掲載:2017年06月22日
 先日、女性のスマホに勝手にアプリをインストールし、盗撮・盗聴を行っていた男が逮捕された。貴方のスマホにご自分の知らないアプリ、インストールされていませんか?。

 是は、盗聴器の比では無く、画像・音声がリアルタイムでコントロール、送信されていた様だ。

 ただ、元来これ等のアプリの使用法は全く異なるが、単に悪用と言う事。

 ----------

※ 自分のスマホで“盗撮”される!? 遠隔監視アプリから身を守るには:
 http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170616-OYT8T50004.html?from=yartcl_os1&seq=04
 2017年06月16日 16時30分

【記事引用】

 スマートフォンの「遠隔監視アプリ」を悪用して、女性の行動を盗み見たとして飲食店員の男が逮捕された。女性のスマホに勝手にアプリをインストールし、盗撮・盗聴を行っていたようだ。(ITジャーナリスト・三上洋)

 報道によると、飲食店員の男(42)は、勤務先でアルバイトをしていた大学生の女性(20)のスマートフォンに、遠隔操作で動画を撮影したり送信したりできるアプリを入れて行動を監視したなどの容疑で6月8日、愛知県警に逮捕された。不正指令電磁的記録供用(いわゆるウイルス供用)とストーカー規制法違反の疑いだ。

 勤務先の更衣室で女性宅の鍵を盗み、3月上旬、女性宅に侵入。その際に女性が使っていなかった古いスマホを盗んだようだ。そのスマホに遠隔監視アプリを入れて、5月に再び女性宅に忍び込み、スマホを設置。5日間にわたり、動画で女性を監視したという。

 本件については、男はスマホを女性宅のリビングの机の下に隠していたが、使わなくなったスマホが充電されているのに女性が気づき、県警に相談したところ、試し撮りをする男が映っていたことから逮捕につながった――という報道もある。

 このような遠隔監視アプリの事件は度々起きている。昨年11月には全国で一斉摘発が行われ、スマホの位置情報やLINEのやり取りを閲覧できるAndroidアプリ「Androidアナライザー」を他人のスマホに入れたとして、全国の15道府県警が初めてソフト利用者を一斉摘発した。

 また2014年には、元交際相手の女性のスマホを遠隔操作して盗聴・盗撮などを行ったとして、広島県の男性が有罪判決を受けている。

リアルタイムで映像・音声を遠隔チェック、音や振動で自動録音も

Windowsでのアプリ画面。スマホのGPS位置情報から現在地の地図を表示することもできる

 報道によると、今回の事件では「TrackView」というアプリが悪用されたようだ。本来は自宅のセキュリティー用に販売されているもので、主に以下のような機能がある。

・位置情報を遠隔チェック:スマホを紛失した時などのため
・映像モニター:スマホカメラのリアルタイム映像・音声を外から見られる
・自動録画、録音機能:音や振動を検知した場合に自動で録画できる
・会話機能:子どもが留守番をしている時など、自宅のスマホと会話ができる

 単純に言うと「ホームセキュリティーをスマホで実現するもの」と考えればいいだろう。外出先からペットの様子を確認することもできる便利なものだ。しかし悪用されると、知らず知らずの間に盗撮されてしまう怖いアプリだ。

 筆者がこのアプリを試してみたところ、iPhoneでも不正改造(いわゆる「脱獄」)なしで利用できた。従来、iPhone用アプリは、アップル社の審査が厳しいため監視アプリはあったとしても不正改造が必要といわれることが多かったので驚きだ。

 今回の事件でiPhoneが使われたかどうかは分からないが、iPhoneにアプリを入れた状態で、パソコンから同じアプリ・同じアカウントで接続すると、カメラ映像と音声をリアルタイムで見聞きすることができた。インカメラ・アウトカメラを遠隔で切り替えることができ、かつ音声も聞こえた。

 ただし筆者の「実験」では、操作ロックのかかったスタンバイ状態では動作せず、またアプリを閉じると無効になった。そのため、誰かのことを盗聴・盗撮しようとした場合、その人が普段使っているスマホにアプリを忍び込ませても、スタンバイ状態にされるとアウトだ。またスマホの電池も消費するため、常にスマホを充電しておく必要がありそうだ。

 犯人がスマホを盗んだ後、改めて侵入して設置しているのは、この準備があったからだと思われる。

使い終わった古いスマホに注意。セキュリティー対策を怠らない

 今回の事件のように、スマホを盗まれると遠隔監視される危険性が高まる。Androidでは、本人に気づかれにくい形で動く遠隔監視のアプリもある。改めてスマホの安全対策をまとめておこう。

●ストーカーや盗撮・盗聴を防ぐためのスマホ安全対策

・使い終わったスマホも操作ロックをかける

 機種変更後の古いスマホに注意。今回のような監視アプリを勝手に入れられることを防ぐために操作ロックをかけておく。暗証番号は誕生日や電話番号を避けて複雑なものに。

・機種変更後はバックアップを取って初期化を

 機種変更後の古いスマホは、盗み読みされないよう、バックアップを取った上で初期化を。

・親しい友人や家族であってもスマホを渡さない

 交際している異性がアプリを入れて監視していた事件も起きている。

 現在使っているスマホのセキュリティーには注意する人が多いが、使わなくなった古いスマホは見逃されがちだ。機種変更後の古いスマホ・携帯電話の管理は厳重にしたい。

★参考記事

・他人のスマホ、のぞき見した女性は3割…利用調査:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170206-OYT8T50050.html
・スマホ写真の位置情報やSNSへの位置投稿は危険:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/goshinjyutsu/20150501-OYT8T50103.html
・スマホ向けランサムウェア確認…日本語では初:サイバー護身術
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20160318-OYT8T50083.html
2017年06月16日 16時30分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

プロフィル

三上洋 (みかみ・よう)
 セキュリティ、ネット活用、スマートフォンが専門のITジャーナリスト。最先端のIT事情をわかりやすく解き明かす。テレビ、週刊誌などで、ネット事件やケータイ関連の事件についての解説やコメントを求められることも多い。
http://www.sv15.com/
Ads by Google

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年06月22日
 らしい・・・

 ----------

【Seesaaブログ】トラックバック機能提供終了のお知らせ

平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

トラックバック機能について、送受信ともに2017年7月中をめどに終了とさせていただきます。
ご利用いただいておりました皆様におかれましてはご不便おかけし申し訳ございません。
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

なお送受信については上記の通り機能終了いたしますが、これにより既存のトラックバックが消去されるものではありません。ブログおよびマイブログ内にて引き続き表示されます。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年06月21日
20160621-01_s.jpg 自分のiPhone5sはワイモバイル、以前のウイルコム・PORTUSから是に成った経緯は以前書いた通り。PORTUS継続不可の機種変更でついにスマホに成ってしまった。正直自分はメイン携帯がスマホ、利便性は判るが余り好まない。

 機種変更時にワイモバイルで表面保護ガラスフィルムだけ貼った。価格は3500円、ケースも同様に3500円程度、ケースには手を出さなかった。。

 其処で買ったのが、100円ショップ「ワッツ」で見つけたiPhone Soft Mirror Case(爆)、軽くてストラップ穴も有り、結構気に入っている(先日書いたiPhoneを落とした時にはこのケースで助かった)。他に何か無いかと探すと、100円なので当然apple認定品では無いが、充電専用ケーブル・巻き取り式充電専用ケーブルも有った。

 友人が純正ケーブルでiPhoneを毎回充電をしているとコネクターの首部分が断線、急ぐため近所の店で認定品を購入すれば1800円だった事を聞いていたので、充電なら是で充分と買った。3点で324円。ただ、この巻き取り式の充電ケーブル、自分が買った以降見かけ無く成った。

 このケース、1人の友人は家に近い「ワッツ」に有ったらしく、iPhone6用を自分で調達していたので何処の「ワッツ」にも有る物なのかも知れない。

 其れなら自分も買って来てとお友達、ケースとケーブルは次々と幾つも買った。その様な物が100円均一の他にも無いのかと立ち寄り時に色々な店舗を見ていると、保護ガラスフィルムがローソン100に有った。

 自分は既に貼って有るので不要だが、其の事を友人に話すと、自分の保護フィルムはPETシート、ガラスが有るなら買って来てと言われ、是も次から次に何枚も買った。此処にはiPhone5s(SE)用・iPhone6用、他のローソン100にはiPhone7用の販売が有った。

 ただ、この保護ガラスフィルムは何処のローソン100にも有る物では無く、自分の家から一番近いローソン100には無く、お友達と行くスーパー銭湯帰りのローソン100で見つけた。

 因みに、ダイソーにも色々なiPhoneグッズが有るとネット情報が有るが、実際何軒か立ち寄って見たが、未だネット情報に有る300円の充電バッテリーなどは一度も見かけた事は無い。

 これ等100円均一で見かけた他のiPhoneグッズは、簡易防水袋・カメラシャッター・手帳型ケース・イヤホーン・イヤホーンマイク・広角レンズ・接写レンズ・タッチペンなどだが、自分には不要と思われる物ばかり、カメラ3脚ホルダーとタッチペンだけはとりあえず買った。。

 100円ショップ、とりあえずと他の物も買えば、結構使わない物を買ってしまい100円の値打ち無く、100円ショップは其処が狙い(爆)。

※ 株式会社ワッツ 100円ショップ:
 http://www.watts-jp.com/
※ E Core 【電子部品】携帯電話アクセサリー:
 http://e-core2006.co.jp/
※ ローソンストア100:
 http://store100.lawson.co.jp/
※ 100円ショップ「ザ・ダイソー」:
 https://www.daiso-sangyo.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月18日
20170529-01_s.jpg androidからiPhoneに持ち替えた時の困りごと「ホームボタン操作とAssistiveTouch」!

 そう自分は左手片手でiPhoneを持ってHOMEボタン操作をしていてiPhoneを床に落としました。。。それからネックストラップを付けました。。。

 そうなんです。右利き人間なら左手でiPhoneを持ち、右手で操作、でもHOME釦は押し込まないといけないので、ついつい左手親指HOME釦を押してしまう。

 画面をONしての指紋認証時もそう。その様な時、iPhoneの保持バランスが崩れ、手が滑り、iPhoneを落としてしまうのです。皆さんは如何ですか?、落とした時の状況は如何でしたか?。

 今時の若者なら、スマホは右手一本の片腕操作なんでしょうが、さりとて状況は同じ・・・(爆)。

 其処で自分が付けた物が、紐付きで慣れるまで少し使いずらくは成るがネックストラップ(ハンドストラップ)、そして、探した物が是「AssistiveTouch」・・・。

 ----------

【AssistiveTouch】

 android端末でスマホ操作をしてきた人間、しかもandroid端末のHOMEボタン操作はスワップやタップ、iPhoneを触りHOMEボタンが可動式ボタンで有る事に驚いた。しかも押さないと作動せず、使いずらく、iPhoneを落としもした。

 是って画面タッチで何とか成らないの?、そんなアプリは無いの?、検索を掛けて見るとiPhoneに既に内臓したアプリ「AssistiveTouch」が有る事が判明、早速自分は是を設定した。

★  この「AssistiveTouch」を画面上に出してタップすれば、使用出来る機能は以下。

@ 通知センターの表示
A コントロールセンターの表示
B 画面のロック
C 画面の回転
D 音量のアップダウン
E ミュートや解除
F スクリーンショット撮影
G シェイク
H マルチタスクの表示
I Siriの立ち上げ

・ また、操作メニューをカスタマイズすることも可能。

★ AssistiveTouchを画面に表示させる方法は以下。

@ 「設定」アプリから「一般」をタップする。
A 「アクセシビリティ」をタップする。
B 「AssistiveTouch」をタップする。
C 「AssistiveTouch」をオンにする。

 是でiPhoneの画面上に「AssistiveTouch」の丸形アイコンが表示されます。使用時は、このアイコンをタップします。また「AssistiveTouch」の丸形アイコンは指で自由に移動出来、操作の無い時は薄く半透明に切り替わります。

 使用法等は以下のサイトをご覧下さい。HOME釦だけにするカスタマイズも有り(下記URL参照)、大変に便利と思うアプリ、iPhoneをお使いの皆さはもうお知りでしたか?、如何ですか?。

 また、HOMEボタン関連では無いが、自分は設定でSiriの動作を停止、アプリ更新をWiFi接続時のみに設定、他のモバイル通信も不要と思われる物は停止し、ギガと電池の消耗を少しでも低減させる設定とした。

※ ホームボタン操作などを画面タッチで行う(AssistiveTouch):
 https://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/accessibility/assistivetouch/
※ iPhoneのホームボタンや音量などを画面上で操作。「AssistiveTouch」機能を使いこなす:iPhone Tips:
 http://japanese.engadget.com/2016/04/07/iphone-assistivetouch-iphone-tips/
※ iPhoneのホームボタンを押さずに済む方法
 http://www.appbank.net/2016/04/23/iphone-application/1195524.php
※ iPhoneの画面上に仮想ホームボタンを表示して1タップでホームに戻る
 http://www.ipodwave.com/iphone/howto/assistive_touch_home_button.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月17日
20170613-01_s.jpg20170613-02_s.jpg 検索すれば色々記事が出て来ますが、iosが現在は10なのでネットに有る新しい記事(2017年)ではUQモバイルのiPhone5Sの記事しか出て来ません。此処にはAPN設定が有りません。

 UQモバイルのiPhone5SはiPhone用シムのため、このシムを入れればAPN設定が不要なのです。

 今UQモバイルではiPhone用のシム契約が有るみたいですが、此処にはUQモバイルの5Sしか表示されていません。このiPhone用シムを使えばデザリングが使えます。デザリング不要ならこのシムは不要、普通のandroidシムとの共用のnanoシムで使えます。nanoシム、現在は一番小さなシムです。

 AUのiPhone5SをUQモバイルで使うためのAPN設定プロファイルは以下に有ります。

★ iOS端末の設定方法 - UQコミュニケーションズ:
 此処にAPN設定プロファイルiPhone 5/5s/5c用が有ります
 http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/ios2.html

 APN設定をして、何か電波が入らないとかが有った場合、機内モードをON/OFFで切り替えるか、電源をON/OFFすると直るそうです。。

★ iPhoneの電源を入れ設定・立ち上げまでの手順は、

@ UQのnanoSimを入れる(大きなシムならシムパンチで打ち抜いても出来る)

A 電源を入れる。

B 多分「こんにちは」と表示される

 アクティベーション(利用開始設定)の指示あればそれを行う。iPhoneが初期リセットしてある場合、多分手順は以下です。

※ [iPhone]ご購入後の各種設定(iPhone をはじめて利用する場合の初期設定):
 http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=74199&id=e6156546a78344665736d56584e6d564548365330595665435541764e4f64323944684452656e6170435a633d

C [iPhone/iPad]初期設定(アクティベーション)の方法を教えてください。
 http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=75771&a=101&id=75771

この内容の順に設定していけばいいですが、ほとんどの設定は”後でする・使わない”が使え、iPhoneが良く判るまでは後で設定するのがいいと思います。

ただ、「Wi-Fiネットワーク」の設定(家のWiFiの設定(SSID/PASS))をします。是をしてネット接続が出来ないと、APN設定ファイルが読み込めません。PCでダウンロードして読み込む方法も有るには有りますが・・・。。

Touch ID(指紋認証)の設定(※ 自分はPINを設定、指紋は後でしましたが、登録の時、左手で持っていたので左手親指で登録してしまいました(確かに片手打ち出来ない人間は是が一番の自然系かも知れず、iPhoneを手に持った時は多用しています)。後で、右手人差し指も追加しました。)設定しない場合 「Touch IDを後で設定」 → 「続ける」を選択

項目のApple IDも後で設定出来ます。登録のメルアドは自分が何時も使うメルアド(gメールやホットメールでも登録出来ます)が使えます。何かiPhoneのメルアドも登録すれば貰えるみたいですね。

★ [iPhone/iPad]初期設定(設定アシスタント)の際にApple ID/パスワードを入力せずにスキップしても大丈夫ですか?:
 http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=77901&id=e6156546a78344665736d56584e6d56454836533059666f6f702f354c6843346c4e4e427a326251374561773d

◎ 結果は、大丈夫!!!。

(FAQ番号:77901) はい、初期設定の際にApple ID/パスワードを入力をスキップしても次の設定に進みますので問題ありません。あとからでもApple IDが必要な際に入力を求められます。

【Apple IDで利用できる主なサービス】

・iTunes Store/App Store(アプリ購入。無料アプリのインストールでも必要ですが、無料アプリならクレジットなどの登録はせずともダウンロード出来ます。有料アプリが使えないだけです。無料アプリでも広告の出ない物も有ります。地図アプリのMAP/MEがそれ)
・iCloud
・FaceTime
・iMessage
・Game Center

 iPhoneがセキュリティーに強いと言われるのは、プログラム内部にアクセスするアプリを以前は有りましたが、今は一切許可していないためです。

★ 上記は、Apple IDがご利用いただけるサービスの一例です。詳しくはこちらのApple ウェブサイトをご覧ください。
 http://support.apple.com/kb/HT5616?viewlocale=ja_JP
★ スキップ後、Apple IDの取得方法がご不明な場合はこちらをご覧ください。(Appleウェブサイト)
 http://support.apple.com/kb/HT2534?viewlocale=ja_JP

★★ iPhone をアクティベーションできない場合
iPhone をアクティベーションしようとして警告メッセージが表示された場合は、以下の手順で対処してください。
 https://support.apple.com/ja-jp/HT201407

D 「さて始めましょう!」が出たら、アクティベーション終了です。多分電話は使えます。

E UQモバイルの開通テストはAUと同じ、電話キーから「111」をダイアル、「接続試験は終了です。ありがとうございました」というガイダンスが流れます。是だけです

が・・・。ただ、発信は出来るが受信できないとか、受信出来るが発信出来ないとかが有ります。他の友人や家族の携帯・スマホを借りて送受話を確認してみて下さい。ダイアルして鈴が鳴れば取らずとも大丈夫です。

★★ その他の参考資料・URL・その他:----------

 iPhoneの設定の仕方

● iPhoneを手にしてから、電話やメールを使えるようにするための設定方法をまとめてみました。オンラインショップから注文する方法も
 http://iphone.f-tools.net/setting/Settei.html

● iPhoneの利用開始設定(アクティベーション)
 https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/setting/activation/

事前にご確認ください

はじめてアクティベーションを行う場合には、Wi-FiもしくはiTunesへの接続が必要です。

iPhone再起動後の画面で「パスコード」の設定が求められます。
パスコードを設定した場合は必ずメモなどに控えてください。
パスコードを設定せずに進むこともできます。

●● 中古iPhoneの初期設定方法(画像入りの説明が有ります):
 http://www.comshop.ne.jp/st/iphone_used/syokika.html

 ----------

■ 通話が開通したら、設定した家のWIFIが使える筈です。WIFIがつながっていれば、iPhone上部にWIFI受信マークが出ている筈です。

是で、家のWIFI(登録した物)でネット接続が出来ます。ただ、APN設定が済んで無ければ、この端末だけではWIFIを使わないとネットにつながりません。

端末でネット接続することを「モバイルデーター通信」と言うのは、androidと同じです。

iPhoneのブラウザは磁石マークの様な”Safari”です。このSafariで下のURLに行き、APN設定プロファイルを読み込みます。

★ iOS端末の設定方法 - UQコミュニケーションズ:
 此処にAPN設定プロファイルiPhone 5/5s/5c用が有ります
 http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/ios2.html

■ このAPN設定プロファイルを読み込む方法は、上のURLに手順が載っています。

★ 参考: UQモバイルでiPhoneを利用するためにAPN設定を読み込む:
 http://kakuyasu-sumahogakuen.com/uqmobile/8802.html

是で、多分、設定のWIFIを切断しても、モバイルデーター通信が設定でONに成っていれば、Safariを立ち上げれば、データー通信が出来、ネットに接続できる筈です。。

しかし、流石のアメリカの品物、取り扱い説明書が入って無いのはびっくりですね。

★ 自分の設定はWIFIが何時もON,友人の事務所とか他の友人宅とか、ワイモバイルのSoftbankのロックの掛かった無料WIFIとかが設定してあり、WIFI通信範囲に入れば自動でWIFIマークが出てデーター通信が切り替わる様にして有ります。

 ただ、このWIFIがONでもネットにも有る様に、WIFI範囲に入っても上手くつながらない時や切断してしまう時が有ります。この時は、WIFIスイッチを一度ON/OFFすれば接続出来ます。。。

 ----------

ただ、自分の””ワイモバイル””でシムロック解除したiPhone使用に関し、

● FaceTimeを使う際にはSMSによる国際認証が行われるので料金が高額になってしまう可能性があるので注意が必要です。

と言うのがワイモバイルのHPに記載が有ります。この「FaceTime」は、ネット記事を読んでもらえれば判りますが、iPhone同士なら使えるTV電話とかのLINEみたいなものです。

このアプリを「シムフリーのiPhone」で使うと、認証が国際認証の通信を使用するため通信料が高額となるとの記載が”ワイモバイル”の会社HPに有ります。

 この認証は各社同様と思われ、注意を要します。是非、ご自分でキャリアに確認を・・・。

 ----------

※ AndroidからiPhoneへデータ移行する方法:
 https://mobareco.jp/a3974/
※ AndroidからiPhoneへ電話帳(連絡先)を移行する方法:
 https://mobareco.jp/a66966/
 https://mobareco.jp/a67596/
 http://iphone.f-tools.net/setting/Android-Denwatyou-Ikou.html

● 上手く設定できることを祈ります。。。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月16日
20170613-01_s.jpg20170613-02_s.jpg iPhone5s 32GB、本当に程度の良い物でもオークション・個人売買相場、自分は現時点での価格は1万円程度と思っている。自分の友人達も皆その程度で入手した。

 そん様な中古iPhone、自分の友人や友人の友人が入手したのはいいが、以前書いた様に間違って(シムロック解除・キャリア・考え違いなど)入手した物が仲間内にまたも売りに出た事も有った。それらの仲間内での最低価格はappleストアの iPhoneの下取り価格、2年縛り落ちSONY Xperiaも仲間内の価格もキヤリア下取り価格、仲間内価格とはこの程度の物である。

 其処で、最近友人達が探しているのが、この表題のau版iPhone5sの”程度の良い物”、是は自分がUQモバイルで使えると以前明言した事に友人や友人の友人の子供達が反応した為である。流石にお若い女性や中高・大学生、安価に縛りの無いiPhoneを使いたいらしい。

 女性には丁度のコンパクトサイズiPhone5S、現行機種iPhoneSEと形状は同じ、現状iOSも同じ(但し、デザリングは使えないが・・・)。今のお若い女性や中高・大学生、男性社会人の様に新機種云々を気にしない堅実派。

 ケースや表面保護ガラスシート、充電ケーブルなども現行機種SEと共通、今なら100円均一でも入手できる。

 UQモバイルなら安価なシムで低速なら使い放題でギガが減らずに使える。この点は自分がワイモバイルなので知らなかったが、この低速はワイモバイルより使えるらしい。家にはWiFiも有るので困らない事。

 その様な事で、学生の間ではUQモバイル、お小遣いで使えるキャリアとして有名、そして皆が欲しいのが明確に使えると分かったau版iPhone5sとの事らしい。やはり安価で現行機種と同形状・同形態、動作が少し遅いだけ。しかも、このiPhone5sはappleがiOS11に対応させる事が既に判明している。

 ただ、また間違ってはいけない、iPhone5/5cはiPhone5sとは違い、既にアプリも対応しない物があり、iOS11にも対応しない。

 焦らず探せば、程度の良いiPhoneが必ず安価に入手出来、期間の縛り無く使用できる。この時代、誰も縛りを好まない。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月15日
20170613-01_s.jpg20170613-02_s.jpg 一昨日からの記事の通り、お友達がau版iPhone5sをUQモバイルのシムで使おうと奮闘中である。

 ----------

【 au版iPhone5sのUQモバイル対応 】

 現在までの使用端末は是もauで使っていたSONY Xperia、是を2年間auで購入使用、その後、この端末を持ってシムをUQモバイルに切り替え使用していた。その間にXperiaのバッテリーに不調を感じ自分で交換した。

 今回、程度の良いau版iPhone5sを本当に安価に手に入れた。手に入れる前の数日間、ネット検索でau版iPhone5sがシムロック解除無しに本当にUQモバイルで使えるのかを徹底的に調査した。

 結果、デザリングは使えないが、現在使用のシムの大きさが違うが使えると判断、購入に踏み切った。

 購入したau版iPhone5s、手に取って見たがサイズ的には手に丁度良い大きさ、しかしiphone画面には慣れない。androidとは全然違う。あと、重さは画面の大きなXperiaとあまり変わらないのにはびっくり。

 また、シムの大きさが違うために「シムパンチ(Xperia⇒iPhone用・micro Sim ⇒ nano Sim)」と「シムアダプター(Xperia用・nano Sim ⇒ micro Sim変更用)」をネットで購入した。

 購入品のiPhoneはキャリア判定〇、リセット済、アクティベーションロック解除済品、付属品は全て揃っていた。しかし、ケースと保護ガラスシートはとりあえず必要と考え、100円均一で見つけた物を購入した。

 iPhoneに「シムパンチ」で抜いたシムを入れ、iPhoneのアクティベートを行い、WiFiに接続、設定でUQモバイルのAPNを読み込んだ。調べ判断の通り、au版iPhone5sは何の問題も無く、UQモバイル(au)の電波を掴んだ。

 その後、iPhone単体での通話回線確認、他携帯への通話発信・受信確認を行った。モバイル通信のWiFi受信はAPN設定時の読み込みOKなのでOK、家のWiFiの到達圏外での4G電波によるネット接続確認も問題なく終了した。

★ とりあえず最初の設定と確認は出来たので、住所録など順番に移行準備をしてこうと思います。昨日書いた通り、Xperiaのバッテリー交換より大変に思いました。。

★ 作業的な部分も大変ですし、シム形式・大きさやAPN設定など、最初に徹底的に調べてから作業にのぞみ、調べたページを読むだけだったからまだし出来たと思います。1から調べながら作業となると、途中でねを上げたかも。。

★ シムの大きさが違いシムパンチでシムを抜くのは、決して人様にお勧めしません。3000円出してででもキヤリアでのシム交換を勧めます(爆)。。

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月14日
20170614-01_s.jpg結論20170614-02_s.jpg: 使えなくは無いが、「打ち抜きにひやひやハラハラ、これはお金払ってSIMサイズ交換のほうがいいかもしれない。」とは、実際にやったお友達の言葉(爆)。

 ----------

 お友達、昨日書いたiPhone5Sを使用するのにはSONY Xperia(Z1)とシムの大きさが違う、iPhoneに入れるには一番小さなnanoシムにしなければ成らない。しかも、データー移設とiPhoneの使い方が判るまでは一応以前のXperiaも使えなければ仕事に成らない。

 其処で自分が言った方法は、

「今のシムをシムパンチを買って打ち抜けばいい、シムのサイズ変更(元の大きさに戻す)にはシムアダプターを買えばいい、両方で1000円程度、キャリアでシムの再発行やサイズ変更は3000円掛かるからダメ元でやって見れば?!」との無責任発言!・・・(爆)。

 やってみた結果のお友達の言葉は、上の言葉(爆)。

「打ち抜きにひやひやハラハラ、これはお金払ってSIMサイズ交換のほうがいいかもしれない。」

 お友達の今迄のPCやスマホを分解修理する度胸から自分が考えれば、皆さんには、「お金払ってのSIMサイズ交換」をお勧めします。

 ただ、シムには「大きさの違い」と「種類の違い」が有るので機種により打ち抜いても使えない場合も有り、最初に良くお調べに成る注意が必要です。

 因みに、現在までのお友達の分解修理歴は、交換出来るとは書いていなかったPCのメモリ増設(PCの完全分解にて増設)、素人には分解出来ないとされるSONY Xperiaの電池交換。

 ----------

@ スマホ用シムの大きさとUQモバイルのシムの種類:

 シムの大きさは、「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3種類ある。

 UQモバイルのシムの種類は、「マイクロSIM」「ナノSIM」「マルチSIM」が有り、「マイクロSIM」「ナノSIM」はSIM大きさの違いの「LTE SIM」、「マルチSIM」とは、高音質通信の「VoLTE対応SIM」の事です。

A シムを打ち抜き小さくするには、「シムパンチ」の使用。

★ SIM カッター Nano SIM / SIM/ Micro SIM パンチ Nano Sim カード カット iPhone 6S / 6 / 5 / 5S / 5C / 4 / 4S 対応 SIMピン付き:
 https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-Nano-Micro-iPhone-SIM%E3%83%94%E3%83%B3%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B01BUTB9DG/ref=pd_cp_107_4?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=77AG2G1X224P05YH3HXK

B 打ち抜いたシムを元の大きさに戻すには「シムアダプター」の使用。

★ ノーブランド品 SIM 変換 アダプタ NANO MicroSIM SIM 2点セット:
 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%93%81-%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF-NANO-MicroSIM-2%E7%82%B9%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B01BUTEWMQ/ref=pd_bxgy_107_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=Z4B4AAY0ZNCC15806MCG

※SIMカードを装着していない変換アダプター(本製品)を携帯端末に挿すと抜けなくなる場合がございます。絶対にSIMカードを装着してからご使用ください。

 ----------

【お友達のシムパンチ使用秘話(爆)】

20170614-03_s.jpg20170614-04_s.jpg20170614-05_s.jpg

・ iPhoneの使用、シムパンチが一番の問題です!。

・ 抜いたシムが本当に大丈夫、使えるか心配する。

・ シムパンチにシムを入れたところ、シムが微妙に傾く。事前にネットで写真を見ていたので端子部分にパンチが掛かる事は判っていたが、斜めになるのは良いと思えず、シムを入れ直しても斜めになるのは治らず、シムを削り対応。

20170614-06_s.jpg、え20170614-07_s.jpgいっ!と勢いよく抜いてみたところ、確かに抜けました。

・ が、結構バリがひどいです。
・ 変な割れ方をしているようにも見えます。

・ iphoneに入るのか?、Xperiaに戻せるのか?、最悪どっちにも使えない??と心配になりました。
・ iphoneのシムケースに乗せたところ、一応入る。。

・ 次にXperiaに戻るかやってみたところ、アダプターに合わない。。

・ この合わなささがまた悩ましいのですが、いろいろな角度ではめてみて分かったのが、どうも斜め部分の角度が良くない。。爆。

・ 斜め部分がきれいに入らないので、SIMが入らないという。。。で、しょうがないので斜め部分をサンドペーパーで削りました。端子、頑張ってくれー、と祈りながら。爆。

・ ま、削ったのはほんのちょっと。でも勇気いりました。で削ったところ、なんとかアダプターに入り、Xperiaにこれもなんとかねじ込むかんじ。。苦笑。

・ やはりかなり無理にアダプターに入れてるので、表面がでこぼこなんですね。

・ 何度か入れ直してXperiaにSIMを入れました。で、電源入れたら、電波受信。もう、ほっとしました。。爆。

20170614-08_s.jpgXp20170614-09_s.jpgeriaにもどすのに比べれば、iphoneに入れるのはスムーズでした。

・ Xperiaアダプターに入れて、ケースに乗せたところ、変な隙間がある。。

 ----------

【シムパンチを使って見た感想】

・ シムパンチ。当たりハズレがあるのかもしれません。。
・ 今思えば、SIMパンチでなくても、カッターと定規で切れ目を入れて、パキッとやったほうが綺麗に切れるんじゃないかなーとも。。
・ SIMパンチで変な割れ方したので、正直エクスペリアでは使えないかもー、、って思ってしまいました。。笑。
・ でもSIMって意外とじょうぶなんですね。。

 ----------

※ SIMカードのサイズと選び方・変更方法を格安SIM初心者向けに解説!:
 https://mobareco.jp/a66032/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月13日
20170613-01_s.jpg20170613-02_s.jpg このAU版iPhone5S(シムロック解除無し品)、AU系MVNOのUQモバイルでの使用の可否、使える使えないかをネット検索すれば色々な無責任まとめ記事も多く、真逆情報も有り何が何だか判らない状態となる。

 先ず、信用できる記事はまとめサイト記事では無く実際の体験記、「自分がやって見た!・自分が確認した」の記事以外、使用の可否は信用成らない。しかも、バージョン問題の記載も有り、最新バージョンでの動作可否も判明しない。

 その様なネット記事全てを読みあさり、最新のiOS10でも使えると判断、お友達が AU版iPhone5Sを購入、確認した。結果は以下の条件では使える!との結果、買ったiPhoneが無駄にならず良かった!(笑)。ただ、記事の実行・追試は自己責任です。

@ 使用MVNO名: UQモバイル
A 使用電波: au・通話およびデーター通信
B 使用iPhone: au iPhone5S 32GB(シムロック解除無し)
C iPhone Ver: OSバージョン10.0.2(Ver:10は全般大丈夫と判断)
D 使用SIM: 通常LTE用SIM(Xperia(android)用シムと共用)
E SIMの大きさ: nanoシム
F APN設定: 以下にAPN設定プロファイルiPhone 5/5s/5c用
 http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/ios2.html

G その他:・ デザリングは使えません

・ FaceTimeを使う際にはSMSによる国際認証が行われるので料金が高額になってしまう可能性があるので注意が必要との事が一般的、この件はUQモバイルに確認して下さい。

※ このiPhone5S、今年秋発表のiOS11にappleが対応と発表、このOSで働くか否かの問題は一応考えないといけない(更新するか否か)。またどなたかの人柱記事が出るまで、バックアップなど良く分からない方は10からのメジャーバージョンアップは待った方が良い。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年06月01日
 以下の案内が有った。自分はこのブログの初期に書いた様に、このブログで3代目。一番最初のブログは今だブログと言う言葉も少ない時代にBIGLOBEのサーバーに自分でセットした。是はBIGLOBEサーバーの仕様変更で動かなく成った。

 2代目のブログはNTTのダブログ、是も仕様変更中にシステム崩壊が起こりブログ自体が無く成った。一応、時間は要したが自分のこのSeesaaブログの元と成ったTXTデーターだけは残った。

 そして、3代目のブログが現在のこのSeesaaブログ、このブログを使用して自分での改装2代目である。

 そんなSeesaaブログだが、新システム移行確認を行うと、自分の設定した殆どの項目が使用出来ず、端的に言えば元のシステムに戻せとの指示しか出なかった。元のシステムに戻すなら何もしなくても一緒、その様な事で自分自身では新システムに対応しない事にした。

 従って、Seesaaブログの方の切り替えを待つ事なのだが、どの様に成るのかは文章からは読み解けない。もし、動かなく成ったり、表示が変に成ったり如何になるかは全く分からない。

 ま、一応変に成らずに動く事を期待したいが、今迄の経験上、ブログシステムの大きな変更は上手く行った試しが無い。

 もし、このシステム変更が上手く動作しなかった場合、自分のブログは是が最後、再度の変更は考えていない。

 ----------

【記事引用】

★ 平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

 新デザインシステムへの移行機能をリリースいたしました。

本機能は、こちらの記事でも予告させていただいておりましたが、新デザインシステムリリース前に作成されたブログおよび、ブログ作成時に新デザインシステムを選択せずに作られたブログを新デザインシステムに移行する機能です。

利用方法について詳しくはこちらのヘルプをご利用ください。

なお、この機能を利用して移行されなかった場合であっても、以下の日程で、基本的に全てのブログが自動的に新デザインシステムへと移行されます。

※一部、移行が困難なブログなどは除かれます。

■自動的に移行される日程
2017年4月17日(月)から順次
※変更させていただく場合もあります。

カバー画像設定機能やドメイン変更機能など、新デザインシステムでのみ利用いただける機能がある一方、ダイエットログ機能やファン機能など逆に新デザインシステムではなくなっている機能もございます。

詳しくはこちらの記事の「一部の機能は提供を終了させていただきます。」をご覧ください。

また、新デザインシステムでは、記事コンテンツはメインに固定され、削除はできません。これにより記事コンテンツの削除や位置変更に伴うトラブルが防止されます。

従来のメインにあたる部分は記事下となり、記事コンテンツより下にのみコンテンツの配置が可能となります。

同様に、ブログタイトルコンテンツとブログ説明文コンテンツはヘッダーに固定され、削除することができません。
ヘッダーに配置されたコンテンツは、ブログ説明文コンテンツよりも下の位置に表示されます。

従来のシステムをご愛用いただいていた皆様にはご不便おかけし申し訳ございません。
何卒ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事