掲載:2017年02月28日
地震かも!、ただ今確認中!!!

その揺れで自分は起きました!!!

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

が、何も無かったみたいです。再度寝ます(爆)!。

4:11分。

   (*^‥^*)」 イヨッ

掲載:2017年01月26日
20170126-01_s.jpg 何時も冬は寒い物だが、今年の冬は本当に寒い気がする。是を書いている朝、今の室温は6℃(爆)。家には石油ストーブも有るが、この気温なら入れない。

 阪神大震災の時(年)から家ではホームコタツのみ。室温3℃を割れば流石に寒く、石油ストーブを入れるが、後はホームコタツのみ。石油ストーブは今年は既に2回入れた。

 おかげで、風邪を引きそうと思えば改源(ひきはじめには改源)を飲んで置けばそれ以上ひどく成らない様に成った。其れで思った事は、風邪はやはり内・外の気温変化で引く。

 昨年、今年の冬は暖冬との事だったと思うが、友人の誰もが言う

「今年の冬は寒い!」。

 そういえば、昨年は秋から長雨、その後の冬、何時もは12月に三田の露地野菜販売所に出ている野菜の「菜の花」が昨年末には無く、今年に成って買った。

 そう思えば、この菜の花もTVニュースで水仙が満開との報道も、例年に比べ遅い様に思う。そうすれば、やはり今年の冬は寒いとの証拠かも!。

★ 写真は、今年に成って三田で買った菜の花。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年01月25日
20170125-01_s.jpg 少し記載の時期が遅く成ったが、今年に入りお友達から「お年玉」を貰った。何を貰ったかと言えば、”スマホケース”。

 スマホを貰った時に本革のスマホケースが付いていたが何度か落としたのか中のスマホを止めるプラスチック部分が何か所も破損、輪ゴムを架けないとスマホが外れる様な状態に成っていた。

 中のプラスチック部分が破損しているんで、何か薄いプラスチックのケースを買い、この部分のみ交換と考えていたが、其れをネットで確認する事も無く時間が過ぎていた。

 今回貰った物は本革では無いがSONY Z3用の物、

「以前の本革の物が良ければ中のケースを取って付け替え!」

 と言って貰った。この歳に成ってお年玉を上げても貰うと言う事は無いが、貰えばな〜んか嬉しい(爆)。

 自分の他の友人は親の存命の時には元旦には何時の歳までも「お年玉」が一家の朝の元旦の挨拶の後に貰っていたと言う。ただ、働き出せば形式的に成り、学生より少なく成ってポチ袋には1万円が入っていたと言う。

 日本の仕来り(ならわし)、何歳に成っても嬉しいものです。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年01月20日
20170120-01_s.jpg またもこの様な提訴が有った。山への入山はあくまで自己責任、しかも御嶽山は以前から活火山。

 自分が思う登山への責任問題は以前このブログに書いた通り。

 山は本当に素晴らしい感動をくれるが、其れと同じ位に危険なのです。その危険が自分に来るとは、来るまで何時も誰も思わない。

 だから昔から言う、「登山する人間は馬鹿息子」、危険度が高いと云う事で登山保険などは今の様に無かった。

 ----------

※ 御嶽山噴火災害で遺族が国と長野県を提訴 「国は警戒レベル上げず」「県は地震計の故障を放置」:
 http://www.sankei.com/affairs/news/170117/afr1701170021-n1.html
 2017.1.17 11:22 産経ニュース

【記事引用】

 58人が死亡、5人が行方不明となった平成26年9月27日の御嶽山噴火災害で、噴火前に噴火警戒レベルを引き上げず、山頂付近の地震計の故障を放置して適切な観測を行う義務を怠ったとして、長野県内外に住む5遺族が国家賠償法に基づき、国と県に総額1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、分かった。原告側の弁護団が明らかにした。25日に提訴する。

 訴えによると、気象庁などは噴火警戒レベルを「1」から「2」に引き上げる基準の一つとして火山性地震の回数を「1日50回以上」としていた。しかし、噴火前の9月10日に52回、翌11日に85回の火山性地震を観測したにも関わらず、当時は平常を示す「1」だった噴火警戒レベルを、山頂一帯が立ち入り規制される「2」に引き上げることを怠り、噴火で山頂一帯にいた登山者が犠牲になったとしている。

 一方、長野県木曽建設事務所については、気象庁との協定に基づいて御嶽山の火山活動の一部を適切に観測する義務を負っていたが、御嶽山の2地点に設けた地震計の故障を知りながら放置したと指摘。地震計が機能していれば、噴火警戒レベルを「2」に引き上げられたとしている。

 ----------

※ <御嶽山噴火災害>提訴の遺族「なぜ大惨事、検証は裁判で」:
 http://mainichi.jp/articles/20170126/k00/00m/040/163000c
 毎日新聞 1/25(水) 23:24配信

【記事引用】

 2014年9月27日の御嶽山(おんたけさん、長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害で、犠牲者5人の遺族11人が25日、国と長野県に総額1億4000万円の損害賠償を求めて長野地裁松本支部に提訴した。提訴した遺族は25日、長野県松本市内で記者会見した。噴火で夫保男さん(当時54歳)を亡くした伊藤ひろ美さん(55)=同県東御市=は「なぜ大惨事になったのか。遺族に残された検証の場は裁判しかない」と、法廷で原因究明が進むことに期待を寄せた。

 伊藤さんは災害直後から「なぜレベル1のままだったのか」と思い続けた。火山性地震の増加を知りながら、気象庁は、なぜ現地で噴気やガスの状態を調べなかったのか。提訴の準備を進める中でさらに疑問は膨らんだ。

 長男英樹さん(当時37歳)を亡くした堀口純一さん(70)=岡山県赤磐市=は「レベル2なら息子は登らなかった。息子の無念を晴らしたい」と語った。

 荒牧重雄・東京大学名誉教授(86)=火山学=は「小規模噴火にもかかわらず多数の犠牲者を出した御嶽山噴火は、降灰量など物質的な基準にとらわれていた火山研究そのものを反省する機会となった。今回の訴訟は、噴火災害を単に地質学の現象ではなく、人に与える影響など社会問題として捉える機運を生み出すきっかけとなるだろう」と指摘している。【小川直樹】

 ----------
【参考記事】

※ 日本百名山 活火山指定一覧 登山データ:
 http://www.momonayama.net/hundred_mt_list_data/volcano.html
※ 御嶽山噴火事故、なぜか木曽町に批判 「なぜ観光地として売り出した」「どう責任とるのか」
http://www.j-cast.com/2014/10/06217729.html
2014/10/ 6 19:54
※ ヤフー知恵袋・御嶽山噴火に伴う訴訟について 法律専門家の方・・・:
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12136725632?__ysp=5b6h5bKz5Zm054GrIOWRiuiotA%3D%3D
※ 2014年の御嶽山噴火 - Wikipedia:
https://ja.wikipedia.org/wiki/2014%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1%E5%99%B4%E7%81%AB
※ 「山の日」が制定されたが山に入るなら自分も家族も覚悟して山に向かえ!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/433785427.html
※ 先日書いた事が余りにも早く現実に成ってしまったが是が山・登山・活火山噴火:
 http://m-jun.seesaa.net/article/406236997.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年01月17日
   ・・・あれから22年・・・

   合掌(*ーmー*)
掲載:2017年01月16日
 あれから22年、既に世代が変わったのかも知れない。

 忘れられたのかも知れない。

 そう、阪神淡路大震災の日、あの日あと1秒で自分は命を落としている。

 あの日、気が付いていなければ自分の命は今に無い。

 あと1秒、其れで人の人生は変わった。

 そして、今の自分は未だに神戸に行けない。

 明日の午前5時46分、自分はあの日を思い起きていよう。

   (*ーm−*)
掲載:2017年01月11日
20170111-01_s.jpg20170111-02_s.jpg 自分は、大阪から多田・猪名川町役場前を通り猪名川道の駅横から北摂里山街道を通り三田に向かう。現在までに何百回とこの道を走っている。是は通年、当然冬季の凍結時期も此処を走る。

 四半世紀も此処を車で通行すれば、冬季凍結時期に結構な道路横溝に刺さった車、ガードレールに当たりJAF等の救援車を待つ方を毎年見かける。其れも、ほぼ毎年同様な場所でこれ等を見る事が出来る。

 今回、連休の時間に任せ、Googleマップでこの場所の位置を特定してみた。地図を追い思った事は、何れもがカーブ地点では有るが、少しの直線場所の先の何れかと言えば緩いカーブと言う事が分かる。何れも気を抜いて、道路も広くこのカーブなら大丈夫と思った先の緩いカーブでそのまま直進した事故と言う事が分かる。

 頭だけで考えれば、多分此処で事故とはと思う場所での事故が多い事が分かった。

 このルート、自分は露地野菜や三田米を購入の為に三田市小野に向かうが、大阪からの冬季の皆さんの目的は違う。千丈寺湖(青野ダム)での釣りが目的、この道を走られる回数も少ないだろう。

 この釣り目的の方は、冬季ノーマルタイヤで走られる方も多いとお見受けしますが、冬季この北摂里山街道をノーマルタイヤで走るのは相当の注意を要し、危険です。

 この地域は、猪名川町・宝塚市と三田市の山間部を通ります。気温も池田市駅前より3℃も5℃も、先日は8℃も気温が違います。

 皆さんもご存知の様に、車の外気温度計3℃からが路面凍結表示のマークが出ます。是は地表面が0℃の可能性マークで、路面が気が付かない程度に所処白い場合は凍結です。

 雨の場合は道路表面が雨に濡れ、この凍結の氷が見えません。冬季、霧も出る場合は是以上に気が付きません。

 これ等冬季に溝に刺さる車は何故か外車や高級車、四駆の車が多いのには驚きます。

 今回、毎年事故が同じ場所で起こる事故地点をグーグルマップの検索で表示できる様に地点を求めました。例えば、下の(34.900711, 135.280947)をグーグルマップ検索に入れれば地点を特定できます。

 この地点には、皆さんも気を付けられればと思います。普通には、決して狭い場所や危険と思う場所では有りません。

 地図地点は、多田から三田方向に向いて表示していますが、事故が起こる場所(帰路)と明確に表示ある物は、逆方向から来た場合の事故地点です。

★ Google マップ:
 https://www.google.co.jp/maps
 グーグルマップ検索

ーーーーーーーーーーー

● 国道176号線
〒563-0057 大阪府池田市槻木町1
34.823516, 135.424257
・池田駅前では凍結が無いのに、其処から100m程度のこの場所が凍結し、皆が此処でびっくり停止が多く、先ずは最初の注意場所。

● 能勢街道・この緩い坂のカーブが第二の注意場所
34.850282, 135.418705
・ 既に大阪との気温差は大きいです。

● 多田・ホテルSARI川西店前カーブ、自損事故多し。
34.859080, 135.400557

● 清和台登り坂5°
(凍結時スタッドレスで登れない場合有り)
34.870040, 135.395354
・ 完全凍結と思われる場合、川西池田からの道の方が広く、整備もされています。

県道12号線

● 阪急バス(株) 清和台営業所前の坂・滑ります。
34.880831, 135.383499

● この地点のカーブ数か所のカーブ
34.886289, 135.377804
・ このカーブが特に危険(四季を通じ、道幅狭く対向車も多く帰路左は溝)
34.891912, 135.376452

・自分は、冬季完全に凍結と思えば、この道を走らず、広いバイパス(1)を走ります。坂は多いがこの方がセンターブロックが有り安全(車が少なければ自損事故で終わる)です。ただ、登り下りがきつく皆さん滑る場所です。
・ 夜間でも車は走ります。

北摂里山街道

● これ等のカーブは滑ります。
34.914833, 135.361024

34.915238, 135.357601

34.917385, 135.354887

● 道の駅 いながわ此処から先、気温が順次低下します
34.946165, 135.343439

● 葬祭場前カーブから(帰路)次の直線先の溝に落ちている
34°55'18.3"N 135°20'20.6"E
34.921738, 135.339044

● 朝日国際の魔のカーブ(往路)
34.921590, 135.325061

34.916232, 135.312168

● 何故か広いのに毎年皆が落ちる魔のカーブ(往路)
34.916202, 135.312278

34.917272, 135.307964

● この橋の道路黄色の注意表示に滑ります(往路)
34.918605, 135.303439


● ダム横のカーブ・滑ります。でも、きついので皆注意はするのだが・・・
34.908901, 135.290071

34.908822, 135.284610

34.907577, 135.283129

● レストラン前カーブ
34.907330, 135.279762


● 直線の後の魔のカーブ(往路)(2)毎年溝に落ちた事故を見ます。
34°54'35.6"N 135°16'34.3"E
34.909894, 135.276205

● 凍結坂魔の凍結坂(ガードレール無し・2車線センターラインあり)
・ 変な凹凸凍結の場合が有ります。
34.910193, 135.271227
34°54'36.7"N 135°16'16.4"E
34.910193, 135.271227

● 凍結下り坂
・ そのまま直進の方が多いです。深夜対向車も通ります。
34°54'52.9"N 135°14'41.6"E
34.914689, 135.244877

● 三田登りのすべり坂、対向車が有れば衝突。
34°54'52.0"N 135°14'37.4"E
34.914433, 135.243712

県道49号線

● 〒669-1506 兵庫県三田市志手原
・この辺りが何故か気温が一番低く、事故は無く緩いカーブで滑る方が多い。
34.920910, 135.240115

34°55'14.9"N 135°14'24.3"E
34.920809, 135.240088

★ 魔の蛇行カーブ(此処から)
34°56'14.5"N 135°14'00.1"E
34.937361, 135.233356

★ 此処までの間
34°56'36.1"N 135°14'11.7"E
34.943360, 135.236594

★ ただ、何故かこの直線で皆滑るんです(往路)
34°56'17.2"N 135°14'01.3"E
34.938118, 135.233697
・ 道路センターの凸で左右に当たる!片方はガードレール
・ 片方は山で溝、センターラインを割れば危険、深夜でも前からの車が有ります。
・ 冬季自損事故の多い場所です。

● 自分の目的地:
〒669-1504 兵庫県三田市
小野ふれあいステーション・露地野菜販売所
34.950171, 135.233772

(1)画像は猪名川町役場地図で、完全凍結と思われた時に通る広いバイパス(地図黄色路線)。
(2)画像は千刈りダム・直線の後の魔のカーブ(往路)、カーブ手前の溝に落ちた車が毎年有ります。

 ----------

※ 凍結道路走行事故は100%過信から来ている!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/444608074.html
※ 千丈寺湖(青野ダム)釣り:
 http://www.fishing-v.jp/wakasagi/page.php?field_cd=65

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2017年01月02日
20170102-01_s.jpg 煙草を吸う方も本当に少なく成ったのか何なのか、100円ライターの品質の悪さには霹靂する。100円ライターで見える液化ガスが無く成るまで使える物は殆ど無く、昔はこの液化ガスが無く成ったライターで夕食を掛けた物である。

 あと何分持つか・・・、外れた者が夕飯をおごった(爆)。液化ガスの無く成った物でも、3分は言うに及ばす、5分、10分と炎が点いていた物である。そして、ガスが無く成っても未だ点火石は余っていた物、其れが普通の100円ライターだった。

 現在も100円ライターは売っているが、その品質の物は皆無、100円ライターを日本で最初に作ったメーカーは多分東海、そのライター以外でも日本製なら全て同じ傾向だった。

 昨年、100円均一でこの東海のライターを見つけたが、2本か3本か忘れたが100円、既に中国製、しかもガスが最後まで使える物も皆無だった。

 この100円ライターでガスが最後まで使えるライターは今では昔から有名な「BIC」しかない。時々友人から貰い使うが、流石に毎度最後まで使える。最後は炎が小さく成るので、もうお終いと次のライターを手配する予想も出来る(現在はセブンイレブンで売っている)。

 他のライターではこうは行かない、何時点かなくなるか判らず心配、ライターは1本100円でも2本100円でも同じ、何時も同時に2本持たないと何時点かなくなるか判らない。

 煙草、ライター無ければ唯の草、噛み煙草では無いのでどうしようも無い。

 日本製のライターという物も無く成って、ライターと言えば昔から有るオイルライターの「Zippo」、パーマネントマッチと同様に山男の必需品のオイルライター。

 何故オイルライターなのかと言えば、100円ライターは言うに及ばす、ガスライターも山の上では点火しない物が多い。山頂でガスが抜けて無いと言うのもしばしば、なので山の山頂で点くライターと言えば、オイルライター(パーマネントマッチ)と普通のマッチなのである。

 風が強いとあのガスバーナーの自動点火装置では火も点かない。火が点かないと、温かい珈琲も紅茶・お茶も飲めない。

 そんな時のオイルライター、パーマネントマッチ、マッチなのである。

 こんな昔からの物が最後まで残るとは思わなかった。

 自分は煙草吸い、流石に80本/日と言うのは無く成り、車は禁煙車、週に何箱かという程度に成ったが、ライターは必需品、先日友人から写真の「Zippo」を貰った。

 自分の「Zippo」は是で4代目、途中にシルバーZippoも買ったが、何故かこのZippo直ぐに無くす。一番長く使ったライターはダンヒル、中の金属芯が潰れるまで使った。

 貰ったZippo、直ぐに無くさなければいいのだが・・・。

※ Zippo Japan:
 http://www.zippo-japan.com/
※ Bic Japan:
 http://www.bic-japan.co.jp/
※ 日本で売られていて一番品質が悪い物は100円ライター:
 http://m-jun.seesaa.net/article/377458675.html
※ 「使いづらい」100円ライターからマッチの復活!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/416197375.html
※ こんな物まで懐かしく思う様に成った「オリジナルマッチ(店舗マッチ)」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/426442531.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年01月01日
20170101-01.jpg あけましておめでとうございます。

 旧年、このブログを閲覧頂いた皆様、

 まことにありがとうございました。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  平成二十九年元旦


★ 写真は、自分の人生一度の写真、「日月誉大台」、つまり日の出と月が一緒に写った大台ケ原からの写真、撮影計画から10年掛かり撮った唯一の写真。雲一つでも有れば、月が何処か分からなく成るので難しいのです。何度も登場する、再度自分には撮れないと思う作品の一枚(現在のスマホの壁紙・この画像は壁紙比率)。

 東大台ヶ原の三又辻展望台から熊野灘を望む(撮影は11月末)。

 自分は、他の方の撮られた「日月誉」写真を観たいと思う。日本人としてその最高は、「日月誉富士」、富士山の周辺にお住みの方なら、計画し、計算し、何年も狙われれば撮れない写真ではありません。ネットでの公開される日を期待します。「日月誉富士」、絵では一杯。絵は、自分で好きな位置に日月を描けるので・・・(笑)。

   (*^m^*)
掲載:2016年12月31日
20161231-100_s.jpg 本日も現認した「BABY IN CAR」シールは無謀運転者の目印!。

 本日の「BABY IN CAR」シールの無謀運転者は、やはり小さな子供が2人、後部座席で飛び跳ねていた。当然、ベビーシート等は未装着の水色の軽自動車、運転者は女性。

 通った道は狭く、信号も多いため何れ自分の前で止まる、其処で写真を撮ろうとした。

 スマホをポケットから出し、信号で止まるのを待った。

 前の信号が黄色点滅、赤信号で是は止まると思った瞬間、この車は交差点に入り、赤信号を物ともせず、道路を猛スピードで進んで行った。シールを貼っても、小さい子供を載せていると言う自覚が全く無い。

「お前は警官が居なければ信号を守らない中国人か?!。」

 事故しても自分さえ助かればそれでいいとの考えだろう。

 やはり「BABY IN CAR」シール車は無謀運転車、是はほぼ間違いは無い。

 因みに、チャイルドシート装着車は、「チャイルドシート装着ステッカー」が貼って有る(チャイルドシートを買えばシールは添付、レンタルにはシールが無いので表示は別途お考え下さいね、この「BABY IN CAR」はチャイルドシート未装着車の印!。)。

 この正月、無法運転の「BABY IN CAR」シールを貼った車は何時も以上に無謀運転をしているので、皆さんは本当にご注意!。

 「BABY IN CAR」シールのみの貼り付け車両、子供を大切に思わない無謀運転者の印!。やはり、反則金が無いのが問題なのです。

★ 写真に写る道路前方の車が是!。

※ 危険(柄の悪い)運転者の特徴と目印!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/444173682.html
※ チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?:
 http://www.jaf.or.jp/qa/others/knowledge/06.htm
※ 今・車同士の事故で3歳と7歳の子供が車外に放り出され重体との報道:
 http://m-jun.seesaa.net/article/371612330.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事