掲載:2013年10月06日
20131006-01_s.jpg JAZZミュージシャンの皆さんは、意味の違うファンに御注意下さい!!。言葉を変えれば、ストーカーに成りそうなファン。

 何故かといえば、小生のこのブログには多くのJAZZミュージシャンの方のお名前が載っている。其処で、是は以前から大なり小なり有った事だが、ミュージシャンの個人情報を調べ様とする検索ワードが此処最近目だって多いと言う事を自分は心配している。

 JAZZのミュージシャンの方の年齢層もお若い方から熟年まで、色々な方が居られるが、この個人情報を得ようとする検索は、当該ミュージシャンの方の年齢には余り関係しないように見える。

 自分は、そんな事は知っていても絶対誰もネットには書かないだろうと思う様な検索フレーズで検索が掛けられて来る。自分は知らないが、ツ○ッターや○チャンネル、裏サイトと言われる物ならそんな物が飛び交っているのかも知れない。

 当該情報を必要とする人間は、多くの情報の中からそれらを特定するに至るかも知れない。

 この様な人間へのミュージシャンの方の言葉は諸刃の剣、ファンも重要だが、通常のファンだけとは限らない。本当にご自分の言動にはご注意下さい!。

 この様な人間に冗談は全く通じません。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2011年04月21日
110421-01.jpg ジャズボーカリスト・麻生優佳さん、最初にお会いしてから多分10年以上経つ。最初にお会いしたのは確か高槻JKcafeで有った。当然、今より10歳以上お若く、当時モデルか何かをされて居て、ラジオにも出られていたと記憶している。

 当時の歌うたいはと言えば、こんな言い方は失礼だが、良く居られた、今も良く見かけるミーハー気分の女性のボーカルさんのお一人に過ぎなかったと思う。

110421-02.jpg110421-03.jpg110421-04.jpg110421-05.jpg

 そんな麻生優佳さんに再び出会ったのも高槻Jkcafe、ベーシスト・渡部春雄さんの紹介だった。

「紹介して置きます、是がボーカルの麻生優佳さん。」
「いや、以前ここで聞いて知ってます。」
「最近、茨木で渡部さんとライブしてます。」
「ではまた何れ・・・」
110421-06.jpg110421-07.jpg110421-08.jpg110421-09.jpg

 そんな会話から再び聞かせて頂く様に成った麻生優佳さん、師匠のジャズピアニスト・藤井貞泰さんとの定例ライブをされるまでに成って居られた。

 歌う顔つきも当然ジャズボーカリスト、小生が容易に聞きに行ける定番ライブにも成った。昨今、毎回の麻生優佳さんを写真に収めさせて頂くが、ジャズの演奏と同様に毎回違う表情・表現をされる。面白い。
110421-10.jpg110421-11.jpg110421-12.jpg110421-13.jpg

 毎月の様に、同じサポートメンバーのライブを聞いて居ると、色々な事が判って聴視者として困る事が出て来るのだが、飽きずに未だ聞いて居られる。それだけ実力を付けられたと言う事なのだと思う。
110421-14.jpg110421-15.jpg110421-16.jpg110421-17.jpg

 そんな実力、写真には必ず写る。先日の茨木 vaughanのライブ写真、ピント外れ以外、一挙公開。ただ、1枚だけ小生の失敗で声の通りが止まった写真があるが、是も愛嬌で掲載。
110421-18.jpg110421-19.jpg110421-20.jpg110421-21.jpg

 歌えるボーカリストさんの写真、何れの方も、何枚も撮れば結構な変顔特集に成ります(爆)。でも、これ等写真は、何れも連続・連写写真では有りません。

 因みに、この麻生優佳さん、今年の高槻ジャズストリートに師匠のバンドで歌われます。麻生優佳さんをご存知無い方もこの機会に是非一度・・・。
110421-22.jpg110421-23.jpg110421-24.jpg110421-25.jpg

★5月4日(祝水):高槻ジャズストリート・市民交流センター8Fイベントホール (昼イチ!) 1:00pm〜 藤井貞泰トリオ with 麻生優佳(藤井貞泰p・坂崎拓也b・光田臣d)

※ 麻生優佳さんブログ:
 http://y-asoh.at.webry.info/
※ Fujijazzschool(藤井貞泰)HP:
 http://www.fujijazz.com/
※ 麻生優佳(Vo)・伊藤邦雄(G)・渡部春雄(B)・高橋延吉(D) in 茨木 vaughan:
 http://m-jun.seesaa.net/article/196291392.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年09月29日
100929-01.jpg 逆検索でこんなページを見つけた。ジャズドラマー高橋延吉さんの知らない一面。

★ ジャズドラマー高橋延吉(たかはしのぶよし)さんプロフィール:

 1968年生まれ。大阪出身、大阪在住。

 16歳でドラムを始め、学生の時ジャズに出会う、同志社大学卒業後、ミュージックスクールの講師となる。繊細でダイナミクスある演奏、常に真摯に音楽を追求するまじめなミュージシャン。

 今までに、数々のジャズのセッションをこなしている。魂から溢れ出るその熱い演奏は圧倒的である。彼のドラムソロが熱く会場を包み込む。様々のミュージシャンと活動を共にし、主な共演者は、綾戸智絵、越智順子、KAJA、チャカ(安則真実)、MALTA等多彩。

 現在、学校でライブを展開する最強スクールコンサートポップスバンド「ビーポップ」の一員でも有る。結成されて10年、200校以上でのステージ実績。

※ BEEPOP(ビーポップ)HP:
 http://www.beepop.net/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年09月20日
100920-01.jpg 何時も茨木Vaughan(ヴォーン)で素晴らしい演奏を聴かせて頂く伊藤邦雄さん、実は昨今小生のこのブログにこんな検索アクセスが有った。「ギターリスト 伊藤邦雄 店」と「G 伊藤邦雄 HP」である。検索の仕方もフレーズも色々な仕方があるが、一気にページを見つける事が出来ない事もある。。

 プロ・ギタリストとして活躍、納得のいくギターを製作するため、自らギター工房を設立した伊藤邦雄さんのギター工房「ギターワークス」のHPは以下。

  このギターワークスのオーナープロフィールに、ギターリスト・伊藤邦夫さんの略歴が有ります。

★ 有限会社ギターワークス:
 http://www.guitarworks.jp/

・代表者: 伊藤 邦雄
・所在地: 〒566-0012・大阪府摂津市庄屋2-3-31
・TEL 06-6317-5129・FAX 06-6317-5253
・営業時間: 9:00〜18:30
・事業内容: エレキギター製作/エレキギター修理/アコースティックギター修理/ギター修理製作関連パーツ販売

※ ギターワークス詳細:パーツと工具の圧倒的な品揃えを誇るギター工房:
 http://port.rittor-music.co.jp/guitar/plus/repairshop/post-18.php

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2008年07月21日
ジャズピアニスト・押領司由紀さん、ひよんな事からマイミクさんに成りました(爆)。そう、小生は古風な人間と言うか、硬いと言うか、色々とお話しした方で無いと中々・・・。

 そんなジャズピアニストの押領司由紀さん、お会いするのは2度目、近くでお顔を拝見するのは初めてです(爆)。ジャズピアニストの皆さん、JKcafeでは演奏中は殆どが後姿の写真しか有りません。

 で、ライブの面白さは聴視できるところ。聴く事もさること事ながら、見ると言う楽しさが加わればもっと楽しい。

「え!あの音は・・・」
「お!この音・・・」

 色々と手の動きと音の関係が見えてくると本当にライブの聴視と言うのは、今までの何倍も面白い。そう、ライブは全てがショー。観客を巻き込んだショーです。

 そんなジャズピアニスト・押領司由紀さん、手の大きさは小生の知る他の方に比べて大きいと言うか、指が長い。ま、皆さんも是から注視下さい。色々とミュージシャンの皆さんの指の動きと云うのは面白い・・・。

 ジャズピアニスト・押領司由紀さん、実はあの職人ベーシスト・渡部春雄さんと共に大阪・天満・「じゃず家」でセッションホストを勤められて居る。皆さんも是非!。

※ 押領司由紀さんブログ: http://blogs.yahoo.co.jp/yukioryurija

 (*^‥^*)」 イヨッ


♪ ジャズピアニスト・押領司由紀さん。


♪ ジャズピアニスト・押領司由紀さんの手。


♪ ジャズピアニスト・押領司由紀さん演奏写真。


♪ 昨日の演奏家の皆さんの記念写真(ピンボケです。すみません。)。


掲載:2008年06月20日
4才でピアノ、16才でギターを始める。 ブルースを軸に、ジャジーで繊細な演奏を得意とする。国内外の様々なアーティストのライブ、レコーディング等に参加し、TVやラジオにも出演。また、ハワイのホテルから依頼を受け、1週間に渡る公演を成功させる。
現在、専門学校にて後輩の育成にも力を注いでいる。大阪府在住。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2008年06月19日
5才からヤマハの音楽教室でグループレッスンに通う。7才からクラシックピアノを始める。同志社女子大学短期大学部日本語日本文学科卒業後、一時ピアノから離れて過ごすが、1998年活動を再開。ジャズやポピュラーを甲陽音楽学院で2年間勉強。

 卒業後、高橋俊男氏に師事。京阪神のホテル、ライブハウス、結婚式場、レストラン、イベント等で様々な編成のジャズコンボを中心にライブ活動を開始、USJのショーや劇団のバック、ゴスペルの演奏などジャンルにとらわれず活動。 現在、ジャズピアノ講師も務め後進の指導にあたっている。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2008年06月19日
長いブランクのあと、1年間セッションに通いつめ、2004年にベーシストとして活動を再開。多くの素晴らしいミュージシャンとの出会いに恵まれ、以来、ジャズの敷居は決して高いものでないことを知ってもらうためのイベント・ライブに積極的に参加。大阪府在住。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2008年06月19日
2003年03月アメリカ・ロサンゼルス・ミュージシャンズインスティテュート卒業。最優秀卒業生の表彰を受ける。在学中はLAで精力的に活動後、帰国。
現在は関西、関東各方面のライヴハウス・イベント等で活動中。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2008年06月07日
何時もJKcafeでお世話に成るジャズ・ギターリスト、知る人ぞ知る市川強さんのHPが完成しました。この市川強さんのギター、ボーカルとのDUOでは本当に艶かしい。是非一度お聴きください。そう、小柳エリコさんとのDUOも・・・。

● 市川強さんプロフィール:

 14歳でギターをはじめる。
 AN MUSIC京都(現SchoolOfMusicPlan)でギターを小嶋利勝氏、音楽理論を井上丹氏に師事し21歳でプロ活動を開始。その後、森関也氏に師事し相対音感を身につける。

 95年〜99年の4年間LosAngelesに滞在しテッド・グリーン氏に師事。同時にウィルトン・フェルダー、デイブ・パイク、ジム・ヒュガード、マユト・コリア、ラス・ミラーなどの数々のトップミュージシャンと共演。

 現在は「School Of MusicPlan」でギター、音楽理論、イアートレーニングの講師を務めると同時に、Jazz、Popsを中心に演奏活動中。特にボーカリストとのデュオが多い。

 2008年デビューアルバム”The Solo Guitar Of Tsuyoshi Ichikawa"がアメリカのレーベルArt Of Life Recordsよりリリースされる。

● 市川強さんHP: http://www.solo-guit.com/

※ 写真は市川強さんと愛用のギター。

 (*^‥^*)」 イヨッ


※ ご本人がベンジョンソンにサインを貰った愛用のギター。ベンジョンソンモデル。



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事