掲載:2009年06月13日
manabe.jpg 小生のこのブログに、「ブログで個人商店ホームページに挑戦」が書いて有る関係で、多くの場所でHP(ホームページ)の事が話題に成る。そして、HPをお持ちの皆さんの一番の関心事はSEO対策。

 正直言って、その詳細を話す人は居ない。一般的な事の対策は多くの方が書かれて居る。正直、話すのはその程度。何故なら、明らかにすれば其の対策を皆さんが実施され、自分のランクが落ちる事に成る。

 でも、以前から書いて居る様に、アクセスが有ったから直ぐにお店の来店数のUPには繋がらない。多くの口コミサイトは、そのアクセス数で人気ランクが決まって居るが、その店が必ず行列の出来る店か、本当に美味しかったお店かのランクとは比例しない。

 なので、一般の方の探しているのは、一般的なブログ記事とその評価なのである。

 其処で、偽記事であろうサイトも出現する事となる(爆)。でも、人間とは裏を読むもので、文章を読んで居ると其れが見えてくる。其処で、お店は友人や師匠と成った方のサイトとの連携を計るいわゆる相互リンクと言うものを考えられる。多くある○○の会なる物である。

 でも、この危険性を皆さんはご存知無い。そう、全てが一生懸命の正直誠実なお店とは限らない。訪問者からすれば、1軒でも手抜きが有って、不味い店があれば、もうその会の店を訪問する事は無い。

 そう、他の店も同一ランクと考えてしまう。いっぱひとからげ。人間と言うものはそういうものです。

 先日行ったジャズのライブで、ピアニストの中山卓志(通称:GON)さんと蕎麦屋さんに附いて話した。当然、小生の話題は飛騨小坂「平氏ヶ原」の日帰りの話題。

 そんなGONさんは、群馬まで行って蕎麦を食べたと言う。下仁田のネギも季節は違ったが美味しかったと・・・。そんなGONさん、最近、丹波篠山の小生も時々訪れる蕎麦屋さんの蕎麦を食べてたと言う。その評価は、ま、此処は此処で美味しい・・・。

 小生の評価に変わりは無い。大阪近郊で蕎麦を食べるなら、やはり丹波篠山。出○まで出向く人間は小生の友人の蕎麦好きには居ない。ただ、時間とついでがあれば立ち寄って美味しい店もあるかも知れないので、探して見ようかな?、程度である。

 TVのグルメ?番組の様に、美味しいと言えない話題が一杯のこの場所である。是も○○の会とか相互リンクと同じで有る。この出○、街挙げての蕎麦で町おこし。昭和30年代までの蕎麦屋は3軒。其れが確か、現在は39軒?程度有ると思う。小生の知り合いに、この場所の出の方が居られるが、その方のお勧めは、やはり一番古い蕎麦屋さん、一度は訪れてみようとは思って居るが・・・。

 街挙げて多くの宣伝が効果をあげている事は確かだが、逆の効果も有る事も確か。小生は、この数年の間に1回行った出○。数件食べて、やはり観光地の蕎麦屋・・・との評価。ただ、全てを食べ歩いて無いので、小生の嗜好に合う蕎麦屋さんも存在するはずとは思うが・・・。

 観光地の蕎麦なら、やはり飛騨高山の構えて蕎麦屋と言わない蕎麦屋さんでも充分に美味しい。余程の外れでもない限り・・・。

 少し話しは外れたが、お店のHP、相互リンクなどに依存するのは本当に危険。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年06月11日
090611-01.jpg 先日公開された、大阪・高槻「博多長浜ラーメン・一発屋」のHPに表示される店舗写真、実は凄く手間を掛けて修整された写真だったようだ・・・。先ずは是が元写真。

 この写真の元原板は大きな写真だが、メールに原版を添付する方法を知らなかったために、修整元に送られて来た写真は640pxサイズ、其れをこの様に修整したらしい。


090611-02.jpg 現実、写真の修整を行う場合、幾ら小さくても使用寸法の3倍から5倍の寸法で修整して縮小するのが普通だが、送られて来た写真が640pxサイズなら拡大も出来ない。なので、そのまま修整したとか。

 修整した方が素人さんなら、多分有に半日から一日架かったと思うこの写真修整。ご苦労さんでした。


090611-03.jpg 

※ 博多長浜ラーメン・一発屋:
○ http://blog.ippatsuya.com/ 
○ http://g-ippatsuya.seesaa.net/
○ http://tomocha.net/misc/ippatsu/
〒569-0071 大阪府高槻市城北町2丁目14-23 (072) 661-6061

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年06月02日
090602-02.jpg  お知り合いのお店のHPが公開されました。大阪のTVでも有名な、「博多長浜ラーメン」「激辛地獄ラーメン」の「一発屋」さんのHP。

 今後、激辛挑戦完食者・アタックラーメン挑戦完食者の皆さんを順次掲載予定だとか・・・。素直に美味しいラーメンと思うラーメン屋さん。激辛で有名ですが、普通のラーメンが美味しいです。皆さんも是非一度。

★ 博多長浜ラーメン・一発屋:
 http://blog.ippatsuya.com/
 http://g-ippatsuya.seesaa.net/
〒569-0071 大阪府高槻市城北町2丁目14-23 (072) 661-6061

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月25日
ganbare.gif


 何故か、試作HP公開の前に、未だ続いています(爆)。眠りながらも予約投稿を続けています。誤字脱字が今までに増して一杯です。ご勘弁。

 現状は、初期の様に、見物・読みのも状態ですが、ご高覧頂ければ幸いです。

★ 現在までの記事一覧:

※ Seesaaブログで個人商店ホームページに挑戦して見られては?
 http://m-jun.seesaa.net/article/116805006.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「お店写真の修整とバーナー部品」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117089972.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっと重要なこと」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117165006.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「スキン凹影の作り方」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117200092.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「スキン凹影(ドロップシャドー?)の作り方A」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117260092.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとお断りと今後の記載予定記事」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117257725.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「HPを作る順番とやりかた」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117250889.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「検索エンジンとSEO対策」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117251175.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「パッディング(padding)とマージン(margin)」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117375997.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「seesaaブログの色の指示方法」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117251768.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「綺麗な配色の決め方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117251847.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ホームページ・デザインを考える」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117252078.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「使えるフラッシュ素材」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117252375.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっと便利な変更マーク!」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117255754.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「必要な項目を考える」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117252603.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「友人の質問に答えて」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117500778.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「こんなサイトあります。」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117540262.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「こんな事をすれば逆効果!」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117351293.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「タイトルとサブタイトル」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117434925.html
※ ブログで個人商店HPに挑戦・「背景画像は「title」では無くh3」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117550768.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「必要なカスタマイズを考える」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117698765.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「試作品の概要」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117699015.html
※ ブログで個人商店HPに挑戦・「display:none;では本当には消えない」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117554323.html
※ ブログで個人商店HPに挑戦・「使える特殊文字 c(コピーライト)」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117552834.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「便利な半角スペースと自由形式コンテンツ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117748352.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっと寄り道」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117745067.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「閲覧者の皆様へ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117840127.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「友人の進捗度合いとHP記載内容」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117751151.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「CSSのカスタマイズの準備@」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117888607.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「CSSのカスタマイズの準備A」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117888906.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「・・・ お詫び ・・・」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118044136.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「CSSのカスタマイズの準備B」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117938930.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「1カラムCSSへのカスタマイズ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117942674.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「1カラムCSSへのカスタマイズA」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/117948817.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「記事部のカスタマイズ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118179820.html
※ 商店ホームページに挑戦・「友人のHPの全容」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118234265.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「カテゴリーリンクのカスタマイズ」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118193619.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「他のカスタマイズへの注意点」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118234704.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「QRコードの作成・読み取り」
 http://m-jun.seesaa.net/article/118335472.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「必要な背景画像と作り方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118319252.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとだけ商品撮影・準備」
 http://m-jun.seesaa.net/article/118322658.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「記事タイトルリンクを外す」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118438280.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ブックマークサービスの消去」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118438626.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとだけ商品撮影・撮影と注意点」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118449587.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとだけ商品撮影・画像処理」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118628262.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとだけ読みやすいPC文字」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118634258.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「こんなサイトあります。A」(但し、商用使用は要確認)
 http://m-jun.seesaa.net/article/118704020.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「ちょっとだけお品書き」:
http://m-jun.seesaa.net/article/118704540.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「最下部に最終更新日とc等を入れる」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118816609.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「コラム:商用HPは何も1カラムで無くてもいい」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118831156.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「記事エディタはやはりposted内」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118837577.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「表紙・記事記入の小技」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118638731.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「タイトルとサイト説明の画面からの消去」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118905539.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「RSS表示の直線化」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118906124.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「自由形式(表紙)のカスタマイズ」
 http://m-jun.seesaa.net/article/118907124.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「Q&A」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118921824.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「商用フリー?のiboxを取り付ける」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/118742705.html
----------
★ 以下、継続した記事一覧 ★
----------
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦を書き終えて・・・:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119000731.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに書き入れてみた・・・:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119170400.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「考えたつもりでもミスは残る!」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119309148.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「CSS・JSファイル圧縮」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119310701.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「HPの最新相場を見て来ました」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119311939.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナーの作り方の一例」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119461923.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー文字背景の作り方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119580880.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー写真切り取りの実例」
 http://m-jun.seesaa.net/article/119614747.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー写真切り取りの練習」
 http://m-jun.seesaa.net/article/119615238.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「合成によるバーナー画像の作例」
 http://m-jun.seesaa.net/article/119616166.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー画像の圧縮」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119616525.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー・答えだけ見せられれば」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119877765.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「バーナー部品の立体化(光と影)」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119913797.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「プロ作例と素人の作例の違い」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119915626.html
※ ブログで個人商店(商用)ホームページに挑戦・「検索に掛かるかからないの差とHP」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/119852809.html

★ 今後の予定記事一覧:



----------★ 以下記載期日未定の予定記事 ★----------

※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「全編のまとめ」
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「取り扱い説明」
★ 試作HP公開(本編全編をとりまとめの上、1つのHPとして公開!。)

★ その他: 当該記載期日の行間に有用情報があります。
★ 実際に改装・改造に参考と成るHP&BLOG様:
@ Seesaaブログのカスタマイズ:
 http://www.blogcustomize.com/
 http://blogcustomize.seesaa.net/
A 小粋空間:
 http://www.koikikukan.com/
B Seesaaブログをホームページ風にカスタマイズ:
 http://testhp.seesaa.net/
C HTMLタグボード - HTMLタグ一覧、CSSリファレンス:
 http://www.dspt.net/
D Inqsite Blog・旧無料ブログでビジネスブログ。ネットのことをいろいろと。:
 http://inqsite.seesaa.net/
E 最強?無料Seesaaブログで簡単にホームページ作成!:
 http://blogdehp.seesaa.net/
F にぃんのブログ・カスタマイズ+α:
 http://nin-hobby.seesaa.net/

※ その他、seesaaカスタマイズと検索窓に入れれば、一杯のカスタマイズ記事が見られます。是非参考にお読み下さい。

   (*^‥^*)」 イヨッ 
掲載:2009年05月24日
090524-01.jpg 小生がこのシーサーブログを拝借して3回目の再起を計った経緯は、このブログの何処かに書いて有る。やはり、選んだに理由が有る。

 小生のインターネット接続サーバーは最初からBIGLOBEで、最初のブログと言うのはBIGLOBEのブログと言う物が無かった時代に、自分のHP領域に自分でUPしたブログである。其れが動かなく成ったので、その前から準備していたDOBLOGに切り替え再起した。

 このDOBLOG、今月末までは記事が生きている。なので、閲覧者も未だ居られる訳だが、このカウンターは現在正常に動作していないので不明。でも、予測するに、100名程度だと思う。このDOBLOGが正常に動いて居た時、小生のこのブログの閲覧者は200〜300人程度、DOBLOGが何人の毎日の更新者が居られたか知れ無いが、上位100人には常時顔を出して居た小生のブログで有る。

 このDUBLOGとBIGLOBEに設置した「忘れられた記憶」のブログは、一時期同じ記事が同じ様に毎日更新されて居た。その時の閲覧者数は、BIGLOBEの個人ブログ3000名/日、DOBLOG・100名/日と極端な開きが有った。そう、是が検索の上位に掛かるか、かからないの差なのです。真に恐ろしい。

 ご自分の店の店名を入れて、掛かる。一番。其れは至極当然。何の驚きも無い。だが、是をランク落ちさせる内容を書けば、其れも出来るというのを小生は実践している。これもこのシリーズに書いて有る。その当りの所をお読み頂ければ、方法は書いて居ないが・・・(爆)。

 小生の友人や知り合いの商店主さん、業界関係者は、やはり小生のこの実績に一目置いてくれている。そう、単なる個人のHP、何も特殊な内容が書いて有る訳でも無い。BIGLOBEのHP、今は内容は更新出来ないが、健在。因みに、放置ブログの昨日の閲覧者数は、1191名である。

 未だ一日分の詳細アクセス解析は出来るので、内容を見る事は出来るが、見なくても今までの実績で凡その想定は附く。これ等の実績を踏まえ、このシリーズは書かれて居る。損得勘定無く書いて有るので、業界関係者に耳の痛い話しも書いて有る(爆)。

 先日、某商店主と話したが、本当にまんまが書いて有る。逆説的に読めば、HP業者が作るHPの悪い所がまんま。そんな話しであった。で、商店主、作ってくれ〜が最後の言葉。いや、ご自分でどうぞ、が小生の返答(爆)。

 個人店主さんがHPを持たれても、是だけは操作出来ないと言う事が有る。其れはやはり、お店の評判。色々な方がHPやブログを参考にそのお店を探し出す。大概の店は既にHP/ブログに載っている。多分、貴方のお店の評判も載っているか、訪問した方のレポが載っている。

 重要なのは、個人の方のブログ/HPにその評判が載る事である。その内容により、他のブログの検索サイトにもトピックとして取り入れられる。そうして、閲覧も増え、評判のも成る。小生は、個人の趣味として、日記としてこのブログと言う物を記載しているので、閲覧者の数を増やすと言うか、SEO対策と言うのは、このブログ改装をする以外、何もしない。Pingも初期設定のとうり。コメント・トラックバックも承認制、無くてもいいと思って居る。

 正直、以前から書いて居る様に、個人のブログの閲覧者数は「継続は力」と思って居る。

 でも、個人の商店主の方のHP、色々焦りも有るだろうが、本当にジャズのミュージシャンの方と同様に、日々数人、その程度であろう。其れが一般的。お客さんが知りたい情報は、其処には無いと言う事なのです。そして、その情報は、安売り情報等は別として、お店の方が書けない必要情報が他のブログには載っていると言う事なのです。

 其れが口コミ・・・。色々な方が情報を検索して、当該のお店のHPを一度は見られるだろう。でも、それ以上は必要が無い。

 もし、HPを見て訪問する。そのHPとお店の内容が合っていない。なら2度と再訪はしない。やはり、近くに行くならまた行きたいな・・・。そう、HPとお店の内容。「らしさ」、合って居て初めて成立する。

 HPが現在無いお店でも、このHP上には、検索されれば必ずと言っていいほど載っている。飲食店や旅館で有ればその様な口コミサイトも有る。嗜好品の食べ物、数人の書き入れとアクセス数で一番が決まる。如何な物かとも思う。そう、嗜好品。

 なので、小生は、旅の立ち寄りのお店を選ぶ時は・・・。

@ 口コミサイト、お店の場所・店名を調べるのには良く利用する。
A 口コミサイトの評価は一応は見るが、余り参考にはしない。
B 口コミサイトで知ったお店をインターネット検索に架ける。
C お店のHPが有れば、一応確認する。それで没も多々有る。そう、らしさは出て居る。
D 他のブログ、を確認、小生に同様な評価基準を持つ方のブログを参考に行く店を決める。多分、一言。らしさ。

 小生が、此処!と言うお店は10年に一度有るか無し。食べ物もそうだ。当然、個人なので独断と偏見に満ちている。が、小生の選択、結構友人の評価も合う。色々な食べ物、作ったりもした。そう、実験(爆)。

 其処で、小生が作れなかったのが、蕎麦。街の一個人が作る事は出来ない。で、昨今嵌っているのが、このシリーズに多々登場する飛騨小坂・手打ち蕎麦・田舎料理の「平氏ヶ原」。残念な事にHPは無い。

 自分達が、濁河温泉に旅行する時に検索で見つけ、嵌ったお店である。でも、検索で見つけ出す迄にお店のHPも無い関係で、非常に苦労した。なら、蕎麦好きの皆さんの為に書いておこう!。と記載したのが、小生が話題にしている以下のブログ。

※ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」案内:
 http://cococore.seesaa.net/category/6245593-1.html

 お店の方には書けない内容、レポも合わせ、HPとしての用件も満たし記載した。公開しての編集で1ヶ月を要した。ちと蕎麦には煩い小生の包み隠し無い表現、旅の2人の合作である。

 小生は、本当にご自分の店を頑張って居られる方に是非お読みいただきたい内容でも有る。貴方のお店がお蕎麦屋さんなら、店の定休日に是非一度訪れて頂きたいお店でも有る。

 2008年6月、濁河温泉に行こいうとして、HP上から旅館「御岳」・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」に決定した経緯、今年の2月、2度目の旅館「御岳」を訪れた経緯も全てブログに書いて有る。旅館「御岳」、濁河温泉で一番大きな旅館、正直、普通なら小生の選択には架からない大手の旅館である。ま、人間の考えること、面白い。

※ 星ふる里:濁河温泉・旅館「御岳」HP:
 http://www.okuhi.jp/ryokan-ontake/index.html

 普段なら、絶対に濁河温泉の小さな旅館とか、民宿が好きな小生です。必ず其方を選ぶ。濁河温泉に10数軒有る宿泊施設、旅館・民宿。残念な事に、HPの有る所が少ない。そして、本当に詳細が判るHP、其れを持つのが旅館「御岳」だった。夜空の好きな小生には、30糎の夜空を見る望遠鏡も魅力の一つだったし。

 其処で、旅館「御岳」、この内容のHPを持つ旅館の対応はこの様なはず・・・。其れが整っていれば、充分ならしさ。其れを検証する意味でも、昨年の6月の旅はこの濁河温泉・旅館「御岳」に決めた。このブログ(写真無し・文章改行消滅)にこのレポも有る。

 正直、この旅館・「御岳」のHPと内容は合致しており、大手の旅館には無い良さを持って居るHPでも有る。濁河温泉の旅館の評価が一番に成るのも、口コミで一番に成るのも、その他のブログに良い評価が書かれるのも、充分判る。

 ま、お店をやられて居る皆さん、お時間が有れば、この旅館「御岳」・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」、是非一度。小生が言う「らしさ」が充分にお判り頂けると思う。

 今は情報化社会、色々な情報とコンサルの時代。小さなお店がコンサルを雇って、色々な組み換えを行われる時代でも有る。でも、コンサルは貴方の店の常連でも無く、客でも無く、一般的な流行は取り入れてくれるかも知れない。だが、店の発展まで保障はしない。

 其処までの余裕をお持ちなら、是非、休暇を取って、気分をリラックスできる場所への旅行をお勧めする。そう、此方の方が余程の勉強に成る。因みに、コンサルタント料は、お店の規模にも寄るが、最低でも150万円は下らない。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月23日
090523-01.jpg バーナー部品にせよ、HP本体にせよ、美しいと見れるHPにはアイデアと時間が架かっている。是が正直、プロと小生の様なアマの違い。そして、尚且つ作りこみと言う手直しが行われて居る。


 日本にも有るが、アメリカのサイトも多くのフリーテンプレートと言うのが有る。クレジットは日本と同様に消す事は出来ないが、本当に使いたく成る様なテンプレートが多数展示してある。アメリカのデザイナー志望の方・素人、見ても歴然。日本のWEBデザイン事務所の配布する物より数段素晴らしい。いかんせん本当のHP用。ブログ、このSEESAAには使えない。

 それらをダウンロードしてHTMLとCSSを見られるといい。とにかく、一枚のHTMLに附いているCSSの長い事。そう、文字一つにしても大きさ、行間・行幅・語間の多彩な命令を駆使して1枚のHPを作成してある。

 其れに比べ、小生のこのHPの様に、動けばいいか・・・。文字は14PX固定。ま、此処に変な所が有るが、体制に影響なし・・・(爆)。との考えは歴然である。

 それら全体が、見易さ読みやすさに繋がっている。そう、英語、文字数は日本語より極端に少ない。其れでもその対処で有る。プロとアマの考え方からして違う。当然、実力も違う。でも、相手も天才では無いだろう。なので、時間を掛ければ近づく事は可能である。

 近づく為には、やはりいいHP,参考と成るHPを一杯見て研究する。やはり是が重要。バーナーの様に、見れば同様な物を模倣する事は簡単な事である。でも、新しいアイディアは其処からは生まれない。

 やはり、多くのHP以外の他の物を見て、観察し、是がバーナーに成るかどうかも見定める力を附ける事も大切。より多くの観察は、より多くの疑問を生むかも知れ無いが、知れば、判れば楽しい。そして、見やすく余計な物を配置しないのも重要。

 このシリーズを時々ご覧に成って居る皆さん。小生の知り合いの商店主は、皆目判らんが言葉。そんな方は、先ずブログを始めて記入する事から。そう、一日30分でも触って記入していれば、何か判ってくることも有る。

 判らないこと、知らない事は検索を掛ければ、大概の事は知る事が出来る。ますは一歩踏み出す所から・・・。そうすれば、半年か1年後には必ず貴方らしい「らしさ」の有るHPが完成する。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月22日
 バーナーやブログ・HPの立体化の多くはこのシリーズの冒頭でも説明した、ドロップシャドウを持って作られている。どの様な考えかは以前の記載をご覧下さい。凹でも凸でも自由に出来る。是を組み合わせれば、多くの表現が出来る。

 何も白黒の影ばかりでは無い。この白黒だけの影だと、考えられる範囲は知れている。何れも本物の陰の観察。其処から多くのアイディアが生まれる。

※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「スキン凹影の作り方」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117200092.html
※ ブログで個人商店ホームページに挑戦・「スキン凹影(ドロップシャドー?)の作り方A」
 http://m-jun.seesaa.net/article/117260092.html

090521-05.jpg 本日は、本当にバーナー作成の最後。以前から友人が是非とも教えて欲しいと切望していた、小生の試作HPに使われている、上のバーナー。皆さんにも御教えすることにしましょう。そう、ある種ノーハウ。このバーナーの作成方法を知れば、また多くの他のアイディアも生まれるでしょう。


090521-06.jpg 見れば難しい様に思うが、原理は至極簡単。そして、先日見つけたあのフリーソフト、「角丸君」の登場で作成が余計簡単に成った。角を規定寸法の円弧で抜くと言う作業が一瞬で出来る様に成ったので、何色の物でも、何の造作も無く是が出来る。作成方法は以下の手順。


090522-01.jpg@ 先ずは一番外周の黒の用紙を作り、上部両サイドを角丸君を用いてRを付ける。このR寸法は内部の影部分のR寸法+外周黒枠寸法のRを附ける。


090522-02.jpgA 次に、外周R分だけ小さくした黒用紙を準備。同様に上部両サイドに外周の小さい分のRを引いたRを附ける。この両方をレイヤーの使える画像処理ソフトに取り込む。


090522-03.jpgB そして、このAの用紙を選択ツールで黒の部分のみ選択、銀光(銀びかり)、つまり色で言うと銀色(#C0C0C0)から黒迄のグラデーションを上から下に向いて附ける。


090522-04.jpgC 是に、最初に用意した大きい方の背景、黒用紙を呼び出せば・・・(爆)。この様に立体に見える。


090522-05.jpgD 是に、白の同じ大きさの用紙を2枚レイヤーに貼る。その上の用紙に今度は、下から上に向け、銀色(ねずみ色系)から白迄のグラデーションを入れる。是は結構濃いはず。是を、透過率を調整して、下の白用紙と合体して完成さす。


090522-06.jpg 判って見れば至極簡単。同系の物だと何色の物でも出来る。問題は影の色だが、その基準色の中間色、つまり、赤なら、ピンクから赤までのグラデーションを附ければ同様に見える。


 こ白い部分に文字や絵を貼りこめば上のバーナーが容易に出来る。実際には、この両サイドにドロップシャドーを設けている。

 様は、観察とアイディア。皆さんも、今回の写真切り抜きバーナーから始めて、画像処理ソフトの使い方に慣れれば、色々なバーナーに挑戦して下さい。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月21日
090521-01.jpg

090521-02.jpg

090521-03.jpg

090521-04.jpg

 今回の試作で作った4つの「平氏ヶ原」のバーナー、この試作完成品だけを見せられれば、正直難しいと思われるだろう。しかし、このシリーズのバーナーを見られれば、なーんだこんな物か・・・。

 合成手法の4枚目を除き、少しの画像処理ソフトが使えれば、容易にこれ等を作れる実証で有る。そう、当然、プロは完成品しか見せない。なのでどんな写真から切り取ったのかが判らない。

 昨今のタウン誌や情報写真、その多くは結構コンパクトデジカメ写真。そんなメモ写真から多くのタウン誌や雑誌も作られて居る。一億総写真家時代。

 これ等のバーナーを作るに一番時間の掛かる物は、多分文字の切り抜き。この文字が有れば、本当に時間が架からない。其処で必要な物が画像ソフトの使い方。正直、是は触って動かして頂く以外に方法は無い。

 色々な難しい操作をしようと思えば、本当に完全にそのソフトを覚え使いこなせなければなら無いが、この程度の操作なら、触って居る内に充分にマスターが出来ると思う。

 先ずは、画像処理ソフトに触れて見る事から・・・。この合成手法までマスターすれば、以下の2つは容易に出来る。何を隠そう、この2つのバーナーに大活躍したフリーソフトは、以前紹介したフリーソフト「角丸君」である。

090521-05.jpg

090521-06.jpg

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月20日
 昨日試作したバーナー画像。PDSのPhotoshop形式の保管から、750×150ピクセルの実際の使用寸法に合わせてサイズダウンしJPGの最高画質で保管した。その時の容量は。PC表示では97.1KB有った。是では流石に大きい。其処で、小生の目標、幾ら重くてもバーナーは最大50KB以下との想いから一応試作完成品を50KBを目標に圧縮、UPしている。

 現在、UPした画像のサムネイルは、イメージマジックと言うサーバーソフトで自動的にサイズダウン・圧縮され、表示される。なので昔からHPが軽く成ったかと言えばそうでは無い。余計に重い・・・。

 何故かと言えば、ジャバスプリクト・アプレットの行列。そう、ブログパーツの氾濫である。昔は、一ページ5秒は軽い。10秒は少し重い。それ以上のページは重過ぎる・・・。との言葉が有った。56KBの電話モデムの時代の言葉で有る。が現在、ブログを開いて、5秒以下に表示されるページと言うのは滅多に見かけない。

 PCが良くなったから?。回線が太くなったから?。そう、非常にブログやHPが重くなった。昔の考えは何処吹く風。JPG圧縮など、何処かで聴いたなー?の感覚である。なので、大メーカーのHP等はデザインと綺麗さ重視。非常に重い。

 ま、そんなHP,必要な人しか見ないので、其れはそれでいい。でも、個人商店のHPは違う。閲覧者が逃げ帰る様なHPで有っては、開設の意味を全く成さない。其れなら無いほうがまし。

 今の時代、軽いHPと言うのが、再度かっこいい。瞬時に開く。是の一番の対処はやはり画像の重さを軽くすること。余計なアプレットを附けない事。TABLEタグを使わないこと。使うなら、余計な升目を作ら無いこと。寸法指示をAUTOにしない事。など色々な要素が有る。

 現在、UP出来る画像は、一般的にJPG・GIF・PNG、先ずBMPでUPしようとする人は居ないだろう。でも、BMP形式は無圧縮なので一番綺麗。しかし、一番重い。

@ 昨日の元画像: 97.1KB(色数:24501色)
A この画像をBMPに変更すれば: 342KB
B この画像をGIFに変更すれば:  40.9KB(但し、GIFは256色)
C この画像をPNGに変更すれば: 133KB

 に成る。なら、このJPEGのまま色数を減らしたら・・・、と256色に変更して見ました。

D 24万色を256色に変更: 88.9KB

 と幾らも減らない。色々実験されるといいが、単色系はGIF/PNG、画像系はやはりJPG圧縮が一番良い様に感じる。手間も余り架からない。では、どの物で圧縮するのが好ましいのか、是が一番説明しにくい。何れのソフトも一長一短なのだ。

 処理する画像に依っても違うし、大きさに依っても違う。同じ画像を圧縮して、良い方を選ぶというのが正解かも知れない。例えば、同じ画像を1回で目的の圧縮をするのと、2回に分けて処理しても異なる。

 とにかく、最終結論は見栄え、明らかに見栄えが異なると判断できるまで、圧縮して軽くする。是が一番の解決策です。最後に、小生の実験した画像を此処に置いて置きます。

090520-01.jpg1) 元画像: 97.1KB(色数:24501色)

090520-02.jpg2) 50KB目標圧縮: 46.1KB ⇒ 未だ余り変化は感じない。

090520-03.jpg3) 25KB目標圧縮: 24.6KB ⇒ 少しボケが出だしたが、まだ使えるかも。

090520-04.jpg4) 12KB目標圧縮: 11.9KB ⇒ かなりの色変化・そばのつぶれ・・・

090520-05.jpg5) 6KB目標圧縮: 5.69KB ⇒ 既にモザイク状態。使用に耐えません。


 ま、是だけは、やって見ないと判らない。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年05月19日
090519-01.jpg  本日は、「バーナー写真切り取りの実例」の最後に、合成と言う手法を用いた作例をお目に架けましょう。今までは1枚の写真からバナーを切り抜いて居ましたが、本日は4枚の写真から1枚のバーナーを作ると言う手法です。是は既にブログネタを越えています。

 そう、時間が架かります。今までの様に10分や20分で処理終わる物では有りません。実際にこの様な写真は一発撮り。そう、全て商品を揃えて、其れを1回で撮ります。そうすれば、この様な処理は必要有りません。

 でも、個人の商店主、曰く素人が撮るには材料を作る・撮影する。プロでは無いので手間どります。また、撮影した物が全て上手く行っているとは限りません。その修整や、カタログ、お店のメニュに使えます。

 以前申し上げた様に、小生の助言を守られて商品撮影をして折られれば、商品は1箇所に置いて、其れを三脚で固定して撮っています。従って、商品は同じ角度から見た形状に成っています。少し違うのは遠近感のみだと思います。

090519-02.jpg 今回、使う写真は上の4枚のメモ写真。その様には成っていません。是でバーナーを作ります。後必要な写真は、店名・住所の現在までに使用した文字パーツ。この5枚の写真の処理をお見せしましょう。

 基本は、平氏ヶ原の「鴨鍋そば」1500円。さるそば1枚に美山産のバルバリー鴨の鍋が附いています。でも、此処にはさるそばが写って居ません。其処でざるそばを追加する必要が有ります。

 そして、其処に岩魚の塩焼き(600円)とあじめの天ぷら(600円)を追加します。〆て2700円、是に御飯(200円)を附けて鴨鍋の汁で「ねこまんま」を食べれば是はもう最高!。と言うことで、このセットを作ります。

 小生のこの組み合わせは、平氏ヶ原では最高と思うグルメセット。しかし、大食いで無いと食べても動けない・・・(爆)。ま、お近くの方は一度このメニュで・・・。

■ お店案内 ■

店 名    : 平氏ヶ原(へいじがはら)
住 所    : 〒509-3111 岐阜県下呂市小坂町落合2563
電 話    : (0576)62-3948
営業時間   : 午前10時30分〜午後4時(最終オーダー)
定休日    : 毎週金曜日(行楽シーズンは営業・要問い合わせ)
お店のHP  : 残念ながら有りません。
近隣の観光地 : 御嶽山・濁河温泉・湯屋温泉・下島温泉・巌立峡・下呂温泉・飛騨高山
※ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」案内:
 http://cococore.seesaa.net/category/6245593-1.html#top

090519-03.jpg@ 先ず、基準の鴨鍋そばをセンターに配置します。このままでは少し鴨鍋の中が暗いので、全体的に明るく画像を補正します。少し、手前の取り鉢(れんげ部分)が目立ち過ぎる感が有りますが、後で考えます。


090519-04.jpgA 此処で、画面サイズを大きく拡げ、他の写真を配置出来る様にします。其処で、鴨鍋そばで写っていないざるそばを加えます(新しいレイヤー)。でも、写真を撮った場所が違うので、大きさが合っていません。そう、比率。幸いにも、このそばには、そばのツマの皿が写っています。是を鴨鍋のツマの皿と合わせ寸法を同様とします。この時、そば側の透過率を50%程度とし、下の鴨鍋のツマ皿と合わせています。


090519-05.jpgB 是が合えば、元の様にそばの画像を水平にします。是で、一応、遠近感は別として、一応の大きさ補正は整いました。


090519-06.jpgC 次に、ベースが鴨鍋なので、ざるそばを切り抜きします。是には、円形選択を用い、後も処理無くそのまま使える様に慎重に選択位置をセットします。写真の皿の周囲の破線がその選択です。


090519-07.jpgD 選択が出来れば、選択場所を反転、ざるそばの周囲の選択に切り替えます。そして、カット。皿だけが残ります。


090519-08.jpgE 鴨鍋の周囲の黒い部分の色を拾い、周囲に塗ります。其処にざるそばの皿を置いています。


090519-09.jpgF 次に、あじめの天ぷらを同様に切り抜きます。今度は円形では無いので、選択ツールは多角形選択ツールを使います。そう、1ポイントずつ置いて、切り抜いて行きます。周囲黒なので、周囲に黒い部分が残っても、後で縮小するので、自然とぼかしが附きます。


090519-10.jpgG 次に、岩魚も同様に切り抜きます。後部に配置する考えなので、皿は見えないとの考えから皿まで切り抜いています。


090519-11.jpgH 鴨鍋・ざるそば・あじめ天ぷら・岩魚塩焼きを配置したい部分に置いて、違和感の無い遠近感の寸法を与えます。現在、鴨鍋をベースに4枚の写真が4つのレイヤーに載っています。レイヤーなので、個別に移動・縮小・補正等が効きます。そして、ベースもレイヤーを複製すれば、自由に移動も上下関係(何れの品物が手前に来るか・・・)をセットする事が出来ます。是はレイヤーの上下の移動で行います。


 其処で、重なりの部分を半透過ににして、切り取ります。この写真の場合は、センターに置いた鴨鍋は何も触っていないので、ざるそばと小鉢の重なり部分・あじめ天ぷらと鴨鍋のれんげ部分の重なりを切り抜いています。


090519-12.jpgI 是で一応、背景画像の処理は終了です。大きく引き伸ばせばこんな感じ。ただ、鴨鍋部分の蓮華小鉢を白が目立ちすぎとの理由で多少カットしたので、そばの部分と合いません。是は後にカットする必要があります。


090519-13.jpgJ この作業が終わった時点の現在の画像寸法は、横9000ピクセル・縦2000ピクセル。容量は51.5MB有ります。


090519-14.jpgK この画像を下の黒枠を鴨鍋の蓮華に合わせ、他のもの(ざるそば)をカット、再度其処に黒枠を加え、目標比率、縦150ピクセル・横780プクセル比率にイメージの画像サイズで合わせます。そして、追加した周囲にも拾った同じ黒の色を塗ります。


090519-15.jpgL 此処に昨日も使った文字を読み込み、位置調整をします。

 位置調整が済めば統合して、JPG保管します。其処で作業を戻し、再度レイヤーの状態でPhoophopのファイル形式、PSDでも保管して置きます。そう、これ等の切り抜き部品は、別に保管すれば、また使える。画像統合すれば、使えない。


090519-16.jpgM その後、ご自分で決めた規定の寸法に修整・圧縮します。是はその完成品(50KB)。


 ま、手間掛ければこの様な事も・・・。ただ、今回は、説明のキャプチャー画像を取りながらの処理。2時間ほど架かってしましました・・・(爆)。ブログネタには最大1時間。今回、このシリーズで2度目の二時間越え・・・(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事