掲載:2017年11月02日
 今年、三田の農家の方との話、販売する新米に「何故新米100%と書くんですか?」。との話に成った。

 実は、新米に旧米を混ぜても新米と表記出来る事が明確に成ったらしい。

 是が、何%混ぜても新米と書けるのかと言えば、49%だそうだ!。

 そう、半分旧米を混ぜても新米と表記出来る!。下手な新米を買えば、この通り。

 以前からこのブログに色々書く様に、色々あるのがお米です。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年10月24日
 今回、「但馬牛」を「神戸牛」としてJA全農直営店で販売、内部通報により発覚した。つまり、内部通報が無ければこの様な牛肉偽装は発覚しないと言う事でも有る。

 JAでは以前も他物品に産地偽装が有ったが、又も産地偽装が発生したと言う事は、何ら再発防止策など練られていなかったと言う事に他ならない。

 また、今回の牛肉産地偽装は内部通報があり、料理長への聞き取りで判明した。と有るが、料理長が全ての発注権限から伝票処理権限を持った個人商店タイプの店なのかにも疑問が大きく残る。そう、先ずは、店ぐるみが明確である様にもこの報道からでも推測できる。

 しかも、動機について、「神戸牛が恒常的に不足し、・・・」と有るが、この直営店1軒の店舗を賄えない程度の肉なのかにも疑問が残る。そう、自分が何時も見る百貨店の肉売り場に神戸牛が不足との言葉を見た事も聞いた事も無いし、報道にも見た事も聞いた事も無い。

 従って、この釈明会見にも何ら意味の成さない、先の日産自動車の会見にも等しい物に見えて成らない。

 JA全農が信用出来ないと言う事は、日本の全ての農・畜産物が信用できないと言う事でもあり、もっと大きく報道が取り上げ問題視すべき物でも有ると思う。

 そう、この様な事は何ら反省されず、蜥蜴か何か知らないが、しっぽ切風な話に終わらせれば、又も再発のニュースがきっと見られる事だろう。

 以前に産地偽装が全く無ければ別の話だが、以前にも有ると言う事は、再発と言う事である。其れも近い。

 ----------
【記事引用】

※ JA直営レストラン 「但馬牛」ヒレ肉を「神戸牛」として提供
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000007-kobenext-ind
 10/23(月) 12:05配信 神戸新聞NEXT

JA直営レストラン 「但馬牛」ヒレ肉を「神戸牛」として提供

会見で謝罪するJA全農の安田忠孝常務理事、JA全農兵庫の曽輪佳彦県本部長、三谷康彦事業開発課長=23日午前、神戸市中央区海岸通、兵庫県農業会館(撮影・風斗雅博)

 全国農業協同組合連合会兵庫県本部(JA全農兵庫、神戸市中央区)は23日、神戸・三宮の直営レストラン「神戸プレジール本店」で、メニューに表示した「神戸牛フィレ肉」を注文した顧客の一部に、格付けが低い「但馬牛フィレ肉」を提供していたと発表した。判明した偽装は2016年4月から今年10月15日までの約3200食分。正規料金との差額は約1千万円とみている。

 神戸市内で会見した曽輪佳彦兵庫県本部長は「神戸ビーフの信用に傷つけ、多大なご迷惑をおかけしたことを反省し、おわび申しあげます」と謝罪した。同店を当面休業し、第三者を交えた調査委員会を設けて、原因究明と再発防止を図る。

 JA全農兵庫によると、10月16日に内部通報があり、料理長への聞き取りで判明した。動機について、曽輪本部長は「神戸牛が恒常的に不足し、在庫がない場合は注文を断っていたが、近年の来店者の増加に対し、要望になんとか応えたいという意思が働いたと考えられる」と話した。

 神戸プレジールは2008年4月、初の直営店として開業。神戸牛をメインに県産食材を使ったコース料理などに人気がある。16年10月に東京・銀座で開業した2号店「神戸プレジール銀座」では偽装は確認されていないが、再点検のため休業する。(辻本一好、内田尚典)

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年09月27日
 サッポロ一番「カレーラーメン」を食べれば、分かる。カレーラーメンを実際作っても美味しく出来ない事が。

 ラーメンは味噌・醤油・塩が一般的な定番、是は袋めんに限らす、多くのお店の定番でも有る。ただ、この「カレーラーメン」と言う物が全く出来ず流行らない。自分も何度も試作したことが有るが、何をどう作っても「カレーうどん」の様に美味しいとは成らない。

 その結果、ラーメンには”かんすい”が入っていて、うどんの様に表面の柔い麺に成らないためと言うのが自分の「カレーラーメン失敗論」の持論である。そう、「カレーうどん」は程よく表面がとろけた状態の物が美味しい。かっちりした讃岐うどんでは美味しく無く、大阪うどんの柔らかさが「カレーうどん」に合う。

 従って、あのかんすいの入った麺で作る「カレーラーメン」は美味しくないのである。なので、あの日清のカップヌードルカレーは本当に良く出来ていると自分は思っている。

 そんな中、サッポロ一番「カレーラーメン」なる物が新発売され、スーパーの特売298円/5袋で売っていたので試しに買ってみた。

 麺は上の理由から軟麺に茹でた。先ず汁を飲めば、以前有った寿がきや「名古屋流カレーうどん」の汁に近い味がした。不味い物では無く、美味しい。しかし、少し柔く茹でた麺に手をのばせばこの「カレーラーメン」が失敗だった事が判る。麺が不味い、上の理由で「かんすい」が入った麺がカレーに向かない。

 決して不味い物では無いが、うどんの方が格段に美味い。因みに、この出汁に即席めんのうどんを入れれば、其れなりに美味しい。そう、うどんでも即席なら「カレーうどん」はそれなりにしか成らないのである。

 今回のサッポロ一番「カレーラーメン」、自分にはカレーラーメンは実際にも出来ない、成功しない、と言う事を改めて教えてくれた即席めんに成った。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年09月25日
★★★子供さんのお弁当に利用してみては?

★ 塩味付き茹で卵

 水500ccに塩大匙7杯(これ以上塩が溶けない位・飽和食塩水くらい)、卵を茹で、熱いままこの塩水に入れ、冷蔵庫で1日保管。是で塩味付き茹で卵が出来る。

★ 温泉卵

 湯を沸かし、其処に常温に戻した卵を入れ火を消し10分放置、冷水に取り冷やす。是で温泉卵が出来る。

★★ 友人の試作結果

 塩卵作りましたが、塩辛くて塩分濃度をもっと薄くしないと駄目ですね(笑)。

※ 弁当用に1個作るなら、卵を1個茹で、其れを水・塩を少し入れたラップで包み、輪ゴムで空気の入らない様に括り、其れを一晩冷蔵庫に入れれば水・塩少なくて出来ます。ビニール袋でも可能。

 ただ、この友人の試作結果からして実験で塩分量の条件出しをしてから実際の弁当用を作らないと子供さんから不評を買います(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年09月07日
20170907-01_s.jpg 蛸の足先(先端部分)には毒が有ると昔聞いた覚え、お袋もその様に足先を調理、自分もお友達も足先の付いた調理された蛸など見た事が無かった。

 先日、某料理屋でそのまま出て来てびっくり。料理屋で足先の付いた蛸など始めて見た!。

 ただ、毒があるというのはまことしやかな迷信だろうが、切って有れば綺麗で安心。

 また、生蛸の刺身では皮の部分や吸盤部分には菌がいるとして湯引きして提供されるし、自分もその様に調理する。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年09月06日
20170906-02_s.jpg20170906-01_s.jpg20170906-03_s.jpg

 以前、大阪名物?の紅生姜の天ぷらの境界線を求めたTV放送を記事にした。

 その中に、以下の内容が有った!。

★ 兵庫県は播州赤穂まで、岡山県に入れば紅生姜入り平天(煉り物)に変わり、これを紅生姜の天ぷらと呼ぶらしい。

 其れがスーパー玉出に有ったと友人から貰った。流石にヤマサ蒲鉾品、是はこれで美味しく頂いた。始めて食べた物だが、大阪人からすれば、紅生姜の天ぷらとは、やはり別物(笑)。

 また、最近練り物を良く貰ったり食べたりするが、やはり昔からのメーカー品は良くできていて美味しく思う。

※ 紅生姜 の天麩羅販売の境界線を徹底調査!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/430377656.html
※ 大阪の郷土料理?「紅生姜の天麩羅」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/413834256.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年09月05日
20170905-01_s.jpg20170905-02_s.jpg20170905-03_s.jpg

 新鮮な茗荷をお友達から貰ったので、今年3回目の茗荷ご飯にした。この暑さ、電子レンジ調理にした。何度食べても、茗荷が新鮮なら本当に美味!。

※ 茗荷(みょうが)ご飯を炊いて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/423081684.html
※ 今年も茗荷(みょうが)ご飯に嵌りました!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/452849224.html

★ 写真は茗荷ごはんと茗荷の坊主味噌汁。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年08月27日
20170827-01_s.jpg20170827-02_s.jpg 先日、以下の記事を書いた!。

※ 懐かしい味を求め醤油ラーメンと味噌ラーメンを食べた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/452781328.html

 この懐かしいラーメンの話を高槻一発屋の大将・富永さんに話すと、色々面白い話を話された。そう、醤油ラーメンの懐かしい味は某醤油が有れば出来る。自分が懐かしいとした北海道のラーメンも北海道のみそ、紅一点が有ればそのベース味は出来るとのお話し。

 「店が混んでいない時なら作ってあげるよ!」とのこと、早速行って来た(爆)。

 北海道系の味噌ラーメン、上の記事にも書いたが元来出汁に手間は掛からない。一発屋のベースの豚骨出汁を入れても出来るが、出汁の味がボケるので入れない方が良いとのこと。

 その様な事で、即席に作った味噌ラーメンが出て来た。正に味のベースは北海道ラーメンそのもの(爆)。是は是で美味しく頂き、汁も全部飲み干せた。他のラーメン屋さんの汁は飲み干せないので如何にショッパイかが判る結果と成った。

 因みに、麺は一発屋のつけ麺用の麺を使用された(太麺)。

 その後、この北海道ラーメンは以下の岩田醸造(北海道みそ紅一点)の出汁入り味噌が有れば家庭でも充分に美味しいラーメンが作れるとの事を聞き、少しこの味噌を貰って来た。即席めんに入れて食べて見ようと思う。

 この味噌が有れば、以下の「札幌味噌ラーメンの作り方」で本格的なサッポロ味噌ラーメンが簡単に出来るかも知れない(爆)。

 出汁を作らなくても、鶏のミンチ・豚バラなどを玉ねぎ・もやし・ニンニク等をラードで炒めれば、家庭ではほどほどの物が出来るらしい。

 北海道ラーメンを懐かしく思う方は是非一度!。

※ 岩田醸造(北海道みそ紅一点):
 http://www.koh-itten.co.jp
※ 【どさんこラーメン】どさん子・どさん娘・どさん子大将【今と昔】:
 http://eityun.jugem.jp/?eid=884
※ 雑木林からの便り・吹きぬける風の中で:
☆ 札幌味噌ラーメンの作り方1:
 http://blog.livedoor.jp/yakibushi100g/archives/29163538.html
☆ 札幌味噌ラーメンの作り方2:
 http://blog.livedoor.jp/yakibushi100g/archives/29282091.html
※ 門外不出!極上味噌ラーメンの作り方:  http://raamenkaigyou.com/%E8%B1%9A%E9%AA%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E5%91%B3%E5%99%8C.html
※ 本格味噌ラーメンの作り方・コツ|麺の保存方法やアレンジレシピまで:
 https://kaumo.jp/topic/45377

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年08月26日
20170826-01_s.jpg20170826-02_s.jpg20170826-03_s.jpg20170826-04_s.jpg

 先日、「懐かしい味を求め醤油ラーメンと味噌ラーメンを食べた!」の記事の話を友人の所でした。その当日、昼食に「魁力屋」のラーメンを食べに行こうと言う事に成った(爆)。自分が高槻一発屋のラーメン以外を何回も食べると言う事は殆ど無く、本当に珍しい。

 当日食べた物は、自分は塩ラーメンに餃子と白ご飯の餃子セット(960円+税)、もう一名は塩ラーメンに焼き飯の焼き飯セット(960円+税)、もう一名は醤油ラーメンと焼き飯の焼き飯セット(880円+税)に成った。

 この醤油ラーメンにしたお友達、大のネギ好き、ラーメンは前に有るネギの入れ物の中のネギを全て掛け、写真の如く、食べた途中に他の容器のネギも入れていた(爆)。何故、ネギラーメンにしないのかと聞けば、九条ネギのどろどろ部分が好みでは無いらしい。ただ、「魁力屋」のネギ(晒しネギ)は入れ放題、この方が安い(爆)。

 今回、自分は此処で初めての塩ラーメン、やはり塩っぱく、醤油ラーメン以上に殆どの汁を残した。この塩っぱさ、まるで精製塩味、この点はちといただけない。この店ではやはり自分は普通に醤油ラーメンの方が好み。

※ 「魁力屋」のラーメンを食べに行った(爆)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/434653274.html
※ 懐かしい味を求め醤油ラーメンと味噌ラーメンを食べた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/452781328.html
※ 京都北白川 ラーメン 魁力屋:
 http://www.kairikiya.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年08月23日
20170823-01_s.jpg20170823-02_s.jpg お友達がお盆のお土産にと貰った九州の日本酒、(株)井上酒造・「上撰 角の井」、甘口の好きな九州、どんな物かと呑んで見た。

 やはり近畿の酒の味とは異なり、辛口の好きな自分の好みとは少し違い、近畿で言えば伏見のお酒風、しかも田舎味の甘口のお酒でした。

■ 上撰 角の井:
じょうせん かくのい

九州の小京都であり山紫水明の地【日田(ひた)】で、九州中央部に位置する日田盆地の寒冷地という気候と、自然豊かな天領ひたの水を利用して、低温でじっくりと仕上げました。
味わいは深く。飲みやすい旨口のお酒。和食料理などを中心に、さまざまな料理にも良く合います。
井上酒造を代表する清酒銘柄です。

原材料 米、米麹、醸造アルコール、糖類
品目 清酒
アルコール度数 15度
飲み方 冷でもお燗でも美味しく頂けます

※ (株)井上酒造
 http://kakunoi.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事