掲載:2008年12月15日
先日行った飛騨小坂「ひめしゃがの湯」の脱衣場には当然の事として、温泉分析表が掲示された居たが、そのほかに多くの表示が目に附いた。 それらは、小生のこのブログのジャンル「温泉関連情報」にも記載しているが、是は環境省(http://www.env.go.jp/)の平成19年4月25日交付(平成19年法律第31号)の温泉法改定でも明示されている様に、温泉利用事業者が掲示しなければならない項目を施設内の”見やすい場所”に掲示することが義務に準じた表示である。 ま、追加・追加でこのような表示に成ったと思うが・・・。でも、未だ古い温泉にはこれ等法律に定まった表示が無い温泉が多々有るとは、温泉好きの皆の感想。※ 写真は「ひめしゃがの湯」に有った温泉分析表と追加表示。※ 御岳と温泉と滝の町:飛騨小坂:巌立峡 ひめしゃがの湯: http://hida-osaka.com/ (*^‥^*)」 イヨッ ※ 其の他に有った表示。※ 其の他に有った表示。 ※ 温泉法による明示項目。 ※ 自主的に明示が好ましい項目。
掲載:2008年12月12日
飛騨小坂、巌立峡「ひめしゃがの湯」の温泉分析表を写して来たので読めるように写真を・・・。 この温泉水は、「ひめしゃがの湯」の外の飲泉場で飲用出来る。味は書いた様に鉄管の錆びた炭酸しゅあしゅあ味。しかし、昔は是でラムネを造っていたと言う。どうして、この鉄イオンを取ったか不思議・・・(爆)。 貧血気味の方には、この鉄分、イオン化されて居るので良いかも知れない。そう、体に吸収される。泉質は、低張性の中性、単純温泉。※ 御岳と温泉と滝の町:飛騨小坂:巌立峡 ひめしゃがの湯: http://hida-osaka.com/ (*^‥^*)」 イヨッ ※ 巌立峡「ひめしゃがの湯」温泉分析表@ ※ 巌立峡「ひめしゃがの湯」温泉分析表A ※ 巌立峡「ひめしゃがの湯」温泉分析表B ※ 巌立峡「ひめしゃがの湯」温泉分析表C
掲載:2008年12月11日
と言っても写真なので本当に良かったです(爆)。本物だったら、食べた後の処理が困り物です。 ドリアン、地獄の臭いと天国の味と言われる果物の王様。しかし、百貨店でも1個とか2個しか置いていないと思う。置いて有るほうが珍しいかも知れない。何せ匂う(爆)。 そんな物が一杯売ってる店が有るらしい、日本では信じられない某所。何故そんなに食べる人が多いのだろう?。輸入場所が近くに有るとは思われないし、やはり、珍しい果物の好きな方が多い地域なのだろう。 そんなドリアン、小生は若い頃に東南アジアに何度も長期出張したので、食べた事が有るし、食べなくも無い。ただ、食べて酒を呑めば心臓がドキドキする。酒飲みにはちと問題の果物。 そのドリアンを持ち帰った事が有るが、空港で国内持ち込み禁止。そう、種が有る。現地でも結構高価な代物、仕方なく空港構内(日本で有って日本で無い。)で食べた(爆)。で、残骸は空港のゴミ箱に・・・、そう、相当に匂った。 家に帰り酒を呑んだ事は言うまでも無いが・・・、心臓ドキドキ・・・(爆)。 (*^‥^*)」 イヨッ※ 本当に何個も売ってます。
掲載:2008年12月10日
皆さんは防腐剤の入っていない豆腐と言うのを食べた事が有りますか?。其れがどのような形態の物なのかは下の堂本豆腐店の田舎豆腐を読んで頂ければよく判る。 そんな堂本豆腐店の豆腐・厚揚げ・薄揚げを久しく食べた。本当に美味しい。是が昔の豆腐の味。小生の言う本当の豆腐である。本当に値打ち有る豆腐、皆さんも是非一度。 国産大豆・にがり・美味しい水、しかも防腐剤無添加で1丁120円。そんな豆腐を限定で無く何時も製造販売。是は本当に値打ちのA級グルメ。 但し、売り切れ御免(通常休日は昼過ぎに売り切れ)。詳細は以下のリンクをご覧下さい。※ 能勢・堂本豆腐店の田舎豆腐: http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623068#2623068※ 堂本豆腐店: 住所:大阪府豊能郡能勢町大里388・電話番号:072-734-1203 営業時間:7:00〜17:00・定休日:月曜日 (*^‥^*)」 イヨッ ※ 堂本豆腐店の厚揚げと、幻の薄揚げ(予約販売・販売数量限定)。この他に容器を預けて予約出来る豆乳がある。
掲載:2008年12月08日
曰くゆたんぽ(爆)。電子レンジでちん3分で7時間温かい。そんなゆたぽんを友人から貰った。貰った当日から使用。便利。 便利なのだが、温かさ7時間はちと長い眠りには短い。本日はゆたぽんが冷たくなって目が覚めた(爆)。何時ものは何も入れずに眠るのだが、有れば有ったで冷えれば寒い。 日曜日・本当に寒い日の長い眠りには不適かも知れないが、普通の眠りには重宝する。 ゆたんぽタイプ「ゆたぽん」、温かさは7時間。 (*^‥^*)」 イヨッ ※ 外箱。
掲載:2008年12月07日
近隣の旅の締めは何時も日帰り温泉、本日の旅の締めでの日帰り温泉には「みはる温泉・美榛荘」・「大宇陀温泉・あきのの湯」を候補に上げて居た。評判では「みはる温泉・美榛荘」は湯がいい、「大宇陀温泉・あきのの湯」は設備が大きい。 先ずは湯と言うことで、「みはる温泉・美榛荘」を見に行くが・・・、受け付け奥で皆さんが椅子で休んで居られた。そう、小生は温泉は畳・・・(爆)。と言うことでネット上に床暖房の大広間が有ると記載されていた「大宇陀温泉・あきのの湯」に変更、向かう。 途中、何時もこの近辺に来た時に立ち寄る大宇陀道の駅に立ち寄り、「ブルーベリー・ソフトクリーム」を食べる・・・(爆)。 「大宇陀温泉・あきのの湯」、考えて見れば大宇陀の高台にあり、以前立ち寄って一杯で入れなかった場所です(爆)。温泉は広く綺麗、温泉施設・温水プールが有り1日楽しめる場所ですが、入った感触は・・・、クールダウンが早い・・・。 風呂を上がって床暖房の大広間で休憩、この季節、是は嬉しい。外には雪が舞っていました(爆)。その中を帰阪。本日の走行は300Km、車検代車の軽で走破(爆)。 蕎麦は水と空気と材料と腕、そしてバランス。やはり、小生達は飛騨・信州の田舎蕎麦がいい・・・(爆)。そうだ!!!旅に出よう!!!。が、今は飛騨は雪の中・・・とほほ。※ 大宇陀温泉あきのの湯: http://www.akinonoyu.com/ (*^‥^*)」 イヨッ ※ 温泉案内。
掲載:2008年12月05日
写真画像に虹を大きさを変えて合成するためだけのツールです。本当に簡単に虹を架ける事が出来ます。例に作った写真は、透過率を調整していない極端な写真ですが、透過率を下げる事により、より本物に近い状態を作る事も可能です。 PCを汚さないソフトなので是非一度試して見て下さい。ただ、net.framework 2.0をインストールして有る必要が有ります。※ 虹の合成ツール: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se466542.html (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2008年12月04日
2008年12月03日(水):田中敬子(P)・竹内浩介(B)・長瀬祐紀(D)さん:JKcafe:PM7時〜9時を聴いて来ました。とは言っても今回も半分。本日は丁度車が車検、それで慣れない軽の代車で行きました。が、思いのほか車が込んでいる・・・。やはり師走なのでしょうか?。8時過ぎにJK着。 本日のトリオ、組まれて2年余りとか、気心の知れたトリオ、安心して聴く事が出来ます。1セット、久しく安定したジャズを聴いて来ました。 次回は是非、違ったバージョンの3方のジャズを聴かせて下さい・・・。とは言っても、昨今中々JKですら聴きに行けない。今月12月は何回聴けるだろう・・・。師走。 (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2008年12月02日
11月29日の大台ヶ原行きの道中で、「ご飯」+「たこ焼」、つまりご飯のおかずにたこ焼きが等の粉物成ると言う話しに成った。この話しをしたのは第一次ガンダム世代、30日は京都のガンダム風お好み焼を皆で食べに行ったらしい。 小生は彼らより少し上の年代、同年代でも粉物をおかずにご飯を食べると言う方は居るかも知れ無いが、少なくとも小生の友人には居ない。 ただ、ラーメン・ライス、うどんにご飯と言うのは学食でよく食べたので一杯居る。何処から出たのだろう、粉物とライス。汁物とライスは小生らの時代、一杯居るとは思うが・・・。 是を大阪文化と言う関東人が居るが、昨今、東京でも是が有ると聞く。 (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2008年12月01日
行って来ました。今年最後の「大台ヶ原・星と朝日を見る会」、11月28日の24時、29日午前0時・大阪高槻のJKcafeに集合したcafe友6名で行って来ました。 何時もの道を通り、何時ものコンビニに寄り、必要な水・お茶・弁当、間食を手配、大阪から山を越える度に気温が低下、大台ケ原の駐車場ではやはりのー1℃。でも、考えた気温より多少高く無風、是が本当に良かった。 この29日はほぼ新月、予定のとうり今年最後の星空、皆さん満足。今までに島根に住んだ事の有る女性も、「こんな星空見たこと無いです!」 本当に良かったです。でも、この日の星空は空に薄い雲が有り、小生の今まで見た感じでは80点、年々星が見えづらく成って居る様に感じます。でも、小生の見た星空ではやはり今年一番。やはり、大台ヶ原の新月の星空、本州一番の星空の様に思います。皆さんも是非!来年。 その後、朝日を見る為に三又辻の熊野灘展望台に・・・。其処で朝日と霧氷を観賞。日出ヶ岳でも、霧氷を観賞、ただ、本日の天気の良さで雲海は殆ど有りませんでした。是は残念。この日の山頂の気温は無風の為にー2℃。 この星と朝日の両方を見る為に昇った回数は小生を除き、2回の人、3回の人、4回の人・・・。毎回違う感動をくれる大台ヶ原ですが、そう簡単に全てを見せてはくれません。 大台ヶ原、開山は6ヶ月、新月も6〜7回しか有りません。本年は12月1日の午後3時に閉山。また来年の4月末まで・・・。 その後、東大台ヶ原を周遊しましたが、小生は尾鷲辻で敗退。そう、階段や道が凍結、左足が悪い小生、此処で諦めました。皆さんは、大蛇倉から難関のシオカラ谷を始めて通過、一周されました。この日の昼の駐車場の気温は5℃無風。 この「大台ヶ原・朝日と星を見る会」で、朝日と星を見て大蛇倉・シオカラ谷を通過して1周したのは始めてです。今後、今回参加の5名の方が「大台ヶ原・星と朝日を見る会」を継続して下さる事でしょう。 その後、何時もの様に、大台ヶ原ドライブウエィーの中途から小処温泉方向の林道を抜け上北山道の駅で昼食(秋刀魚寿司定食)をして上北山温泉で入浴休憩して帰阪。 何時も同様の予定と道程、でも何時も違う物が見られます。一度も大台ケ原に行った事の無い皆さん、来年の4月末から開山します。一度是非!。 毎年、4月末・5月連休の大台ヶ原の気温は深夜零下に成る事が有ります。一応1600mの山です。行かれる場合は其れなりの装備で・・・。★ 因みに、今回の小生の服装は、上: 山用長袖シャツ・山用長袖ハイネックセーター・ポーラテックスインナー・ゴアテックスパーカー下: パンツ・ポーラテックスインナー(山用ももひき?)・ズボン・山用アウターパンツ靴下・靴: 山用靴下(薄手)の上に山用のロング靴下(厚手)の2枚、ゴアテックス登山靴手袋: 軍用ウール手袋(ロング)の上にゴアテックスハイキング手袋その他の持参品: タオル・シルクスカーフ・ゴアテックス山用合羽上下※ 上記装備で凡そー3℃〜ー5℃まで耐えられます。今回は無風のため是で充分でした。もし、是以上の零下に成った場合は、持参品の合羽を着る予定でした。合羽を着ればー6〜7℃までの中で活動できます。※ 今回、天気が良かったので、駐車場まで車で来て昼食でも・・・と数組のカップル・夫婦の方が弁当持参で来られました。当日の気温は5℃。車を降りて数分で皆さん退散されました。 そう、+5℃でも侮ってはいけません。町でも3℃・5℃の気温は幾らでも有りますが、殆どの場合、動いています。静止状態では非常に寒い気温です。ご注意下さい。※ 今回、1名スノボー用の上着で参加した方が居られました。少し寒いとのことでした。小生、スキーウエアーはー5℃程度まで耐えられる物と考えて居ましたが、是は間違いかも知れません。皆さんも山行きウエアーの耐気温には充分にご注意下さい。 (*^‥^*)」 イヨッ ※ 霧氷。 ※ 霧氷。 ※ 小処温泉から上北山道の駅途中の桜?。 ※ 何時もの上北山道の駅の秋刀魚寿司定食。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事