を立てて遭難を防ぐことにも意味がある」と届作成の有効性を語る。

 遭難時、ネット申請がされていれば名前を検索することで届の確認ができる一方、紙での提出はポストから回収する必要がある。県内122カ所のポストからの定期的な回収は1週間から1カ月に一度。県警は、遭難した本人から携帯電話で通報があれば登山届を使わずに捜索することができるが、電話がないときは届を確認する必要があり、紙での提出だと初動が遅れることもある。

 岐阜県では14年、北アルプスや活火山周辺などで登山届を義務化。未提出者には過料が科せられることもある。岐阜県防災課によると、18カ所の登山口ポストへの提出が約9割。長野と同じく紙での提出が大部分だが、管理を徹底して遭対協が毎日、回収するため、紙での提出でも捜索の初動が早い。人気の登山口では県職員が立ち、登山届提出を確認する。遭対協もルートや日数、装備に無理がないかの指導を行うなど、積極的に遭難防止に取り組む。

 岐阜の7倍近い122カ所で登山届提出義務がある長野で同様の体制の整備は難しいのが現状だ。そのため、県山岳高原観光課の担当者は「ネット申請だと一元で管理でき、捜す際に時間が短縮できる。回収の労力も削減できるため、紙からネットへの移行を進めていきたい」。安全な登山のため、インターネットでの登山届提出を呼びかけている。【島袋太輔】

 ----------

※ 長野県で登山を楽しまれる際は、「登山計画書」を提出しましょう!:
 https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/smartphone/tozankeikakusho.html
※ 山登りが安全なら昔から山男の事を馬鹿息子などとは言われない!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/449807353.html
※「個の時代」、頼りはSNS…今どきの登山事情:
 http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160720-OYT8T50093.html?from=yhd

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事